障子の張替え

城陽市内スピード対応!!

仰天の激安価格で障子(しょうじ)の張り替えを致します!!
畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま、障子1,450円税込1,595円と全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、東北から九州まで、
全国にスピーディーに対応します。

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
雪見障子も仰天価格で張替えます

雪見障子

一部がガラスになって
いて、その前の
障子部分が上げ下げで、
開け閉めできるものを
雪見障子と言います。

   (画像はイメージです)
   それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
   ※サイズは幅90cm×高さ180cmが基準です。
    これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。
 

障子紙は光の透過率が40〜50%といわれています。丁度ガラスのような透明なものと、壁などの遮断物の中間にあり、日光の暖かい感じを残しながら、直射日光を適度に遮蔽してくれます。
そして、障子に差し込んだ光は、各方向に散乱してどの方向から見ても均一に美しく明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。この和紙は強い天然繊維を不規則に重ね合わせて作りますので、繊維間に不規則で多くの隙間が出来ます。
この為、障子は独特の柔らかな風合いをかもし出しています。


日本の伝統美と和モダン

障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、その大きな違いは
採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで部屋全体を優しい空間にします。最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです。

組子の組み方や、障子紙の選び方により、
実に多くの趣をを味わうことが出来ます。

■障子紙の素晴らしい効果

障子は定期的なメンテナンスが必ず必要になってくるものです。きちんとメンテナンスをすることで素晴らしい障子を活用することが出来ます。自分で障子のメンテナンスをする人もいますし、プロである業者に依頼する人もいます。こうした障子の価値はとても大きなものです。一軒家であれば必要不可欠なアイテムになっています。子供のいる家庭などでは、こうした障子が破れてしまうことは多々あります。動物がいる家庭などでも定期的なメンテナンスが必要です。
きちんと障子を活かすことで、和風なインテリアにしていくことが出来ます。外からの光を部屋の中に取り込んでいくことにおいて、こうした障子はとても多くの人に必要とされているものになっています。障子は様々な用途に活用することが出来ます。現在の住宅事情などにも最適なものもたくさんあります。破れにくいようにされているものや、デザイン性を重視したものなど様々なものがあります。こうした色々な製品があることも大きな魅力になっています。
障子をきちんと利用することで紫外線を軽減させていくことが出来ると言われています。インテリアとしてガラスと組み合わせたものがとても多くの人に支持されています。障子を利用することは様々なインテリアの可能性を広げていくことが出来ます。こうした障子には色々な工夫をしていくことが可能になります。和室には必要不可欠なアイテムとしてとても人気があります。最近では和室も人気があるのでこうした障子を利用していくことはとても大事です。
日本文化としてとても古い歴史があるものです。現在では、こうした和テイストを好む人が増えているので再び障子の需要はとても大きなものになっています。障子という文化はとても素晴らしいものになっています。障子をきちんと活用することは、とても大きなメリットがあります。障子を活用することで、魅力的な部屋を作っていくことが可能になります。障子には潜在的な需要があります。需要があるのは、やはり素晴らしいからです。
そもそも長い間多くの人に活用されてきたことから国内の住宅事情にもっとも適しているものです。定期的にメンテナンスをしていくことで清潔感のある部屋にすることが出来ます。またメンテナンスが簡単ということもこうした障子の大きな魅力になっています。障子はとても多くの人に必要とされているものです。とても素晴らしい機能性とインテリア性を持っている住宅には必要不可欠なものになっています。住宅は様々な工夫で変化させていくことが出来ます。

(吸湿効果)


障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(断熱効果)


障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(照明効果を高める)


障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。



                                        人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!

丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、強化障子紙と
言われる破れ難い 障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

最近破れ難い障子紙を求めるお客様が増えています。
和紙にビニールなどの樹脂を貼り合わせたものや、硬いプラスティックを貼り合わせたり、挟み込んだもの等があります。
その構造により強度などに違いがありますので、それぞれの特性も
考え合わせてお選び下さい。

■破れにくい障子紙には、材質や加工方法に
よって様々な種類があります。

■丈夫な強化紙 
     (無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質もあります。 ■プラスティックをラミネート
     (無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り付け)しています。
和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。
 ワーロン 無地       雲竜
    実際はもっと白に近い色目です
■プラスティックで和紙をサンドイッチ
     (無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。
照明器具など広く使われています。UV(紫外線)カット効果もあります。90%以上のカット率です。  
柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱
 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

               

