襖ふすま

神戸市須磨区内スピード対応!!

襖の張替えは、1,450円と全国トップクラスの激安価格の当店で!!
高品質はそのままに、徹底的に材料代と工程や経費を見直し、
ふすまの張替え価格をお安く致しました。
熟練の技能士が丁寧に施工し全国でも最安価格レベルでお届けします

襖の張替え只今キャンペーン中!!

襖紙には、手漉きの和紙から機械漉きの普及タイプまで非常に多くの種類が
揃っています。
また織物系のふすま紙もあり、織糸の種類や撚糸の数さらに印刷やの後加工の
方法により高級なものから普及タイプまで多くの種類が揃っています。
織物系襖紙
それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
※サイズは幅90cm×高さ180cmが 基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ
下さい。



クリック>>襖ふすまの種類

                 お問い合わせメールフォーム

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


襖ふすま紙について

■鳥の子襖紙の種類

新鳥の子襖紙

新鳥の子(普及品)

パルプ紙で漉きも柄付けも機械なので、
価格もリーズナブルです。
種類も多く揃ったお求め易い商品です。
  
襖ふすま紙

上新鳥の子(中級品)

上新鳥の子は機械漉きのため比較的低価格です。漉き模様や後加工による多くの柄や材質があり、種類については一番ボリュームがあります。

鳥の子襖紙

鳥の子(高級品)

本鳥の子が手漉きで作られるのに比べ、鳥の子は機械で漉きます。さまざまな技術によって紙の風合いも、手漉きに近いものが出来ます。

手漉き本鳥の子襖紙

手漉き本鳥の子(最高級品)

本来は手漉きの雁皮紙をさします。
その色合いが鶏卵の殻の 淡黄色に似ているところから鳥の子と呼ばれました。
現在は雁皮や三椏、木材パルプ等を混ぜたものもあります。

(画像はイメージです)       

雁皮紙(がんぴし)は、ジンチョウゲ科の植物で雁皮から作られる和紙です。
                                        雁皮(ガンピ)の花

雁皮の成育は遅く栽培が難しいため、
雁皮紙には野生のものの樹皮が使われます。昔は斐紙や肥紙と呼ばれ、その美しさと風格から紙の王と評される事もあります。繊維は細く短いので緻密で緊密な紙となり、紙肌は滑らかで、
非常に綺麗な光沢があります。鳥の子色とも呼ばれています。
丈夫で虫の害にも強いので、古来、貴重な文書や金札に用いられました。
紙の素材として非常に優れたもので、日本の羊皮紙と呼ばれることもあります。

■襖紙の呼び方

手漉きの和紙を本鳥の子と言いますが、機械漉きを鳥の子パルプ紙で全て工程を機械で行うものを上新鳥の子、さらに廉価な紙を使ったものを新鳥の子と言います。
鳥の子の呼び名の由来は、上記雁皮紙を参照。
和紙襖紙の加工は、紙を漉くときに使いますが、近年パルプ紙になってからは
スクリーン印刷、グラビア印刷、オフセット印刷など後加工が主流に成っています。
紙表面のエンボスも後加工で処理します。

