茨木市内スピード対応!!

茨木市の畳たたみの表替えと新調は、
業界高水準の品質と全国での安値価格クラスの当店で!!

新調も激安です!畳表替えは畳表(ゴザ)と縁(ヘリ)を新しいものと張替えます。
価格には、材料代・施工費・配送料などの費用も含まれています。
今月も頑張ります激安価格 

国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

■畳の表替えを只今、キャンペーン価格でお届けしています。
  家具や道具の移動もお任せ下さい。無料です。

 

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ
お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること、
つまり顧客満足度を大きな目的としています。 
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり環境保全を目的とした重要な規格と言えます。

■国産畳表 肥後表も仰天の激安です!!

床の間用畳表(竜鬢リュウビン)について クリックして下さい

■畳たたみのサイズ

●五八間(ごはちま)(江戸間、関東間とも言う)が基準です。
5尺8寸×2尺9寸  (1760mm×880mm)1間を6尺で計算しています。

●本間間(ほんけんま)京間(きょうま)関西間(かんさいま)
3尺1寸5分×6尺3寸(955mm×1910mm)1間を6尺3寸で計算します。その結果五八間より大きく成っています。かって近畿地方以西で多く使われていました。

●三六間(さぶろくま)中京間(ちゅうきょうま)
3尺×6尺(900mm×1800mm)     など他にも幾種類かあります。

それぞれ最大の寸法です。

 ■畳たたみの張替え方法

畳替たたみかえには、下記の様な方法があります。
畳たたみの状態に応じて最適な方法をご提案させて頂きます。

■畳の裏返し

裏返しについてよくお客様に聞かれるのですが、畳自体を裏向きにひっくり返して引き直す。 これは間違いで。
畳表(表面に縫い付けているゴザ)を裏返して畳床(畳の土台)に再
縫い付けます。畳縁(たたみべり)は新品を使います。このときに強いテンション(引っ張る力)が掛かります。

畳替えから3〜5年を目途にして下さい。
但し、日当たりの良い場所や飲物など液体などを溢している場合は
裏まで焼けていたり、シミに成っている場合があります。
また、イ草を束ねている縦糸は年数が経っていると劣化して再び縫い付ける時に、切れる場合があります。

■畳表替え(たたみおもてがえ)

表替え裏返しから3〜5年程度で、畳表(たたみおもて)を新しいものに交換することをお勧めします。また張り替えて8年〜10年を越えている場合は、畳の表替えをお勧めします。畳縁(タタミヘリ)も新しいものに張替えます。

■新調(新畳しんたたみ)

土台の畳床が補修では間に合わない場合は、新畳つまり新しい畳を作りましょう。畳床(たたみとこ)、畳表(たたみおもて)、畳縁(たたみべり)を全て新しいものにします。

   

■畳表(たたみおもて)について

畳表とは、い草のくきを乾燥させ泥染めをして織りあげた茣蓙(ゴザ)です。
丸い草を使用したものに、経糸に麻糸や綿糸を使い織り上げます。一目の中に経糸2本ずつを織り込んだ諸目(もろめ)表と言われる織り方で綿2芯、麻2芯綿麻4芯麻4芯などがあります。
最近人気の縁無し畳には、一目に経糸を1本ずつ織り込み目積(めせき)表と言う織り方のものが利用されます。同じ縁無しでも琉球表は、七島い草と言い断面が三角形のものを使い、泥染めをせずに織られるものを言います。
畳表は年月が経つと擦り切れるため、業界では3年〜5年に1度を目安に、畳表の裏返しや、表替えをお勧めしています。
畳表は、い草の他に合成繊維や和紙を織った畳表や合成樹脂の表面に畳の目を型押ししたシート状の畳表等もあります。

■い草の泥染めについて

い草は、収穫されてから‘泥染め’と言う工程を経ます。
これにより、熱の吸収作用を良くして乾燥速度を速めます。
するとい草の酸化酵素の働きが鈍くなり、葉緑素の分解が抑制される為、
い草の色彩が良くなると共に光による色あせも鈍くします。
それと同時にい草の表面を泥で覆う事により、水分の蒸発もゆっくりと成りますので、い草の表面が乾燥により急激に萎縮する事を防ぎ、変色を防ぐ事にも成ります。
畳表になった時のい草の色目は、い草固有の色に泥染めによる色が加わったものです。新しい畳表特有の良い香りは、泥染めをして貯蔵中に化学反応を起こして生まれます。この泥染めをしないと、い草も単に普通の干草と同じ様な匂いのままです。
泥染めに使われる土は、岡山、広島や淡路島で取れるものが使われることが多く、それぞれに特色があります。いずれにしても、い草を畳表に仕上げる過程で、泥染めは欠かせない工程です。
※色目の悪い、イ草を化学染料等で着色した、悪質な表とはまったく異質なものですので念の為。

