奈良エリア内スピード対応!!

全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理、修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と全国でも
トップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。
奈良県内各市から生駒郡、北葛城郡、磯城郡、高市郡、吉野郡などにも
お伺いします。

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!   

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳たたみ表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

奈良県施工可能エリア       明日香村、安堵町、生駒市、安堵村、
安堵町、斑鳩町、菟田野町、宇陀市、王寺町、大宇陀町、宇陀市、大塔村、
吉野郡 五條市、大淀町、吉野郡、橿原市、香芝市、上北山村、河合町、
河合村、河合町、川上村、川西町、川西村、川西町、上牧町、上牧村、
黒滝村、広陵町、御所市、桜井市、三郷町、曽爾村、宇陀郡當麻町、
高取町、高市郡、田原本町、月ケ瀬村、都祁村、天川村、天理市、十津川村、
西吉野村、野迫川村、榛原町、宇陀市、東吉野村、平群町、平群村、御杖村、
三宅町、三宅村、室生村、山添村、大和郡山市、大和高田市吉野町

網戸アミドの種類はいろいろあります

毎年、夏場は暑い時期になりますが、以前と比べて、年々、想像を超えるような暑さに遭遇する機会が確実に増えてきています。そういった暑さの中では熱中症になる危険も高いことから、冷房の使用が推進されています。しかしながら、その電気代を支払うのは使用者なわけであり、我慢できる部分で電気代を抑える必要があります。その方法の一つとして、網戸を見直すことが考えられています。網戸は、窓についているものとして、注意を払う機会は少ないものですが、家の通気性を確保するためには、大切な役割を持っています。家に虫を入れないようにするために、網戸は不可欠なものとされていますが、網戸に種類があることは意外と知られていないのが現実です。網戸の網には種類があり、目の大きさが大きいタイプ、小さいタイプがあるのです。より通気性を確保したい場合、網戸の目を大きくするのが手っ取り早い方法なのです。また、網戸は汚れてくると、実質的な目がさらに細かくなってしまいます。これでは本来の網戸の役割を果たせないばかりか、衛生的にもよくありません。そのため、夏前には、一度、網戸をきれいに清掃しておくことで、本来の機能を確保することができます。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳たたみ】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖ふすまの天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳たたみは本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳たたみは4帖半から襖ふすま、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。
畳のメンテナンスについて
畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

障子の照明・暖房効果について

障子の「障」は、「遮る」「塞ぐ」「隔てる」などの意味を持ちます。障子は平安時代の昔から日本人の暮らしに溶け込み、豊かな文化を育んできました。現在、障子のもつ機能・造形美が今あらためて見直されてきています。半透明の和紙を貼った障子は、直射日光を遮り、半分程度の通過させるため、日当たりの良い雰囲気を残しながら日光を遮るという優れた特性があります。また、障子に差し込んだ光は、各方向の拡散するため、部屋が全体的に均等に明るくなるというメリットもあります。また、夜には障子は壁の一部となり、照明の光が反射して、室内の照明効果が大きく増加します。障子紙の反射率は50〜60%であるため、柱や建具の色とよく調和し、美しい空間を作りだします。また、障子は日差しを遮り、吸収するため、透明なガラス窓に比べて流入する熱量を2分の1程度まで減少されます。そのため、夏の冷房時の日光による温度負荷を減らし、省エネルギー効果が見込まれます。また、冬の暖房の時には、夜間の放射冷却を防ぎ、窓だけが冷たくなる局部的な温度低下も低減させます。この特性を木造建築と組み合わせると冬で暖かい住処を作ることができます。また、暖房の暖気が部屋に回らず足元だけが冷たくなるコールド・ドラフト現象も障子によって大幅に減らすことができます。さらに吸湿性もある障子はすばらしい特性をもった建具です。


