栃木市スピード対応!!

栃木市内の畳たたみの表替えと新調は、
業界高水準の品質と全国でも最安クラスの当店で!!
国産畳たたみ表もお安く!!

新調も激安です!畳表替えは畳表(ゴザ)と縁(ヘリ)を新しいものと張替えます。
価格には、材料代・施工費・配送料などの費用も含まれています。
今月も頑張ります激安価格 

国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

■畳の表替えを只今、キャンペーン価格でお届けしています。
 家具や道具の移動もお任せ下さい。無料です。

 
 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

■国産畳表 肥後表も仰天の激安です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ
お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること、
つまり顧客満足度を大きな目的としています。 
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり環境保全を目的とした重要な規格と言えます。

床の間用畳表(竜鬢リュウビン)について クリックして下さい

■畳たたみのサイズ

●五八間(ごはちま)(江戸間、関東間とも言う)が基準です。
5尺8寸×2尺9寸  (1760mm×880mm)1間を6尺で計算しています。

●本間間(ほんけんま)京間(きょうま)関西間(かんさいま)
3尺1寸5分×6尺3寸(955mm×1910mm)1間を6尺3寸で計算します。その結果五八間より大きく成っています。かって近畿地方以西で多く使われていました。

●三六間(さぶろくま)中京間(ちゅうきょうま)
3尺×6尺(900mm×1800mm)     など他にも幾種類かあります。

それぞれ最大の寸法です。

■畳たたみの張替え方法

畳替たたみかえには、下記の様な方法があります。
畳たたみの状態に応じて最適な方法をご提案させて頂きます。

■畳の裏返し

裏返しについてよくお客様に聞かれるのですが、畳自体を裏向きにひっくり返して引き直す。 これは間違いで。
畳表(表面に縫い付けているゴザ)を裏返して畳床(畳の土台)に再
縫い付けます。畳縁(たたみべり)は新品を使います。このときに強いテンション(引っ張る力)が掛かります。

畳替えから3〜5年を目途にして下さい。
但し、日当たりの良い場所や飲物など液体などを溢している場合は
裏まで焼けていたり、シミに成っている場合があります。
また、イ草を束ねている縦糸は年数が経っていると劣化して再び縫い付ける時に、切れる場合があります。

■畳表替え(たたみおもてがえ)

表替え裏返しから3〜5年程度で、畳表(たたみおもて)を新しいものに交換することをお勧めします。また張り替えて8年〜10年を越えている場合は、畳の表替えをお勧めします。畳縁(タタミヘリ)も新しいものに張替えます。

■新調(新畳しんたたみ)

土台の畳床が補修では間に合わない場合は、新畳つまり新しい畳を作りましょう。畳床(たたみとこ)、畳表(たたみおもて)、畳縁(たたみべり)を全て新しいものにします。


  

■畳表(たたみおもて)について

畳表とは、い草のくきを乾燥させ泥染めをして織りあげた茣蓙(ゴザ)です。
丸い草を使用したものに、経糸に麻糸や綿糸を使い織り上げます。一目の中に経糸2本
ずつを織り込んだ諸目(もろめ)表と言われる織り方で綿2芯、麻2芯綿麻4芯麻4芯などがあります。
最近人気の縁無し畳には、一目に経糸を1本ずつ織り込み目積(めせき)表と言う織り方のものが利用されます。同じ縁無しでも琉球表は、七島い草と言い断面が三角形のものを使い、泥染めをせずに織られるものを言います。
畳表は年月が経つと擦り切れるため、業界では3年〜5年に1度を目安に、畳表の裏返しや、表替えをお勧めしています。
畳表は、い草の他に合成繊維や和紙を織った畳表や合成樹脂の表面に畳の目を型押ししたシート状の畳表等もあります。

■い草の泥染めについて

い草は、収穫されてから‘泥染め’と言う工程を経ます。
これにより、熱の吸収作用を良くして乾燥速度を速めます。
するとい草の酸化酵素の働きが鈍くなり、葉緑素の分解が抑制される為、い草の色彩が良くなると共に光による色あせも鈍くします。
それと同時にい草の表面を泥で覆う事により、水分の蒸発もゆっくりと成りますので、い草の表面が乾燥により急激に萎縮する事を防ぎ、変色を防ぐ事にも成ります。畳表になった時のい草の色目は、い草固有の色に泥染めによる色が加わったものです。新しい畳表特有の良い香りは、泥染めをして貯蔵中に化学反応を起こして生まれます。この泥染めをしないと、い草も単に普通の干草と同じ様な匂いのままです。泥染めに使われる土は、岡山、広島や淡路島で取れるものが使われることが多く、それぞれに特色があります。
いずれにしても、い草を畳表に仕上げる過程で、泥染めは欠かせない工程です。
※色目の悪い、イ草を化学染料等で着色した、悪質な表とはまったく異質なものですので念の為。