■縁(へり)

畳縁には、デザインが美しい洋柄・日本古来の季節を感じさせる趣のある和柄、繊細な織り柄など、多種多様な柄があります。畳縁で部屋の雰囲気が大きく変わりますので、現在では部屋の用途ごとに縁を変える住宅も増えています。四季のお花を織り込んだ縁は、洋風の部屋にも馴染み、優しく落ち着いた雰囲気にしてくれます。自然素材を大事にされて、あまり華美でなく落ち着いた和室をお好みの方には、無地の織りの物。また、子ども部屋や、教育施設などには、動物柄や明るい色彩の物が選ばれます。
畳縁は、畳床を畳表で包むときに、長手方向には畳表を巻きつけて裏側で畳床に縫いつけますが、横方向は、畳床の幅に合わせて畳表を切り揃えてしまうので、切り放しのままでは、畳表が固定されないので、畳縁で切り口を隠すと同時に畳床に縫いつけて止めます。こうして、畳縁があることによって、和室の雰囲気を変える役目と畳表の強度をより強くする役割と、畳表の角の摩耗を防止する役目があります。最近では縁なし畳を選ばれる方もいらっしゃいますが、やはり多くの方は畳縁のある畳を選ばれます。
畳縁の歴史は古くからあり、昔は身分等によって利用できるという制限がありました。平安時代には、今ある畳の形がベッドとして使用されていました。この頃の畳の縁は、大変高級品で、身分によって絹や麻など使用できる繊維やが決まっていました。また、宮廷・公家・武家・商家などの紋も決まっていました。よく、昔から「畳の縁を踏んではいけない」という教えがあり、家紋の入った畳縁を踏むことは、ご先祖様や親の顔を踏む事と同じなのだという、武家の教えや商家の心得でした。
先日、我が家の畳も10年で、ずいぶん痛みささくれ立ったイグサがちくちくするので、畳の表替えをしました。その時に畳業者の方が、畳縁のサンプルをいくつも出して下さいました。畳縁はまるで着物の帯の様に美しく、どれにしようかと迷いました。迷って私が選んだ物は、とても美しい和柄で、桜の様に淡いピンクと淡いグリーンと薄い黄色のもみじが散りばめられた畳縁でした。少し派手かなと思いましたら、畳業者の方は、「これは料亭などに実際使われた畳縁で品があって、素敵ですよ」と言って下さいました。出来上がった畳と畳縁は和室をくつろげる優美な空間にしてくれました。
現在では、この色とりどりでデザインも豊富な畳縁が、畳に使用するだけでは、もったいないので、さまざまな物に使われています。たとえば、縁だけを購入し、手作りバックのワンポイントに取り入れることで、デザイン性豊かな自分だけのバックが出来ます。また、コースターや、畳縁のストラップなどもあり、多種多様な商品に加工されています。日本人の繊細な心を織物にして一般家庭でも楽しめる物に加工した畳縁を大事にして、ぜひ畳の表替えをされる時は、好みにあった物を選ぶ事をおすすめします。



             (画像はイメージです)  

クリック>>畳たたみの構造

クリック>>非常に強く、変色し難い 和紙の畳表                     と樹脂製の畳表

クリック>>イ草についてのお話


 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


畳を長持ちさせるには

畳とは日本人に安らぎと落ち着きを与えてくれます。あの独特な香りは疲れた体をリラックスさせてくれます。日本人にとても愛着のある畳ですが、日頃のメンテナンス、お手入れが重要となってきます。全てのお手入れの基本として、畳表は優しく扱うということ。掃除機をかける場合は、畳の目に沿って優しくかけてください。あまり力を入れすぎると傷ついてしまいます。雑巾掛けをする場合も、しっかり固くしぼり、畳の目に沿って優しく拭きましょう。ポイントは優しく扱うということと、畳の目に沿うという事です。定期的に天日干しをして、畳が吸った水分を乾かしてあげましょう。年に2〜3回程、春秋の良く晴れた日に行いましょう。畳の表面に直接日が当たると、変色してしまう危険がありますので、日が当たる面には畳の裏側を向けておきましょう。軽く叩いてほこりを取ってあげてくださいね。干すスペースがご自宅にない場合は少し持ち上げて、何かを挟んで風を通してあげてください。それだけでも効果は十分です。畳が汚れてしまった場合は出来るだけ早く対処してください。長時間放置してしまうと汚れが定着してしまい、汚れが取れなくなる場合があります。そうなると、買い換えなければならない状況になってしまいます。

