阿倍野区内全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で関西圏でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
大阪府下全域迅速にお伺い致します。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積もりさせて頂きます。畳と襖張替え.com  

大阪市阿倍野区の襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの
張り替え交換修理、修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

網戸は窓を開放した際にゴミなどの異物が室内に入り込むのを防ぐ効果がある建具の一種です。安価な樹脂製の網戸は住宅を中心に広く普及していますが、その一方で日光や風雨などの刺激を受け続けることで劣化しやすい傾向があります。また、引っ掛けや高温にも弱いので、網戸を使い続けると気づかないうちに破れてしまうことがあります。網戸は強い刺激や年月が経過することで生じる劣化で破れる他、使用環境の悪さも傷みを引き起こします。そのため、破損した網戸の張り替えだけではなく、周囲の環境を改善することが長持ちさせるための条件です。特に潮風や埃などの汚れは網戸を著しく劣化させるので、張り替えを行った後の網戸はこまめに洗浄を行って清潔な状態を保つことが大切です。また、室内でペットを飼育している世帯では網戸がひっかかれて破れてしまう問題もあります。ペットによる網戸へのいたずらは仕切り板やペットが嫌がる匂いを出す薬剤を塗布するなど、飼い主が工夫を凝らしてトラブルを避けることが重要です。室内の換気を行わない季節は網戸を取り外して刺激を受けない所に収納するのも劣化を軽減させるための心得です。日頃から適切な方法で扱うのが破損を防ぐことに繋がります。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。


阿倍野の歴史は弥生時代に始まったといわれ、「阿倍野」の地名の由来についてはいろいろの説があります。
古代にこの地を領有していた豪族阿倍氏の姓からとする説、「万葉集」の山部赤人(やまべのあかひと)の歌からとする説、古地名の「東生郡餘戸郷(ひがしなりぐんあまべごう)」の「餘戸(あまべ)」からとする説などがありますが、豪族「阿倍氏」説が最も有力とされています。
「あべの」の文字については、古来より、「阿倍野」「安倍野」「阿部野」などが使われていましたが、昭和18年に、もとの住吉区から分区して、阿倍野区が誕生したとき、区役所の土地台帳が「阿倍野」の字を用いていたので「阿倍野」の字になりました。


あまり知られていない大阪、上町台地の歴史。

皆さんは上町台地と言う所をご存知ですか。上町台地とは現在の大阪市にある丘陵地であり台地の事を指し、南北に細長い形をしています。北部は中央区の大阪城付近や天満橋の辺りでそこから緩やかに小山を形成しており、そこから大阪市の天王寺区と阿倍野区を経て南部の住吉区と住吉大社付近に続き、清水丘にて終わります。その総長は約16キロに及び、この台地は大阪の歴史の発祥地であり要所として重要な役割を果たしてきました。古代から重要地とされてきた上町台地ですが、その成り立ちはどの様なものでしょうか。上町台地は、約七万年前から一万年前までの一番新しい氷河期であるウルム期から既に存在しており、この時代には河内湾に突き出した半島状の台地であったと想定されています。古くから大阪湾に突き出した高台であるこの土地は、西日本の開拓と国際交易が盛んになりながら、次第にその重要度を増して行きました。特に重要とされるようになったのは推古天皇即位時に、聖徳太子が日本最古の官寺である四天王寺を建立したのが始まりと言われており、それ以降四天王寺の西門から難波津に沈む夕日を崇拝する西方浄土信仰と重なって浄土信仰の興隆と共に中心地のひとつとして栄えるようになりましたし、戦国時代には台地北部に石山本願寺が開かれて全国の浄土真宗の総本山となりました。四天王寺からは熊野街道や庚申街道等が走っており、多くの人々が救いを求めてこの地を往来し、街道も栄えたと言われています。またこの上町台地は奈良の都から一番近い国際港を要していた為に、大切な外国からの使節を迎接したり送迎する際にも非常に大きな役割を果たしていました。645年の退化の改新時には首都である難波長柄豊崎宮が上町台地の北端に造営され、その後も多くの宮が作られ首都や副都としての働きをしました。豊臣秀吉がこの地に大阪城を築きましたが、この城は周囲を河川や湿地に囲まれた環境にあった為、総構えとして上町台地に堀を掘削し、その強化を図りました。その後徳川勢がこの城を攻める際にも多くの苦戦を強いられ、激しい戦いがこの地で繰り広げられました。この様に上町台地は宗教や軍事上・また海外との交易において非常に重要な場所であり、大阪の基礎となる場所であったと言えます。現代の上町台地には、江戸時代に大阪市内から移転してきた数々の寺や戦前の屋敷町が広がっており、また大都市である大阪内では屈指の風情と豊かな緑の広がる地として、今もなお重要な地として大阪人の生活に溶け込んでいるのです。


