京都市東山区内全域スピード対応!!

京都市東山区での畳ふすま障子網戸アミドの
張替えは熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!   

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理、修繕と新調を
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

網戸で健康的な夏の夜を

近年は毎年のように、夏場の気温上昇がひどくなり寝苦しい夜が多くなっているような気がします。しかし安易にエアコンに頼ってしまうのも、経済的な問題や健康上の問題でも不安は残りますし、一度エアコンに頼ってしまいますと、それ無しでは居られなくなってしまうのも経験的に分かると思います。もちろん最近多く症例の報告がある熱中症などには、配慮する必要があると思います。しかし出来れば自然の夜の外気で済むように過ごしたいものです。人の慣れは恐ろしいもので、安易な方向に慣れるとそこから抜け出すのは容易ではありません。エアコンに頼らない夏の夜をどう過ごすか。そこで、虫などが多く発生する夏場に、なくてはならないものが、やはり網戸でしょう。今は網戸も色々な付加価値が付いたものも多く出ています。網自体に防虫効果のあるものや従来のものより丈夫でペット対策を考えられた網戸、ステンレス製の網戸まで市場に出ています。そしてごく小さな虫対策としては、網戸の網の目の大きさを細かくしたものも有ります。やはり省エネの観点からはエアコンなどには頼らず、自然の風を利用する方法で、網戸を活用していかに夏場を凌ぐかを考えてみては如何でしょうか。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳たたみと茶道

畳は茶道の拡大とともに日本に普及していった日本固有の文化です。い草を使用しているため、良い香りがするのはもちろん、畳事体が湿気を吸って室内を快適にしてくれる、梅雨があってじめじめした日本の気候に適した敷物でした。
しかし、その湿気を吸うという性質からカビが発生しやすいと同時に、畳の上に家具を置いて使用することを想定していないため、現代の家のように畳の上に家具を置いてしまうと家ダニやカビの発生へと繋がっていきます。
最近ではダニ専用の掃除機など家ダニへの対策はあまりお金をかけずにできますが、高温多湿という気候に対しては対策はなかなか難しいものです。しかし、湿気を吸う畳がなければ変わりに洋服や布団が湿気を吸うことになるのです。
畳を快適に使い続けるためにはやはり定期的に貼り替える必要があります。良質なものであれば、4年程度で裏返しを行い、8年程度で表替えを行うのが一般的になっています。畳の張替え後は年数経過により焼けたい草の色が綺麗なグリーンに近づき、い草の新鮮な香りを楽しむことができます。
畳を貼り替えることで隠れたカビをクリアにすることもできますし、材質を変えることで部屋の印象を大きく変えることができます。傷んだままの畳をそのままにしておくと心材にまでダメージがいってしまうこともありますので、傷んできたなと感じたら早めにメンテナンスを行うことをお勧めします。

畳たたみの効能

畳は、非常に便利な機能を数多く有する床材です。洋風のおしゃれな生活に憧れてフローリングの床にする人が多くなってしまったために、畳が敷かれている純和風の部屋を目にすることが少なくなってしまいましたが、ここ数年、畳が持つ機能を見直す動きが出てきています。
畳は、い草や藁などの天然素材で作られています。最近は、合成樹脂や紙、新建材などが使用され、工場で大量生産される畳が登場してきましたが、昔ながらの手法で作られる畳は、芯材に藁が使用され、畳表にはい草が用いられるようになっています。
このい草は多孔質という特徴を持っていますので、空気中に存在する有害物質やCO2を吸着し、室内の空気を常に清浄に保ってくれます。また、湿度が高すぎる時には湿気を吸収し、室内の空気が乾燥している時には溜め込んである水分を放出するという、調湿機能も有しています。
さらに、適度なクッション性がありますので、足腰が衰えてきた老人やヨチヨチ歩きの乳幼児には、最適な床材だと言うことができます。吸音性もありますので、子供が多少走り回っても、あまりうるさく感じないで済むというメリットもあります。
それらに加えて、畳表に使用されているい草には人間の心を癒す香り成分が含まれていますので、心の底からリラックスすることができます。畳が古くなればその機能も衰えてきますが、張替えによって簡単に機能を回復させることができるので、とても便利です。

日本の文化と和室

世の中には沢山の文明があります。この文明とは人間が長い間でつくってきたものです。人間がつくった文明の中で最も古いのが今からおよそ1万年前に登場した農耕の文明と言われています。その後、日本でも同じように農耕の文明が誕生しています。
日本には沢山の文明がありますが、この文明の中に住宅があります。住宅は上記の農耕文明と同じように自分たちがより良く暮らしていくために必要なものとしてつくられていました。当時の住宅が少しずつ進化し、現在では多くの住宅が存在しています。
住宅には洋風と和風があります。現在の住宅は洋風が増加していて、和風はだいぶ減少しました。しかし、和風には日本人が長年の間で得た知識や技術が投入されており、日本住宅において独特の役割を果たしているのです。
日本住宅の特徴といえば和室です。和室は日本の心と言われており、畳、襖、障子などが含まれています。それぞれに役割があり、洋室にはない存在感を示しています。中でも襖は仕切りとして利用されており、障子よりも強い素材でつくられています。
襖は木の枠に紙や布を貼ったものです。襖の特性は木の枠が損傷しなければ何度でも張り替えて使えます。また、襖は障子のような紙一枚ではないので、長く使用できるのです。この襖の張り替えの際には業者に依頼するのが定番です。襖を自分で張り替えるよりも業者に行なってもらう方が確実です。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付