大阪のシンボル大阪城の歴史と魅力について

大阪城は今から432年前の1583年に豊臣秀吉が築城を開始しました。1603年に徳川幕府が成立した後、1615年大阪夏の陣で徳川家康勢にやぶれ大阪城は落城し、豊臣氏は滅亡となった。その後1620年2代将軍徳川秀忠によって再建が開始し1629年に完成した。その後も太平洋戦争の目標にされ、多くを損傷した。その後も市民の寄付金により1931年竣工した。今のビジネスパークが出来たのは1983年のことだ。大阪城公園駅ができ、大企業のビルが立ち並んだ。大阪城の回りの石垣石は瀬戸内海の島々(小豆島島)と兵庫県の六甲山、福岡県から採石された。これらの石はかなり大きく観光客にとっては目玉となっている。毎年3月くらいには梅林が見ごろとなり多くの観光客でにぎわっている。売店もあり、甘酒やたこ焼き、大福などもあるので、ゆっくり見物が可能だ。そして4月は桜。いろんなところに桜が咲く。多くの花見客がおとずれるのが西の丸庭園だ。1965年に芝生庭園として開園した。周囲に桜が沢山植えられているので芝生に座ってお酒を飲みつつ花見が可能。また目の前には大阪城が見える。桜門の入口前には現在大きな売店があり毎日のように沢山の人がたこ焼きやアイスクリーム、お酒等を楽しんでいる。楽しんだあとはすぐ横にある豊福神社にいくのがいい。1879年に京都市の豊福神社の別社として創建された。当初は中之島にあったが、最終的に1961年にここに来た。入口すぐ目に入るのは秀吉像だ。多くの人がそこに並んで写真を撮っている。この像は2007年に復元されたものだ。髭も長く、おなかも若干出ていて、堂々としている様子。大阪城をこの人が建てたのだと思うと何か不思議な感じがする。鳥居に入る前に必ずやってほしいこがある。それは一礼だ。する人としない人がいる。する人はみんな鳥居の端に立ち一礼をしてから入り、出るときも必ず一礼をして出ていく。まわりから見ていても気持ちいいものだ。またここは七五三参りや、厄払いもしてくれる。厄払いはやっておいたほうがいい。神主様におはらいをしてもらい、最後にお神酒を飲んで終わりだ。最後のお神酒は格別な味がする。桜門を上がっていくと、大きた石垣が出迎えてくれる。外国人はかなり喜んでいる。ここらへんでは面白い人達が商売をしている。たとえば、3Dの絵を売っている人や、似顔絵をその場で書いて売っている人。技術は相当なものだろう。どうやったらあんなに上手に書けるの不思議である。そして大阪城天守閣前に到着する。ここにも沢山の売店があり、楽しめるはずだ。大阪のシンボル大阪城は現代社会において歴史を再度見直すことができる貴重な場所だ。