引き手
   引き手     引き手

引き手は、開け閉めの際の襖紙の傷みと汚れ防止の役目があります。
引き手は、手加工の貴金属や陶器の
ものからプラステック製の廉価なものまで多種多様に揃っています。

 引き手 引き手 引き手 陶器製 引き手 
引き手
引き手 引き手



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


■襖についてお客様のお話から

近頃、和室が減ってきているといいます。一戸建てを立てる人などでも、全室洋室にしてしまう人も多いようです。でも、日本人はやはり畳というものが根に染みついているので、一部屋くらいは和室があってもいいのに、と個人的に思います。畳は和むし、落ち着くものです。い草の香りも、どこか懐かしく情緒がある良いものです。しかし最近の若い人は掃除や手入れの事を考えてフローリングを選択するのでしょう。たしかに、フローリングは掃除が簡単です。
和室、畳と言えば必然的に襖が必須です。この襖も日本らしいものです。襖の柄も非常に多種多様です。襖の柄を変えるだけでも模様替えをしたように部屋の雰囲気が変わります。花柄の物なんかだと、とても可愛いです。お屋敷などでは、広い部屋のいくつもの襖をキャンパスに見立てるように大きな絵を描いて、芸術作品のようになっているものもあります。かなりの大きさになるので、相当の迫力です。水墨画のようなものや、風景画、トラの絵や竹林と様々な物が描かれています。
そのようなアーティスティックなものは一般庶民の住む家では縁がありませんね。でも襖のいろんな柄を見ているだけでなかなか楽しいものです。しかし、小さいお子さんのいる家庭では、ほぼ100%と言ってもいいくらいの確率で襖を破かれます。ですからお子さんが大きくなるまでは破れてもいいように価格の安い襖紙を使用した方がいいですね。最近はDIYブームなので、自分で張替えできる物も売られています。自分でできると思うと少し気が楽になるでしょう。
最近見た面白い襖は、昔風の絵が描かれていて、その横に文章で物語が書かれている物です。まるで大きな絵本といったところでした。また、筆の文字で英語が書かれている物も珍しくて面白かったです。襖のタイプにもいろいろあって、一部分が障子になっているものもありますね。これも破られること必須なので、お子さんのいる家庭では避けた方が良さそうです。先日訪ねたお宅では、襖紙を木目の物に変えていました。パッと見は木の扉かと思ってビックリしました。
襖紙ひとつでここまで印象が変わるんだと驚きました。黒のシックな物だと、洋室との境にあってもよくなじんで、一見気づかないくらいでした。市松模様の柄の襖もよく見かけますが、なかなかインパクトがありました。襖について興味を持って色々と見ましたが、こんなに奥深い物だったとは、と驚くばかりです。畳や襖といった日本の素晴らしい文化は、消えずに長く続いていってほしいと思いました。うちもそろそろ襖を新調する時期です。どんな物にするか考えるとワクワクします。

襖の歴史と役割を振り返る

襖とは、和風住宅の部屋同士を仕切る建具のことです。広い空間仕切る目的で古くから用いられてきた歴史があります。壁ではなく、取り外し可能な襖という建具を用いることで、空間を多種多様な目的で利用することが可能になります。普段の生活、様々な会合や会議、または祭りなどの催し物、宴会など人が集まる場では非常に便利なものです。このように襖によって柔軟に部屋の大きさを変化させて、一つの空間を利用するというのは、日本文化ならではと言えます。
また、襖には部屋を仕切るだけなく、明かりを遮ったり、保温・保冷を保つ機能、有害物質を遮る機能など多種多様の役割があります。これは壁同様とも言える襖ですが、やはり自由度を持っているという点で優れています。また、この材質の多くが木と紙等の天然素材を用いられているので、調湿作用を持っています。湿度が高ければ吸収し、逆に乾燥している場合は水分を放出するという働きを持っています。昔からこういった機能を利用していたのです。
また、枠が木で作られていることが、もう一つの利点です。扉というと、どうしても隙間から風を通してしまうため、ゴムなどでふさぐようになっています。しかし、襖では木そのものが空気中の水分を吸収して膨らんだり縮むという特性を持っているため、寒い冬には隙間影を防いでくれます。また、取り外しが可能ということは、取り換えも容易です。寒い冬には調湿機能を持つ和紙等を表面に張ったものを使用することで保温機能を最大限に利用します。
春や秋であれば、簡単に開け閉めすることで温度調節が可能です。何の道具を使わなくても、ちょうど良い風を通すだけの襖同士の幅を開けておけば良いのです。それも、風邪を入れたい場所を選んで隙間を開けることが出来るのは、優れた特性です。さらに、もっと暑い夏であれば、すべての襖を簾をはめ込んだものに変えてしまえば、それぞれの部屋を仕切り、不要な視線を遮りながらも最大限の通風が可能となるのです。素材自体が涼しさを演出するという作用も持ちます。
そしてもう一つ、鑑賞されるための美術品としての役割をも襖は長い歴史の中で担ってきました。数々の絢爛豪華なお城では、その城主である武将が自らの権力の象徴として、襖を美術品まで格上げしてきました。高名な書道家や絵描きにより、ある時は華やかに飾り立て、ある時は脅威を与えるために迫力ある動物の絵などを描かせています。それらは歴史を超えて、私たちの目を楽しませてくれています。歴史を超えて、色あせない芸術作品とのなっているのです。

