襖ふすま

松阪市の襖(ふすま)の張替えに
スピーディーに対応!!

松阪市の襖の張替えは、1,450円税込1,595円と全国トップクラスの激安の当店で!! 高品質はそのままに、徹底的に材料代と工程を見直し、
ふすまの張替え料金をお安く致しました。新調もお安く!
熟練の技能士が丁寧に施工し全国でも最安レベルでお届けします

襖の張替え只今キャンペーン中!! 襖紙には、手漉きの和紙から機械漉きの普及タイプまで 非常に多くの種類が揃っています。 また織物系のふすま紙もあり、 織糸の種類や撚糸の数さらに 印刷やの後加工の 方法により高級なものから 普及タイプまで多くの種類が揃っています。 それぞれの価格については、 お気軽にお問い合わせ下さい。  ※サイズは幅90cm×高さ180cmが 基準です。 これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。   尚、お安くしていますので、ご注文は1対つまり2枚から お願いします。

        
クリック>>襖ふすまの種類                  

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



襖ふすま紙について

■鳥の子襖紙の種類

新鳥の子襖紙

新鳥の子(普及品)

パルプ紙で漉きも柄付けも機械なので、 価格もリーズナブルです。 種類も多く揃ったお求め易い商品です。   
襖ふすま紙

上新鳥の子(中級品)

上新鳥の子は機械漉きのため 比較的低価格です。 漉き模様や後加工による 多くの柄や材質があり、 種類については 一番ボリュームがあります。
鳥の子襖紙

鳥の子(高級品)

本鳥の子が手漉きで作られるのに 比べ、鳥の子は機械で漉きます。 さまざまな技術によって 紙の風合いも、 手漉きに近いものが出来ます。
手漉き本鳥の子襖紙

手漉き本鳥の子(最高級品)

本来は手漉きの雁皮紙をさします。 その色合いが鶏卵の殻の  淡黄色に似ているところから 鳥の子と呼ばれました。 現在は雁皮や三椏、 木材パルプ等を 混ぜたものもあります。

(画像はイメージです)             雁皮紙(がんぴし)は、ジンチョウゲ科の 植物である雁皮から作られる和紙です。   雁皮の成育は遅く栽培が難しいため、 雁皮紙には野生のものの樹皮が用いられます。 古代では斐紙や肥紙と呼ばれ、 その美しさと風格から紙の 王と評される事もありました。 繊維は細く短いので緻密で緊密な紙となり、 紙肌は滑らかで、赤クリームの自然色 (鳥の子色)と独特の好ましい光沢を有しています。 丈夫で虫の害にも強いので、 古来、貴重な文書や金札に用いられました。 日本の羊皮紙と呼ばれることもある様です。

引き手
引き手は、開け閉めの際の襖紙の傷みと 汚れ防止の役目があります。 また、手加工の貴金属や陶器の ものからプラステック製の廉価なものまで 多種多様に揃っています。
引き手 引き手引き手引き手引き手 陶器製 引き手引き手引き手
襖(ふすま)は、中国から伝わった障子が寝殿の間仕切りとして 使われるようになり、中国から伝来の、 隠蔽性の高い厚手の唐紙が使われるようになり、 貴族社会に普及して行きました。 平安時代の貴族達の住宅様式は、 部屋の中に仕切りを作らず、通気性を優先した 寝殿造りと言われるものでした。 今で言うパーティションとして、 屏風などを使用していました。 やがて屏風などに代わるものとして、 障子が中国から入ってきました。  そして寝所に使われる障子を衾(ふすま) と呼ぶようになりました。 当時寝所のことを「臥す間(ふすま)」 と呼んでいました。  「衾(ふすま)」は元来「ふとん、寝具」 を意味するものであった為です。 襖の語源は衣服のあわせから来ています。 衾(ふすま)も最初は板状の衝立の両面に 絹裂地を張りつけたものだったので、 衣服にならって襖(ふすま)と呼ぶ様になりました。 初期の形状は、かまちに縦桟や横桟を組み両面から 絹布などを貼ったものでしたが、 やがて中国から伝わった厚口の紙(唐紙)が 襖に使われるようになり、 襖と障子が明確に分かれて行きました。 その為、襖のことを唐紙と呼ぶことがあります。   また、障子は明障子(あかりしょうじ) と呼び分けられる事もあります。 武士の時代になり、襖に絵を描き華やかな部屋を 演出するようになって行きました。 そして今に残る数々の襖絵が描かれ 有名絵師が登場しました。 そして江戸時代になり、豪商たちが襖を使うように成り、 少しづつ一般の庶民にに広がって行きました。