障子は一説によると、平安時代に襖から派生した建具と言われており、現代まで和風の住宅には欠かせない存在となっています。広い空間を障子で仕切る方法で、昔から目隠しや明かり取りとして多用途に使われてきました。今でも、古い町並みが美しい場所では必ずと言っていいほど障子が使われており、木枠と白い和紙の美しいコントラストが懐かしさを呼び起こします。現代では洋風の住宅が普及し、障子に代わってカーテンが多くみられるようになりましたが、今回はこの障子の良さと上手なメンテナンスについて書きたいと思います。
 障子の良さとは何と言っても、光を柔らかく遠し部屋を明るく見せることです。外部からの視線を上手にさえぎって、なおかつ部屋に自然な明るさを取り入れることができる昔ながらの機能性は大変画期的なものです。また、障子紙は自然素材なので吸湿性や換気能力があり湿度を調節する役割も果たしています。ジメジメした日本の気候に適している存在なのです。しかし、和紙で出来ており大変繊細なつくりのため、ちょっとした衝撃ですぐに破れてしまうことも多いのです。実際、小さな子供がいる家庭にお邪魔すると、かなりの確率で破れた障子を目にすることがあります。
 障子が破れてしまったり、長期間使用することでの日焼けや汚れが目立ってきた場合はメンテナンスが必要です。一番ベーシックな方法は和紙を張りかえることです。古い障子紙に霧吹きなどでしっかり水分を含ませて2〜3分おくとはがれやすくなりますので、下からゆっくりはがします。きれいにはがせたらぬれタオルなどで桟を拭いて残った紙を丁寧に拭き取り、よく乾かします。次に汚れ防止のために床に新聞紙などを敷いて、セロテープで障子紙を仮止めします。仮止めした障子紙は巻き戻し桟の横に置いておきます。その後、桟に専用ののりを付けて一気に転がし貼り付けます。余分な紙をカッターで切り取り完成です。
 現在では、障子紙の種類も大変豊富になりました。一般的なものはパルプにレーヨンなどの素材を混ぜたものが多く流通していますが、化学合成繊維で出来た破れにくい障子紙やプラスチック製の障子もありますので、小さな子供がいる家庭ではこういったものを活用するとよいでしょう。また、ほんの少しだけ破れてしまった場合は、桜の花びらなどの可愛らしいデザインの専用の和紙が販売されていますので、破れた箇所に貼り付けると破れた部分も気にならずお部屋が華やかになります。
 障子は破れやすくメンテナンスにも手間がかかりますが、柔らかな光と情緒あるたたずまいは日本人だからこそ味わえる伝統と文化なのです。最近では近代的な住宅も増え、住宅街を歩いても障子を使用している家庭はなかなか見られなくなりました。しかし節電の影響もあり、昔ながらの日本の暮らしが見直されています。小さな子供やペットのいる家庭ではなかなか維持が難しいかと思いますが、破れにくい障子紙を使用したり、現代風のアレンジでおしゃれに障子の良さを味わってみてはいかがでしょうか。

大阪府大阪市は人口が250万人をこえる大都市なので政令指定都市となっています。そのため、地域の行政サービスを充実させ効率のよい組織づくりのために行政区という制度が用いられています。大阪市は全部で24区に分かれていますが、東京都のような特別区ではありませんので区議会議員や区長を選挙で選ぶようなことはありません。そのため、住民にとっては住所が大阪市の次が「区」となっていたり、行政区ごとに出張所があるといった部分では身近であるものの、区長が誰かということまでは知らないケースが多かったのです。これは他の政令指定都市でも言えることで、年頭の挨拶が掲載された区の広報誌などで初めて誰なのかを知るということがありますし、区長が変わったとしても大々的に告知されるわけではありません。そこで大阪市では平成24年8月1日から公募により決定した区長を任命することになりました。これは画期的な試みですので、テレビやラジオなどのニュースでも大きな注目を集めていました。大阪市は24区なので24人の新区長が決定することになるのですが、応募者が1461名と大きな反響があったのです。応募するにはまず指定の課題に対して論文を作成し送付して審査を受けることになりますが、平成23年12月から開始されたこの選考では118名が書類選考をパスしたのです。次に第一次面接となり、大阪の行政区におけるビジョンや構想力そして経営管理能力や情報発信力といった観点から選考されるました。結果としては39名が通過して最終選考に進んだのですが、ここでは大阪市長をはじめ、他の市で市長を経験した人物など高いレベルでの審査となりました。選考基準は第一次面接と大差はありませんが、社会観や根本哲学や目標達成思考そして部下の育成や組織活性化なども含めてチェックされたのです。大阪市の行政区長として合格したのは男性が22名と女性が2名で、当時27歳という若者も採用されました。経歴としては会社の社長や記者だけではなく、元町長など行政経験者も多く選ばれています。業務内容としては担当する区においてタウンミーティングを開いたり、組織の改革をするなど大阪市長の指示も踏まえながら行政区の活性化を図っていくのです。公募ですから区民にとっても距離の近い人が選ばれるなど、行政が身近に感じられるようになったという点ではメリットが多い施策でした。このようにして大阪市全体が発展していくように改革が行われているのです。


