障子の張替え

大阪市福島区で国内産上質障子紙使用の障子もキャンペーン価格で
熟練の技能士が丁寧に施工致します。

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

  ●お見積りもスピーディーに無料対応しています。
   ●出張料や運搬費ももちろん無料です。

雪見障子も仰天価格で張替えます

 (画像はイメージです)

それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
   ※サイズは幅90cm×180cm
が基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。
 

雪見障子

一部がガラスになって
いて、その前の
障子部分が上げ下げで、
開け閉めできるものを
雪見障子と言います。

クリックして下さい

  

●障子の柔らかい、人に優しい光は、癒されます。

障子紙は光の透過率が40〜50%といわれています。丁度ガラスのような透明なものと、壁などの遮断物の中間にあり、日光の暖かい感じを残しながら、直射日光を適度に遮蔽してくれます。
そして、障子に差し込んだ光は、各方向に散乱してどの方向から見ても均一に美しく明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。この和紙は強い天然繊維を不規則に重ね合わせて作りますので、繊維間に不規則で多くの隙間が出来ます。
この為、障子は独特の柔らかな風合いをかもし出しています。


日本の伝統美と和モダン

障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、その大きな違いは
採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで部屋全体を優しい空間にします。最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです。

組子の組み方や、障子紙の選び方により、
実に多くの趣をを味わうことが出来ます。



 ■障子紙の効果

障子は定期的なメンテナンスが必ず必要になってくるものです。きちんとメンテナンスをすることで素晴らしい障子を活用することが出来ます。自分で障子のメンテナンスをする人もいますし、プロである業者に依頼する人もいます。こうした障子の価値はとても大きなものです。一軒家であれば必要不可欠なアイテムになっています。子供のいる家庭などでは、こうした障子が破れてしまうことは多々あります。動物がいる家庭などでも定期的なメンテナンスが必要です。
きちんと障子を活かすことで、和風なインテリアにしていくことが出来ます。外からの光を部屋の中に取り込んでいくことにおいて、こうした障子はとても多くの人に必要とされているものになっています。障子は様々な用途に活用することが出来ます。現在の住宅事情などにも最適なものもたくさんあります。破れにくいようにされているものや、デザイン性を重視したものなど様々なものがあります。こうした色々な製品があることも大きな魅力になっています。
障子をきちんと利用することで紫外線を軽減させていくことが出来ると言われています。インテリアとしてガラスと組み合わせたものがとても多くの人に支持されています。障子を利用することは様々なインテリアの可能性を広げていくことが出来ます。こうした障子には色々な工夫をしていくことが可能になります。和室には必要不可欠なアイテムとしてとても人気があります。最近では和室も人気があるのでこうした障子を利用していくことはとても大事です。
日本文化としてとても古い歴史があるものです。現在では、こうした和テイストを好む人が増えているので再び障子の需要はとても大きなものになっています。障子という文化はとても素晴らしいものになっています。障子をきちんと活用することは、とても大きなメリットがあります。障子を活用することで、魅力的な部屋を作っていくことが可能になります。障子には潜在的な需要があります。需要があるのは、やはり素晴らしいからです。
そもそも長い間多くの人に活用されてきたことから国内の住宅事情にもっとも適しているものです。定期的にメンテナンスをしていくことで清潔感のある部屋にすることが出来ます。またメンテナンスが簡単ということもこうした障子の大きな魅力になっています。障子はとても多くの人に必要とされているものです。とても素晴らしい機能性とインテリア性を持っている住宅には必要不可欠なものになっています。住宅は様々な工夫で変化させていくことが出来ます。


障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(断熱効果)


障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(照明効果を高める)


障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。



                                        人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!

丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、強化障子紙と
言われる破れ難い 障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

最近破れ難い障子紙を求めるお客様が増えています。
和紙にビニールなどの樹脂を貼り合わせたものや、硬いプラスティックを貼り合わせたり、挟み込んだもの等があります。
その構造により強度などに違いがありますので、それぞれの特性も
考え合わせてお選び下さい。

■破れにくい障子紙には、材質や加工方法に
 よって様々な種類があります。

■丈夫な強化紙 
     (無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質もあります。 ■プラスティックをラミネート
     (無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り付け)しています。
和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。
 ワーロン 無地       雲竜
    実際はもっと白に近い色目です
■プラスティックで和紙をサンドイッチ
     (無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。
照明器具など広く使われています。  
柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱


障子は一説によると、平安時代に襖から派生した建具と言われており、現代まで和風の住宅には欠かせない存在となっています。広い空間を障子で仕切る方法で、昔から目隠しや明かり取りとして多用途に使われてきました。今でも、古い町並みが美しい場所では必ずと言っていいほど障子が使われており、木枠と白い和紙の美しいコントラストが懐かしさを呼び起こします。現代では洋風の住宅が普及し、障子に代わってカーテンが多くみられるようになりましたが、今回はこの障子の良さと上手なメンテナンスについて書きたいと思います。
 障子の良さとは何と言っても、光を柔らかく遠し部屋を明るく見せることです。外部からの視線を上手にさえぎって、なおかつ部屋に自然な明るさを取り入れることができる昔ながらの機能性は大変画期的なものです。また、障子紙は自然素材なので吸湿性や換気能力があり湿度を調節する役割も果たしています。ジメジメした日本の気候に適している存在なのです。しかし、和紙で出来ており大変繊細なつくりのため、ちょっとした衝撃ですぐに破れてしまうことも多いのです。実際、小さな子供がいる家庭にお邪魔すると、かなりの確率で破れた障子を目にすることがあります。
 障子が破れてしまったり、長期間使用することでの日焼けや汚れが目立ってきた場合はメンテナンスが必要です。一番ベーシックな方法は和紙を張りかえることです。古い障子紙に霧吹きなどでしっかり水分を含ませて2〜3分おくとはがれやすくなりますので、下からゆっくりはがします。きれいにはがせたらぬれタオルなどで桟を拭いて残った紙を丁寧に拭き取り、よく乾かします。次に汚れ防止のために床に新聞紙などを敷いて、セロテープで障子紙を仮止めします。仮止めした障子紙は巻き戻し桟の横に置いておきます。その後、桟に専用ののりを付けて一気に転がし貼り付けます。余分な紙をカッターで切り取り完成です。
 現在では、障子紙の種類も大変豊富になりました。一般的なものはパルプにレーヨンなどの素材を混ぜたものが多く流通していますが、化学合成繊維で出来た破れにくい障子紙やプラスチック製の障子もありますので、小さな子供がいる家庭ではこういったものを活用するとよいでしょう。また、ほんの少しだけ破れてしまった場合は、桜の花びらなどの可愛らしいデザインの専用の和紙が販売されていますので、破れた箇所に貼り付けると破れた部分も気にならずお部屋が華やかになります。
 障子は破れやすくメンテナンスにも手間がかかりますが、柔らかな光と情緒あるたたずまいは日本人だからこそ味わえる伝統と文化なのです。最近では近代的な住宅も増え、住宅街を歩いても障子を使用している家庭はなかなか見られなくなりました。しかし節電の影響もあり、昔ながらの日本の暮らしが見直されています。小さな子供やペットのいる家庭ではなかなか維持が難しいかと思いますが、破れにくい障子紙を使用したり、現代風のアレンジでおしゃれに障子の良さを味わってみてはいかがでしょうか。          

お問い合わせフォームは24時間受付です。


大阪市福島区は、グルメの町として知られています。テレビや雑誌で何度も取り上げられているような人気店や、隠れ家的なお店も多く、芸能人もお忍びで通っているお店があることでも有名です。そんなグルメな福島区に特に多いのはラーメン店で、行列ができる店もあり、日本をはじめ、海外からもラーメンを食べに人がやって来ます。ラーメンはB級グルメと思っているかもしれませんが、これはもはや日本の国民食です。大阪市内には他にもラーメン激戦区がいくつかありますが、福島区はトップクラスと言っても良いでしょう。もちろんただ店が多いだけではなく、味も絶品です。特に「ラーメン人生JET」「三く」「ムタヒロ」は、ラーメン好きでは知らない人はいないほどの有名店です。大阪市内にあるラーメン店の中でも群を抜く美味しさで、一度食べると病みつきになります。福島区のラーメン屋の特徴は、個性的な味が多いところです。ひと捻りもふた捻りもしているところが多く、ベーシックな味の店はほとんどありません。どの店も並んででも食べたいと思う味に仕上がっているので、大阪市福島区を訪れる時には、お腹を減らせて行くことをおすすめします。大阪市でこれだけ完成度の高いラーメン店が集まっているのは、福島区だけだと断言できます。