襖ふすまのお話

国内で何処のお宅へ行っても大抵は襖などがあり、昔からの生活習慣の一つとして慣れ親しんできたものとなります。家の中で襖が部屋の仕切り代わりとなっていたために、ちょっと開ければ隣の部屋である場所に通じ用を足すことができたのでした。
幼いころと言えば襖に落書きをして怒られたり、遊んでいてうっかり穴を開けてしまったなど、懐かしい思い出が沢山詰まった襖でもあります。そういった時を過ごした人は懐かしさと共に、そのころの心の豊かさを癒しとして感じています。
やっと念願であるマイホームを建てる時には、一室なりとも和の空間として和室を設けたいと願ってしまうものです。襖に囲まれた部屋というものは一種独特であり、襖に描かれた絵柄一つで情景もがらりと変わるものです。
今では和の雰囲気だけではなく自分の趣味あった、色々なタイプの材質や絵柄を選ぶことができるので、室内を全く別の空間として変えてしまうことすらできるのです。そこはプロの手を借りてセンス良く張り替えをしてもらうこです。
年月が経って表面の色も変わり張り替えの時期と共に、良いチャンスとして工夫してみることも楽しい選択となります。今では手軽で便利な業者としてやってくれるところも増え、これを機会に襖の張り替えをしてみるのも良いです。

汚れ防止を期待できる襖の存在

家庭の事情によっては、すぐに襖が汚れてしまう時もあります。汚れてしまう度に襖張替えを実施してしまうと相応のお金を支払わなくてはいけません。その結果大きなお金の出費になってしまうケースもあるので、十分に注意する事が求められてきます。そこで汚れを事前に防ぐ為、汚れ防止効果を期待できる襖を選択すれば、極力汚れを防ぐ事が可能です。汚れ防止を期待できる襖は特に小さい子供やペットがいる家庭に大きな効果を発揮します。予期せぬ行動を子供やペットが実施しても、被害を最小限にする事ができるので、襖張替えをしなくても問題ない事がほとんどです。汚れ防止に長けている襖もたくさん誕生しているので、張替え費用を節約していき、何時までも綺麗な襖を維持していきたいと考えている方には魅力的な襖になっています。汚れ防止を期待できる襖の金額ですが一般的な襖と比較して、ちょっと高い金額になっています。それでも一般の方が十分に支払う事ができる金額に定められている為、お金の負担が発生する事はほとんどありません。気軽に購入する事ができて、ちょっとした汚れなどを事前に防いでくれるので、多くの家庭で使用されている襖の一つになっています。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

松阪牛まつさかうしの歴史

松阪牛の歴史は古く、ここまでのブランドに成長できたのも松阪牛の関係者の方々の努力の結晶の歴史といっても過言ではありません。なぜ松阪牛がこれほどまでに日本全国に認知されるようになったのか。松阪牛の歴史を少し振り返ってみたいと思います。松阪牛の歴史の始まりは、実は但馬地方の雌の子牛が始まりと言われています。時は江戸時代の話です。その頃、松阪地方では農耕の盛んな土地ということもあり、当然土地を耕すために牛が活躍していました。実は但馬のメスの牛は大阪を通って紀州にはいり、農耕用として調教された歴史があります。このように農耕用としてよく働く但馬のメスの子牛が成長し、松阪地方に入ってきたわけです。これが松阪牛の歴史のはじまりとなります。この松阪地方に入ってきた子牛は、新牛として呼ばれるようになりました。新牛は、とてもおとなしく働き者であったため松阪地方の人たちは、家族同然に大切に育てられてきた歴史があります。明治になった頃から、外国人が松阪地方にも来る機会が多くなり、牛肉の需要が盛んになってきたんですね。その後、国民にも牛肉の需要が増えてきたために、農耕用として大切に育てられてきた牛が、肉用に育てられるようになったのです。これが松阪牛の歴史のほんとの始まりといいてもよいです。そして農耕用として頑張ってきた牛を、3年から4年経つと野上がり牛と呼ばれ、1年間肥育されます。松阪牛の歴史はこのように始まったわけです。歴史を紐解くと面白いものです。そうして肥育した牛を太牛と呼ぶようになりました。まさに、松阪牛の誕生です。このような松阪牛の歴史に始まり、いまや松阪牛は世界の人々を魅了する牛肉となりました。まさに松阪ブランドです。関係者たちの汗と涙の歴史がここまで成長できたわけです。ブランドとは、誰が作るものでもなく長い歴史の中で消費者が作り上げていくものです。歴史が語るように松阪牛はたくさんの賞にも輝いています。まさに松阪牛の歴史は生産者と消費者が作り上げた歴史と言えるかもしれません。このように松阪牛の歴史を紐解いていくと、歴史の奥深さを感じます。ちなみに松阪牛の美味しさを図る指標は香りが決め手なんだそうです。意外ですね。美味しさの指標は他にもありまして、やはり脂肪の質が大切なんだそうです。低温で溶ける脂肪が良い脂肪だそうです。まさに長い歴史が作った牛肉です。このような松阪牛の歴史を知ることで、食べる楽しみが増えました。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

松阪市全域対応しています

【年中無休・受付時間】
8時〜19時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

施工可能地域

S様邸 襖張替え  G様邸 襖張替え  M様邸 襖張替え工事  F様邸 襖張替え施工

 S様邸
ふすまの張替え工事・事例

 Y様邸

 H様邸 襖の張替え

 I様邸 襖張替え施工

 N様邸 源氏襖張替え

 N様邸 襖張替え

 M様邸 襖張替え