仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円税込1,595円、
ペットディフェンスも扱っています。
全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、東北から九州まで、
全国にスピーディーに対応します。

湖南市スピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)

虫が部屋の中に入ってこないと書かれている網戸を購入したのに、夜の時間帯になると部屋の中に小さい虫が入っている場合もあります。書かれている事が嘘なのではないかと疑ってしまいますが、自分で少し工夫をする事によって小さい虫が入ってくる事を防ぐ事ができます。どんな網戸を購入する場合でも覚えておかなくてはならないのは、虫が入ってこない網戸と書かれている物でも100%侵入を防ぐ事はできないと言う部分になります。ではなぜ虫が入ってきてしまうのかを知らなくてはなりません。網戸を自分で設置する場合もありますし、業者に依頼をして設置する場合もあります。網戸を設置した後に確認をしてみると分かりますが、必ずどこかにすき間ができてしまいます。そのすき間から虫が侵入してきています。つまりこのすき間の部分に工夫をすると虫が侵入をしてくる可能性が非常に低くなると言う事になります。網戸にする工夫は自宅にある物で行う事ができます。テープなどを貼れる部分にすき間がある場合は、マスキングテープを使用するとすき間を塞げます。またサッシの部分にすき間がある場合はプラスチックの板を少し細長く切ると塞げます。ただ網戸を設置するのではなく、自分で工夫をして網戸を設置するようにしましょう。網戸に工夫をしている方は多くいるので変わった事をしていると心配する必要もありません。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳を長く持たせる

日本の伝統的な建具の一つである畳は、高温多湿という日本の風土に合わせて作られているのです。吸収性に優れ湿度を調節してくれる特性を持ち合わし、夏は涼しく冬は暖かい環境で過ごせるのが特徴です。また、畳を使用する部屋は、おもに和室でおおく使われていたのですが、近年では畳の利便性の良さから、洋室やベット、介護用から浴室で利用できるものまで幅広く出回っております。和室で使われる通常の畳では、新調してから裏返しと表替えの張替えを行いながら、約10年でまた新調となるのです。しかし、使用状況や日頃のメンテナンスなどで、畳の寿命を延ばすことができ、場合によっては20年以上も長持ちさせることができるのも畳の特徴であります。畳を長持ちさせるには、常日頃にメンテナンスをしなくてはなりません。自然素材であり呼吸もしてるので掃除を行い通気性をよくして、汚れなどやカビやダニからもしっかり守ることが重要です。日頃の掃除には畳の目に沿って傷がつかないよう、ゆっくり丁寧に掃除機をかけましょう。また、雑巾の場合はできるだけ固く絞ってから、目に沿って軽く拭くようにすることです。それから、天気の良い日に最低でも年1回、できれば年2回は日干しすることが効果的であります。このようなメンテナンスを行うことで、畳の寿命が延びて快適に使えるのが畳の魅力的な部分でもあるのです。

襖には唐紙という別名がある。

襖の別名に「唐紙」というものがあります。襖の表に張られている襖紙には、伝統的な物から新しいものまでいろいろありますが、唐紙という場合にはその中でも、主に紙製の襖紙を用いたタイプを指して言われます。そもそも襖は今から1000年近く前の平安時代に生まれた、日本固有の建具です。その時点では木製の土台に絹を張ったものを襖障子と呼んでいました。「ふすま」という言葉が寝具の衾(ふすま)に通じますし、漢字も衣へんである事からも布とかかわりの強い建具であったことが示唆されます。因みになぜ障子とついているかというと、古くは建具一般を障子と呼んでいたためです。その後に中国から、質のいい模様付きの紙が大量に輸入されるようになると、これを絹の代わりに用いた建具が登場しました。この紙を唐紙と称したので、この建具を唐紙障子と言います。唐紙障子と襖障子は当初、別の建具として認識されていました。しかし表に張られているのが絹か紙かの違いだけなので、次第に混同されるようになっていつのころからかどちらも同じ建具を指す言葉として用いられるようになったのです。現在では紙製の襖紙に唐紙は用いませんが、かつての名残として唐紙という名称が用いられる場合もあるのです。