初期や平安時代のころの襖絵からみる襖の変遷

襖絵を主とする障壁画と歴史的に密接な関係をもつものとして屏風絵があります。本来、折りたたみの可能な屏風は、衝立の変形で、その起源は中国に求められていますが、日本でさまざまな改良が加えられて、木の格子を骨とした持ち運びの便利な構造のものが創案されてきたのです。これは襖の構造とも当てはまります。この屏風を画面とする屏風絵という絵画が、実用と装飾とを兼ねて古く平安時代以前から用いられていたのです。
それは、正倉院関係の記録や遺品からも明らかとなっています。それが襖を中心とする障壁画と密接な関係をもって歴史的展開を示してきたのは、その後の襖画と屏風絵とを一括した、襖画の隆昌期にある住宅建築にみられるところのものであります。住宅壁画という襖絵は、平安時代の弘仁年間すなわち9世紀の初めごろに始まっています。衝立絵や屏風絵は、それ以前から行われていたものです。
しかし住宅の壁画装飾法が画期的に変化しはじめたのは、平安初期とみなされています。嵯峨天皇の時代に制作された御所の清涼殿の画壁山水図は、日本の襖絵のもっとも早いものとされています。中国の有名な賢聖たちを描いた、紫しん殿の賢聖障子なども、同じ頃から制作されるようになっています。こうして平安初期から少なくとも宮廷を中心に、襖絵制作の風が起こり、時代が経つにつれてそれが隆行の機運に向かっていったのです。
襖も土壁として壁画の一端を担っていることはいうまでもありません。このように日本の宮廷建築に襖を含む装飾壁画制作の風が始まったのは、中国の唐代における宮殿の盛んな壁画制作の勢いが影響していることは事実です。日本の住宅壁画としての襖絵は、唐風の主題による唐絵に始まったのです。襖を別名、唐紙障子と呼ぶのはその名残です。現在では襖を含む衝撃画も、次第に日本化の方向を辿っていきます。
つまり題材的に日本的なものが生じてきたばかりでなく、様式そのものも同じような傾向を示して、名実ともに倭絵障壁画が生まれるのです。藤原氏一門が強大な勢力を振るったいわゆる藤原時代には、倭絵の襖絵がもっとも隆昌を誇った時代です。しかしこの時代でも唐紙の伝統は伝えられていたけれども、様式的には倭絵的な特色をもつようになっていたのです。この時代の襖絵の一般的な傾向を表わしています。