■縁(へり)

畳縁には、デザインが美しい洋柄・日本古来の季節を感じさせる趣のある和柄、繊細な織り柄など、多種多様な柄があります。畳縁で部屋の雰囲気が大きく変わりますので、現在では部屋の用途ごとに縁を変える住宅も増えています。四季のお花を織り込んだ縁は、洋風の部屋にも馴染み、優しく落ち着いた雰囲気にしてくれます。自然素材を大事にされて、あまり華美でなく落ち着いた和室をお好みの方には、無地の織りの物。また、子ども部屋や、教育施設などには、動物柄や明るい色彩の物が選ばれます。
畳縁は、畳床を畳表で包むときに、長手方向には畳表を巻きつけて裏側で畳床に縫いつけますが、横方向は、畳床の幅に合わせて畳表を切り揃えてしまうので、切り放しのままでは、畳表が固定されないので、畳縁で切り口を隠すと同時に畳床に縫いつけて止めます。こうして、畳縁があることによって、和室の雰囲気を変える役目と畳表の強度をより強くする役割と、畳表の角の摩耗を防止する役目があります。最近では縁なし畳を選ばれる方もいらっしゃいますが、やはり多くの方は畳縁のある畳を選ばれます。
畳縁の歴史は古くからあり、昔は身分等によって利用できるという制限がありました。平安時代には、今ある畳の形がベッドとして使用されていました。この頃の畳の縁は、大変高級品で、身分によって絹や麻など使用できる繊維やが決まっていました。また、宮廷・公家・武家・商家などの紋も決まっていました。よく、昔から「畳の縁を踏んではいけない」という教えがあり、家紋の入った畳縁を踏むことは、ご先祖様や親の顔を踏む事と同じなのだという、武家の教えや商家の心得でした。
先日、我が家の畳も10年で、ずいぶん痛みささくれ立ったイグサがちくちくするので、畳の表替えをしました。その時に畳業者の方が、畳縁のサンプルをいくつも出して下さいました。畳縁はまるで着物の帯の様に美しく、どれにしようかと迷いました。迷って私が選んだ物は、とても美しい和柄で、桜の様に淡いピンクと淡いグリーンと薄い黄色のもみじが散りばめられた畳縁でした。少し派手かなと思いましたら、畳業者の方は、「これは料亭などに実際使われた畳縁で品があって、素敵ですよ」と言って下さいました。出来上がった畳と畳縁は和室をくつろげる優美な空間にしてくれました。
現在では、この色とりどりでデザインも豊富な畳縁が、畳に使用するだけでは、もったいないので、さまざまな物に使われています。たとえば、縁だけを購入し、手作りバックのワンポイントに取り入れることで、デザイン性豊かな自分だけのバックが出来ます。また、コースターや、畳縁のストラップなどもあり、多種多様な商品に加工されています。日本人の繊細な心を織物にして一般家庭でも楽しめる物に加工した畳縁を大事にして、ぜひ畳の表替えをされる時は、好みにあった物を選ぶ事をおすすめします。



                 弊社指定の縁は価格に含まれています。

             (画像はイメージです) クリック>>畳たたみの構造

クリック>>非常に強く、変色し難い 和紙の畳表                     と樹脂製の畳表

クリック>>イ草についてのお話
 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


心が落ち着く畳に空間

洋風での生活が主となってきているが、和室に入り畳の上で体を横にする。 い草の青い香り、床とは違う暖かなぬくもりに包まれるこの空間が、私にとって心を落ち着ける時間になっています。 和室をリノベーションを考え、畳について調べてみると、私との記憶とは違う畳の世界がありました。 『和』のよさを残しながら、定番のイ草だけではなく黒や赤…おしゃれなカラー畳をみた時、驚きとともに、洋室では表現できないインテリアの幅の広がりを感じました。 少し冒険をして取り入れ手みたいと思った黒い畳は、空間を引き締めるとともに、まるで自宅ではないようなおしゃれな空間を作り出します。  もちろん定番の畳であれば、床では気軽に寝そべりにくいと思うことなく、ゆっくりと体と心をのばせる心地よい空間になります。  そしてふちなしの半畳であれば、畳の目の配置を換えるだけで市松模様をつくりだすことができたり、少しの工夫で、部屋そのものの雰囲気を変え楽しむことができます。  畳は部屋に占める面積が多い分だけ、遊び心を加えながら変化をもたせることで、自分らしさの表現できる心の落ち着ける空間を作り出すことができるように思います。  まだリノベーションの計画は始まったばかりですが、畳のおもしろさにはまってしまう毎日です。

