城陽市内全域スピード対応!!

城陽市での畳ふすま障子網戸アミドの
張替えは熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!   

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理、修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

網戸は羽虫の侵入を防ぐだけのものと思っている人が多いですが、それは昔の情報です。今の網戸は高機能なものが数多く存在し、住宅のほこりを減らすことができます。ほこりは主に微生物や花粉、砂や土などで構成されていますが、これらをメッシュの細かい網戸でシャットアウトすることが可能です。見た目薄い黒布に見えるほどに細かいメッシュの網戸は花粉や砂などの侵入を防ぐことができ、なおかつ風邪をしっかりと通すことができます。空気清浄機とあわせてメッシュの細かい網戸に張り替えることによって、室内のほこりはかなり減っていくのです。今まで古くてメッシュの粗い網戸を使っていたならばホームセンターなどで張替えてもらうといいでしょう。自分でも張替えを行うことはできますが、少し隙間ができてしまうとそこからほこりが侵入してしまいます。プロの手で確実に網戸を張替えてもらうと安心です。最新の高機能網戸に張替えたと単に花粉症の症状が軽減されたという事例も存在します。換気は生活する上で重要ですが、その際に外のほこりを室内に入れてはいけません。メッシュの細かい網戸を上手く活用し、室内を清潔に維持しましょう。そうすることで健康的で掃除が楽な住宅にすることができます。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。


お客様のお話

私は二年前にマンションを買いましたが、その部屋には畳の部屋がありません。マンションを買う時は、正直のところ「畳の部屋は要らない」って思ったんです。だからオプションに畳の部屋があったのに、それを選びませんでした。逆に新しいマンションを買うまでは、半分偶然ではありますが、全く畳の部屋のない家に住んだのは、寮に入っていた一年だけでした。そのため正直、その「良さ」に全く気付いていませんでした。何と言っても最大の良さは「香り」と「柔らかさ」です。まず「香り」ですが、いつ誰が嗅いでも何となく「懐かしい」感じがして、とても不思議です。あの香りは畳に使われている「い草」が泥染めという特殊な処理をされる過程で得られるのだそうですが、実際に癒しの効果があるという研究成果も発表されているのだそうです。そして次に柔らかさですが、これも本当に硬過ぎず、柔らか過ぎず微妙な弾力性を持っています、カーペットだと夏が暑苦しく、フローリングだと冬が寒々しいのに、なぜか畳はどっちもOKなんです。また子供やお年寄りがいる場合には、あの弾力性は何となく安心もできます。最近見かけることが少なくなってきたのも事実で、少し残念ですが、「和」が、少しずつ注目されてきており、畳も進化しています。縁なしのオシャレな畳を使った和室を備えた家とかも増えてきたりようですし、そんな風に融合させたら、また畳のある生活が取り戻せるんじゃないかと思います。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


重要文化財が豊富な城陽

城陽市は京都府南部にある市で京都市と奈良市の中間地点にあります。昔はどちらの地域からも五里の地点に位置する為に、五里五里の里と呼ばれていたこともあったそうです。この地域は寺社が多く久世神社、水度神社、荒見神社などの本殿は国の指定重要文化財に指定されています。他にも、平井神社、旦椋神社、水主神社などなど多く建造物や木造薬師如来立像(阿弥陀寺)木造地蔵菩薩座像(念仏寺)などの仏像が国の登録文化財、府または市の文化財として登録されています。
城陽市は史跡も多く古墳時代から奈良時代の久世郡衛(役所)と指定された、堀立柱建物群の正道官衛遺跡、3世紀中頃の前方後方形をした芝ヶ原古墳からは遺体と一緒に埋葬された他では見られない銅釧や鏡、玉類が見つかっています。森山遺跡からは縄文時代から古墳時代の集落遺跡が平川廃寺跡は奈良時代に建立された寺の跡がありこの寺は近くの赤塚古墳を避ける様に建てられていたことなどもわかりました。これらは国の指定史跡になっています。
有名な城陽の特産物としたはイチジクがあります。城陽市のイメージキャラクターとして平成25年12月に誕生した「じょうりんちゃん」はこの特産物のイチジクの形をしており、梅の花を頭に飾った女の子で、背中には城陽市の飛躍を願った羽が付いています。頭に飾っている梅はこの辺りでは青谷梅林が有名で2月の中旬から3月中旬ころまで梅祭りが開催されます。他にも粟神社例祭のさくら祭りが4月上旬に、6月の上旬には花しょうぶまつりも開催されています。
イベントといえば、平成14年から12月に開催される、イルミネーションも有名になりました。LED55万個、8色使い城陽市総合運動公園レクリエーションゾーンを飾ります。地元特産物の販売や色々なイベントが行われています。有名な施設は石川遼選手もプレーした城陽カントリークラブがあります。この時は携帯が繋がりにくくなるほどの地元では大騒ぎでした。後、日本プロサッカーリーグに加盟する京都サンガF.C.のホームグラウンドの1つの京都サンガF.C.東城陽グランドがあります。
城陽は京都と奈良の中間にあるのでどちらにもJR奈良線なら快速で22分程度で乗り換え無しで行けるほど便利な土地です。また、近鉄の駅もあります。時間的には近鉄のほうが本数があり早い気がします。車ですと、城陽ICが「踊る大走査線THE MOVIE2レインボーブリッジを封鎖せよ」の撮影で有名になった久御山ジャンクションに繋がる京滋バイパス、第2京阪道路に抜けれます。京都南道路、京奈和自動車道にもバイパスを通って繋がっています。