神社仏閣が残る観光のまち「奈良」は,
都市圏にも近く、便利で歴史と自然がいっぱいのところです。

奈良市は奈良件の北部に位置し、県庁所在地です。人口はおよそ37万人で、政府からは中核市と指定されています。710年に藤原京から平城京に都が移されそれ以後784年まで日本の中心となっていました。京都に都が移ったあとも奈良は南都と呼ばれ東大寺や興福寺などの仏教寺院の勢力が残っていました。その後も興福寺が大和守護職に任命され仏教寺院の勢力は強かったが、大和武士団が出てきて支配をするようになり仏教寺院の勢力は衰えていったという歴史があります。
第二次世界大戦では京都と奈良は大きな空襲を受けなかったため、そのままの姿を残すことができ現在に至っています。そのような理由で仏教寺院を含め奈良は観光地となっています。奈良公園では約1200頭の鹿がいます。その鹿たちは国の天然記念物になっています。人懐こくて鹿せんべいをあげると喜びます。また東大寺があり「奈良の大仏さん」が東大寺大仏殿の本尊として座っておられます。高さは14.7m周囲は70mもあり、その雄大さには魅せられてしまいます。
平城宮跡、東大寺、興福寺、唐招提寺、春日大社、薬師寺、元興寺と春日山原始林の文化財が1998年に世界遺産として登録されました。これらの8つは古都奈良の文化財」と言われています。遺産の価値があり、適切に保護されていたから世界遺産となったのです。奈良には他にもたくさんの神社仏閣や若草山などの自然がきれいなところや数々の古墳、平城京跡など観光スポットがたくさんあり特に行楽の季節にはたくさんの家族連れや修学旅行生で賑わっています。
「ならまち」という昔ながらの町並みのところもあります。そこをのんびりと歩いてみるのもいいでしょう。風情があって癒されます。このような町並みと奈良公園や東大寺など静かなところと賑やかなところと両面味わうことができます。奈良市は近年合併して奈良駅近辺から月ヶ瀬や都祁村という山間部のところも奈良市になり広範囲となりました。だから奈良市は都会と田舎が一体となっています。田舎の方では農村が広がり、山は近いです。古民家といわれるような大きな家もたくさんあります。
奈良市に住んでいる人には大阪や京都に通勤通学している人が沢山います。大阪までは近鉄奈良線で30分くらいで着きます。京都方面にも一時間くらいで着くのです。充分通勤圏内なので、昼間は都会で仕事や勉強をし、それ以外はゆったりのんびり過ごしたいという人は奈良に住むのがいいでしょう。奈良は車が好きな人にとってもうれしい街です。山の方にドライブに行くもいいし和歌山の方に向いてもいいでしょう。最近は道路も新しく出来ていき便利になりました。都会に近くのんびり過ごすという生活がしたい人には奈良はおすすめです。

奈良・飛鳥路。歴史遺跡残る飛鳥路への旅へでよう

奈良に都がおかれるよりももっと前、飛鳥地方が発展していました。奈良・飛鳥には、悠久のときを感じられる歴史的史跡が多く残ります。そんな飛鳥路を旅する人が増えてきています。飛鳥路には、大和文化の礎となる多くの史跡が残っていて、歴史好きの人を含めて多くの人の心をひきつけるのです。飛鳥路で見どころのひとつであるのが石舞台古墳です。巨大な石による古墳で、当時の支配者の権力の大きさを知ることができる飛鳥路を代表する名所といえます。
飛鳥路の多くは田園風景に包まれていて、穏やかな景観を見晴らすことができます。昔より続く生活を伝え、今も地元の人たちが静かに暮らしているのです。そんな田園風景が残る飛鳥路のなかに天照御門神社があります。田園風景のなかを現地ガイドとあるく飛鳥路ハイキングなども昨今では企画されており、ちょっとした石造や言い伝えを聞きながら飛鳥路を歩くことができます。桜シーズンや秋の彼岸花の季節には、田園風景に彩りが加わり人気です。
飛鳥路の旅で楽しみのひとつといえるのが味覚です。この地方では大和名物である茶粥や、柿の葉寿司、また三輪地方の三輪素麺など、今では全国的に知られる名物料理も多くあります。飛鳥路名物でもある柿の葉寿司は、さばや鮭の切り身を寿司飯にのせて、香りの豊かな柿の葉で包み込んだものです。飛鳥路への旅のお共にしたいふるさとの味で、柿の葉をはがしていただきます。柿の葉には抗菌効果もあるので、飛鳥路への長い旅路に保存食としても重宝されてきました。
飛鳥への旅は、とかく京都と比べられがちですが、飛鳥路のよさは、荘厳たる寺社仏閣や迫力ある仏像文化ではなく、仏教文化に入る前の日本古来の神々を信仰した遺構が残るところにあります。未だに、どういった理由で造られたのかもはっきりと解明していない猿石や亀石など、飛鳥路のなかには、謎めいた遺跡が多くあるのです。そんな謎めいた石造を残しつつ、現代もまたその地で人々が営みを続けているということこそ、伝え続く文化であり、日本の原風景ともいえるのです。
国営飛鳥歴史公園には、飛鳥の歴史を物語る高松塚古墳があります。7世紀末から8世紀初頭、藤原京期に築造されたと考えられる古墳で、直径は23メートルにも及びます。古墳には、色鮮やかな壁画があったことがわかり、2009年には本来の形状に復元されたことで話題となりました。壁画は石室の東、西、北の3面と天上に描かれています。なかでも西側の女子群像は色彩が鮮やかで、歴史の教科書などでも紹介されているほど鮮明です。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳たたみ表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
奈良県内の施工地域を迅速に
ご訪問致します。