栃木県栃木市について

 栃木市は栃木県の南部にある市で、人口が約16万人を誇り、宇都宮市や小山市に次いで第3位の人口となっています。市域には蔵造りの街並みが保存されている事から、観光地としても高い人気を集めています。また、市の南部には渡良瀬遊水地があり、こちらはラムサール条約登録の湿地として有名です。  栃木市は江戸時代には、市域を流れている巴波川を利用した舟運や、宿場町として栄えたという歴史があります。こうした歴史的特徴から「小江戸」とも呼ばれていて、現在も多くの蔵や商家が残っている事から、美しい街並み大賞も受賞しています。  栃木市の産業は商業が主力となっていたのですが、近年は県庁所在地の移転や、大型郊外店の隆盛で、中心地の商業はやや衰退しています。ただ、この状態を打開するために、2000年頃から再開発に力が入れられてきました。その結果、学校や高層マンション、ショッピングセンターの建設等が行なわれています。  それ以外の産業としては、自動車部品や食品関連の工場の稼働、県内第3位の産出額を誇る農業等があります。  栃木市の教育機関については、31校の小学校、15校の中学校、8校の高等学校が存在しています。その他にも大学や専門学校、特別支援学校等もあり、栃木市の教育機関は充実していると言えます。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 お電話1本で、駆けつけます。

アフターケアもご安心下さい
栃木市全域にお伺いします。

【年中無休・受付時間】
8時〜19時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

 S様邸
畳表替え ふすま替え

G様邸  畳表替え

 N様邸 畳表替え

■和紙の畳表が好評です。

強度、防虫、防カビ効果
抜群の 和紙畳 の施工例

W保育園様に
和紙畳の施工・工事を
させて頂きました。


 Y様邸 畳表替え

 

 S様邸 和紙畳 工事

 S様邸
カラー和紙畳表使用 工事例

 I様邸
囲炉裏付のお部屋
畳と障子の張替え

 D保育所様 和紙畳工事

皆さんのお宅には畳があるでしょうか、最近の住宅には和室が無い住宅も増えてきていますが、やはり日本人は和室が落ち着くので洋風住宅でも和室を造るお宅は多いです。 今回はそんな和室に必要な、「畳」のメンテナンスについてを書いてみたいと思います。 「畳」は消耗品なので、寿命というものがあります。しかし、その寿命も定期的なメンテナンスを行う事で、何もしない場合よりも何年も寿命を延ばすことが出来るのです。ですので、次に書く様なメンテナンスをしっかりと行って下さい。 まず御自分で行える事には、乾いた雑巾などで定期的に乾拭きをする・和室の窓などを開け放ってこまめに換気を行う・直射日光は出来るだけ当たらないようにするなどがあります。 御自分で行う事が出来なく、専門の業者に行ってもらうメンテナンスには、畳の表面の表裏をひっくり返してきれいな部分を表にする「裏返し」・畳の表面の「畳表」の部分を新しいものと交換する「表替え」などがあります。この様なメンテナンスは畳表が経年などにより、劣化や変色などが目立ってきたら業者にお願いして行って下さい。 普段のメンテナンスを御自分でこまめにして、ある程度の期間を使用したら業者による高度なメンテナンスを行う事で、畳の寿命は格段に延びるのです。

畳は、日本において昔から存在している床の材料です。畳が一体どのようにできているか、一見するとよくわからないかもしれませんが、実は藁を重ね合わせただけの、割と簡単なものでした。しかし、簡単なものと言っても、その作業は途轍もない時間を必要とします。
その作業を持って完成して生まれた畳は、全国のご家庭へと送られて行き、人々の布団を支える役目を負います。その畳の魅力をさらに引き立てるのが、襖と呼ばれる引き戸と、扉と窓に張られた障子です。これにて、和室の存在が確立されました。
いわば三種の神器といっても過言ではない家具。畳は人々に踏まれ、丁寧に組み込まれた藁も、次第に古くなり、藁が飛出し、見た目も悪くなってしまいます。そんな藁を踏みつけてしまったら、ケガをする恐れもあります。
だからこそ、その畳に別れを告げるかのように、新しい畳に交換したほうがいいと思います。けれども、畳だけではありません。襖も、開け閉めを繰り返していくごとに、敷居に引っ掛かり、手軽に引くこともままなりません。
その襖を、新たな模様が描かれた襖に張り替えることで、新たな家に越してきたような気分になれます。そして障子もまた、年月が経つごとに、うれしくない模様である染みが浮かび上がります。純白の障子に張り替えることも重要です。張り替えたことで、心を入れ替えたような気分になれます。