全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子の張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子1,450円と全国でもトップクラスの激安価格です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

浅口市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。 畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!
国内産 ふすま紙使用 襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。  国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。
網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
サイズは三六尺
ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳表の張替えは専門店で

畳は防音、防湿、防寒性に優れ夏の暑さにも通気性の良さから快適に過ごすことができる優れた道具となっています。 畳の使用は平安時代にまでさかのぼることができます。 元々は寺院や貴族の屋敷などで床板のクッションのように部分的に使用されるものでしたが、室町時代の書院造で部屋一面に広く敷き詰めるようにして使用されるようになって以降、その快適さが広く知られるようになり、少しづつ利用する人の範囲が広がってゆき、江戸時代には一般庶民も使用するようになりました。 現代になって畳の使用は減少する一方でしたが、最近ではその快適性から再び使用する家庭が増えてきました。 大きめの家具屋などでは日本各地の様々な畳が展示されるなど関心が再び高まっていることが感じられます。 畳が再評価されている理由の一つがその丈夫さです。 一度部屋に敷いた後はほとんど手間がかかりません。 毎日の掃除で軽く掃き掃除をするだけで長く使用できることが最近の再評価へとつながっているようです。 丈夫で長持ちする畳ではありますが長持ちさせるためには適度なメンテナンスが必要になります。 長い間使用していると表面が変色したり擦り切れたりする場所が出てきます。 そのような時は畳表の交換が必要になります。 畳表は専門店に依頼すれば格安で交換してくれます。 張り替え作業を行った後は再び長く使用することができるのでとても経済的といえます。 使用している畳が傷んできたときは長持ちさせるためにも専門店で畳表の張替えを行うことをおすすめします。は如何でしょうか。新品同様に蘇った畳にまた新たなメリットが発見できるはずです。


襖(ふすま)を張り替えるメリット

襖(ふすま)は、和室において間仕切りの役割を果たす日本の伝統的な建具のことを指します。 部屋と部屋の境目や押入れの部分に使われていることが多いです。 襖(ふすま)は元々、平安時代頃の貴族の家屋に使われていたそうです。
歴史の始まりは上流階級の家屋からと言われています。 一般的に普及し始めたのは江戸時代の中期頃と言われています。 一般的な普及と同時に量産化も始まり、印刷の襖(ふすま)が製造されるようになりました。 この頃から現在の日本風のものに変化し多くの人から好まれるようになりました。
このことからもわかるように襖(ふすま)には古い歴史があります。 また襖(ふすま)以外にも和室には障子と畳も必要不可欠なものとしてあります。 しかし、障子と畳に関しては定期的に張り替える人が多いのに対し、襖(ふすま)は放置している人がとても多いと思います。
本来、襖(ふすま)も障子や畳と同様に定期的な張り替えを必要とします。 長い期間放置していると色あせや変色、破損など劣化してくるのが現実です。 家屋において定期的なメンテナンスを必要としない場所はなく時間の経過と共に自然劣化してしまうのです。
襖(ふすま)を張り替えるメリットは、表の紙が新しくなることにより部屋が明るくなり雰囲気を変えることができます。 場合によっては立てつけも直すの開閉がスムーズになります。 また、選ぶ紙により断熱や湿度調節する効果を得ることができ、快適な住環境になるのも大きなメリットになると思います。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

果樹の栽培が盛んな浅口市。

 岡山県浅口市は、岡山県の南西部に位置しており、倉敷市と笠岡市に挟まれている市です。岡山県内の市では最小の市となり、市域の面積は66.46平方kmとなっています。市の南部は瀬戸内海に面しており、水島工業地帯と福山工業地帯にも近く、両地域への通勤者もかなり多いという特徴があります。また、JR山陽本線・国道2号・山陽自動車道の3大主要交通網が、浅口市の市内を横断しており、地の利の良さから倉敷市など周辺都市のベッドタウンとして発展してきました。
 浅口市は。「日本一晴れの国」といわれています。アジア最大級の反射鏡を備えた天文台が、京都大学によって遙照山に設置されています。なぜ、浅口市が天体観測地点として選ばれるかについては、「晴天率が高いこと」、「大気が安定していること」、「星空がきれいなこと」などが、その理由として挙げられます。これが、浅口市が「日本一晴れの国」と呼ばれる所以です。
 浅口市は、製麺・酒造・制帽・ストロー生産など、伝統産業・地場産業を多く抱える市であり、中小企業の数が多いという特徴があります。また、金光教の発祥の地・本拠地としても有名な市です。特産品は、そうめん・ひやむぎ・うどんなどの「手延べ麺」、日本酒のほか、寄島ジャコ、ガザミ、カキなどの鮮魚、菓子では、天文台もなか、金光饅頭などがあります。

施工事例 お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 浅口市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え

ふすまや襖の美しさが
左右する見る人の印象

ATMでをお札で受け取る際にそのお札が汚い紙幣だとがっかりします。 同様にご家庭のふすまも美しいものですと気持ち良いものです。襖は今日は客間に多く見られますから襖を美しく整えることはおもてなしでもあります。もし、ふすま等部屋が汚れていたなら、歓迎していない様に映ります。
ふすまが住む人の気分を左右する例をお話します。 ふすまが美しい広い和室が自慢のある温泉宿が廃業し現在は廃墟となっている建物があり、廃墟に潜入した写真を見ますと自慢の和室は当時の面影は無く逃げたくなる不気味さです。和室の象徴たる襖はそれだけ印象に残るものであるという事を現しています。
ふすまは結構印象に残り易いものというお話をします。 日本のアニメには当然の事ですが襖のある和室のシーンが多く見られるもので、ある有名なアニメに登場する襖と同じ模様を お子様に見て何の作品か当ててもらうと見事に言い当てたのです。 そのアニメでは襖が話す訳でもないのに印象に残ったのです。
和室にあるふすまは座卓共に使うものですからその席次は上座の背後にふすまが映えるため、襖が上座の方とともに注目され構造となるのです。また、和室入口にもふすまはあるために、そこに出這入る全員が見ることになります。これらのことから、建具や表装はきれいに整えて美しさを保つことが大切です。
前節等におきましてふすまは見る側の印象に残りやすいとしましたが、 それだけに、それを見た人のその建物や住居や住人に対する印象も左右する存在となります。仮に家財や建物建具がだらしないと家や住人もということなのです。そのために、その逆も然りで襖を整えて好印象を得る事も考えられます。。