姫路市内全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で全国レベルでも仰天の激安価格、料金を実現しました。
姫路市内迅速にお伺いします。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理、修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工工事をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

網戸は汚れていると言われていますが、どれほど汚れているのか見た目だけでは分からない場合が多いです。そのため自宅の網戸がどれほど汚れているのか確かめてみると良いでしょう。非常に簡単な方法で調べる事ができますし、なにかを購入して来なくてはならないと言う事も無いので行ってみる事をおすすめします。網戸の汚れを確認したい方は、雑巾などを濡らして軽く網戸を拭いてみると良いでしょう。拭いてみると雑巾が黒くなります。汚れやすい網戸とそうではない網戸があるので、若干左右されてしまいますが、この方法であれば汚れている事がしっかりと分かります。雑巾を使用する場合はなるべく白い雑巾を使うようにしましょう。色が付いていても網戸の汚れを確認できますが、白い色の方がしっかりと確認する事ができます。また不要な雑巾がない場合はキッチンペーパーなどでも網戸の汚れを確認する事ができます。キッチンペーパーの場合も同様に濡らして軽く拭いてみるだけで良いでしょう。拭いてみてあまり黒くならない、色が変わらない場合はまだ網戸掃除をしなくても良い状態ですが、非常に黒くなってしまうなどの場合はなるべく早く網戸掃除をする事を考えなくてはなりません。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメンテナンスについて

平安時代に生まれた畳は部屋の一部に使用され、室町の書院つくりでは部屋全体に畳が使用され始めました

現代的な日本家屋の起源を探していくと室町時代の書院つくりに行き着くとされています。書院つくりの建物は床の間のある座敷を指すだけでなく、武家が好んで立てた建築様式そのものを指すとも言われています。いくつか共通する条件として、建物内を仕切るのは引き戸の建具を使用している、室内は畳を敷いている、天井に板を張っている、住民が生活する場所と客室がわかれている、客室には床の間があり、違い棚・座敷飾りなどを設置して迎える準備をしていることなどが挙げられます。
室町以降の日本家屋や建築に大きな影響を与えた書院つくりの建物で、必ずあるのが、襖と障子、そして畳です。襖は、家屋内を区切るために使われるもので襖障子とも言います。歴史ドラマなどで必ず見かけることができ、左右に滑らせて移動し開閉させます。武家屋敷やお城のような何10帖もあるような部屋であれば、襖障子の数も大幅に増え、大きく開放したり、完全に区切ったりすることができます。障子は家屋内と外を区切る窓の役割をしており、平安時代に明かりを取り入れるために生まれた明障子が起源と言われています。
襖と障子、それぞれ日本の風土や生活環境に合わせて生まれましたが、もう一つ書院つくりの建物で欠かせないのが畳です。元々の障子は唐から日本に入ってきたものですが、畳と襖は日本で生まれたものです。そんな畳は地域の風土と切っても切れない関係にあり、世界に類を見ない日本独特のもので、古来の畳は、単にわらを積んだだけと考えられており、平安時代からその規格化が進んだと言われています。初期の頃の畳は、部屋全体にではなく、公家や貴族が座る場所や寝床など必要な場所にのみに畳を使用していることが、当時の公家の生活を描いた絵画などで確認できます。
畳の素材は、現在と同じイネ科の多年草の葉と茎やい草を使用しています。当時の畳は筵のようなもので5~6枚を重ね、い草で作った畳表をかぶせて錦の縁をつけて固定し使用しています。今とは作り方や形こそ違いますが、畳の原型であり、書院つくりの建物ではこの畳を殆どの部屋で使用していたのです。また、現代では地域によって畳の寸法が違うことがあります。例えば、京都・大阪以西のほとんどで使用される京間・本間・関西間寸法、愛知・岐阜等で使用される中京間、関東・東北地方・北海道などで使用される江戸間・関東間・田舎間・五八間がそれです。
各地域の生活や風土によってかわる畳の材料であるい草は、日本最古の医書に薬草として記録もされており、自然の魅力を生活に取り入れる事のできる点が大きな魅力で、真新しい畳の自然の香りが好きな方もいるほどです。最近では、畳表に使用するい草の持つ天然の抗菌作用が注目されており、サルモネラ菌や黄色ブドウ球菌などへの効果が確認されています。さらに、気になる足の匂いを軽減する作用もあるという研究もあり、毎日の生活で気なる安全と安心に強い味方になると考えられています。畳は、日本独自の敷物で平安時代に生まれ、室町時代には部屋全体に、そして現代ではそれぞれの地域や風土、住民の生活に合った形で利用されているのです。

