仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理、修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、東北から九州まで、
全国にスピーディーに対応します。

和歌山市内スピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳たたみ

日本の住宅にとって欠かせない物の一つが畳です。畳があるだけでほっとするという人も多いでしょう。
畳には優れた特質があります。畳が呼吸することで、空気をきれいにしたり湿度を調節したりする働きがあるのです。
日本の気候は高温多湿で、四季があります。この気候変動の多いお国柄に適した素材といえます。
畳は自然の除湿器としての働きも、加湿器としての働きもあるのです。さらに空気中の有害物質を吸着することも分かっています。
このような畳の良さを生かすためには、日ごろからのお手入れが大切です。長くきれいな状態を保つためには、ちょっとしたことで良いのです。
一つ目が掃除機をかける場合、畳の目にそって掃除機をかけるのがポイントです。
二つ目が、雑巾をかける場合は、水拭きではなく乾拭きすることです。畳は湿気を好みません。それに、水を使うと特有の光沢が薄れてしまう原因となるからです。
汚れがひどい場合は、固く絞った雑巾を使うときれいになります。
こうして、日ごろのお手入れをしていても、使用に応じて劣化していきます。そのような場合は、裏返しや表替えなどが必要です。 これらの処置を行うことで本来の色と香りを取り戻し、新品のように優れた効果を発揮します。

最近の襖

最近では、襖は、現代の生活に似合うように、新しくデザインされています。和風モダンという現代風のデザインに、快適性・紫外線カット・通風性という多機能性を組み合わせた、新しいインテリア仕様となっております。
襖は、日本文化の伝統の匠の技に加えて、現代生活にマッチした、モダンなインテリアです。たとえば、エアコンを省エネとして、通風の快適性をそのままに、過ごしやすく工夫されております。子供のいらっしゃるご家庭にも最適です。
襖は、職人の手作業による工事のほうが、家庭大工よりも、比べてみると格段に仕上がりが美しく、また、丈夫で長持ちいたします。現代の襖は、非常に丈夫な材質でできておりますので、小さなお子さんのご家庭でも、安心してお使いになれます。襖は、和紙のあたたかでぬくもりのある空間を演出いたします。日本の気候特有の湿気や温度を調節する機能も備えていますので、夏は涼しく、冬は暖かく、快適に過ごすことができますので、おすすめのインテリアとなっております。
このように、襖のエコ機能は、日本に特徴的なもので、和紙という素材のもつ、生きた見本となっております。襖の職人技術は、大変水準が高く、すぐにリサイクルがきくうえに、すぐに修復できるという利便性も長所としてあげられます。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


和歌山市と言えば和歌山城

和歌山城は、和歌山市の中心部、紀ノ川と和歌川に挟まれた、標高48mの虎伏山にある。紀州藩徳川氏歴代の居城跡で、城は城地の地名から虎伏城とも呼ばれ竹垣城とも称された。天正13年(1585)3月、豊臣秀吉が紀州を平定すると当時 吹上の里と呼ばれたこの地に自ら縄張りを指揮し、本丸・二の丸を築いた。これが和歌山城の始まりで、普請奉行には築城の名人と言われた藤堂高虎と羽田一庵法印があったと言う。秀吉は城を異父兄弟の羽柴秀長に与えたが、秀長は大和郡山城に居城し、重臣の桑山重晴を城代とした。その後慶長5年(1600)、関ヶ原の役には軍功のあった浅野幸長が、甲斐府中から37万石を持って入城。幸長は、内堀・石垣・総掘の増修を行い、翌年6年には町割りを実施、商工業者を集めるなどして城下町の体制を整えた。さらに同18年幸長の没後弟の長あきらが跡を継ぎ、元和5年(1619)長あきらが安芸の国に移封になると、代わって徳川頼宣は徳川家康の第10子で、すでに駿府城にあって50万石を領していたが、この時、2代将軍が秀忠から紀伊一国と伊勢国の一部を加えて55万5千石が与えられた。紀州徳川初代藩主となった頼宣は、将軍秀忠から銀2000貫を受領、ただちに城の増改築に着手。まず天守閣をはじめ城郭を大改修し、大手は東南岡口門より東北n一の橋に改め、南の丸に高石垣を築き、城下も京橋門の北に本町をつくり、広瀬川を越えて新町、鈴丸川流域には北新町を設けた。ところがこの工事があまりにも大規模であったため、幕府から陰謀の疑惑を受けた。今に残る「掘止」の町名は、井原町から西方、海湾に至るまでの掘りを掘ろうとして咎めを受け、工事を中止して因縁から出たものであるという。しかし幕府の疑いも、付家家老安藤帯刀の弁明で事なきを得て、以来和歌山城は、幕府三親藩の一つ紀州藩主の居城として重きをなし、頼宣は元和元年から寛文7年(1667)まで、藩政確立までの重要な時期に領地を治めた。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 和歌山市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

和歌山県和歌山市 U様邸
畳表替え 襖張替え

和歌山県和歌山市 S様邸
障子張替え

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工