襖ふすま

清須市の襖(ふすま)の張替えにスピーディーに対応!!

清須市の襖の張替えは、1,450円税込1,595円と全国トップクラスの激安の当店で!!
高品質はそのままに、徹底的に材料代と工程を見直し、
ふすまの張替え料金をお安く致しました。新調もお安く!
熟練の技能士が丁寧に施工し全国でも最安レベルでお届けします

襖の張替え只今キャンペーン中!! 襖紙には、手漉きの和紙から機械漉きの普及タイプまで 非常に多くの種類が揃っています。 また織物系のふすま紙もあり、 織糸の種類や撚糸の数さらに 印刷やの後加工の 方法により高級なものから 普及タイプまで多くの種類が揃っています。 それぞれの価格については、 お気軽にお問い合わせ下さい。  ※サイズは幅90cm×高さ180cmが 基準です。 これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。   尚、お安くしていますので、ご注文は1対つまり2枚から お願いします。

        
クリック>>襖ふすまの種類                  

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



襖ふすま紙について

■鳥の子襖紙の種類

新鳥の子襖紙

新鳥の子(普及品)

パルプ紙で漉きも柄付けも機械なので、 価格もリーズナブルです。 種類も多く揃ったお求め易い商品です。   
襖ふすま紙

上新鳥の子(中級品)

上新鳥の子は機械漉きのため 比較的低価格です。 漉き模様や後加工による 多くの柄や材質があり、 種類については 一番ボリュームがあります。
鳥の子襖紙

鳥の子(高級品)

本鳥の子が手漉きで作られるのに 比べ、鳥の子は機械で漉きます。 さまざまな技術によって 紙の風合いも、 手漉きに近いものが出来ます。
手漉き本鳥の子襖紙

手漉き本鳥の子(最高級品)

本来は手漉きの雁皮紙をさします。 その色合いが鶏卵の殻の  淡黄色に似ているところから 鳥の子と呼ばれました。 現在は雁皮や三椏、 木材パルプ等を 混ぜたものもあります。

(画像はイメージです)             雁皮紙(がんぴし)は、ジンチョウゲ科の 植物である雁皮から作られる和紙です。   雁皮の成育は遅く栽培が難しいため、 雁皮紙には野生のものの樹皮が用いられます。 古代では斐紙や肥紙と呼ばれ、 その美しさと風格から紙の 王と評される事もありました。 繊維は細く短いので緻密で緊密な紙となり、 紙肌は滑らかで、赤クリームの自然色 (鳥の子色)と独特の好ましい光沢を有しています。 丈夫で虫の害にも強いので、 古来、貴重な文書や金札に用いられました。 日本の羊皮紙と呼ばれることもある様です。

引き手
引き手は、開け閉めの際の襖紙の傷みと 汚れ防止の役目があります。 また、手加工の貴金属や陶器の ものからプラステック製の廉価なものまで 多種多様に揃っています。
引き手 引き手引き手引き手引き手 陶器製 引き手引き手引き手
襖(ふすま)は、中国から伝わった障子が寝殿の間仕切りとして 使われるようになり、中国から伝来の、 隠蔽性の高い厚手の唐紙が使われるようになり、 貴族社会に普及して行きました。 平安時代の貴族達の住宅様式は、 部屋の中に仕切りを作らず、通気性を優先した 寝殿造りと言われるものでした。 今で言うパーティションとして、 屏風などを使用していました。 やがて屏風などに代わるものとして、 障子が中国から入ってきました。  そして寝所に使われる障子を衾(ふすま) と呼ぶようになりました。 当時寝所のことを「臥す間(ふすま)」 と呼んでいました。  「衾(ふすま)」は元来「ふとん、寝具」 を意味するものであった為です。 襖の語源は衣服のあわせから来ています。 衾(ふすま)も最初は板状の衝立の両面に 絹裂地を張りつけたものだったので、 衣服にならって襖(ふすま)と呼ぶ様になりました。 初期の形状は、かまちに縦桟や横桟を組み両面から 絹布などを貼ったものでしたが、 やがて中国から伝わった厚口の紙(唐紙)が 襖に使われるようになり、 襖と障子が明確に分かれて行きました。 その為、襖のことを唐紙と呼ぶことがあります。   また、障子は明障子(あかりしょうじ) と呼び分けられる事もあります。 武士の時代になり、襖に絵を描き華やかな部屋を 演出するようになって行きました。 そして今に残る数々の襖絵が描かれ 有名絵師が登場しました。 そして江戸時代になり、豪商たちが襖を使うように成り、 少しづつ一般の庶民にに広がって行きました。