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。


黒田官兵衛という人物は姫路で生まれて軍師

姫路と言う街は歴史が深く面白い街でもあります。観光では世界遺産にもなっている姫路城が有名です。その中で最近全国的に注目されているのが黒田官兵衛です。大河ドラマにも黒田官兵衛はとりあげられていて姫路の街全体が盛り上がりを見せています。黒田官兵衛は、姫路に生まれ日本でははずすことができない有名な歴史上の人物とかかわりを持っています。軍師ともよばれておりその才能は子供時代からの頭の良さからもうかがうことができます。黒田官兵衛が姫路で生まれることになった流れには祖父の時代に備前・福岡で蓄えを積んで姫路に移り住むことになります。姫路では秘伝の眼薬で大きな財を得ています。黒田家は勢力のあった御着城主に仕え、姫路城代を任されます。その後黒田官兵衛の時代まで受け継がれて官兵衛の活躍が残されています。天下の分かれ目の時代をみる目もあり信長側についています。本能寺の変で信長が討たれた時の動揺する秀吉にアドバイスをし天下取りへと導いています。
黒田官兵衛は頭が切れていたところもあり秀吉に忠実に使えていましたがかしこすぎる官兵衛に警戒した秀吉が豊前・中津へと移り住まわせます。天下をとれそうでとれなかった黒田官兵衛は運がなかっだけではないかといわれています。彼の特徴でもあるかぶとは、お椀をさかさまにした形の合子形かぶとといいます。これをモチーフにたくさんのグッズが姫路では取り扱われて売られています。彼のキャラクターを作っていますがそれもこのおわん形のかぶとが目立っています。黒田官兵衛を生み出した姫路は彼のゆかりの地というのにもっともふさわしい街です。姫路には彼とゆかりが深い神社や城跡が多くあります。今注目される男の歴史を学ぶにふさわしい場所が姫路です。彼の幼少の頃からの歴史から彼が戦いをサポートしていく頃までの素顔が見える場所でもあります。姫路以外にも黒田官兵衛と関わりがある地は、岡山県、福岡県、滋賀県、大分県などがあります。大河ドラマでの注目をめぐってそれぞれの町で黒田官兵衛がアピールされています。黒田官兵衛という人物がとりだたされるようになったきっかけは色々ありますがこの人物の魅力が引き起こしたものです。彼の軍師としての魅力が一番だといえます。彼の戦い方の面白さや知恵や運のなさなどそれぞれにあります。姫路では、黒田官兵衛一色で彼の歴史が学べる時でさまざまな講座やイベントがあり、ドラマ館などもオープンしていて楽しむことができます。歴史好きの人もそうでない人も姫路に遊びに行き歴史を勉強して黒田官兵衛にふれてみてはどうかと思います。

