羽曳野市内スピード対応!!

羽曳野市の畳たたみの表替えと新調は、
業界高水準の品質と全国でも最安価格の当店で!!

新調も激安です!畳表替えは畳表(ゴザ)と縁(ヘリ)を新しいものと張替えます。
価格には、材料代・施工費・配送料などの費用も含まれています。
今月も頑張ります激安価格 

国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

■畳の表替えを只今、キャンペーン価格でお届けしています。
  家具や道具の移動もお任せ下さい。無料です。

 

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ
お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること、
つまり顧客満足度を大きな目的としています。 
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり環境保全を目的とした重要な規格と言えます。

■国産畳表 肥後表も仰天の激安です!!

床の間用畳表(竜鬢リュウビン)について クリックして下さい

■畳たたみのサイズ

●五八間(ごはちま)(江戸間、関東間とも言う)が基準です。
5尺8寸×2尺9寸  (1760mm×880mm)1間を6尺で計算しています。

●本間間(ほんけんま)京間(きょうま)関西間(かんさいま)
3尺1寸5分×6尺3寸(955mm×1910mm)1間を6尺3寸で計算します。その結果五八間より大きく成っています。かって近畿地方以西で多く使われていました。

●三六間(さぶろくま)中京間(ちゅうきょうま)
3尺×6尺(900mm×1800mm)     など他にも幾種類かあります。

それぞれ最大の寸法です。

 ■畳たたみの張替え方法

畳替たたみかえには、下記の様な方法があります。
畳たたみの状態に応じて最適な方法をご提案させて頂きます。

■畳の裏返し

裏返しについてよくお客様に聞かれるのですが、畳自体を裏向きにひっくり返して引き直す。 これは間違いで。
畳表(表面に縫い付けているゴザ)を裏返して畳床(畳の土台)に再
縫い付けます。畳縁(たたみべり)は新品を使います。このときに強いテンション(引っ張る力)が掛かります。

畳替えから3〜5年を目途にして下さい。
但し、日当たりの良い場所や飲物など液体などを溢している場合は
裏まで焼けていたり、シミに成っている場合があります。
また、イ草を束ねている縦糸は年数が経っていると劣化して再び縫い付ける時に、切れる場合があります。

■畳表替え(たたみおもてがえ)

表替え裏返しから3〜5年程度で、畳表(たたみおもて)を新しいものに交換することをお勧めします。また張り替えて8年〜10年を越えている場合は、畳の表替えをお勧めします。畳縁(タタミヘリ)も新しいものに張替えます。

■新調(新畳しんたたみ)

土台の畳床が補修では間に合わない場合は、新畳つまり新しい畳を作りましょう。畳床(たたみとこ)、畳表(たたみおもて)、畳縁(たたみべり)を全て新しいものにします。



   

■い草の泥染めについて

い草は、収穫されてから‘泥染め’と言う工程を経ます。これにより、熱の吸収作用を良くして乾燥速度を速めます。するとい草の酸化酵素の働きが鈍くなり、葉緑素の分解が抑制される為、い草の色彩が良くなると共に光による色あせも鈍くします。
それと同時にい草の表面を泥で覆う事により、水分の蒸発もゆっくりと成りますので、い草の表面が乾燥により急激に萎縮する事を防ぎ、変色を防ぐ事にも成ります。
畳表になった時のい草の色目は、い草固有の色に泥染めによる色が加わったものです。新しい畳表特有の良い香りは、泥染めをして貯蔵中に化学反応を起こして生まれます。この泥染めをしないと、い草も単に普通の干草と同じ様な匂いのままです。
泥染めに使われる土は、岡山、広島や淡路島で取れるものが使われることが多く、それぞれに特色があります。いずれにしても、い草を畳表に仕上げる過程で、泥染めは欠かせない工程です。
※色目の悪い、イ草を化学染料等で着色した、悪質な表とはまったく異質なものですので念の為。

■縁(へり)

