名古屋市中区もスピーディーに対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
全国、東海、中部地方が施工エリアです。
国産畳表(たたみおもて)も激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理修繕と新調。
ペットディフェンスも扱っています。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます

 (画像はイメージです)

障子と言えば、日本に昔からある伝統的な建具ですが、和室離れが進んでいる現代では、見かけることが少なくなってきました。しかし障子には、インテリアとしての良さもたくさんあり、機能性に優れたものもたくさん登場しています。最近ではどんなものがあるのでしょう。障子はすぐに破れてしまうからと、小さなお子さんのいる家庭では避ける傾向がありますが、最近の障子はとても丈夫で破れにくいものがほとんどです。張り替えも、便利な道具や障子そのものに加工してあるものがあり、簡単にできるようになってきました。最近ひそかなブームとなっているのが様々な色の障子紙です。ところどころ色を変えたり、好きな色を組み合わせたりして自分なりのデザインを楽しむことができます。壁紙の張り替えは大変ですが、障子の張り替えなら気軽にお部屋の模様替えができますよね。ガラス窓のない時代に、風を通さず光だけをとり来む目的で作られた障子は、柔らかな光をお部屋に通してくれるのが特徴です。カーテンやブラインドにはない障子ならではの良さがありますよ。このように、障子には様々な良さがあり、日本の伝統は守りながらも現代の生活スタイルに合わせて少しずつ進化を遂げているのです。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300~500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳VSフローリング、どちらが快適なのか

賃貸の物件情報を見ていると、最近はワンルームの場合はほとんど、フローリングの洋室になっています。畳の和室よりも、洋室のフローリングの方がいいと考える人が増えているのでしょう。確かに、フローリングの方が畳よりも掃除がしやすく清潔な状態をキープでき、耐久性があります。ですが、畳にもメリットとデメリットがあるので、それを理解した上で、どちらを選ぶか考慮して下さい。まず畳のメリットは、湿度調整機能が備わっている事です。畳はイ草で作られているため、夏の湿気の多い時期には、湿気を吸収し、冬の乾燥した時期には、水分を空気中に放出させる事で、室内で快適に過ごせるようになっています。また畳は断熱にも優れているので、冬場は同じ暖房器具を使用した場合、体感温度は和室の方が温かく感じるはずです。フローリングと比べて足元が柔らかいので、疲れにくく、イ草の香りには、リラックス効果もあります。ただし、デメリットとしては、フローリングと比べると、耐久性がないため、定期的に畳の張替えを行う事が必要で手間がかかってしまいます。汚れやすく、ダニやカビが発生しやすいため、掃除と換気は小まめに行う必要があります。そのため、室内ペットを飼っている場合には畳は不向きだと言えます。その他、畳とフローリングは、目的や何を重視するかによって、どちらが快適なのか、選ぶポイントが変わってくると言えるでしょう。

洋風化の中で重要な畳

日本式、入母屋の家屋が減ってきて現代は洋式へと移り変わっては来たが、やはりその洋風建築の中にも和室は非常に重要な役割を果たしており、本来日本人は畳の上で生活をしてきた民族なので、ツーバイフォー住宅が圧倒的に多くなった新築の中に於いても忘れてはならない安らぎの空間として無くてはならないものになっています。日本の狭い土地を有効活用でする洋式建築と和風とをうまく利用した建築設計が現代建築物の主流になってきているのです。
農民は広大な田畑を耕し稲作を中心として生活を営んできました。コメを作ると必ず大量のワラが発生します。このワラは現代のコンバインでは小さく粉砕されてトラクターによって田畑に混ぜ込まれ翌年以降の土地の肥やしとなります。一昔まえなら足踏みの脱穀機を活用して稲穂だけをちぎりモミだけは焼かれて取り残された大量のワラが発生しました。天日に干されているコメが田舎の風物詩であって、昭和の農村のありきたりの風景だったのです。
このワラを有効活用してきたのが日本の畳です。田舎では村々に畳職人がいてワラを買い取っていました。農作に全く無駄か無いのです。生産から加工そして消費、稲作としての流通網が出来上がっていたのが昭和の稲作だったのです。現代は畳自体の需要が減ってしまって村からは畳職人が暮らしていける環境がなくなりつつあります。畳をこよなく愛してきた日本人なのに残念なことです。畳は洋式のフローリングとは違い保温効果に優れています。
日本独特の家具として「こたつ」があります。こたつのあたたかみを十分に活かすのは畳なのです。ベッドを活用せずに畳に直接布団を敷いて寝ると保温効果によって暖かく練ることができます。日本人の受け継がれてきた知恵です。フローリングに布団では冬場は寒くて快眠はできないでしょう。正に温かいワラを敷いて寝る。牛や馬の寝床にワラを敷き家畜を労ってきたのもまた知恵なのでしょうか。ワラ、畳と生活を共にしてきた日本人なのです。
畳1枚はそのまま面積の単位としても使われてきました「坪」という単位です。広大な土地もメートル法の平方ではなくてこの畳2枚一坪が単位です。現代のサイズはメートル方に準じて2枚一坪よりも狭い畳が使われています。変わりゆく日本の面積単位。洋式に準ずること無く日本住宅はやはり日本式の尺を使って建築されるべきで、こだわりのある入母屋住宅では従来の2枚坪の畳が使われています。日本の良き伝統も畳によって受け継がれていくのです。