京都府城陽市について

京都の南東部に位置し、南山城地域に属している城陽市は、もとは1951年4月に久世郡久津川村、富野荘村、寺田村、綴喜郡青谷村が合併してできた城陽町が、1972年5月に市制を施行した結果できた市です。城陽市の西側には木津川と古川が流れ、南東部は青谷川が流れる丘陵地になっていて、地盤傾斜は東高西低です。市域の半分が東部の山林と平野部の農地となっていて、その自然的な土地利用が城陽市の特徴にもなっていますが、もともとは京都と奈良を結ぶ交通の要所として開けた地域でした。城陽市は昭和40年から60年にかけて、京都や大阪のベッドタウンとして発展していきましたが、すでに大和時代には灌漑用の水路が設けられた豊かな耕作地としていくつもの集落が形成され、その跡が遺跡としても発見されています。盆地としての気候をもつ城陽市は年間の雨量が少なく、また市内の河川は水質汚濁が進んでいるため、現在では公共下水道の整備が進められています。城陽市の主な観光スポットとしては、久津川古墳群のひとつとなっている芭蕉塚古墳や、木津川の西側に鎮座する水主神社などがあります。ちなみに、城陽市の花には花菖蒲が、木には梅が、鳥にはしらさぎが制定されています。また、地場産業の金銀糸は、京の雅を彩るのに欠かせないものとして、城陽市を中心に生産されています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 京都での畳たたみ襖ふすま障子の
張り替えは当店で!
 お電話1本で、駆けつけます。

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません            

施工可能地域
京都府施工可能地域

京都府城陽市 G様邸
襖の張替え 

京都府城陽市 H様邸
畳表替え 襖張り換え

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 M様邸
たたみの表替え 施工事例

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 S様邸
畳表替え施工事例

 S様邸
襖の張替え

 Y様邸
障子の張替え

畳は和室には欠かせない床材です。最近は畳離れも見られますが、フローリング仕上げの上に敷くユニット畳などが現れて又、見直されて来ているようです。
当初は床材としてではなくてベッドのような使われ方をしていました。
作り方としては板状の畳床と呼ばれる芯材の表面にイグサを編み込んでできた敷物状の畳表を巻いて作られます。
一般には縁が装飾も兼ねて帯状の畳縁が縫い付けられる場合が多いものですが、中にはこれが無いものもあります。
縦と横の比率が2対1になった1畳のものと1対1になった半畳のものとがあります。
寸法については910ミリと1820ミリの大きさのものが3尺と6尺で基本の単位となっています。
関東と関西ではその寸法に違いがあり、近畿や中国、四国・九州では京間や本間、関西間と呼ばれる955ミリ×1820ミリのサイズのものが使われます。
関東や東北地方の一部、北海道や三重県の伊勢地方などでは江戸間、あるいは関東間、田舎間、五八間と呼ばれる少し小さめの880ミリ×1760ミリのサイズのものがよく使われます。
あと愛知や岐阜県などの中京地方や福島県その他の東北地方の一部においては910ミリ×1820ミリの中京間とか三六間と呼ばれるサイズのものが使われています。
その他にも団地間や公団サイズ、あるいは五六間と呼ばれる850ミリ×1700ミリのサイズのもの、その他のものもあります。

京都府城陽市について調べている方や遊びに行きたいと考えている方のために、京都府城陽市のスポットを紹介していこうと思います。一つ目に紹介するのは、京都府城陽市寺田塚本にある「あらす観光いも掘り農園」です。「あらす観光いも掘り農園」は近鉄京都線「寺田駅」から歩いて約20分のところにあり、芋掘りを体験することができます。二つ目に紹介するのは、京都府城陽市寺田奥山にある「鴻ノ巣山運動公園」です。「鴻ノ巣山運動公園」はJR奈良線「城陽駅」から歩いて約20分・近鉄京都線「寺田駅」からバスで約20分のところにあり、長い滑り台や遊具などがある野外レクリエーション施設です。三つ目に紹介するのは、京都府城陽市奈島高塚にある「鴨谷の滝」です。「鴨谷の滝」は京都の自然200選に選ばれ、自然豊かなスポットにある滝です。四つ目に紹介するのは、京都府城陽市にある「城陽市歴史民俗資料館」です。「城陽市歴史民俗資料館」は近鉄京都線「寺田駅」から歩いて約5分のところにあり、城陽の文化や歴史を知ることができる施設です。京都府城陽市には他にも様々なスポットがあるので興味を持った方は是非遊びに行かれて調べてみてはいかがでしょうか。