茨木について調べることで茨木の良さを知る

茨木市は大阪に位置しますが史跡が多くあります。この茨木は大阪府の北部にある市でありこの茨木周辺には沢山のグルメ情報がありインターネット等でもこうした美味しいところを調べていくことができます。大阪にて美味しい食べ物を探しているようなときには茨木の周辺のエリアにも魅力のあるスポットが多くあり、美味しいレストラン等を見つけていくことができます。このようにして茨木市の周辺エリアは大阪のグルメ情報が豊富にあります。
大阪にある茨木市については観光で訪れて楽しむことができるところでもあり大阪に旅行にきた際には、この茨木もよい体験ができます。この茨木市については、1月の時期にはいばらき観光ウォークといったイベントが開催されるようになり、参加をしてみることができるようになっています。このような茨木市のイベント等に参加して楽しんで歩くことはよいものになります。このようなイベントでは遺跡やお寺、神社、城跡などを巡ります。
茨木にて開催されているこのイベントでは、皆で歩くことで楽しい体験をすることができます。また茨木の特徴としては日本で有数の古墳群のある地帯になりますが、古墳時代よりその時代における古墳が今も残っている地域になります。また西国街道は古くから行き来が盛んであり、江戸時代における参勤交代にて使用されていました。この他に大名等が宿泊をした本陣といったところも現存しています。また自然もあり美しい景観を堪能できます。
このような茨木ではハイキングや散策などを楽しむことができるコースが数多くあり、紹介されています。こうしてゆったりと景観を楽しんだりして、くつろぐこともできる地域になります。また茨木市内では寺院や教会といった施設があり、観光のスポットになっています。歴史や文化についても感じることができる魅力のある地域です。インターネット上には観光のためのコース紹介をしており、キリシタンコースという数時間のコース等があります。
茨木市には数多くの観光スポットがあり寺社や遺跡、古墳等を数多くみることができ、日本文化や古くよりある日本の歴史等に興味がある方は訪れて、この魅力を感じることができます。また数々の散策等を楽しむためのコースがあり、大勢の人々と自然などを満喫したりすることができる地域になります。このようにして見所が沢山あるこの茨木市を大阪へ観光旅行等で訪れたときには行ってみることができますが、それぞれの楽しみ方があります。

大阪市と京都市の中間に位置する茨木市は大阪府のベッドタウンとして発展してきました。茨木市は東西の交通の要所となっており交通の便はとても良いです。鉄道を利用する人はJR京都線や大坂モノレールなどがあります。車でお越しくださる人には名神高速道路や中国自動車道などを利用すれば楽に訪れることができます。その交通の便が良いのを利用して観光にも力を入れており、春には綺麗な花が咲く公園等があり訪れた観光客の目を楽しませてくれます。また茨城観光大使として若い女性を選んでより良いサービスを観光旅行者にして、茨城に来て良かったと思われるように力を入れています。JR京都線を利用すれば僅かの時間で京都を訪れることができます。それで茨木市に宿をとり茨木観光をした後に京都観光も楽しめば二倍の観光が楽しめます。茨木市の立地条件を生かした観光スポットにしたところが良い考えです。茨木市も観光旅行者にお金を落として貰えば茨木市市民も嬉しいことでしょう。また茨木市民が暮らしやすいように茨木市市民を考えた行政を行っており、市民の教育のためにも図書館が建てられています。またグルメの代表になっているような「食べログ」なども美味しい料理を食べさせてくれるので人気があります。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃない」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
茨木市内全域迅速に対応します。

  アフターケアもご安心下さい。

お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

大阪府下全域にお伺いします

   

畳たたみの施工事例です

■和紙の畳表が好評です。

強度、防虫、防カビ効果
抜群の 和紙畳 の施工例

W保育園様に
和紙畳の施工をさせて
頂きました。

  

