襖ふすま

松原市内スピード対応!!

襖の張替えは、1,450円税込1,595円と全国トップクラスの激安の当店で!!
高品質はそのままに、徹底的に材料代と工程を見直し、
ふすまの張替え料金をお安く致しました。
熟練の技能士が丁寧に施工し全国でも最安レベルでお届けします

襖の張替え只今キャンペーン中!!

襖紙には、手漉きの和紙から機械漉きの普及タイプまで非常に多くの種類が
揃っています。
また織物系のふすま紙もあり、織糸の種類や撚糸の数さらに印刷やの後加工の
方法により高級なものから普及タイプまで多くの種類が揃っています。
織物系襖紙
それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
※サイズは幅90cm×高さ180cmが 基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ
下さい。


              
クリック>>襖ふすまの種類

                 お問い合わせメールフォーム

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


襖ふすま紙について

■鳥の子襖紙の種類

新鳥の子襖紙

新鳥の子(普及品)

パルプ紙で漉きも柄付けも機械なので、
価格もリーズナブルです。
種類も多く揃ったお求め易い商品です。
  
襖ふすま紙

上新鳥の子(中級品)

上新鳥の子は機械漉きのため比較的低価格です。漉き模様や後加工による多くの柄や材質があり、種類については一番ボリュームがあります。

鳥の子襖紙

鳥の子(高級品)

本鳥の子が手漉きで作られるのに比べ、鳥の子は機械で漉きます。さまざまな技術によって紙の風合いも、手漉きに近いものが出来ます。

手漉き本鳥の子襖紙

手漉き本鳥の子(最高級品)

本来は手漉きの雁皮紙をさします。
その色合いが鶏卵の殻の 淡黄色に似ているところから鳥の子と呼ばれました。
現在は雁皮や三椏、木材パルプ等を混ぜたものもあります。

(画像はイメージです)         雁皮(ガンピ)の花
和紙襖の原料がんぴの花

雁皮紙(がんぴし)は、ジンチョウゲ科の植物である雁皮から作られる和紙です。

雁皮の成育は遅く栽培が難しいため、雁皮紙には野生のものの樹皮が用いられます。古代では斐紙や肥紙と呼ばれ、その美しさと風格から紙の王と評される事もありました。
繊維は細く短いので緻密で緊密な紙となり、紙肌は滑らかで、赤クリームの自然色(鳥の子色)と独特の好ましい光沢を有しています。
丈夫で虫の害にも強いので、古来、貴重な文書や金札に用いられました。日本の羊皮紙と呼ばれることもある様です。
引き手

引き手は、開け閉めの際の襖紙の傷みと汚れ防止の役目があります。
引き手は、手加工の貴金属や陶器の
ものからプラステック製の廉価なものまで多種多様に揃っています。

引き手 引き手引き手引き手引き手 陶器製 引き手引き手引き手

襖(ふすま)は、中国から伝わった障子が寝殿の間仕切りとして使われるようになり、
中国から伝来の、隠蔽性の高い厚手の唐紙が使われるようになり、貴族社会に普及して行きました。
平安時代の貴族達の住宅様式は、部屋の中に仕切りを作らず、通気性を優先した
寝殿造りと言われるものでした。
今で言うパーティションとして、屏風などを使用していました。
やがて屏風などに代わるものとして、障子が中国から入ってきました。
 そして寝所に使われる障子を衾(ふすま)と呼ぶようになりました。
当時寝所のことを「臥す間(ふすま)」と呼んでいました。
 「衾(ふすま)」は元来「ふとん、寝具」を意味するものであった為です。
襖の語源は衣服のあわせから来ています。衾(ふすま)も最初は板状の衝立の両面に
絹裂地を張りつけたものだったので、衣服にならって襖(ふすま)と呼ぶ様になりました。
初期の形状は、かまちに縦桟や横桟を組み両面から絹布などを貼ったものでしたが、
やがて中国から伝わった厚口の紙(唐紙)が襖に使われるようになり、襖と障子が明確に分かれて行きました。その為、襖のことを唐紙と呼ぶことがあります。  
また、障子は明障子(あかりしょうじ)と呼び分けられる事もあります。
 武士の時代になり、襖に絵を描き華やかな部屋を演出するようになって行きました。
そして今に残る数々の襖絵が描かれ有名絵師が登場しました。
そして江戸時代になり、豪商たちが襖を使うように成り、少しづつ一般の庶民にに広がって行きました。