適度な重厚感が魅力の襖を張替えてリフレッシュさせましょう

主に部屋の間仕切りに使われる事が多い襖ですが、襖のいいところは適度な重厚感がありながら、開け閉めしやすく取り外しも容易な軽量な構造をしていることにあります。部屋の間仕切りとして使う以上、単に視線を遮るだけでなくある程度しっかりした構造でないと安心感がありません。かといって壁を作ってしまえば、部屋を広く使おうと思っても壁が邪魔になってしまいます。襖は木の枠に紙を張って作られます。自然由来の素朴な構造ですが、紙は厚手でさまざまな趣向を凝らした物が使われるので高級感があります。そして周囲に取り付けられた黒塗りの桟や框が重厚感を醸し出します。その上で内部の大部分が空洞になっているので、見た目から受ける印象よりずっと軽量です。一般的なサイズの襖なら、小柄な方でも一人で持てるくらいです。間仕切りとしての安心感と、開け閉めしやすく取り外しやすい取り回しの良さを兼ね備えた便利なたてぐなのです。そんな便利な襖ですが、古くなってくると汚れが目立ってきてお世辞にも気持ちのいい物ではありません。しかし襖は簡単に言ってしまえば、木の枠に紙を張った建具なので、その紙を張替えれば一新できてしまいます。そして張替えは全国各地にある襖店など、襖の張替えを専門的に行なっている業者があるので、必要な時にすぐ張替えられます。張替えによって部屋の模様替えにもなりますので、業者張替えを依頼してみてください。

襖張り換え お客様のお話

襖の張替えを行うと、部屋の雰囲気が変わります。襖の汚れや日焼け、破れがなくなり、きれいになります。部屋の中が明るくなり、気持ちよく過ごすことができました。
襖の張替えで、全く異なる雰囲気の襖紙を選ぶこともできます。紙の質や素材が変わると、値段も大きく変わってきます。しかし、高いものは丈夫で長持ちします。小さな子供がいる家庭は破れる心配がありますが、普通に暮らしていると破れてる心配はありません。
今までの薄い襖紙は、気が付かない間に日焼けやシミができていました。毎日見ていると気が付きませんが、新しいものに張替えるとよくわかります。今度はざらざらした材質のものにしました。厚みがあった丈夫です。日焼けしにくく汚れも目立ちません。リフォーム時には費用が掛かりますが、持ち家で長期間使用する予定がある場合にはおすすめです。
襖がきれいになると、部屋の他の部分の傷みが気にならなくなります。襖の開け閉めもしやすくなります。襖の張替え時に、一緒に引手も交換しました。色々な形があり、好みのものを選ぶことができました。部屋によって変えたので、大人用の部屋はシンプルなもの、子供用の部屋にはお花のような形のものにしました。
張替え時には費用が掛かりますが、見た目もおしゃれになりうれしかったです。

