全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

岐阜県高山市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳たたみの日本文化

日本の家屋には昔から親しまれている和室があり、和室には畳を使用します。定期的に掃除をして、また、晴れた日などにはたまに外で太陽の光に当てて干しておくなどすることで長年の使用にも耐えることもできるでしょう。しかし、ある程度の年月が経つことで、徐々に畳も傷んできてしまいます。また、毎日、部屋を使用していることで汚れなどがどうしても染み付いてしまったり、取れない場合もあります。そのため、ある程度の年数使用した畳は、交換する必要があります。交換する時期に関しては、汚れが目立ってきたり、痛みが酷くなった場合はもちろんですが、その他にも、自宅に人が集まるような行事や冠婚葬祭などで親族が集まる時期などの前に畳の交換時期にしてもいいでしょう。新しい畳のある部屋は印象もよくなるため、来客がある時期があるならば、できるだけその来客が訪れる前には、きれいな畳に交換しておくのがいいでしょう。畳の交換をするために、業者に頼む場合には条件のよい業者をインターネットなどで、事前に調べておくといいでしょう。複数の業者のサービス内容などをチェックしてみることで、満足のいく業者が見つかるかもしれません。また、ネットに頼らず、知人や近所の方からおすすめの業者を教えてもらうのもいいでしょう。

襖の張替えとデザイン

襖の張替え時期は、破れや黄ばみが気になった時です。破れも「ちょっとだけだから」これは注意です。意外に目立ちます。襖の黄ばみも、毎日見ていると、気にならないこともあります。業者を呼んで張替えの相談をしてみましょう。
襖紙の品質や、デザインによって。張替える価格はさまざまです。デザインの種類も豊富ですから、相談する時にある程度の希望を伝えると、イメージに合うデザインから、近い見本を持って来ていただけます。
山水画にしたいとか、鳥の図柄だとか、幾何学模様だとか伝えてください。色のイメージも大切な情報ですね。壁紙は全体的に薄い緑色とか、花柄とか伝えて置きます。チグハグなイメージにならないように、アドバイスもしてもらえます。最近では、防水加工や破れにくい襖紙もあります。張替えの予算に合わせて考えることも出来ます。襖は表と裏があり、それで一組です。張替える襖の数も伝えます。4枚で一組のデザインも有ります。2枚か、4枚か、8枚かで連続柄もあります。まずは、出来るだけイメージを伝えると、柄の幅が伝わります。価格も大体伝えると、合わせて用意してくれます。漠然と伝えるより、希望を伝えるとアドバイスもしやすくなります。襖は本襖か板張かも見ておくと良いと思います。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


網戸の張替えを綺麗にしてもらう

網戸は破れてしまうということもありますし、穴が広がってしまうみたいなこともあるわけです。そんなときにはどうするのか、といえば網戸を張替えることです。網戸の張替えですが特別な道具が必要ではないとも言えますが専用の道具というのはあります。カッターなどもあるとよいわけですが、網をカットするのに便利な形をしているカッターみたいなものです。しかしそういうものを手に入れて実際に自分で張替えるという事をするよりも業者に任せた方がよいでしょう。網戸の張替えを請け負っている業者は結構いたりするのですが、それだけをメインにやっているというわけではないです。内装関係のものを扱っているというようなところが多いです。専門の所でなければならないというわけではないです。十分にそうしたところでもしっかりと網戸は張替えてくれることでしょう。網戸というのは張替えることにそれなりに時間がかかりますし、その張替えるスペースも必要になることでしょう。ですから、自分でやるのではなくそうした業者にお願いするということで手っ取り早く綺麗な網戸にしてもらうということができるわけです。新しく買うという手もありますが、良い網戸のフレームであったりしますと結構高いので張り替えたほうが良いでしょう。

古い網戸を張替えて蚊やハエから家族を守りましょう

開閉可能な窓には必ずついていると言っても過言ではない網戸ですが、そんな網戸が使われるようになったのは人類の歴史でみればごく最近の事です。現代人にとっては当たり前の存在なので、ありがたみを感じる機会も少ないですが、網戸は生活環境を大きく改善するのに貢献しています。なぜ網戸が必要なのか、一番の理由は蚊やハエなどの虫を室内に侵入させないためです。これらの虫は不快であると同時に、人体に健康被害を与えるものです。特に蚊に至っては、現代でも伝染病の媒介などで世界中で多くの人の命を危険にさらしています。網戸はそうした虫を気にする事無く窓を開ける事が出来る画期的な道具なのです。現代の日本は衛生環境も世界的に見てトップ水準であり、蚊の媒介する伝染病もそれほど心配する必要は無いですが、それでも外国から蚊を媒介して広がる感染症が度々確認されるなど、危険な事には変わりません。網戸は古い物だとネットの目が大きく、小さな蚊だと通してしまう事もあります。そういう場合には網戸を張替えて、ネットの目を細かい物に張替えてあげるようにしましょう。基本的にサッシメーカーが製造している網戸は、ネットのみの張替えが可能な作りになっています。既存のネットから張替える際に、別の物に変更する事も可能です。虫除けの効果はネットの目が細かいほど高くなりますので、網戸を張替えて防虫性を高めて家族の健康を守りましょう。