畳縁には、デザインが美しい洋柄・日本古来の季節を感じさせる趣のある和柄、繊細な織り柄など、多種多様な柄があります。畳縁で部屋の雰囲気が大きく変わりますので、現在では部屋の用途ごとに縁を変える住宅も増えています。四季のお花を織り込んだ縁は、洋風の部屋にも馴染み、優しく落ち着いた雰囲気にしてくれます。自然素材を大事にされて、あまり華美でなく落ち着いた和室をお好みの方には、無地の織りの物。また、子ども部屋や、教育施設などには、動物柄や明るい色彩の物が選ばれます。
畳縁は、畳床を畳表で包むときに、長手方向には畳表を巻きつけて裏側で畳床に縫いつけますが、横方向は、畳床の幅に合わせて畳表を切り揃えてしまうので、切り放しのままでは、畳表が固定されないので、畳縁で切り口を隠すと同時に畳床に縫いつけて止めます。こうして、畳縁があることによって、和室の雰囲気を変える役目と畳表の強度をより強くする役割と、畳表の角の摩耗を防止する役目があります。最近では縁なし畳を選ばれる方もいらっしゃいますが、やはり多くの方は畳縁のある畳を選ばれます。
畳縁の歴史は古くからあり、昔は身分等によって利用できるという制限がありました。平安時代には、今ある畳の形がベッドとして使用されていました。この頃の畳の縁は、大変高級品で、身分によって絹や麻など使用できる繊維やが決まっていました。また、宮廷・公家・武家・商家などの紋も決まっていました。よく、昔から「畳の縁を踏んではいけない」という教えがあり、家紋の入った畳縁を踏むことは、ご先祖様や親の顔を踏む事と同じなのだという、武家の教えや商家の心得でした。
先日、我が家の畳も10年で、ずいぶん痛みささくれ立ったイグサがちくちくするので、畳の表替えをしました。その時に畳業者の方が、畳縁のサンプルをいくつも出して下さいました。畳縁はまるで着物の帯の様に美しく、どれにしようかと迷いました。迷って私が選んだ物は、とても美しい和柄で、桜の様に淡いピンクと淡いグリーンと薄い黄色のもみじが散りばめられた畳縁でした。少し派手かなと思いましたら、畳業者の方は、「これは料亭などに実際使われた畳縁で品があって、素敵ですよ」と言って下さいました。出来上がった畳と畳縁は和室をくつろげる優美な空間にしてくれました。
現在では、この色とりどりでデザインも豊富な畳縁が、畳に使用するだけでは、もったいないので、さまざまな物に使われています。たとえば、縁だけを購入し、手作りバックのワンポイントに取り入れることで、デザイン性豊かな自分だけのバックが出来ます。また、コースターや、畳縁のストラップなどもあり、多種多様な商品に加工されています。日本人の繊細な心を織物にして一般家庭でも楽しめる物に加工した畳縁を大事にして、ぜひ畳の表替えをされる時は、好みにあった物を選ぶ事をおすすめします。


             (画像はイメージです)  

クリック>>畳たたみの構造

クリック>>縁無し半帖畳(琉球畳)

クリック>>非常に強く、変色し難い 和紙の畳表                     と樹脂製の畳表

クリック>>イ草についてのお話


大阪羽曳野市周辺は太古から存在する墓、「古墳」がたくさん残っている地域です。どの古墳もとても貴重な歴史の資料となるものばかりで、日本の歴史でミステリーとなっている部分を解き明かす重要な鍵となる可能性を秘めています。それとともに、羽曳野と羽曳野周辺の街の観光資源としても重要な役割を担っているのです。謎めいた雰囲気に吸い寄せられた人達は、不思議なことに古墳の周辺にくると胸がわくわくしてきます。そんな好奇心をくすぐる羽曳野周辺の古墳たちを少しだけ紹介したいと思います。
まずは藤井寺市と羽曳野市の境界付近にあり、仁賢天皇陵として有名で埴生坂本陵とも呼ばれる、野中ボケ山古墳です。古墳時代の第24代天皇である仁賢天皇が眠るとされるお墓です。大阪府内の中百舌鳥に近い場所にある、上石津ミサンザイ古墳に眠っている履中天皇の孫にあたる人で、父を雄略天皇に殺され、一時的に播磨に逃げて皇位を弟である顕宗天皇に譲りましたが、顕宗天皇が没した後に天皇の座に即位したのです。それにしても…ボケ山古墳て悪口が書かれてるみたいですね…。
お次は羽曳野市内の近鉄長野線の古市駅の近くにある、白鳥陵です。これはヤマトタケルのお墓とされているとっても貴重な古墳です。ヤマトタケルは伊勢国能褒野で亡くなり、この場所に「陵」を作り埋葬されました。古事記によると、能褒野から白鳥となって飛び、河内国志幾に留まりそこで「陵」を作ってそれが「白鳥陵」と呼ばれたが、その後この場所からまたもや白鳥になって飛んで昇天していったと記されているそうです。ヤマトタケルは日本の歴史の中でも謎が多いところもあり、今でも調査が続けられているそうです。
最後は松原市と羽曳野市の間を跨いで存在している大塚山古墳です。古墳の中央付近で羽曳野市と松原市の県境の線が引かれていますが、この古墳の住所は羽曳野市ではなく松原市です。この古墳は前述の二つの古墳と比べて謎が多い古墳で、まだ誰を埋葬しているものなのか特定できていない古墳です。一説には6世紀後半に作られた大和王権の大王墓と考えられていますが、この土地の民話には雄略天皇陵とする伝承が存在するそうです。その他にも幾つか説があり、本格的な学術的発掘調査を行うことが長い間期待されている古墳なのです。
羽曳野市と羽曳野市周辺の街には、未だ明らかになってない日本の歴史の謎を解く鍵が存在しています。この他にも羽曳野市には安閑天皇陵があり、羽曳野市と隣接している藤井寺市に仲哀陵があったりと、もう古墳だらけといった具合です。その羽曳野市とその周辺地域に眠るミステリーが解き明かされることを、歴史ファンの方々は心待ちにしています。歴史ファンというほどじゃないけれど日本の歴史に少し興味があって、日本の太古の時代を体で感じたい方は是非羽曳野に足を伸ばしてみて下さい。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃない」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。