襖のデザイン貼りで、個性的な襖

現代住宅にマッチする、自由なデザインで個性的な「襖のデザイン貼り」が好まれる傾向があります。襖は一枚の表紙で張り上げるのが一般的ですが、素材や色相の異なるもので貼り重ねたり、一枚の紙をわざと小さく切り離し、再び継ぎ貼りすることで、模様の配置や図柄を自由にデザインして、個性的な襖に仕上げることができます。 素材や図柄、施工方法は襖の仕上がりの風合いだけでなく、施工価格に影響しますので、事前によく施行業者と相談することが大切です。
 襖のデザイン貼りの基本的な図柄の配置は、総模様、腰模様、帯模様、袖模様に、大きく分類することができます。単調な模様でも、素材や色調でまったく趣の異なる襖が仕上がります。横に長い図や水平の直線は、落ち着いた感じを出します。一方、縦に長い図や斜めの線は躍動的です。 和室の場合、いずれもよく合いますが、洋室や廊下側の場合の襖には、和室に比べて視線が高い位置にあるので、図柄を少し上に上げたり、縦に変化をつけて思い切った図柄にすれば、個性的ですばらしい部屋になります。
 襖のデザイン貼りの素材は、切り貼りするため和紙が一番適しています。手すき和紙には、色や風合いともにすばらしいものが沢山あります。織物では、できるだけ繊維の細いものの方が、ほつれがなくキレイです。素材は、限定されるものではありませんが、事前に施工業者に相談することが大切です。 襖の色調は、ベージュやシルバー系で統一すると、落ち着いたものに仕上がりますが、茶と黒の組み合わせや、朱色、からし色、黄色など、色の濃い紙を大胆に使うのもおもしろいです。
 襖のデザイン貼りの施行方法は、ベースとして一枚の紙を襖の枠に貼った後、その上に別の紙を重ね貼りしていく方法や、小さい紙をジョイントしていく方法などがあります。また、ジョイント部分を強調するために、紙に境目に3〜5本くらいのスジを取れば、より高級感のある襖に仕上がります。 襖は昔から、全てがオーダーメイドでした。縁、引き手の組み合わせだけでもかなりな数になりますが、そこに襖紙が入ると、デザインは膨大な数になります。
 襖の価格は、材料、加工方法、現場への建て合わせ方法によって決まります。ここでは、意匠的に納得のいく襖を選ぶために、襖の材料をご紹介します。 襖の材料は、主にふすま下地、ふすま紙、ふすま縁、引き手から構成されていますが、それぞれ一般的なものから高級品まで多くのアイテムがあります。 新しい襖を作る時には、まずふすま紙から決めましょう。表具店や建具店には、たくさんのカタログが用意されています。施行業者とよく相談しながら、個性的なデザイン貼りのお気に入りの襖を作り上げて下さい。



神戸市須磨区は市の西部に位置する神戸市を構成する9行政区の1つです。 南部は旧市街地、北部は新興住宅地があり様々な様相を持っている地区でもあります。海岸部は古来から松原の広がる美しい砂浜を持ち、現在は有数の海水浴場ともなっています。
神戸市須磨区は人口約16万4千人の区で近郊住宅地の性格を持っています。海上にはポートアイランドや空港も建設されています。1931年に区が誕生しました。 古くからため池の多い地区として知られ池の名がつく地名も多いものです。区の南部は古くからの住宅地、北部は新興住宅地となっています。
神戸市須磨区は交通面ではJR西日本の山陽本線や新幹線が通り、山陽電鉄や市営地下鉄の路線も通っています。市営バスや神姫バス、山陽バスなど3社のバスが運行しており、中心となる駅はJR山陽本線の須磨駅です。1888年に開業した地上橋上駅で1日当たりの乗車人数は約1万2千人です。
神戸市須磨区のJR須磨駅の附近には須磨海岸や海浜公園、稲荷神社や天満宮などがあります。神戸市須磨区の地名の由来は六甲山系の西端の海が迫る西すみに位置したところからすみがすまになったとされています。1960年代半ばから始まったニュータウンと田園風景を残す地域となっています。
神戸市須磨区の名所や観光スポットというと、離宮公園や海浜水族館、海水浴場、海浜公園、山上遊園、海づり公園、ヨットハーバー、総合運動公園、神社仏閣、灯台、市の指定文化財の住宅、洋館や観光ハウスなどが知られ、神戸市須磨区に立ち寄った際にはオススメのスポットとなっています。