網戸の張替えにおける考えるべき点はいくつもある

網戸は張り替えるのにお金がかかります。網戸張替え業者に依頼するとしてその判断というのは1枚単位ということが多いです。
最低、何枚以上じゃないと網戸の張替えを請け負っていないというところはないです。また業者で気をつけなければならないことは対応しているところが違ったりするという点です。戸建て専門とかもありますから、集合住宅であったりビル、店舗、工場系のところでは網戸の張替えは請け負っていないみたいな業者も結構あったりします。
さて、そもそも網戸を張り替える時期は一体いつなの?となりますが、割りと状況によって違いがあります。網戸の設置場所や使用状況によることでどういうタイミングでやるべきかというのは違うわけですが、その網戸を使い始めてから4年から5年くらい経ちますと大体は経年劣化でゆるみが生じ始めてくることでしょう。この緩みというのがわかりにいくことです。
網戸をしているのになんだか虫がよく入ってくるとか埃とかがよく大きなもので入ってくるみたいな事があったりしたら張替えを検討するべきです。網戸がよく太陽が当たる位置にあるとか、手入れをあまりしないようなところにある網戸であれば2年くらいで張替えをしたほうがよいです。そのあたりも含めて業者に相談してみるというのも一つの手でしょう。


名古屋市中区の概要と愛知県名古屋市中区の特徴について

愛知県名古屋市中区は、名古屋市を構成する16区のひとつで、1908年(明治41年)4月1日に4区制施行した時から存在していると言われております。愛知県名古屋市中区は1944年2月1日に、栄区を区分しましたが翌年の11月3日に編入されております。愛知県名古屋市中区は、名古屋市の中核に位置する区ですので、栄三丁目周辺には3つのデパートなど商業施設が集中しており、その南辺りには電気街として有名だと言われている大須があります。
愛知県名古屋市中区にある名古屋城三の丸には、国の出先機関、愛知県庁、名古屋市役所などのような行政機関が集中しております。愛知県名古屋市中区の河川には堀川や新堀川が流れております。この堀川は、愛知県名古屋市中区を流れる庄内川水系の一級河川で、江戸時代初期の名古屋開府に際して、建築資材運搬用の運がとして伊勢湾から名古屋城まで開削されたことがそのルーツとされております。新堀川も愛知県名古屋市中区を流れている庄内川水系の一級河川です。
愛知県名古屋市中区にある堀留水処理センターを起点として、精進川低地に沿って市内を南流し、南区明治にて堀川へと注いでおります。流路は愛知県名古屋市中区、昭和区、熱田区、瑞穂区、南区の境となっております。かつての今池辺りを源流として愛知県名古屋市中区、名古屋台地を流れていた精進川は多くの湧き水による豊富な水量を持っておりましたが、曲がりくねった川筋が洪水の原因ともなっていたようです。愛知県名古屋市中区では、このような洪水の発生を防いでおりました。
愛知県名古屋市中区を流れる新堀川は、記念橋より南方向にあります。名古屋大地を流れていた精進川は船舶の航行と下水処理の受け皿とするため、1883年に運河としての改修する計画が建てられ、1910年に現在の川筋に付け替えられました。新堀川という名称は、この付け替えの際に付けられたものであると言われております。また、元の精進川は1926年に埋め立てられ消滅しております。長年に渡るヘドロの堆積の影響によって、特に酷暑期にはヘドロの浮遊が見られたり、異臭を放ったりしていたようです。
愛知県名古屋市中区には商業施設として有名な百貨店、大学や専門学校なども多く存在します。愛知県名古屋市中区の交通は、名古屋市交通局の市営地下鉄に東山線、名城戦、舞鶴線、桜通線があります。東海旅客鉄道には東海道本線や中央本線、名古屋鉄道には名古屋本線や瀬戸線などがあります。道路には自動車専用の名古屋高速道路、一般国道には国道22号、19号、41号、153号があります。愛知県名古屋市中区の名所としては、東本願寺名古屋別院や万松寺、名古屋城、科学館や美術館、白川公園などさまざまです。