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 お電話1本で、駆けつけます。

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
 8時〜19時まで 

大阪市福島区迅速に
お伺いします    

施工可能地域


   

障子はお部屋のフィルター
煙草の煙やほこり等をどんどん吸着します。

   

大阪市福島区 S様邸
障子張替え

大阪市 I様邸
畳、障子の張替え
おしゃれなお茶室に成りました

大阪府 Y様邸
障子表替え
お部屋が明るく成りました

大阪市 G様邸
障子の張り替え工事を頂きました。

大阪市 A様邸

大阪市 Y様邸
障子の張り替え交換修理

自宅や店舗の障子を張り替えるときには、良い業者を探すことが大切です。そのためにはインターネットの比較サイトや口コミサイトを使って、希望するエリア内の障子の張り替え交換修理に対応している業者を見つけるのがポイントです。また最初から1つの業者を選ぶのではなくて、複数の業者の作業条件や見積もりなどを比較したうえで、最も良い業者を1つ選んで依頼するのが最も良い方法です。また依頼する障子の枚数が多い場合には、1枚当たりの料金が割安な業者を選ぶのが理想的です。その場合には1枚当たり1450円から2000円の料金で、サービスを提供する業者を活用するべきです。また単に障子を張り替えてもらうだけではなくて、希望するインテリアを実現することも重要です。そこで業者を選ぶときには、対応可能な障子紙のデザインにも注目するべきです。特に障子の美しさを心から楽しむ場合には、光で透かして見たときの模様がとても重要です。そのために白だけではなくて、部屋のイメージに合わせて、様々な透かし模様の入った紙を業者に指定して作業をしてもらうべきです。そのためには商品知識も豊富であり、直営工場から格安な紙を調達している業者に依頼するべきです。

大阪の魅力である食文化、笑いの文化、スポーツ文化について

大阪の中心部である大阪市の名物や見所などの魅力を語りだしたら誠にきりがないのですが、なかでも食文化、笑いの文化、スポーツ文化においては日本一と言っても言いすぎではありません。大阪の「食」として多くの人々の頭にまず思い浮かべるのは、たこ焼きやお好み焼きなどの粉もん(粉もの)だと思います。どちらも昔から大阪の庶民の大衆食ではありますが、大阪の粉もんの全国的な知名度や人気の広がりによって、様々な種類の味などが生まれ、今や一大ビジネスマーケットにまで発展しています。そうした大阪の大衆食を世に広めることに貢献した一つの理由に、織田作之助らの食通小説と呼ばれる文学作品が挙げられます。今なお人気の衰えることを知らない織田作之助は、昭和初期に活躍した小説家ですが、庶民の生活を鮮やかに描くとともに、大阪の大衆食についての味のある描写が大いに反響を呼びました。また、織田作が愛し、彼の著書『夫婦善哉』にも登場する名物カレー「自由軒」は現在も難波に本店を構え、今も訪れる客が絶えないほどです。また、大阪市難波には、お笑い・喜劇専門の劇場「なんばグランド花月」があり、食文化だけでなく、お笑い文化の象徴として連日上演を行い、観光客らを賑わせています。昨今の漫才ブームもその発祥は大阪であり、大阪の人々とって、「笑い」がいかに身近なものであるかを表しています。よくある言い回しとして、大阪の人間が二人寄れば漫才になる、と言われるほどです。そうした「笑い」は、大阪のことばである大阪弁とも大いに関係していると思われます。話にオチをつけたり、テンポのいい言葉遣いの大阪弁には、独自のユーモアや勢いのよさがあり、そういったものが「笑い」に結びついているからです。次に、大阪のスポーツ文化を象徴するスタジアムとして、西区にはプロ野球チームのオリックス・バッファローズの本拠地である「京セラドーム」があったり、東住吉区には、プロサッカーリーグのセレッソ大阪のホームスタジアムでもある「大阪市長居陸上競技場」などがあります。また、古くから大阪にはプロ野球文化が息づいており、それは球界における大阪弁や関西弁の普及度にも垣間見ることができます。例えば、「ほうる(投げる)」や「ど真ん中」「ちょい高め」といった表現はやはり関西の方言といって間違いないと思います。大阪には他にも魅力が溢れており、国内だけでなく海外からも注目度が高い都市であり、今後もその魅力は途絶えることはないと思います。