五里五里の里 城陽市

京都府の南部に位置している城陽市は、別名「五里五里の里」と呼ばれています。なぜ城陽市が五里五里の里と呼ばれているのかというと、京都からも五里、奈良からも五里という場所に位置しているためです。京都や奈良と言えば、古代日本の文化や政治の中心地だった場所ですから、その両方から同じ距離に位置する城陽市は、時代の最先端の空気に常に触れ続けてきたという歴史を持っています。そのため、市内には古い歴史を物語る史跡がたくさん残されています。
 城陽市にどのような史跡が残されているのかと言いますと、有名なのは芝ヶ原古墳です。城陽市から木津川市山城町に向かって伸びている街道沿いに芝ヶ原古墳があるのですが、その他にも九津川車塚古墳や丸塚古墳などもありますので、訪れる古代史ファンが後を絶ちません。この芝ヶ原古墳が築造されたのは、出土品から3世紀の中頃であると推察されます。日本で本格的に古墳の築造が開始されたのは、もっと後のことだと言われていますので、まさに最古級の古墳だと言えます。
 この芝ヶ原古墳は、JR城陽駅から徒歩で約15分の所にあるので、古墳に興味を持つ人が大勢訪れています。古墳から出土した銅釧や鏡、玉などは国の重要文化財として指定されましたので、現在は城陽市歴史民俗資料館で保管されており、そちらへ行けば目にすることができます。銅釧というのは、銅製の腕輪のことなのですが、他に同じような装飾品が発見された例はなく、非常に珍しい物であると言われています。なので、古代史に興味がある人は、一度見てみるとよいでしょう。
 一方、九津川車塚古墳も城陽市にある古墳として有名になっていますが、こちらは5世紀の前半に築造されたかなり規模の大きい前方後円墳です。全長約272メートル、墳丘長は約180メートルもあります。JR城陽駅の近くにある芝ヶ原古墳から見つかったのは朽ち果てた木棺でしたが、九津川車塚古墳からは長持形石棺と呼ばれる巨大な石棺が発見されています。石棺内には鏡や鉄剣、数多くの玉などが収められていましたが、石室からも数多くの武器や武具が発見されています。
 見つかった数多くの出土品から推察すると、九津川車塚古墳は、当時南山城地域を治めていた大首長の墳墓であると考えられます。この九津川車塚古墳からの出土品の一部も城陽市歴史民俗資料館に展示されていますので、城陽市歴史民俗資料館へ行けば、芝ヶ原古墳の出土品と九津川車塚古墳の出土品の両方を見ることができます。また、この九津川車塚古墳から東に100メートル離れた場所には、丸塚古墳があります。丸塚古墳からは高さが1メートルある大型の埴輪が出土したことで、その名が知られています。
                               

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃない」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
京都エリアの方
とにかく、現物見本を見て下さい。
 お電話1本で、駆けつけます。
アフターケアもご安心下さい。

お見積もり無料 出張料も要りません 
京都府下全域に
     お伺いいたします。
    

施工可能地域


障子は日本古来の
お部屋のフィルターです
お部屋のホコリや
煙草の煙もドンドン吸着します

      

京都府城陽市S様邸
障子張替え京都府城陽市 M様邸
障子張替え

京都府城陽市 M様邸
障子張替え 

I様邸
畳、障子の張替え
おしゃれなお茶室に成りました

 Y様邸 障子張替えG様邸
障子の張り替え工事を頂きました。

 Y様邸
障子の張り替え交換修理

城陽市は京都府南部に位置する市で、京都と奈良のほぼ中間地点にあります。その距離がいずれも約五里であったことから「五里五里の里」という名で古くから親しまれており、この名は今も城陽市の愛称になっています。 城陽市の面積は32.71平方キロメートル、人口は2016年10月1日現在で約7万6千人となっています。居住人口は1990年代半ばをピークとして微減傾向にあります。 城陽市が誕生したのは1972年5月のことで、旧城陽町が市制を施行したことによるものです。城陽市という市名は京都の旧称である山城国に由来し、その南方に位置する陽射し豊かな土地という意味がこめられています。 城陽市の主要産業は農業で、梅・お茶・イチジク・イモなどが名産品として知られています。中でも梅は府内第一の生産量を誇る代表的作物です。その見事な梅林は観光名所になっています。 また、城陽市の伝統的な地場産業として特筆されるのが、金銀糸の製造です。高級和服などに用いられる金銀糸は日本の伝統美を飾る名脇役ともいうべき存在で、城陽市を中心とした南山城地域で全国の約80%が生産されています。 城陽市内には4つの鉄道駅があり、大阪方面へ出るのも比較的容易です。そのため、近年では通勤者向けの宅地開発も進んでいます。

城陽市は、京都府の南部に位置している市です。京都市と奈良市の中間に位置しています。京都盆地の南東部に位置し、西に木津川、東は、丘陵地となっています。城陽市は、宇治市、八幡市、京田辺市、井手町、宇治田原町、久御山町に隣接しています。城陽市の人口は、2017年4月時点で76048人となっています。1995年に人口は、85000人を超えましたが、それ以降は減少傾向にあります。城陽市の誕生は、1972年に城陽町が市制施行によって、誕生しました。城陽市の名前は、山城国南部、陽のあたる豊かな土地という意味を込めて名付けられました。城陽市は、食品工場や機械工場があり産業も盛んに行われています。また、金銀糸の生産高は、日本国内の60パーセントを占めており、城陽市の名産品となっています。他にもお茶や梅、イチジク、サツマイモの栽培が盛んに行われていて、市の名産品です。城陽市内は、JR奈良線、近鉄京都線が走っています。市役所は、JR城陽駅にありますが、利用者が多いのは近鉄寺田駅となっています。京都市内、奈良市内へのアクセスは良好です。城陽市の観光スポットは、国の史跡でもある正道官衙遺跡や久世神社、水度神社などがあります。