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

 

施工可能地域

施工可能地域

                 

クリックしてください
施工・工事の事例の
一部が御覧頂けます。↓

 施工・工事の事例です

奈良県 Y自治会様
障子張替え

奈良市 K様邸
縁無し畳たたみ工事

奈良県奈良市 H様邸
縁無しカラー畳たたみ表

奈良県奈良市 B様邸
畳たたみ表替え 襖ふすま張替え

 S様邸
畳たたみとふすまの張替え工事 

 W保育園様
和紙畳たたみ表の張替え工事例

B様邸
 網戸張替え

 M様邸
たたみの表替え 施工事例

 S様邸
和紙カラー畳たたみ表 施工事例

 S様邸
畳たたみ表替え施工事例

畳たたみの張替時期

世界でも家に入る時に靴を脱ぐのは日本の家屋の特徴です。靴を脱いだ素足に触れるのが畳です。畳の感触が日本家屋で暮らす最大のメリットです。しかし畳にも寿命があるのです。普段からのお手入り次第では寿命を延ばすことができます。
お手入れとしては「裏返し」というのがあり、これは2年から3年で張り替えをすることになります。また「表替え」というのは4年から5年、「畳床」は10年から15年が交換の目安とされています。これをきちんと守っていれば、寿命を延ばすことができます。これらのお手入れには費用と手間がかかりますが、半年に一度くらいは「天日干し」をすると更に長持ちさせることができます。湿気を逃して、アレルギーの原因となるカビやダニの予防になりますし、「天日干し」した畳はひなたの匂いがして、精神的にリラックスできます。畳の張り替えには種類があるので、専門の職人さんに依頼するのが一般的です。費用はかかりますが、それだけ寿命を延ばすことができます。「裏返し」というのは表面を覆っているイグサのゴザの部分を裏返すことで、費用を節約できます。「表替え」というのは日焼けが裏側にまで及んでいる場合に、ゴザの部分を新品に張り替えます。「新床」というのは畳そのものを交換することです。畳のもっている湿気の調節などの機能がなくなる前に、職人さんに交換してもらうのがおすすめです。
日本家屋の良いところ
昔ながらの日本家屋は、古臭くなりがちですが、メンテナンス次第で美しく魅力的に保つことができます。古臭く見えてしまう原因としては、壁や床の色あせが挙げられます。畳や襖、障子を、いつでも清潔に、くすみのない状態に保つだけでも、真新しい印象を与えることができます。時の経過とともに、日焼けや油、皮脂汚れは蓄積されてしまいます。うっかり穴を開けてしまった時には、自分なりに塞いでみたり、一枚だけ貼り替えてみたりと、節約に走ってしまいがちです。しかし、それでは見かけが悪く、アンバランスになるため、部屋が古臭く、みすぼらしく見えてしまいます。経済的にも、精神的にも、結局は負担を抱えてしまうことになるので、思い切って襖を一式取り替えるのが理想的です。例えば、月々襖代を取り分けておいて、1〜2年に一度など、定期的に襖交換するようにしてみましょう。その際は、襖の柄も都度変えてみましょう。部屋の模様替えにもなりますし、良い気分転換になります。新しい襖にするだけで、部屋が明るくなり、空気も変わります。年の初めなど、思いを切り替えるのにふさわしい日を選びましょう。心機一転を演出するなら、気持ちはより前向きになり、決意が増します。