姫路駅から徒歩圏内のマイホーム

姫路市民が地元でマイホームを探すときには、通勤や通学にも便利な姫路駅から徒歩圏内の物件を好む傾向にあります。そのために不動産情報サイトでも、姫路駅近隣の新築や中古の一戸建て住宅が各種紹介されているのです。その中でも2000万円前後の価格帯の物件は新婚カップルでも購入しやすいために、結婚を機会に思い切ってマイホームの購入を検討しようと考える場合でも、ゆとりを持って購入できるのです。
その中にはお買い得な新築物件もあり、姫路駅から徒歩12分程度の場所と言うだけではなくて、分譲されている物件がすべて2台分の駐車スペースを確保されていると言う魅力もあるのです。特に姫路市内に住む場合には駅前の物件を選ぶ場合でも、通勤やショッピングではマイカーを利用するケースも多いために、敷地内に駐車スペースが2台分確保できる物件は姫路市民にも非常に好まれているのです。
また姫路市内の物件の中でも姫路駅周辺の物件に注目するメリットには、日常的なショッピングにも便利な点も挙げられます。特に大手スーパーを中核としたショッピングモールも近隣にあることで、食料品だけではなくて衣類や玩具や家電なども気軽に購入できるメリットもあるのです。また姫路市内で新築限定で一戸建て住宅を探すことで、バスルームも1坪以上の面積があり、24時間換気も完備している物件が見つけられるのです。
特に最近では姫路市内で新築一戸建て住宅を購入するときには設備を重視する傾向も強いですが、オール電化の物件を見つけられるチャンスもあります。特にその場合には姫路市内の地元の不動産業者に相談することで、市内各地の質の高い物件を紹介してもらえるメリットもあります。また姫路市内の地元業者であれば、気軽に現地の案内にも応じてもらえるために、必要に応じて物件をじっくりと見学できるのです。
また姫路市内には魅力的な中古物件もあり、その中でも500平米以上の敷地の中古物件は約7000万円と言う価格のために、非常にお買い得だと言えます。また姫路市内で中古物件を上手に活用する場合には、建物をリフォームして居住する以外にも、更地にしてから新築する方法もあるのです。特に姫路駅の目の前の大きな物件の場合には、新築するときに二世帯住宅にしたり賃貸併用住宅にするような選択肢もあるのです。

兵庫県姫路市は、兵庫県の南西部に位置している都市です。総面積は533平方キロメートルあり、平成28年4月1日時点での総人口は534,605人となっています。市章は姫路市の「姫」の文字をモチーフにしたもので、女偏の中に臣の文字を入れて姫を表し、発展していく姫路市を表現しています。市の木は「カシの木」、市の花は「サギソウ」、市の鳥には「シラサギ」が制定されています。姫路市は播磨地方の中心都市となっていて、県内でも2番目の人口と商工業を擁しているまちです。古くから交通の要衝として発展してきており、播磨地方の政治・文化・経済の中心地として大変栄えてきました。姫路市のシンボルでもある姫路城は国宝であり世界遺産にも登録されています。日本国だけでなく世界からも注目を集めており、海外からの観光客も多く訪れています。歴史的観光資源が多くある姫路市では祭り事も大変有名で、播磨の秋まつりは全国的にも知られています。播磨の秋まつりは播磨地方一帯の神社で行われる大小様々な春季例大祭で、多くの神社で祭礼が開催されています。灘のけんか祭りは全国にあるけんか祭りの中でも最大の規模で、神輿をぶつけ合う特殊な神事は天下の奇祭だと言われています。

兵庫県姫路市は、人口およそ53万人の都市です。これは、県庁所在地である神戸市に次いで、県内第2位となる人口です。現在の姫路市があるのは、江戸時代には姫路藩のあった場所で、姫路城の城下町として古くから発展してきました。明治時代になって廃藩置県が実施された際には「飾磨県」が設置され、姫路はその県庁所在地となりました。しかし、その4年後となる1876年に飾磨県は廃され、以後、姫路は兵庫県に属するようになります。そして、その13年後の1889年に市制が施行され、姫路市が成立しました。1946年には周辺の7市町村と合併し、さらに、1954年から1967年の13年間には近隣の14町村と合併、また2006年には近隣の4町と合併し、姫路市の人口と面積は拡大を続けました。さて、姫路市の主要駅の1つは姫路駅です。この姫路駅からは、姫路市内を通るJR西日本の各線(山陽新幹線、山陽本線、播但線、姫新線)を利用することができます。また、姫路市内には山陽電気鉄道(山陽電鉄)の本線と網干線も通っています。山陽電鉄本線の山陽姫路駅は、JR姫路駅の至近距離にあるため、JR各線との乗換駅として姫路市民の多くに利用されています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
姫路市内全域にお伺いします

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域     

クリックしてください
施工・工事の事例の
一部が御覧頂けます。↓

施工・工事の事例です

兵庫県姫路市 H様邸
畳表替え

兵庫県姫路市 M様邸
 琉球畳 新調 

兵庫県姫路市
K様邸畳表替え

兵庫県姫路市 U様邸
ふすまの張替え工事 

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

兵庫県姫路市 I様邸
畳襖張り換え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 S様邸
畳表替え施工事例