■襖は日本の美しい伝統技術で再確認する襖の素晴らしさ

いくら世の中の変化がめざましいといっても、襖と関わりをもっていない日本人はいないといえます。それほど襖は日本人の生活と深い関わりをもっています。しかし、その襖について考えてみる日本人は少ないです。あまりにも身近にありすぎて、日本人の生活に溶け込んでしまっているからです。襖は、座敷の世界に独特の空間や味わいを生み出します。造形の美しさが部屋に落ち着きや格式を与えます。
職人が丹精を込めて入念に造り上げられた襖には、技術の集積や製作者の造形へのあざやかな手運びといったもの、あるいは座敷としての味わいや美しさを感じられずにはいられません。襖には、空間に独特の粋を作り出す表現の豊かさがあり、出来映えの妙をみせてくれます。襖はあまりにも身近になりすぎて、無意識になっているのが実情です。伝統や造形への創意工夫を集積してきた襖の技術の妙があるのです。
襖は日本人の生活習慣のなかで、普段は目立たない存在でありながら、軽視することのできないものです。襖のある座敷から生活作法が生まれて、茶道は育まれ、社会的な秩序を形成する土壌にもなったのです。襖のある空間のひろがりは、造作の丹念さや柄の妙など、その技術そのものから生じているといえます。そのような意味でも伝統を重ねてきた襖の技術の見直しは、古くて新しいテーマといえます。
襖の素晴らしさを探ることや、長年にわたって集積してきた伝統技術の妙技を新しい時代に生かしていくことが、今後ますます必要になります。座敷のもつ安らぎ感や落ち着き、静かな佇まいといったものが、襖の存在と切り離して考えることはできません。襖のある座敷の味わいや美しさを知り、日本住宅における素晴らしさを再認識し、より良い座敷への欲求思考が高まることは、日本人にとって素敵なことです。
襖が単なる住宅部品ではなく、より良い座敷空間を作り出すための座敷造形です。襖という日本独特の造形は、日本人の生活の知恵によって生み出された傑作といえます。襖の伝統性や気候風土との適応性、そして生活への結びつきといったものを考えてみると、襖という日本独特の造形を表現するには、そのような言葉がぴったりと当てはまります。今こそ再び襖の魅力を再確認することが、グローバル社会だからこそ大切になってきます。


大阪の地名の由来と発展状況及び現在の大阪市の持つ構想について

「大阪」という地名の由来としては古くは「大坂」と呼ばれました。この地名には坂のある地形という意味合いがあります。ただし文字通りの「大きな坂」という意味だけではなく、「おおさか」の最初の「お」や「おお」という読みの部分が接頭語で「さか」は傾斜地という風に傾斜地を強調させる意味合いで名付けられている、とも伝えられています。
 その当時の「大坂」(読みに関しては「おおさか」の他に「おおざか」とも最初は呼ばれていました)は室町時代に今の地名の「大阪」に改められました。「坂」の部分に士に反するという意味合いにも通じる、というその当時の武士たちの間で縁起の悪い地名にとられたため、表記を変更したという経緯があります。 
古くから大阪は商人の街として、また日本有数の港湾都市として豊臣秀吉の時代はより一層、大阪の街は整備され栄え、江戸の城下町を凌ぐといわれるほどの規模をもち豊かで特有な文化が根付く都市として大きく発展しつづけて現在まで至っています。 「大阪」を指すと広義では大阪府という都道府県の府の名前ですが、狭義では大阪市という市の名前のことを指しています。日本では東京23区を抜かして考えた場合、市の中では横浜市の約370万人に次ぐ約268万人と2番目に多くの人口を抱える、西日本地域では一番の規模をもつ政令指定都市であり、大都市です。大阪の都市圏は京阪神地域まで範囲に入るため、実にそれを含めると約1230万人もの規模を持ち、関東都市圏に次ぐ規模となっており、大阪都市圏も世界有数の規模として発展しているといえます。 大阪都市圏には阪神工業地帯と呼ばれる日本有数の工業地帯を抱え、また大阪市やその近隣に本社をおいている企業も数多く存在しており、これらの企業は日本経済を支える原動力となっているほか領事館などの国際機関や財務局や入国管理局、国税局などの国家機関も大阪には数多く設けられています。 大阪を舞台に描いた文芸作品やドラマ及びコミックなどの娯楽作品も数多く存在し、これらの作品を読むことでも大阪の魅力を描き出しています。一因として考えられることには、大阪独自のきっぷのいい気風や人情味のある雰囲気に惹かれているせいといえます。 大阪市の区は24区に分かれており、東京23区を凌ぐ数となっています。現在の大阪市で考えられている構想としては、大阪都構想という東京都に続き2番目となる都を作る構想がありますが実現性については不透明となっています。

