襖ふすま

総社市の襖(ふすま)の張替えに
スピーディーに対応!!

総社市の襖の張替えは、1,450円税込1,595円と全国トップクラスの激安の当店で!! 高品質はそのままに、徹底的に材料代と工程を見直し、
ふすまの張替え料金をお安く致しました。新調もお安く!
熟練の技能士が丁寧に施工し全国でも最安レベルでお届けします

襖の張替え只今キャンペーン中!! 襖紙には、手漉きの和紙から機械漉きの普及タイプまで 非常に多くの種類が揃っています。 また織物系のふすま紙もあり、 織糸の種類や撚糸の数さらに 印刷やの後加工の 方法により高級なものから 普及タイプまで多くの種類が揃っています。 それぞれの価格については、 お気軽にお問い合わせ下さい。  ※サイズは幅90cm×高さ180cmが 基準です。 これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。   尚、お安くしていますので、ご注文は1対つまり2枚から お願いします。

        
クリック>>襖ふすまの種類                  

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



襖ふすま紙について

■鳥の子襖紙の種類

新鳥の子襖紙

新鳥の子(普及品)

パルプ紙で漉きも柄付けも機械なので、 価格もリーズナブルです。 種類も多く揃ったお求め易い商品です。   
襖ふすま紙

上新鳥の子(中級品)

上新鳥の子は機械漉きのため 比較的低価格です。 漉き模様や後加工による 多くの柄や材質があり、 種類については 一番ボリュームがあります。
鳥の子襖紙

鳥の子(高級品)

本鳥の子が手漉きで作られるのに 比べ、鳥の子は機械で漉きます。 さまざまな技術によって 紙の風合いも、 手漉きに近いものが出来ます。
手漉き本鳥の子襖紙

手漉き本鳥の子(最高級品)

本来は手漉きの雁皮紙をさします。 その色合いが鶏卵の殻の  淡黄色に似ているところから 鳥の子と呼ばれました。 現在は雁皮や三椏、 木材パルプ等を 混ぜたものもあります。

(画像はイメージです)             雁皮紙(がんぴし)は、ジンチョウゲ科の 植物である雁皮から作られる和紙です。   雁皮の成育は遅く栽培が難しいため、 雁皮紙には野生のものの樹皮が用いられます。 古代では斐紙や肥紙と呼ばれ、 その美しさと風格から紙の 王と評される事もありました。 繊維は細く短いので緻密で緊密な紙となり、 紙肌は滑らかで、赤クリームの自然色 (鳥の子色)と独特の好ましい光沢を有しています。 丈夫で虫の害にも強いので、 古来、貴重な文書や金札に用いられました。 日本の羊皮紙と呼ばれることもある様です。

引き手
引き手は、開け閉めの際の襖紙の傷みと 汚れ防止の役目があります。 また、手加工の貴金属や陶器の ものからプラステック製の廉価なものまで 多種多様に揃っています。
引き手 引き手引き手引き手引き手 陶器製 引き手引き手引き手
襖(ふすま)は、中国から伝わった障子が寝殿の間仕切りとして 使われるようになり、中国から伝来の、 隠蔽性の高い厚手の唐紙が使われるようになり、 貴族社会に普及して行きました。 平安時代の貴族達の住宅様式は、 部屋の中に仕切りを作らず、通気性を優先した 寝殿造りと言われるものでした。 今で言うパーティションとして、 屏風などを使用していました。 やがて屏風などに代わるものとして、 障子が中国から入ってきました。  そして寝所に使われる障子を衾(ふすま) と呼ぶようになりました。 当時寝所のことを「臥す間(ふすま)」 と呼んでいました。  「衾(ふすま)」は元来「ふとん、寝具」 を意味するものであった為です。 襖の語源は衣服のあわせから来ています。 衾(ふすま)も最初は板状の衝立の両面に 絹裂地を張りつけたものだったので、 衣服にならって襖(ふすま)と呼ぶ様になりました。 初期の形状は、かまちに縦桟や横桟を組み両面から 絹布などを貼ったものでしたが、 やがて中国から伝わった厚口の紙(唐紙)が 襖に使われるようになり、 襖と障子が明確に分かれて行きました。 その為、襖のことを唐紙と呼ぶことがあります。   また、障子は明障子(あかりしょうじ) と呼び分けられる事もあります。 武士の時代になり、襖に絵を描き華やかな部屋を 演出するようになって行きました。 そして今に残る数々の襖絵が描かれ 有名絵師が登場しました。 そして江戸時代になり、豪商たちが襖を使うように成り、 少しづつ一般の庶民にに広がって行きました。