大阪の歴史と都市として有する機能性について

皆さんは上町台地と言う所をご存知ですか。上町台地とは現在の大阪市にある丘陵地であり台地の事を指し、南北に細長い形をしています。北部は中央区の大阪城付近や天満橋の辺りでそこから緩やかに小山を形成しており、そこから大阪市の天王寺区と阿倍野区を経て南部の住吉区と住吉大社付近に続き、清水丘にて終わります。その総長は約16キロに及び、この台地は大阪の歴史の発祥地であり要所として重要な役割を果たしてきました。古代から重要地とされてきた上町台地ですが、その成り立ちはどの様なものでしょうか。上町台地は、約七万年前から一万年前までの一番新しい氷河期であるウルム期から既に存在しており、この時代には河内湾に突き出した半島状の台地であったと想定されています。古くから大阪湾に突き出した高台であるこの土地は、西日本の開拓と国際交易が盛んになりながら、次第にその重要度を増して行きました。特に重要とされるようになったのは推古天皇即位時に、聖徳太子が日本最古の官寺である四天王寺を建立したのが始まりと言われており、それ以降四天王寺の西門から難波津に沈む夕日を崇拝する西方浄土信仰と重なって浄土信仰の興隆と共に中心地のひとつとして栄えるようになりましたし、戦国時代には台地北部に石山本願寺が開かれて全国の浄土真宗の総本山となりました。四天王寺からは熊野街道や庚申街道等が走っており、多くの人々が救いを求めてこの地を往来し、街道も栄えたと言われています。またこの上町台地は奈良の都から一番近い国際港を要していた為に、大切な外国からの使節を迎接したり送迎する際にも非常に大きな役割を果たしていました。645年の退化の改新時には首都である難波長柄豊崎宮が上町台地の北端に造営され、その後も多くの宮が作られ首都や副都としての働きをしました。豊臣秀吉がこの地に大阪城を築きましたが、この城は周囲を河川や湿地に囲まれた環境にあった為、総構えとして上町台地に堀を掘削し、その強化を図りました。その後徳川勢がこの城を攻める際にも多くの苦戦を強いられ、激しい戦いがこの地で繰り広げられました。この様に上町台地は宗教や軍事上・また海外との交易において非常に重要な場所であり、大阪の基礎となる場所であったと言えます。現代の上町台地には、江戸時代に大阪市内から移転してきた数々の寺や戦前の屋敷町が広がっており、また大都市である大阪内では屈指の風情と豊かな緑の広がる地として、今もなお重要な地として大阪人の生活に溶け込んでいるのです。

今月の受注実績 畳襖張替え.comお問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます

価格表

クリックして下さい
畳Qestion


「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 大阪での畳たたみ襖ふすま障子の
張り替えは当店で!
 お電話1本で、駆けつけます。

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
  8時〜20時まで       

施工可能地域

大阪市内迅速にお伺いします。
    
 施工 事例です 

 Y様邸 畳表替え障子張替え
和紙畳表の張替え工事例

保育園に和紙の畳表工事を致しました

 S様邸
畳表替、襖張替え工事

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

粋な茶室が完成

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

和紙のカラー畳表です
 N様邸
畳表替え

 H様邸
畳、襖、障子の張替え

 Y様邸 
障子張替えで
お部屋が明るくなりました

障子はお部屋のフィルターです。

 F様邸
畳襖張替え工事


網戸張替え

 T様邸
畳表替工事

 O様邸
畳襖張替え工事

畳業者によっては、購入や張替えを行ったばかりの方に対して、無償交換を実施してくれる場合もあります。急なトラブルが発生してしまって、畳がボロボロになってしまったり、汚くなった場合には無償交換を行ってくれます。全ての畳業者がそのようなサービスを実施している訳ではないので、まずは無償交換を行っている畳業者を利用しなくてはいけないです。また無償交換を利用する時は条件を見事クリアしなくてはいけないです。しかし畳に問題が発生した時も無償交換を活用すれば、再び快適な畳に変えてもらう事が可能です。注意しないといけないのは、無償交換期間が何時までも設定されている訳ではありません。基本的には年単位で設定されている事が多く、1年くらいが平均期間になっています。それ以降は残念ながら畳に問題が発生してしまってもお金を支払って、自ら交換や張替えの依頼を行わないといけないです。あくまで急な事態に対応してもらえるサービスなので、あまりにも期間が過ぎてしまった場合には、残念ながら利用できない事がほとんどになります。それでも畳業者の無償交換はとても魅力的なサービスになっているので、畳の問題を抱えた方が安心して利用できるように選択を行っています。