松原市で歴史を文化を味わう
松原市は大阪府の中部に位置する街です。人口はさほど多くはなく大阪中心部への交通アクセスも良いことから、ベットタウンとしての役割も担っています。穏やかで閑静なのがこの松原市の特徴ですが、周辺にはスーパーマーケットなどの商業施設などが設置され、日常生活に必要な品を手に入れやすい環境が整えられています。産業面では、金属機械や繊維を扱う中規模な製造業が見られますが、全体的に住みやすい住宅地の立ち並ぶ街です。
 実はこの松原市は、有名な俳優や女優などを輩出している街でもあります。松原市出身のスポーツ選手やミュージシャンなども多く、文化的に優れているといった印象があります。市のホームページを見ると分かるように、松原市ではアーティストの登録制度を実施しています。ジャンルは伝統芸能から食文化、文学と多種多様ですが、この制度に登録しておくと学校や地域ではアーティストの情報へアクセスが出来、活動のチャンスが増えるという訳なのです。
 名所や旧跡にも事欠かないのがこの松原市です。江戸時代の大きな庄屋の住宅は、中でも有名なもので湯殿から蔵に至るまでが現存しています。明治初期の大邸宅も同じように保存されており、両者とも国の文化財に指定されています。現在は実際に人が住んでいるために中を見学することは出来ませんが、遠景から眺めるだけでも当時の松原の生活の一コマを垣間見ることが出来ます。松原市は昔から交通の要衝でもありました。そのため、数々の古道や街道も楽しめるという魅力もあります。
 松原市は又、歴史も大変豊富な街です。様々な歴史の舞台になったことは言うまでもありませんが、この地に縁の深い歴史上名を知られた人物も多数存在します。例えば、将軍に仕えたさる有名な書家が挙げられます。松原市のホームページを見ると、歴史に纏わる多数のエピソードが紹介されており、この街の奥深さを実感すること然りです。又、松原には民話も多く残ります。数々の逸話や言い伝えは、現在では民俗学においても大変貴重なものです。
 松原市は歴史溢れる街ですが、これからの街の未来もきちんと見据えています。健康的な文化都市を目指しており、生涯学習に自治体自らが力を入れているのが特徴です。現在各地で発表されている、街独自のキャラクターもあり、人々から愛される存在となっています。松原市は景観にも一工夫することを忘れてはいません。その証拠に、マンホールの蓋には街のシンボルである、松と薔薇がデザインされています。  

大阪府の松原市について

大阪府にある松原市には心ゆくまでのんびり楽しめる観光スポットがたくさんあります。長期期間滞在する事で心も体もリラックスできます。そんな松原市ですがどのような観光地があるのかとても気になります。松原市には松原天然温泉があります。ここはアトピーや肌のトラブルを持っている方に優しく温泉に入る事で効果が出てツルツルな肌へと変化してくれます。松原市民常連の温泉で館内着も売っているためふらりと訪れても困ることはありません。駐車場が無料で利用できるので心ゆくまで楽しめます。他にも松原市には布忍神社があります。ここも松原市民から熱い支持を得ている神社で交通安全から厄除けまで様々な効能を表してくれます。おみくじも置いてあるので運試しとして家族みんなで和気藹々しながら訪れやすいです。絵馬展も開催されている時期があるので狙っていくことで様々な絵馬を鑑賞できます。他にも松原市にはトヨタレンタリースがあります。車のことならなんでも任せる事ができ親身になって話も聞いてくれます。このように松原市にはあたたかい人たちがいて観光スポットも落ち着いて巡る事ができる為、高齢者であればあるほど味が出ます。もちろん家族で回る事も可能で満足度が高いです。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