兵庫県姫路市 S様邸
畳表替え 襖張替え

兵庫県姫路市 M様邸
畳表替え 襖張替え

家を新築した時の真新しい木の香りは、何とも言えず良いものですがそれに負けず劣らずの香りと言えば、家の各部屋に入ったばかりの青畳となります。日本人でしたら馴染みが深く親しみのあるものであり、日常生活の中で畳は触れていたいものとなっています。
古来より日本の家屋に適している畳は、冬は暖かく迎い入れ夏はひんやりとした感触で涼しさを与えてくれます。そんな身近な土地の風土に合ったものが畳であり、その感触が忘れられず疲れた体を休めると同時に癒してくれます。
家の建築年数と共にやはり傷んでくるものがあり、家の中でリフォームなどと言う言葉がちらほらと聞かれるようになると、今まで使ってきた色々なものを考えさせられることになってきます。その中に畳の張り替えなども加わってくるのです。
畳というものは新しいうちは当然のごとく、気持ち良く使用することができるのですが、表面がイグサで出来ているために色が変色するだけではなく、細かい目の中に埃や汚れなどが詰まり汚くなったり、ダニがわいてしまうことさえあります。
畳も適度に表面の張り替えを行うことが必要で、やってくれる業者の数も多くなり色々な使い勝手の良いサービスを展開してくれています。今では手軽に便利に使えることが売りになっており、電話一本で業者が来てくれることが嬉しくもあります。

畳表たたみおもて

畳のござは、イグサという植物を編んで作られています。このイグサ、多くが中国産のものになってきています。比較すると国産のイグサはとても高価になっていて、なかなか利用しづらくなっています。またその中でも価格の違いがあります。中国産のイグサでも、国産のイグサでも、価格に差があるのは同じ理由からです。使っているイグサが長く育った丈夫なイグサか、短くしか育たなかったひ弱なイグサかどうかという点のみです。長いイグサであれば、高くなっています。この価格の違いは、イグサをござにしたときにどれくらい長持ちするか、また畳の見た目がきれいか、消臭・抗菌などの付帯効果の持続時間などが変化するために起こります。丈夫な長いイグサは、編みやすく、ほつれにくいござを作れます。こう考えると、畳の状態やコストパフォーマンスを左右するのは、どのようなイグサであるかということだとわかります。畳を長く使うためには、イグサのことを知らなくてはなりません。畳を交換、または表替するときに、きちんと把握してください。
畳の交換の目安は、足で踏んだときに沈み込みすぎるかということです。畳の表替の目安は、色が変色してきて茶色くなってしまっているかどうかです。畳の状態は、家の状態にも影響を与えるので、適切な管理をしましょう。

姫路市について


ここでは、姫路市の観光についてです。姫路市には有名な観光名所や人気のお祭りなどが行われています。姫路市で人気のお祭りとしては、播州の秋祭りです。特にこの中でも灘のけんか祭りが特に有名です。これは毎年10月14日、15日に姫路市白浜町の松原八幡神社で行われています。この祭りでは、神輿をぶつけ合う神事と屋台が激しく練り競う屋台練りなどが行われます。これは、姫路市と兵庫県の重要無形民俗文化財に指定されています。観光名所として1つ目は姫路城です。ここは全国的にも有名な観光名所です。世界遺産にも登録されており、日本人のみならず、外国人も多く訪れています。場所は姫路市本町にあります。最近改築工事も行われて、綺麗になりました。春には桜が綺麗に咲き誇り、桜の名所としても有名です。2つ目は兵庫県立歴史博物館です。ここの建物の設計は近代の城をモチーフにしており、館内では、城や城下町に関する資料などが展示されています。また子供でも楽しめる資料も複数あり、子供でもしっかり楽しめます。3つ目は姫路市立動物園です。ここは姫路城の近くにあり、園内から姫路城をみることも可能です。動物と触れ合えるふれあい広場などもあり、家族で楽しめます。また魚も複数生息しており、魚をみることもできます。場所は姫路市本町にあり、付近にはバス停もあり、バスで行くことも可能です。