0120-057-230





京都市東山区について

伝統や文化が融合する京都府京都市東山区では、史跡が多く、町家の町並みがとても素敵な区です。京都府京都市東山区には、静かでおもむきのある小路が幾つもあります。訪れる人々をその町に引き込み、より京都府京都市東山区の魅力を知る事ができます。京都府京都市東山区に訪れる観光客も年々多くなり、その観光客をもてなそうという京都・東山観光おもてなし隊ができました。より観光客が使い易く、楽しくなる京都府京都市東山区のお店や施設を案内してくれます。
高齢の方やお子様連れの方にも好評で、より安全に京都府京都市東山区を楽しんでもらう為に、観光地には載っていないような貴重な場所等にも案内をしてくれます。京都府京都市東山区を、車椅子の人でも楽しく観光散策ができる散策マップを公開しています。京都府京都市東山区の舞妓さんがいつも利用するお気に入りコースや、清水寺一周コース等、より工夫されたコースを提案しています。東山開運コースや京都の伝統・清水焼コース等もあり、お年寄りや年配者にも最適なコースもあります。
京都府京都市東山区には、春を運ぶ椿が多く咲きます。八坂神社の祭礼の祇園祭は、日本三大祭として有名です。豪華で1ヶ月も祭事をやるのも、この京都府京都市東山区ならではです。17日には、33基もの山鉾巡礼をする光景を見る事ができます。京都府京都市東区では、8月1日から18日の17時から21時30分まで、高台寺で夜間拝観を行っています。8月7日から10日の6時から23時には、六道参りが行われます。水塔婆を納めるお参りで、迎え鐘をつく光景を観る事ができます。
京都府京都市東区では、川端五条で8月7日から10日の9時から23時頃まで、約500軒ものお店がズラッと並ぶ光景が圧巻の陶器市を開催しています。50万人もの人が訪れる大規模な陶器市で、京都府京都市東区の素敵な陶器等、京都の陶器が色々と揃います。お土産にと買われる人も多く、歴史ある陶器市で大人気です。京都府京都市東山区には、可愛い荻の花が咲きます。その萩の花を楽しめるのが、青蓮院です。見頃は9月中旬から下旬になり、立派な庭園を眺める事ができます。
京都府京都市東山区の高台寺にも萩の花が咲き、同じく9月中旬から下旬までが見ごろです。1606年に開設された寺で、重要文化財に指定されている寺でもあります。四季折々の花々を楽しむ事ができる場所で、多くの人が訪れています。京都府京都市東山区には、京都府京都市東山区を眺めるようにして立つ霊山観音があります。高さが24メートルもあり、百株もの萩の花が咲きます。京都府京都市東山区には、何百年もその姿を変えずに建つ寺が多く、歴史を感じながらウォーキングをする事ができる場所でもあります。

京都府京都市東山区に行かれる方や知りたい方のために、京都市東山区の観光スポットを簡単に紹介していこうと思います。まず始めに紹介するのは、京都府京都市東山区清水にある「清水寺」です。清水寺は、JR「京都駅」から市バスで約15分のところにある定番スポットのお寺です。桜や紅葉の名所でもあるので景色を楽しみたい方は一度行かれてみてはいかがでしょうか。次に、京都府京都市東山区にある「八坂神社」です。八坂神社は、阪急「河原町駅」から徒歩で約8分のところにある縁結びの神などの呼び名で親しまれている神社です。次に、京都府京都市東山区三十三間堂廻町にある「三十三間堂(蓮華王院)」です。三十三間堂(蓮華王院)は、JR「京都駅」から市バスで約10分のところにあり、多数の仏像が配置されています。次に、京都府京都市東山区清水にある「地主神社」です。地主神社は、JR「京都駅」から市バスで約12分・阪急「河原町駅」から市バスで約12分のところにある縁結びの神様がいる神社です。最後に紹介するのは、京都府京都市東山区にある「円山公園」です。円山公園は、JR「京都駅」から市バスで約20分のところにある恋愛成就のご利益があると言われていることから女性に人気のスポットです。