価格表

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
大阪府内全域にお伺いします。

【年中無休・受付時間】
8時〜19時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

 G様邸
襖張替え 畳表替え  Y様邸
畳表替え 襖張り換え N様邸
襖の張り替え  M様邸
襖張替え キャラクラー柄  M様邸
襖張替え

 K様邸
ふすまの張替え工事・事例

 H様邸
襖の張替え

建具施工例
 H様邸

畳と襖の調和   

襖の起源を追うと、最も原始的な形式は開口部を必要に応じて塞ぐことのできるものです。そして屋内の空間を仕切って部屋を作るためには土壁以外に、仮設的で可動的な壁が誕生したのです。そしてそれを開いて出入りができ、また必要に応じて全部取り外し屋内を広く使用することもできるのです。こうした関係から襖は、建築に対して構造的関係はもたないのです。これは畳と共通する点があります。
それは畳が古く円座、菰にはじまって、置き畳へと推移していく過程と襖が共通するのです。つまり源氏物語絵巻などに見る当時の住宅にあっては、畳は高貴の人、あるいは見上の人に対する高座として敷く置き畳として、板敷きの床に一部敷かれていたのです。現在の座布団に相当する役割から進化、発展してきた流れをみると、畳も襖同様に、当時は建築に対して構造的関係はもっていなかったといえます。
襖と同列の屋内空間を装飾装備する道具として、共通的な立場にあったといえます。畳や襖に関しては、置き畳などの敷きつめる段階に入り、近年は住宅産業下における一部勢力となりながらも、住宅建築に関し建築士もしくは大工の多くは畳や襖の制作に関して、畳業者や襖業者に一任し、建築生産の一環として、畳や襖をとらえようとしています。昔は襖の制作に関しては、経師と呼ばれる表具師にその制作が一任されていたのです。
それは襖が建築に対して、構造的関係をもたないからだということは先にも述べましたが、畳についても江戸時代をはじめとした武家社会、あるいはそれ以前の貴族社会にあって畳刺、畳師として、その技術が重宝がられ、時代の推移する昨今にあっても畳、襖、あるいは表具の世界は技術がしっかりと温存され、伝統性の一面を見せています。畳と襖は、日本建築の内部構造、近年ではインテリアを作り出すものという考えもあります。
そして畳と襖は、その歴史に共通性を多く残しており、日本の住宅建築の平面と立体を構成する主力要素として現在の存在価値を高めています。またその調和システムに日本在来住宅の特徴があると言わしめるまでに成長してきているのです。近年における畳と襖がその伝統性を脱却して、建築生産の一環として徐々にではありますが、その立場を見直される傾向は、日本住宅建築の多様化も関係しています。

大阪市松原市の行きたいお店

大阪市松原市は多くの飲食店があります。その中で、松原市で行きたいお店を紹介します。 初めに松原市河内松原駅から徒歩14分の所にある「自己流ラーメン綿麺」です。マスターが怖そうな人ですが、見た目だけでとても気さくな人です。ラーメンもおすすめですが、つけ麺は、柔らかいチャーシューがトッピングされていて背脂の深みがあるタレとの相性は抜群です。 松原市にある「河童ラーメン本舗、松原店」は、とても人気のラーメン店で店の外にまで行列ができています。醤油豚骨のラーメンは、脂っこいこともなく醤油の風味が香ります。ラーメン以外のメニューもおすすめです。 松原市新堂にある「すすめ!ヴァイキング松原店」です。家族でお腹一杯に食べることができます。焼肉だけではなくデザートの種類も豊富なので、子供がとても喜びます。 松原市天美南にある「だるまや」です。大阪と言えばお好み焼きですが、値段がとても安く味も良いお店です。お好み焼きだけではなく、串カツなどのメニューがあるのでお酒を飲みながら食べることができます。 松原市大堀にある「柿千」です。大正ロマンを感じる店内は、日替わりのメニューと柿の葉寿司が人気のお店です。柿の葉寿司は、塩加減が丁度良くサバとの相性が抜群です。 松原市に来られることがあれば、ぜひ足を運んで下さい。