飛騨高山の高山祭と白川郷について

飛騨と言えば高山を思い浮かべます。情緒あふれた誠に心洗われる街です。
長い歴史があり、地理的・文化的条件などもあって、東西交流と支配の起点と成ってきました。昔から飛騨を征服した支配者が本拠地にした。歴史的にも文化的にも飛騨地方を代表する都市です。高山祭は、非常に盛大なお祭りで、全国から観光客が集まる。正しくは1月17日の荒神社例祭に始まり、10月10日の秋の高山祭まで、46の神社に及ぶ祭礼を総称したもの、一般的に知られているものは。春の日枝神社の山王祭と秋の八幡神社の八幡祭の事を言う。
また近隣の白川郷は、岐阜県にある日本の伝統建築の一つ「合掌造り」で有名な集落です。1995年に「白川郷・五箇山の合掌造り」としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。白川郷の合掌造りの家では、現在も住居として利用されていますが、世界文化遺産が生活の場として利用されていることは大変珍しく、数例しか存在しません。茅葺きと掌を合わせたように丸太組みする建築技法が合掌造りの名前の由来であるとされています。また、茅葺きとこの建築方法は、雪下ろしの手間の軽減と雨をしのぐ為であると考えられており、実際に同じ合掌造りの家でも地域によって屋根の傾斜角度が異なるなど、それぞれに特徴が見られます。世界には石造りやレンガ、木造など様々な建材や建築技法を用いた建物がありますが、そうした様々な建材や技法が用いられる背景には、その国の気候や環境など様々な要素が絡み合い、それがその地域独特の文化を形成しているのだということが分かります。一般に白川郷といえば、大野郡白川村の下白川郷を指しますが、高山市の荘川町や清見町など他の地域を上白川郷と呼び、同じ合掌造りの建築物でも上記のような違いが確認できます。白川郷でのイベントは、毎年2月ごろに行われるライトアップが有名ですが、夏でも雪に触れることができる「雪おくりまつり」や田植えやかまくら、ゲンジボタルの観賞など四季折々のイベントがあります。白川郷の合掌造りの家は現在も住民がおり、観光客が利用する道路は、生活のための道路でもあります。観光客の増加による、渋滞やマナー違反が住民の生活を脅かす要因ともなっています。実際に生活をしていることが、白川郷の特徴でもありますので、生活と観光の両立をどう図っていくかが、白川郷の課題となっています。白川郷の環境や文化を守るためには、観光客の皆さんの協力が不可欠です。
(高山陣屋)
敷地内の土蔵は、元々慶長年間(1600年前後)に高山城内に建設され、1695年(元禄8年)に現在地に移築されたものである。建物の屋根は熨斗葺(のしぶき)、柿葺(こけらぶき)、石置長榑葺(いしおきながくれぶき)など、いずれも板で葺かれている。これは飛騨が雪国であるとともに木材の生産地であり、当時の瓦では雪で容易に損耗してしまうのに対して、木材は入手が容易であったためとされている。
敷地と建物内は有料で一般公開され、内部には江戸時代の歴史資料などが展示されている。表門の手前では毎日朝市が催されており、高山市内においては宮川朝市と並び陣屋朝市として親しまれている。
岐阜県の北部である飛騨地方の中心都市、高山市。合併を経て、今では東京都の面積よりも広い面積を持っている。高山市といえば、やはり観光地として多くの人に認識されている。高山市の古い町並みは、小京都と呼ばれるに十分に値する場所である。
高山市は古くから観光地として知られていたが、ここ数年観光客に大きな変化が現れている。それは外国人観光客の来訪である。
街を歩けば、平日、休日問わず、外国人観光客とすれ違う。その要因は、高山市がフランスのタイヤメーカーであるミシュランの旅行ガイドで、京都と奈良と同じ三ツ星を獲得したことによる。それを契機に高山市を訪れる外国人観光客が激増している。
当然、高山市としてもそのニーズに応えるべく、食事メニューや案内標識等の多言語化を進めてきた。その努力もあり、外国人観光客は増える一途である。
夜の居酒屋やバーで外国人と話すという、昔の高山市では考えられないことが、今まさに当たり前の光景になっている。古くからの日本の文化が今でも残る高山市で、外国人観光客との交流を楽しめるという、いい意味でのミスマッチを、これから高山市を訪れる日本人観光客には楽しみの一つとして感じていただければ幸いである。

伝統と観光の街岐阜県高山市

全国で最も面積の広い市町村といえば、岐阜県高山市です。その面積はおよそ2,177.61平方キロメートルで、やや劣るものの東京都とあまり変わらない広さとなっています。ただその殆どは山林で、東京都と比べたら当然岐阜県高山市の方が人口は少ないと言えます。 また岐阜県高山市は日本全国で53箇所認められている国際会議観光都市の一つでもあります。飛騨山脈の北側に位置することから冬は寒さが厳しく、雪が多い日本海気候の岐阜県高山市。その標高の高さと気候を活かした観光施設が観光客に人気です。主にはスキーゲレンデとその近辺に温泉宿泊施設も多数あり、ウィンタースポーツのシーズンには中部地方は勿論関東地方やその他からもスキーやスノーボードを目的とした観光客でかなり賑わいます。 また、伝統のある地域でもある岐阜県高山市。他にも春の山王祭や秋の八幡祭が有名です。岐阜県高山市の地名をとって別名高山祭とも呼ばれるもので、その起源は16世紀後半頃とも言われているほど古い歴史を持ちます。見事な屋台が出てからくり奉納等様々な伝統芸能が繰り広げられます。参加する人も観覧する人も楽しめる行事となっており、この祭りに季節の訪れを感じる岐阜県高山市民もいます。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 岐阜県高山市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え