日本で生まれたもの、それは日本人として嬉しいし誇りでもあります。日本伝統家屋の和室に欠かせない襖はまさにそうしたものであり、引き違いの戸、そして品のある絵柄、さらにはその素材、そのすべてに魅力があります。また襖は間仕切りや調湿、断熱といった要素もあり、日本の文化や気候に調和した傑作と言えるものです。そのような襖は、張替えによるメンテナンスを必要とし、それを怠ると品もなくなり、調湿や断熱といった効果が薄れてしまいかねません。襖の張替えは、専門業者でないと難しく、優良で腕の良い張替え業者を選び依頼することができます。
襖の張替え時には、単に以前と同じ素材、同じ絵柄を選ぶのではなく、部屋の雰囲気を変えるために、違う絵柄にしてみるのも楽しいです。古風な絵柄が多い襖ですが、和モダンな絵柄やキャラクターもの、その種類は膨大で、和室のイメージに合うものを選ぶことができるに違いありません。襖はアートという一面があるため、山水や松竹梅といった伝統的なものが好まれるとはいえ、西洋風のもの、クラシック、アンティーク風など、和に洋の要素を取り入れたものも増えてきています。襖の張替え時には、こうした楽しみもあり、模様替えができます。

障子は時代とともに変わります

年末になると、おばあちゃんが障子の張り替えを行うという光景は、昭和の後半にはあまり見られなくなってきました。核家族化が進み、家の形式も和洋取り混ぜたスタイルが主流になってきたことで、障子のない家まで登場してきたことが原因です。しかし、21世紀になると、経済発展が落ち着き、今までの良いものを積極的に取り入れようとする動きがでてきました。そのため、和風建築をリフォームして利用することが増え、障子のある家が増えてきました。しかし、すでに障子を張り替えたことのある経験者が非常に少なくなり、年末に障子を張り替える風景を目にすることは減っています。それでも、代わりに、障子の張替え業者が作業を行うようになり、現在では、インターネットを利用して注文を集めているところも出てきています。このインターネットを利用した障子の販売は、思わぬ効果をもたらしており、さまざまなデザインの障子を画面上で知ることができるようになってきたのです。これまで、白い障子ぐらいしか目にしなかったものが、アニメのキャラクターを取り入れるなど、趣味に関するデザインを入れ込むことができるようになっているのです。さらには、素材自体の見直しも進んでおり、破れないプラスチック製のものさえ登場しているのです。

網戸の張替えを実施して虫の侵入を防ぐ(お客様のお話)

網戸というのは、とても大切ですね。特に夏になると窓を開けることが多くなるので、そのメリットを痛感しています。私の地域では、網戸がない家はありません。それはなんと言っても夏になると、蚊の繁殖がすごいからです。特に私の家の周りは山に囲まれていることから、蚊がたくさんいるのです。その蚊は伝染病などにかかることもあり、家の中に入ることを心配していました。しかしちょっとした隙間があると、やっぱり入ってくるんですね。そのため、網戸についても心配になったのです。
よくみると、その網戸の隙間から入ってきていることもあります。そこで、網戸の張替えを自分で行うことも考えましたが、網戸を外してどんな風にしたらいいのか、想像することもできず、一番いいのは業者に依頼をすることだと感じました。そこでインターネットで検索して、ひとつの業者に張替えを依頼をしたのです。すると、素人が考えている網戸の張替え方法とは全く違うんですね。当然の事なのですが、しっかり隙間なくとても丁寧な張替えを実施してもらうことができました。それなら、虫の侵入を防ぐことができます。小さい子供もいるので、感染症から身を守るためにも、網戸の張替えを依頼してよかったです。