神戸市須磨区は、神戸の西側に位置して、まさに海に面した素晴らしい場所です。アクセスも、神戸市の中心部まで15分程度で行けますし、大阪の梅田でも45分というとても便利な場所にあります。神戸市は、港町として古くから発展してきており、ウオーターフロントなどの発展も目覚ましいのですが、須磨区のように海を楽しめる街があるのも、とても魅力だと思います。須磨区にあります須磨海岸は、古くから白砂青松の美しい砂浜を持つ京阪神随一と言われる海水浴場があります。西は姫路方面や、東は大阪方面からも多くの海を楽しみたい人達が、シーズンにはたくさん訪れます。海水浴だけでなく近くには、ヨットハーバーがあったり、水族園や海釣り公園も充実していますし、近場の公園も綺麗に整備がされていますから、カップルのデートや、家族連れなどでも一日中楽しめそうです。須磨区の海辺で遊んだ後に、神戸市の街で食事をしたり出来るのは、やはり神戸の魅力だと思います。数年前から、神戸市が主導で山側の大規模な開発が進んでおり、たくさんのマンションが建てられてニュータウンとなっています。京阪神では、これ程の規模の海が身近にあるエリアは殆んどありませんので、須磨区の海の環境はこらからも大切に保存して欲しく思っています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃない」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
神戸市須磨区内全域、
お電話1本で、駆けつけます。     

   アフターケアもご安心下さい。

お見積もり無料 出張料も要りません 施工可能地域

神戸市全域に駆けつけます
       

 T様邸
襖張替え

 T様邸
襖張替え

 K様邸
襖の張替え工事

 M様邸
襖張替え

 K様邸  
畳表替 襖の張替え

 I様邸
畳表替 襖張替え

 K様邸
畳表替 襖張替え

 H様邸
襖張替え

 N様邸
襖の張り替え

 M様邸
キャラクター襖張替え

襖は畳やしょうじと並んで、日本の和室には欠かすことが出来ないものである。 これらは、日本古来から長い年月をへて現在までも伝わってきたものであり、日本の伝統と呼ぶにふさわしい、すぐれた物だと言えるであろう。
私たちの先祖たちも使っていた、この襖や畳、しょうじは、とてもいい物だからこそ現代の私たちにまでも、伝わってきたと言って良いと考えられる。 もしこれが、たいした物ではなかったり、欠陥があった物ならば、伝わる前に消滅していたはずだからだ。
ここまで伝わってきた、いい製品物であるから、私たちもずっと後世の子孫たちにまで、伝えてあげたい事だと言えるであろう。 この襖の和紙の手触りや畳の匂いなどは、決して忘れる事の出来ない癒しの存在であるのだから、子孫の誰にでも経験させたいものである。
襖は軽くて持ち運びしやすく、間仕切り建具に適しているが、その機能性まで誰もが知っているであろうか。襖は和紙を何枚も重ね合わせたものを貼り付けてあることから、室内の空気の清浄や、湿度の調節まで行なってくれているのである。
さまざまな機能性をもち活躍してくれる襖も定期的な、張り替えが必要になってくる。張替えしないで使用を続けると、機能性が無くなるばかりか、部屋に影響を及ぼすことになってくるのである。襖を張り替える際には、専門の業者に依頼が必要になってくる。

襖は柔らかい材質で作られており、傷みやすいです。 そのため定期的な張替え作業がいるので、その作業をどうするか考えておく必要があります。 張替え作業は自分でする事も出来ますけど、一般的には業者に頼むことが多いです。
襖の張り替えを自分でするときは、お店に行って専用の道具を買い揃えます。 この専用の道具はかなり高額なので、思ったよりもお金がかかります。 また襖の張替え作業は非常に難しいので、慣れていない人がやると失敗しやすいです。
襖の張替えを業者に頼む場合は、近場に店があればそこに頼むことになります。 もし近所に店がないときは、ネットで探せばすぐに見つかります。 張替え作業は業者のところで行うので、近くの店でないと運搬に時間がかかることがあります。
張替え作業を業者に頼むと襖を持って行ってしまうので、しばらく家の襖がなくなります。 そのため色々不便になるので、いつ依頼をするかをよく考えておいたほうがいいです。 ただ襖の張替え作業自体は早く終わるので、あまり時間はかかりません。
襖の張替えをするときは、業者に頼むほうがお得です。 自分でやることも一応可能ですが、費用が思ったよりもかかるのでメリットがありません。 また張替え作業は難しいので失敗しやすく、結局業者に頼むことになりやすいです。