愛知県名古屋市中区は名古屋の中心街です。パルコや三越などもあり、買い物に便利です。名古屋は地下街も発展してるので雨の日の買い物も大丈夫です。愛知県名古屋市中区は緑も意外に多いです。愛知県名古屋市中区はオフィス街です。愛知県名古屋市中区は大須という商店街が近くにあります。電気街やオタクの町などいろいろな面を持った街です。飲食店も多いので飽きることはありません。愛知県名古屋市中区は都会らしくないのも売りです。
愛知県名古屋市中区は図書館、科学館、美術館なども近くにあります。特に科学館は定評があります。図書館や大須には名古屋めしを食べられる場所もあります。図書館には寿がきやらーめんという名古屋発祥のラーメン店があります。とんこつベースですがおいしいです。大須には矢場トン、味仙などがあり、台湾ラーメンや、味噌カツが食べられます。すこしくせがありますがおいしいですよ。愛知県名古屋市中区は家賃が高いです。少し古いところだと安い場合あります。
愛知県名古屋市中区はセントラルパークがあります。大きな公園です。愛知県名古屋市中区はオアシスパークがあります。きれいな公園に近い施設です。愛知県名古屋市中区は名古屋の老舗が固まってます。愛知県名古屋市中区には錦という歓楽街があります。ういろうを買える店がたくさんあります。ロフトが入ったナディアパークという場所があり少しおしゃれな場所です。近くに大きい公園がたくさんありますよ。休みの日は中区はイベントが多いので人も多いです。
愛知県名古屋市中区には先ほど書いた通り大須があります。大須にはアニメカルチャー、コリアン、中華などの文化のものがいっぱいで一日居ても飽きません。食べ歩きフードもあり、おすすめです。大須観音もあり、異国情緒であふれてます。外国の方も多いです。愛知県名古屋市中区は駐車料金が少し高いので交通機関がオススメです。全国的に見ても名古屋の地下鉄は安いみたいです。愛知県名古屋市中区は夜も明るい街です。居酒屋も多いです。
愛知県名古屋市中区はある意味ごちゃごちゃした街です。セントラルパークも中心に縦に延びてる街なので人や建物が固まっています。サンシャイン栄というビルには観覧車があります。建物に観覧車があるので見ているだけでもおもしろいです。大須にはコメ兵など中古ブランド品店もあり、その流れは栄にもあるので安くブランド品が買える街です。ここの地域の人たちは昔から松坂屋が大好きです。いろいろな文化があり非常に興味深い、面白いところです。

名古屋市中区について

名古屋市中区は愛知県名古屋市にある16の区の1つで、2019年10月現在で人口は約90000人となっています。名古屋市中区は名古屋市の中心的な区として知られています。東海道新幹線や名鉄線、近鉄線などが通っている名古屋市の一大ターミナル駅である名古屋駅が位置している名古屋市中村区とも接しており、名古屋市の中でも特に発展しているエリアだと言えます。名古屋市中区にはJR線、名鉄線の他、名古屋市営地下鉄が通っています。名古屋市中区の中心駅はJR東海道線、中央線、名鉄線、地下鉄線が通る金山駅です。名古屋市中区にある観光スポットとして特に有名なものは名古屋城です。名古屋城は名古屋市営地下鉄名城線の市役所前駅が最寄り駅であり、名古屋駅からでも短時間でアクセスすることができます。日本国内だけでなく外国からもたくさんの観光客が訪れており、名古屋の歴史を感じることができます。名古屋市中区内にはCBCテレビ、テレビ愛知、中日新聞など愛知県や東海地方を代表するマスメディアの本社も位置しています。中区には「栄」や「大須」など名古屋を代表する繁華街もあるため、ショッピングを楽しんだり食事をしたい時にも大変便利です。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 お電話1本で、駆けつけます。

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
    8時~19時まで        

施工可能地域

施工可能地域

   

クリックしてください
施工・工事の事例の
一部が御覧頂けます。↓

施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え

 Y様邸
襖張替え

お茶室の畳表替え工事

 O様邸
畳襖の張替え

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 H様邸
畳表替工事

 K様邸  
畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 S様邸
畳表替え施工事例

網戸の張替えについて

網戸の張替えはどこにお願いするのかというとそういう業者があったりします。網戸の張替えしかしていないというわけではないですが網戸の張替えに関してかなりの技術を持っていたり色々な選択肢を提供してくれたりするところがあります。自分自身で網戸の張替えというのは出来ないわけではないでしょうが、そもそも綺麗にできるかどうかと言うとやはりできない人の方が圧倒的に多いです。だから糞業者に一任してしまうということにメリットがあるという形になるわけです。コストはかかることになりますがそもそも網戸というのはしっかりとした状態であるということが前提であって、そうでないのであれば設置しておく意味すらなくなってしまうので破れていたりするのは当然として、少し歪んできた程度のことでもきちんと網戸としての能力を発揮してもらうためには綺麗な状態を維持するために張替えるというのは選択肢に入ることでしょう。1枚あたりいくらとか明確に料金設定がされているでしょうからまずは見積もりをお願いすると良いでしょう。色々なあみが最近は増えてきているので選択できることも多いのが面白いところではあります。業者に任せることによって自分はかなり楽ができるようになります。