畳や襖(ふすま)等のメンテナンス

日本家屋につきものの建具といえば、畳や障子、襖(ふすま)ですね。これらのメンテナンスを普段からしている、という人は、果たしてどれくらいいらっしゃるのでしょう。普段からそこにあるだけに、なかなかメンテナンスまで目が向かないという方が大半ではないでしょうか。
そもそも、畳や障子、襖(ふすま)は日本の風土に合った、理にかなった建具なのです。畳は吸湿性や保湿に優れています。洋風の住宅が広まっている現代でも、畳を取り入れた住宅は少なくありません。畳の材料であるイグサの香りに、癒しを求める方もいらっしゃいます。
障子も畳と同様です。洋風の住宅でも、間仕切りや採光のために障子を使用している場合があります。インテリアのため、細やかな装飾を付けたものもあります。障子を通して差し込む光は、やわらかで気持ちが良いものです。
襖(ふすま)に関しても、上記二つと同様、日本家屋に欠かせません。襖(ふすま)は和紙を何重にも重ねたものでできているため、吸湿性に優れています。そして襖(ふすま)は取り外しができるので、部屋の大きさを変えることもでき、そういった面でも機能的な建具です。
これらの建具の性能が発揮されるためにも、メンテナンスは重要です。畳や障子に比べて、襖(ふすま)は劣化が目立ちにくいです。ですが、襖(ふすま)も汚れが目立ってくると機能性が低くなっていると考えられます。いずれも専門の知識が必要なので、業者に依頼するのが妥当です。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

岡山県総社市とはどのようなところか

総社市は岡山県の県央に位置しますが、やや南部にあって県都の岡山市および倉敷市に隣接しています。吉備線と伯備線によって岡山市と倉敷市に短時間で行けますので、ベッドタウンとして発展しています。
総社市は観光都市として発展しています。吉備の国が近年は話題になっており、吉備路に広がる多くの遺跡が人気を集めています。総社市は雪舟でも有名です。雪舟は室町時代の僧侶ですが、それに関連した観光名所が市内にあります。
総社市の中心部には総社宮という静かな神社があります。観光客が訪れるような神社ではありませんが、静かで穏やかな庭園は地元の人に愛されています。総社市は中心地であっても静かな住宅地であって、人口は5万人程度の地方都心です。
隣接する岡山市や倉敷市と比較すると田舎町であることは間違いありません。太古の吉備の文化を感じられる街であって、落ち着いた街並みが魅力なのです。
市の中心には高梁川が流れており、清流には鮎が見られます。静かで落ち着いた街並みを求めて訪れる観光客は少なくありません。
岡山市や倉敷市に宿泊して吉備路をサイクリングするような人も増加していますし、吉備路の整備も進んでいます。総社市は歴史を背景に発展しています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

総社市全域対応しています

【年中無休・受付時間】
8時〜19時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

施工可能地域

S様邸 襖張替え  G様邸 襖張替え  M様邸 襖張替え工事  F様邸 襖張替え施工

 S様邸
ふすまの張替え工事・事例

 Y様邸

 H様邸 襖の張替え

 I様邸 襖張替え施工

 N様邸 源氏襖張替え

 N様邸 襖張替え

 M様邸 襖張替え