障子の張替え

明石市内スピード対応!!

明石市で障子の張替えは熟練の技能士が
丁寧に施工しながらも
全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
雪見障子も仰天価格で張替えます

雪見障子

一部がガラスになって
いて、その前の
障子部分が上げ下げで、
開け閉めできるものを
雪見障子と言います。

   (画像はイメージです)
   それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
   ※サイズは幅90cm×高さ180cmが基準です。
    このサイズまでの障子の張替えが只今上記の価格です。
       これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。

   ※ご注文は1対つまり2枚から承っています。

障子紙を張替えるとお部屋が見違えるように明るく成りますね。
日々見慣れているものは、余り変化を感じませんが、それだけに余計にその明るさが強く思えます
日光はある程度反射し、柔らかい日差しを室内に届けてくれます。
外気のフィルターの役割もしますし、室内の湿気を適度に逃がしてくれます。障子は大きなフィルター効果があります。外気、室内のホコリやニコチン等を吸収し防いでくれます。
一年に一回の張替えは、その効果を最大限に生かしてくれます。

日本の伝統美と和モダン

障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、
その大きな違いは採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで、部屋全体を優しい空間にします。
最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです。組子の組み方や、障子紙の選び方により、実に多くの趣をを味わうことが出来ます。



障子紙の光の透過率は40%〜50%といわれています。
ガラスのような透明なものと、壁などの中間ぐらいで、
日光の温もりが感じられがら、直射日光を適度に遮ってくれます。
有害な紫外線の遮蔽効果もあります。
また障子に差し込んだ日光は、散乱してどの方向から見ても均一に
明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。 
そんな障子の張替えをして効果を最大限に生かしましょう。  

 ■障子紙の素晴らしい効果について
 

冬期にお部屋で炬燵などに入っていると、寒気を感じてゾクットする経験はありませんか。これは空気が低温の窓やコ ンクリートの壁にふれて冷やされ重くなり床に沿って流れて低い姿勢でいる人を冷気で冷やし、寒気を感じるのです。しかしこの現象は、室内の空気が直接ガラス面にふれないようにガラス窓と障子で二重建具にすることで軽減できます。
これに使う障子紙の多孔性というフィルター効果の高い特質も大きな効果が期待できます。自然な形で換気と清浄化が行われるため、機密性が高まった住宅環境でここ10年間に倍増する幼児アトピーも、障子を利用すれば通気性がよくなり軽減が期待できます。また、身体に有害なホルムアルデヒドや空気中のホコリ・ニコチンなども吸収してくれます。さらに、障子の吸湿作用も室内に湿気がこもるのを防ぎ、湿度の高い日本の住宅には最適な建具です。
このフィルター効果を維持する為、障子紙の張替えは、1年に1回を目安にされることをお勧めします。

(吸湿効果)

障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(断熱効果)

障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(照明効果を高める)

障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。

                                     人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!

丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、強化障子紙と
言われる破れ難い 障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

■破れにくい障子紙には、加工方法によって   
 様々な種類があります。

■丈夫な強化紙 (無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質があります。 ■和紙にプラスティックをラミネート
                (無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り合わせ)しています。
和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。
■プラスティックで和紙をサンドイッチ
          (無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。
照明器具など広く使われています。  
柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱

■障子の効果

紙をとおしてさし込むやわらかな光は、忙しさに追われてストレスが
たまりがちな現代人の神経をやわらげる心理的な効果があります。
手術後の病人の回復にもたいへん効果的で、最近は病院にも障子が多く使われる
事があるようです。
また、障子紙の長寿への5つの効果として、次のような指摘がなされています。
  1.  日光のすべての光と色を室内に伝えるので体が健康になります。
  2. 室温が外より高まると熱を外へ放出し、その逆の作用もします。
     そのため夏は涼しく冬は暖かくなります。
  3. 湿度に関しても同様に調節します。
  4 空気を濾過します。外気が障子紙を通って
    室内に入るとき、タール色素や排ガスの微
    粒子であるニトロン化合物などの発ガン物質を吸着します
 5. 強い光をやわらげ、均斉度のある明るさを提供します。
  このように、障子紙は人の健康にとてもいい影響を与えてくれます。



明石焼きで有名な兵庫県明石の魅力

兵庫県の明石市と言えば、明石焼きがとても有名です。他にも明石にはとても魅力的なことがたくさんあります。そんな、明石の街をご紹介しましょう。まずは、何と言っても一番知名度が高いのが、明石焼きでしょう。明石焼きは別名で卵焼きと呼ばれ、簡単に言えば、たこ焼きをお出汁に付けて食する明石の伝統的な料理です。しかし、たこ焼きと異なっている点は、お出汁だけではありません。
作り方の分量の中で、卵が異なってくるのです。別名が卵焼きということもあって、卵をふんだんと使用して、ふんわりとした食感を楽しむことが出来ます。そんな明石焼きは、明石だけでなく、大阪でもお土産として購入することが出来ます。美味しいお店の味を、自宅でも楽しめる内容になっていますので、見つけた際には試しに買ってみて下さい。次に、明石と言えば明石海峡大橋が思い浮かぶでしょう。
明石海峡大橋とは、明石と淡路島をつなぐ大きな橋です。橋が出来る前は、フェリーでの利用でした。特に淡路島に用がある人は、毎度フェリーを利用しなければ、行き来が出来ないのですが、ゴールデンウィークやお盆などの繁忙期には、フェリーの待ち時間が数時間にも及ぶ大渋滞となっておりました。そんな悩みを解決してくれたのが、明石海峡大橋です。そしてこの橋は、別名パールブリッジと言って、デザイン性も高い橋です。
そんな魅力ある街ですが、名物と言えばタコです。上記の明石焼きにももちろんタコが入っておりますが、ここのタコはとても新鮮で、味わい深いのです。この土地を訪れた際には、是非タコを食べてみて下さい。そして、この土地の魅力とは、宿泊施設の安さです。兵庫県の観光地と言えば、三宮がまず挙がってきます。三宮の近辺には、たくさんの商業施設がある上に、他にも観光スポットに行く際とても便利な場所です。
しかし、便利な場所なだけに、三宮近辺の宿泊施設は高額な所が多数を占めます。特に繁忙期になると、一室の値段がとても値上がり手が出せない金額にもなってしまいます。そこで、少し足を運んで、明石まで行くと、宿泊施設も大変リーズナブルに利用をすることが出来ます。このように、新鮮なタコや、他にも見所が満載の明石に是非行ってみて下さい。きっと、思い出深い旅になることでしょう。