  アフターケアもご安心下さい。

 羽曳野市内全域にお伺いします

お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

羽曳野市内全域にお伺いします

■和紙の畳表が好評です。

強度、防虫、防カビ効果
抜群の 和紙畳 の施工例

W保育園様に
和紙畳の施工をさせて
頂きました。

 T様邸
琉球畳 新調工事

 A様邸
畳表替え 襖張り換え

 M様邸 畳表替え

 T様邸 畳表替え

 I様邸 障子の張替え 畳表替え

 S様邸 カラー和紙畳 

■畳表(たたみおもて)について

畳表とは、い草のくきを乾燥させ泥染めをして織りあげた茣蓙(ゴザ)です。
丸い草を使用したものに、経糸に麻糸や綿糸を使い織り上げます。一目の中に経糸2本ずつを織り込んだ諸目(もろめ)表と言われる織り方で綿2芯、麻2芯綿麻4芯麻4芯などがあります。
最近人気の縁無し畳には、一目に経糸を1本ずつ織り込み目積(めせき)表と言う織り方のものが利用されます。同じ縁無しでも琉球表は、七島い草と言い断面が三角形のものを使い、泥染めをせずに織られるものを言います。
畳表は年月が経つと擦り切れるため、業界では3年〜5年に1度を目安に、畳表の裏返しや、表替えをお勧めしています。
畳表は、い草の他に合成繊維や和紙を織った畳表や合成樹脂の表面に畳の目を型押ししたシート状の畳表等もあります。

羽曳野市は大阪府の南東部、河内平野の中に位置しています。 羽曳野市の東部は二上山系の斜面を利用して、広大な果樹園が形成されています。主にデラウェラ種のブドウが栽培され、全国で出荷量第1位になったこともあります。そのブドウを使用したワインの醸造も古くから行われ、羽曳野市の特産品と一つとなっています。 羽曳野市の南西部には羽曳野丘陵地帯があり、なだらかな丘陵・山麓地の自然に培われた山紫水明の地で、昔から農産物の栽培に適しています。関西では随一の生産量を誇るイチジクは、羽曳野市の特産品として有名です。イチジクを使ったジャムやソースも羽曳野市の特産品として人気があります。 羽曳野市は、大阪市の中心から約20キロ圏内にあり、交通の便も良い所です。 羽曳野市近辺に人が住み始めたのは、約2万年前の旧石器時代末頃です。弥生時代には農業を基本とした集落が数多く形成され、古墳時代には全国でも最大の古墳群である古市古墳群が造営されました。 奈良時代には仏教文化の中心地帯となり、難波宮から大和の飛鳥京を結ぶ竹内街道が作られ、古市寺などの寺院も多く造られました。 南北朝以降は、何度も戦場となりましたが、戦国末期に織田信長や豊臣秀吉の支配がおよび平定されます。江戸時代には、新田開発や河川の改修工事が行われ、綿花や菜種の栽培が盛んになりました。

羽曳野市は、大阪府内でも人気の高いエリアの一つとして知られています。高齢化社会の話題が全国各地に広がりを見せていますが、羽曳野市においても例外ではなく、国と自治体が連携して対策に乗り出すことが求められています。羽曳野市の名前を全国に広げているのは、ただ単に人気があり住みやすいエリアというだけが理由ではありません。ブドウの栽培が盛んであるという点も羽曳野市の特徴として有名です。肥沃な土地と水資源に恵まれていることが証明されているのではないでしょうか。羽曳野市では、ブドウ栽培などの農業で生計を立てる人が多いということも特色です。ブドウの栽培が盛んになることで、農家はもちろん、その輸送や梱包、販売などといった雇用を生み出すことになりますので、大きな貢献といえます。羽曳野市では、古墳などの歴史的重要物があることも知られています。そのため、羽曳野市を訪問する観光客も多く、観光をビジネスにつなげていこうという動きも巻き起こっています。古墳の他にも飛鳥神社などの歴史を語る上では欠かせない建造物が残っています。羽曳野市では、診療機関や教育施設の充実を最重要課題に位置付けて予算の配分などを行っています。