ふすま襖の効果について

世界の各地でさまざまな家屋の建築様式がありますが、日本を代表する家屋の特徴の多くが、襖ふすま障子という建具を使っていると言うことです。またその見た目だけではなく、気候風土にあったとても優れた建具であるということも言えます。古くは平安時代から日本人の生活に根付いてきたふすま障子ですが、現在でもその形を残しつつ、インテリアや機能性を活かして、和室だけではなく洋室の中にも取り入れられています。障子にはさまざまな機能性があります。
その特徴の一つとして軽いと言うことがあげられます。ふすま障子は引き戸に使われることが多いですが、軽いと言うことは毎日の生活の中で負担が少なくなると言うことにつながります。またこのほかには、障子は取り外しが楽にできると言うこともあげられます。軽くて取り外しができると言うことは、開放性があり、同時に融通性も兼ね備えていると言うことになります。このように作業をする上では、障子はとても便利な建具であるということがわかります。
また、ふすま障子はその保存債が高いと言うことです。すなわち木の枠の部分をきれいに保っていれば、中の紙が汚れたり破れたりしても張り替えることができるのです。これはとても経済的です。このほかにもたくさんの特徴があります。それは通気性や吸湿性、保湿性に優れていると言うことです。ふすまや障子には紙が上張りとして使われますが、この紙には多孔性があり、部屋の中の空気を自由に通すことができるのです。したがって部屋の中に湿気がこもったときには、外に出してくれるのです。ガラス窓には、部屋の中の暖かい空気が外に逃げないようにカーテンを付けることが多いのですが、障子の方がその効果が高いとされています。窓に障子を併用することで、窓からの熱の損失を抑えることができるのです。また日の光を効果的に取り入れることができます。障子に使われている紙の光の透過率は、40パーセントから50パーセントとなっています。したがって日当たりの良さを保ちながら日光を遮ると言うことができるのです。紙には光を拡散させるという力があります。これによって光が差し込んだところだけが明るくなると言うことがなく、部屋のたくさんの方向に光を拡散させることができるのです。したがって障子が使われている部屋は全体的が明るくなります。障子は光の半分を透過させて拡散させるので、その光はとても柔らかいものとなります。特に夜は障子が夜間照明としての機能も発揮します。障子紙に光が反射することによって、照明効果を高めることができるのです。

ふすまと日本家屋の仕組み

襖は日本的な生活を送る上で欠かせないインテリアの一つです。 畳のある住居には通気性が必要であり、間仕切りが取り外し可能な襖は家全体の空気の循環を良くする上で大変有能な役割を果たしてくれます。これにより、畳はカビなどの腐敗を防いできました。
住まいやインテリアには各国の気候風土に応じて生まれた歴史があります。日本は湿気の多い国として有名ですが、湿度の調節に木と紙で出来た襖の役割は欠かせません。紙は湿気を吸収し、同時に乾燥した時期には水分を発散する事で知られています。
襖には湿度の多い日本の生活から私達を守ってくれる調湿効果があるのです。古くから日本人は襖のそうしたメリットに気付き、共に暮らしてきたのです。 様々な機能を担った襖は傷んだ場合にすぐ張り替える事も可能です。
季節や住人の気分に応じて様々な襖紙を張り替え、お部屋の雰囲気を変える事が出来るのも襖の大きな魅力の一つです。 自室だけではなく、お子様のお部屋やリビングの襖など、どのような紙をチョイスすれば良いか家族で話し合う事も大切です。
一つの家を家族みんなで作り上げる喜びに気付く事でしょう。 日本古来から、伝統の間仕切りは家族だけでなく恋人同士の仲を繋ぐ役にも立ってきました。表面に歌を書き、贈る風景が源氏物語にも書かれています。 この国の歴史に根付いたインテリアをご自宅に取り付けましょう。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

愛知県清須市

愛知県の清州市は織田信長の清洲城で有名です。清洲城は日本史のヒーローともいえる織田信長が、天下に打って出た記念すべき歴史的遺構です。再建された天守閣では各階ごとに戦国時代の貴重な展示物を見ることができます。
清州市を訪れる観光客のほとんどが清洲城が目的で、甲冑や打ち掛けの試着を体験できるようになっています。また天守閣の3階には長篠の戦いなどで使用された火縄銃が展示されており、実際に触って引き金を引くこともできるのです。
清州市にはお城の他にも見所があります。お城の周辺に広がる清洲公園では当時の遺跡の発掘が行われており、信長公出陣の像も見ることができます。この像は清洲城から桶狭間へと出陣する姿を表しており、日本の歴史を転換させた偉業の一端を偲ぶことができます。
また清州市には尾張西枇杷島まつりという有名なお祭りがあり、毎年6月の第一土曜と日曜日に行われます。このお祭りでは、からくり人形を乗せた五輌の山車の曳きまわしが披露されます。演ずる人形の技には清州市を訪れた人々から感嘆の声が上がるほどです。
尾張西枇杷島まつりの呼び物の1つである花火大会も、清州市の名物となっています。その他にも歴史を感じさせるお寺や神社が数多くあるのも、清州市ならではの特徴です。古い町屋を改造して作られた一休庵などは、旅の憩いの場所として人気を集めています。

愛知県清州市の見どころ

愛知県清州市には、織田信長が入城した清州城があります。戦国の都であった「清須」の歴史や、織田信長などの武将の活躍がわかる資料や展示物があります。甲冑や打掛の試着をして記念撮影をしたり、火縄銃に触れるなどの体験ができます。また、清州城にちなんだお土産が販売されています。清州越直前にあった石垣が再現されていて、巨石を配した石庭や砂利が敷かれた枯山水庭園があります。愛知県清州市には、清州山大宮日吉神社という神社があります。猿の神社として有名で、大きな猿の絵馬が飾られています。猿は厄を払い福を招くとされています。御朱印はカラフルなデザインで、面白くて的確な恋みくじもあります。境内には鳥居がたくさんあり、緑も多くて散歩にも良さそうです。愛知県清州市には、キリンビールの名古屋工場があります。順路を歩きながらビールの製法について知ることができ、缶ビールができるまでの過程を見ることができます。その後にビールの試飲ができておつまみもあります。駅からシャトルバスが出ているので、それを利用するのも便利です。愛知県清州市には様々な見どころがあります。ぜひ愛知県清州市に訪れて、気になるスポットで楽しい体験をしてください。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

清須市全域対応しています

【年中無休・受付時間】
8時〜19時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

施工可能地域

S様邸 襖張替え  G様邸 襖張替え  M様邸 襖張替え工事  F様邸 襖張替え施工

 S様邸
ふすまの張替え工事・事例

 Y様邸
源氏襖張り換え

 H様邸
襖の張替え

 I様邸
襖張替え施工

 N様邸
源氏襖張替え

 N様邸
襖張替え

 M様邸
襖張替え