明石市は兵庫県南部にあって、淡路島との間に広がる明石海峡に面し、東経135°の標準時子午線が通る市としても有名です。気候は一年を通じて温暖、雨は少なく、30万人弱の人口は、ここ数年増加傾向にあります。江戸時代は城下町として栄えた明石市ですが、戦前には航空機産業が盛んになり、戦争中は一帯の工場を狙った大規模空襲も受けました。阪神工業地帯に続く地域として今も各種産業が根付き、西部の二見地区には臨海工業団地ができています。明石市内を走る鉄道会社は、JR西日本と三陽電気鉄道の2社で、西明石は新幹線の停車駅です。JR明石駅から新快速で、三ノ宮駅までは15分、大阪駅までなら37分と、明石市は神戸や大阪への通勤圏となっています。明石市中心部の明石駅周辺は、近年再開発により美しく整備され、駅に近い「魚の棚」の商店街の店頭には明石海峡で捕れるタコや鯛、穴子などが並んでいます。休日には、海産物や名物の玉子焼(明石焼)を求め、歴史を感じさせる多くの神社仏閣がある明石市内を巡る観光客で賑わいます。かつて明石城があった場所は広い公園になり、敷地内には野球場や陸上競技場、明石市立・兵庫県立両図書館などがあります。明石市は、まちの魅力を一層高めるため、子供の医療費無料化や保育料の負担軽減などの子育て支援政策を重視するとともに、福祉・環境政策を充実させ、あらゆる世代が安心して暮らせるまち作りを目指しています。

                              

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、張替えや新調の価格は下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
明石での障子の張替えと新調は
是非当店に!!

  お見積もり無料 出張料も要りません

アフターケアもご安心下さい   

施工可能地域

明石市内全域、
  迅速に対応致します。 

       

障子は日本古来の
お部屋のフィルターです
お部屋のホコリや
煙草の煙もドンドン吸着します

        兵庫県明石市 N様邸
障子張替え 兵庫県明石市 G様邸 兵庫県明石市 N様邸
障子張替え I様邸
畳、障子の張替え
おしゃれなお茶室に成りました
 Y様邸
障子張り替え  G様邸
障子の張り替え交換修理  K様邸
障子張替え  Y様邸
障子の張り替え交換修理

障子は、国内の中でも和を象徴するもののひとつです。そして、この障子につきましては、和室が家にある家庭であれば、たいていそこの空間にあるといっても良いです。とても、我が国ではポピュラーなものとなっております。さて、この障子ですが、マイホームを購入したことがある人であれば、ご存じの通り、最初はとても綺麗な障子が入っています。もちろん、家を購入したことがない人であっても、リフォーム済み等の賃貸物件では確認可能です。そして、この障子は日付が経てばたつほど、だんだんと朽ちてきたりします。その場合は、できるだけ交換をしてみたり、さらには張り替えというものを行っていくのが理想的です。障子の交換等は、専門業者への依頼がベストです。
今は、インターネットを利用することにより、どのような内容であっても、とても簡単に探すことができます。ですから、障子の張り替え交換修理、そして交換を希望するということであれば、このようにネットで探すのが良いのです。
インターネットで専門業者を探しまして、一か所ではなく複数個所みつけます。そして、それぞれの業者から見積りをとるのです。見積もりをとることによって、どこの業者が安く対応してくれるかわかりますので安い所に依頼するのです。

明石市は神戸市、加古川市、加古郡稲美町、播磨町と隣接した人口約30万人が暮らす兵庫県の特例市です。 明石市は東経135度の日本標準時の子午線上に位置しているため「子午線のまち」としても知られています。 明石駅からも見える大きな時計台を持つ明石市立天文科学館は明石市のシンボル的な存在です。この天文科学館は、日本に現存している科学館の中では一番古いと言われています。 明石市はかつては城下町でした。明石駅の北側にはお堀があり明石城の跡があります。 明石城の天守閣は現存していません。現在は兵庫県立明石公園として整備されて、明石市民の憩いの場となっています。 また、明石市は淡路島を望む瀬戸内海に面しており、鮮魚店が集まる商店街「魚の棚(うおんたな)」は明石市の観光地としても有名です。 神戸市と淡路島を結ぶ明石海峡大橋が完成するまでは、淡路島への交通は明石から出航する明石フェリーが主でした。 明石駅から大阪市中心部まではJRの新快速を利用すると約40分のため、大阪市へ通学、通勤する人も多く住んでいます。 また、明石名物「明石焼き」は一見たこ焼きと同じように見えるが、生地はたこ焼きよりフワフワで、ソースではなく出汁のおつゆで味わうことで有名です。