清水寺と八坂神社の祇園祭をもう少し詳しく

京都市東山区には、清水の舞台として知られる清水寺が在ります。ここは平安遷都以前からの歴史があり、今の大津市にある石山寺や奈良県桜井市の長谷寺と並ぶ観音霊場として有名です。
古都京都の文化財として世界遺産に登録されていることは周知の通りです。ご本尊は、先手観音で古くは法相宗で、真言宗を兼宗した後、明治期に法相宗に戻ったが昭和40年に当時興福寺住職から清水寺住職に就任した大西良慶が新たに北法相宗を興して法相宗から独立しました。その後満107歳で没するまで70年近くに亘って貫主を務めました。尚、清水の舞台は寛永10年西暦1633年に三代将軍徳川家光により再建されました。
次に京都市東山区の神社仏閣と言えば、何と言っても祇園祭で有名な八坂神社でしょう。京都市東山区祇園町北側に在ります。釈迦が説法を行ったと伝えられる祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)の守護神とされる牛頭天王(ごずてんのう)が、明治期に神仏分離の令は公布されるまでは八坂神社の主祭神の中の座に祀られていました。その神仏分離後にスサノオノミコトが、中御座に鎮座されたが日本ではそれぞれ同一神と解釈されました。祇園祭は、869年に各地で疫病が流行した時に、この病を鎮めるために、京都市中区にある神泉苑(当時は天皇家の人々が宴を楽しむ庭園で竜神が住むと言われた池を中心とした庭園)で御霊会が行われました。869年にはこの神泉苑に当時の国の数の66本の鉾を立て神輿を出したことが、祇園祭の興りとなったそうです。毎年7月1日から1か月間に亘って行われます。この山鉾の行事は、重要無形民俗文化財に指定されています。日本三大祭りに数えられ、宵山祭りには、40万人以上の見物客で賑わいます。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます


畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 京都市東山区での畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理は当店で!

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません            

施工可能地域

京都市東山区 S様邸
畳表替え 襖張替え

京都市東山区 G様邸
畳表替え 襖張り換え

京都市東山区 S様邸
畳表替え

京都市東山区 K様邸
畳表替え 襖張替え

京都市東山区 K様邸
襖の張替え 工事

京都市東山区 O様邸
畳表替え 襖張替え

京都市東山区 N様邸
畳表替え

京都 M様邸
畳表替え 襖張替え

京都 G様邸
畳表替え 襖張替え

 I様邸
畳表替え 障子張替え

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

畳の文化

日本家屋の多くは畳の間があり、日本人の生活のなかにおいて畳は大きく関わっています。正式な場で正座をする日本文化において、畳はあらゆる建造物、家屋に使用されており、家庭の生活の中でも、多く利用されています。
畳には、二酸化窒素を吸収する作用があります。二酸化窒素は人体にとっては良くない影響を与える物質なので、部屋で発生した二酸化窒素を吸収する機能があることで、室内の空気を清浄する効果があるといわれています。
畳には吸湿、放湿の効果も期待できます。梅雨時の湿ったときには水分を吸収し、また逆に室内が乾燥している時は畳に蓄えられた適度の水分を放出する作用があり、室内の湿度を適度に調整することができ、快適に過ごすことができるのです。
伝統的な畳は、イグサで作られており、このイグサの香りが漂うことも畳の部屋の魅力のひとつといえます。イグサは疲れた体を癒し、気持ちをリラックスさせることができます。森林浴にも似たヒーリング効果が期待できるのです。新しい物は特に香りがたっているので、アロマ効果を与えてくれます。また、畳は防音効果も期待できます。フローリングだと音が振動となり伝わっていくのに比べて、音を吸収することができるので、階下に騒音が響きにくいという利点が見られます。テレビやステレオなどの音響も洋室に比べて和室のほうが周囲に音漏れもなく安心です。

新しい襖紙を購入する際の紙の決め方

和室を作るために重要なアイテムとして、襖があります。襖の種類としては枠が取り外すことができる本襖と、枠が取り外すことが出来ない板襖とがあります。では実際に自宅の和室で使用するための襖を購入する際に、まず重要なのが襖紙を決める必要があります。襖に使用される紙の種類としては、一般的には和紙と織物とにわけられます。まず和紙から選ぶ場合ですが、同じ和紙でもグレードがあるため最初にどのグレード品の物にするかを選ぶ必要があります。普及品はコストを安くすることが出ますが、大量生産品のため和室の風合いを出すためには多少心もとないです。逆に中級品や高級品の場合はコストが高くなりますが、手漉き和紙などは独特の風合いがあり和室独特の空間を作ることが可能です。織物タイプで選ぶ場合もやはりグレードに分けられており、和紙と同じようにコストや風合いの面で大きな違いがでてきます。それ以外に襖紙は素材だけでなく機能で選ぶことができます。汚れ防止や防災加工されたタイプもあります。そのほかにシックハウス対策された紙や強度があり破れにくい物などもあります。素材と合わせてグレードや機能をふまえて、どの襖紙にするかを決める事がポイントとなります。