大阪府茨木市 N様邸
畳表替え

 I様邸
障子の張替え 畳表替え 工事

大阪府茨木市 H様邸
畳襖張替え

 S様邸
カラー和紙畳 

 K様邸
置き畳の施工をさせて頂きました

 O様邸 
畳表替え施工

 H様邸
半帖縁無し畳 工事

 T様邸
畳表替え施工

 T様邸
畳表替え 襖張替え

 Y様邸
畳表替え施工

 N様邸
畳襖障子張替え

大阪府茨木市 S様邸
畳表替え

■家庭内事故を防ぐ畳

畳表に使われるい草は天然植物で、独特の爽やかな香りが精神を落ち着かせ、 リラクゼーション効果を発揮します。 昔から和室は落ちつく或いは疲れが取れると言われてるのはそのアロマテラピー効果によるものと思われます。
畳は柔軟な素材間に豊富な空気の層を持ち振動を吸収する防振効果があります。 また空気の振動である音を吸音・遮音する効果もあり、足音や会話、音楽が階下に漏れることを防ぐ防振・遮音効果があります。 和室をフローリングにかえたら、足音や物音が階下に響き苦情が出たと云う事例も多く出ています。
畳は柔軟な素材間に豊富な空気の層を持ち衝撃を吸収する能力を備えています。 お年寄りやお子様が転んでしまった場合、畳はフローリングに比べて安全面で非常に優れています。お年よりは夜中にお手洗いにたったり、 子供はよく家の中でも走り回り転がりがちです。その際に畳が家庭内事故を防ぐと思われます。特にお年寄りがフローリングで、尻餅をついただけで圧迫骨折をして、もう治らないと言う事故は増えているようです。
畳は活性炭の様な多孔質に似た空間を豊富に持ち、空気中に含まれる水分や物質を吸着する能力を備えています。 部屋の湿度が高い時は水分を吸着し湿度を下げ、逆に部屋の湿度が低い時は水分を放出して湿度を上げます。また空気中に含まれる有害物質
(シックハウス症候群の原因物質等)を吸着し、室内の空気を浄化する効果も最近の研究で明らかになりました。 畳は生き物の様に呼吸し、室内環境を整えてくれます。
したがって、畳の上に絨毯や上敷き等を敷いてしまうのは、せっかくの畳の機能を生かせませんのであまり関心しません。少し考えておいて下さい。

茨木市について

兵庫県茨木市は緑や自然に恵まれた地域で、市内には歴史や史跡など数多くの魅力ある観光スポットを有しています。茨木市には四季折々の花々が咲き誇るスポットが多くあり、茨木市大字上音羽には桜の名所である桜の苑があります。ソメイヨシノを中心とした約1,000本の桜が植樹されており、美しい景色を見ることができます。また「辯天さん」の愛称で親しまれている辯天宗瞑應寺の境内では、ソメイヨシノや枝垂桜が約500本咲き誇ります。参道を覆い尽くすほどの美しい桜のトンネルを歩くことができ、茨木市を代表する桜の名所のひとつとして多くの人が訪れて賑わいます。茨木市若園町の若園公園は、市の花でもあるバラが咲き誇る薔薇園を有しています。春と秋に開花時期を迎え、園内は色鮮やかなバラで埋め尽くされ、周囲に良い香りを漂わせています。茨木市大岩では、棚田の淵一帯に咲き誇る彼岸花を見ることができます。棚田の淵を覆うように真っ赤な彼岸花が咲いており、風情ある風景を楽しむことができます。茨木市には古墳や旧跡なども多くあり、市内各所で歴史や文化に触れ合えます。これらの歴史や豊かな自然を巡る「いばらき観光ウォーク」も行われており、魅力あるスポットを自分の足で巡ることができます。

大阪府茨木市について

 大阪府茨木市は、大阪府の北部に位置しており、JRや阪急電鉄京都線、モノレールが通っていますので、交通の便が非常に良く大阪や京都のベッドタウンとして発展した市となります。JR茨木市駅と阪急茨木市駅の間には、スーパーなどの商業施設がたくさん立地しています。鉄道面以外でも、JR茨木駅前や阪急茨木市駅前より、阪急バスや近鉄バス、京阪バスおよび関西国際空港行のリムジンバスが出ています。  茨木市の市域の総面積は76.49平方kmであり、市に花は「バラ」、市の木は「カシ」、市のマスコットキャラクターは「いばらっきーちゃん」となっています。いばらっきーちゃんは、市に花であるバラをモチーフにしたキャラクターであり、体重は茨木市の児童数16,000人と同じ本数のバラを集めた体重となります。また、好物は、茨木市の特産品である赤シソがたっぷり入ったゆかりご飯です。  茨木市の特産品は、見山の赤シソ、見山大甘青とう、三島ウドなどが挙げられ、市内のJA茨木市農産物直売所みしま館や見山の郷などで購入することができます。また、観光スポットについては、キツネノカミソリ群生地、桜の苑、竜仙の滝、須賀神社のくす、穴仏負嫁岩、椿山延寿林などが挙げられます。