蒸し暑い夏に網戸越しの涼しい風を感じる、そんな昔ながらの夏の光景はクーラーの普及によってあまり見られなくなってしまいました。都市を中心に40℃近くまで気温が上がる事も珍しくなく、連日のように熱帯夜が続くようになってしまった現在の日本にあって、それは致し方のない現象ではあります。網戸で自然の風を取り入れたところで、そもそも外気が体温を超える様な温度であった場合には、いくら窓を開けていても熱中症の危険があります。しかしクーラーにあたりすぎると健康を害する恐れもあり、あまり使いすぎるのはよくないのも事実です。夕方や朝方など気温の低い時間は網戸にして扇風機をかけ、日中の暑い時間はクーラーを使う、といったように一日の中でも網戸を活用しつつクーラーの風に当たりすぎないようにする工夫が必要でしょう。夏場に網戸で外の風を感じるというのは、季節を肌で感じるという側面があります。建物の中にこもりがちな現代生活において、季節を肌で直接感じる機会は減っています。網戸越しに伝わる匂いや温度は、普段忘れがちな季節の移り変わりを感じさせてくれます。また網戸越しに感じる空気の変化によって、天気の急変を知る事も出来るでしょう。網戸を活用して自然の風を取り入れることは、非常に魅力的な行為なのです。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



(湖南市の近江商人)
風土記の逸文にこうある。「近江の国は、淡海を似ちて国の号を為す。故にまたの名を細波の国と言う。目の前に湖上の漣を向い観るが故なり」近江一国が巨大な盆地であり、盆地の中に大きな淡海が横たわる・淡海は一方でくびれ、その姿が琵琶に似ているところから、何時の頃からか琵琶の湖と呼ばれ、名付けられた。国内いたるところから静かな海を観る事が出来る。時には一杯に広がりをみせ。時には山の合間にほにみえる。昔も今も変わりなく、近江はまず淡海の国である。県面積の6分の1を占める琵琶湖はよきにつけあしきにつけ、近江の人々の生活を人情をあるいは文化までをも左右してきた。東海道を旅する人々は、車窓から見える琵琶湖の美しさに感嘆する。国境の山々を添景に静かにたゆう湖を見る時、誰しもふと、この地に降り立ちたい衝動にかられる。周囲の山地に囲まれた近江盆地に入るにはどの方向からきても、峠かトンネルを越さねばならない。歴史に名高い3つの関所、愛知の関を通るのは北陸本線、不破関を通るのが東海道本線、そして国道1号線は鈴鹿関を通る。京都からの入り口には、歌に詠まれた逢坂の関があり、峠を越せばもう湖国である。湖と山とで織りなす風景は旅人を深く魅了してやまない。古来、今の湖南市、近江国は北陸、東山(中仙道)東海の東国3道がことごとく集まる交通の要路に位置した。旅人達の多くは近江の土を踏んだ。長い旅路の途上で静かに横たわる琵琶湖がどれだけ心の慰めになったか計り知れないものがある。しかしそれが逆に、いわゆる通過地の宿命を与える結果となったのも否めない。湖南市に独自の文化の定着が比較的少ないと言われる結果となったのも、ここに理由があるのだろうか。この傾向は政権争覇の上でも顕著に現れる。今の湖南市、おうみは、いたずらに戦場となる事のみ多く、天智天皇の大津京も織田信長の安土城も激しい戦火の中に消え去った。今の湖南市は物資の集散地だっただけに、近江の人は早くから他国の人情や文化に触れることが多かった。地形的には盆地の中に位置しながらも近江商人が開明的だったのは、このためで多くの、近江人も自ら行商人となって他国に旅立って行った。天下に知られた近江商人はこの様にして生まれた。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 湖南市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え

この国で畳が浸透していった背景

過去を振り返ると様々な変化が起こっています。その中でも重要なのが家具の進化に関わるものです。特に和室で使う道具も歴史の中で性能が向上しています。実際に畳も過去と比べると使いやすくなっています。その背景には技術の進歩があるので見逃せない部分です。また最新の技術を知っていると畳も選びやすくなります。この国では古い道具を大事に扱う習慣があります。畳も大切にされている道具の中に含まれています。実際に畳はこの国の家の中に残っている確率が高い道具です。それは昔から畳が使用されている現実を示しています。この畳は性能や見た目が優れているので、以前から人間たちに使用されているのです。現実を見ると優れた家具は家の中で使われています。畳も様々な家庭の中で高度な機能を発揮しています。また古くなった畳は素早く交換ができるので便利です。この機能は畳が人気を維持している理由にもなっています。つまり何度でもメンテナンスできる畳は極めてお得な道具なのです。この国では人気を持った家具が残るという特徴があります。近年の畳は様々な人間が支持しているので、常に衰えない人気を得ています。そういった現実がこの道具の価値や魅力を浸透させているのです。