全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

井原市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳のメンテナンスで長く愛用

畳の青さと清々しい香りは、日本の住宅における好ましいものの1つとされています。
しかし、元々自然のものだけにどうしても時間が経つと、色や香りがさめてしまいます。
また、長く使えばどうしてもキズや傷みが目立ち、畳本来の機能を果たせなくなってしまうのです。ただ、そうなっても畳はメンテナンスをすることで再び元の快適さを取り戻すことが可能です。このメンテナンスのことを畳替えと呼び、時期や状態に応じて様々な方法を取ることができるのです。まず新品から3から5年ほど経つと、日に焼けて変色したり引っかき傷ができたりと小さな傷みが目立ち始めます。こうなったら、畳店に「裏返し」を依頼します。裏返しとは、畳の表面を剥がして裏面を表とし、それを再び貼り直すことです。こうすることで、また青さや清々しい香りを復活させることができるのです。
その後、また5年ほど経つと変色だけでなく表面が毛羽立ち、繊維がボロボロと剥がれだして服や体につくといった事態がみられます。こうなると表面はもはや寿命なので、畳店に依頼してそれを剥がして取り去り、新しい表面に取り替えてもらいます。
これを「表替え」と言います。畳の本体がしっかりしていれば、この表替えは何度でもできるのです。しかし、それでも20年30年と経てば、畳本体にも寿命がきてしまいます。
弾力性が無くなり歩くとボコボコする、または腐ってカビ臭がする、全体的に縮んで隙間が開き出す等がみられたら、いよいよ本体そのものの寿命とされています。こうなると、メンテナンスは不可能で新畳が必要となります。

襖の張替えでお馴染みの鳥の子紙とはどのような紙なのか

襖の張替えでは、張替えた後の襖紙を何にするか選ぶという作業が必要になります。業者に依頼する場合では特に、張替え作業をする前に入念にどのような襖紙にするか打ち合わせを行いますので、事前に好みのデザインなどをしっかりと考えておくと契約の際に戸惑わずに済みます。また勢いで慌てて張替える襖紙を選んでしまって後から後悔する、というようなトラブルも減らせます。なお張替えで使用される襖紙というのは種類が非常に豊富なのですが、材質についてはある程度限定されます。一つ紹介すると、鳥の子紙と呼ばれる和紙があり、襖紙として最も種類が多く伝統的に使用されている素材になります。鳥の子紙というのは和紙の一種で、品質が高く厚みのある滑らかな表面を持ち、紙王とも称されるほどでした。紙質をしています。襖紙としての使用の他には書道や日本画などでも使用されます。卵の殻に似ている事から鳥の子紙と呼ばれますが、虫害にあいにくい事から襖紙としての使用に向いています。伝統的には手漉きで作られますが、一般的には機械漉きのものが多く流通しています。厳密には雁皮を原料とした和紙ですが、最近では雁皮に楮などを混ぜて、鳥の子紙特有の独特の光沢を抑えたマットな質感の鳥の子紙が人気があります。

網戸の構造と張替え

網戸と言えばなったに良く使用すると思います。 です、いざ使おうと思ったら破れていて張替えが必要とかって言う事が有ると思います。 今回は網戸の歴史や構造など紹介していきます。 網戸は古くは蚊帳から始まっています。 蚊帳とは網でできたテントみたいな物ですが、これを使うことで蚊の侵入を防いでいました。 ですが明治時代に入り木製の窓が出てきました。 そこから窓に網を張り網戸が誕生しました。 網戸の網には、今現在金網制の物と普通のポリエチレンの物があります。 こちらを張替えるならどちらが良いのか悩みますよね。 金網制は丈夫でなかなか破れにくいけど、ちょっと高額になってしまうのが悩む所です。 ですが普通のポリエチレンの網戸では張替えも容易にでき、金網制よりかは、安価でできます。 網戸の張替えは業者に頼むか自分で張替えするか色々ありますが、私は自分で張替えてしまいます。 DYIで張替えする時の注意点ですが、先ずは網戸を止めるゴムの太さが肝心です。 ゴムには色々な大きさがありしっかり計らないとまた買い直しになってしまいます。 次に網戸の網です。 今は、グレーと黒と、色々な色の網があります。 網の色でも雰囲気が、かなり変わります。 網の張り方は今はネットでも掲載されています。 私もネットで何回も勉強して試しで張替えをしたら上手くできたので、自分で張り替える場合はネットなどで勉強をしてからの方が良いかと思います。しかし出来るだけ専門の業者に依頼するのが費用対効果の点でもベストかと思います。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


井原桜まつりが開催されている井原市。

岡山県井原市は、岡山県の南西部に位置している市であります。
井原市は笠岡市、総社市、高梁市、小田郡矢掛町、広島県福山市、神石郡神石高原町にそれぞれ隣接しています。市の木はクロマツ、市の花はサクラ、市の草花はパンジーとペチュニアとされています。井原市は1953年3月に後月郡伊原町、西江原町、高屋町、荏原村、木之子村、県主村、青野村、山野上村、小田郡稲倉村、大江村の3町7村が合併、市制施行し誕生しました。2005年3月には後月郡芳井町と小田郡美星町を編入し、現在に至っています。人口は約4万人の市です。
井原市の交通としましては、鉄道は井原鉄道井原線が走行しており、早雲の里荏原駅、井原駅、いずえ駅、子守唄の里高屋駅の4駅が市内に設置されています。
路線バスは井笠バスカンパニー、北振バス、備北バス、井原あいあいバスによって運行されています。また、市内には高速道路は走行していませんが、山陽自動車道のインターチェンジが最寄りの距離にあります。
井原市の観光スポットとしましては、井原市立田中美術館や森長継公陣屋跡などがあります。市内では多くの祭りが開催されており、井原桜まつりや三原渡り拍子などが毎年開催されています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 井原市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え