全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と全国でもトップクラスの激安価格です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

龍ヶ崎市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。 ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (画像はイメージです)

網戸を別の物にしたいと考えている方も多くいますが、価格が高く交換をする事ができない場合もあります。しかし安く購入をする方法を知る事によって金銭的な不安を抱えなくても良いようになります。通常の場合は網戸を販売している店に足を運んで価格をチェックする方が多いです。しかし足を運んで購入をする事ができる店では価格が高く設定されているケースが多く購入を躊躇してしまう方が多いです。少しでも安く網戸を購入したいと考えている方は網戸を販売している通販を確認してみると良いでしょう。網戸を販売している通販を確認してみると分かりますが、非常に安い価格で販売されている事が分かります。足を運んで見た価格と比べてみると半額以下になっている場合もあります。少しでも安い網戸を購入したいと考えている方はインターネットを確認する事は忘れてはならないと言えます。またしっかりとサイズを確認する事によって、自宅につける事ができない網戸だったと言う状況も避ける事ができます。サイズの確認を間違ってしまわない限りは、購入しない方が良かったと感じる事も無いでしょう。自分で交換をしなくてはならない手間は出てしまいますが、購入した網戸が到着した後に業者に依頼をしても通販で購入して良かったと感じる方が多いです。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



襖の張替え

襖の張替えるだけで、新品と同様に美しく蘇ります。最近では、それぞれの部材のバリエーションも豊富になり、好みの部材を組み合わせて部屋の雰囲気作りや、インテリアを楽しめるようになりました。
襖は、長い間使うと、日焼けや汚れにより変色していきます。襖紙は、化学繊維がほとんど使われておらず、健康的で快適に過ごせる建具です。また、調湿効果や、空気中のほこりなど有害物質を吸収する能力もあります。
通気性も良いので、和室の押入れの扉に使われている事も多いです。こうした機能が多いからこそ、定期的な張替えで、襖が本来持っている機能を最大限に発揮する事ができます。梅雨時期など、湿気が多い時期にたるんでいるのは、湿気を吸収しているからなんです。
襖は、何回でも張替えができ、日本が誇る優れた建具です。ただ、素人では、襖の張替えは特に難しいので、畳や障子の張替えと一緒に専門業者にお願いするのがおすすめです。早ければその日の朝、引き取りに来て、その日の内に、納品してもらえます。
気になる張り替えの価格ですが、一枚は2千円前後です。また、襖紙だけでなく、骨組みが一部壊れていたり、貫通していても業者によっては無料で補修してくれるところもありますので、見積時に確認してみましょう。見積もりは無料です。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


群馬県龍ヶ崎市

龍ヶ崎市は、茨城県の西部に位置する都市です。関東平野のほぼ中央に位置し、南に坂東太郎の名を冠する利根川、西には渡良瀬遊水地から至る渡良瀬川が流れています。そんな地理的状況から龍ヶ崎市は「関東ド・マンナカ宣言都市」を称しています。 龍ヶ崎市は、古くは「万葉集」にもその名が挙がるなど、古代にまで歴史を遡ることができます。室町時代から戦国時代にかけて龍ヶ崎公方の本拠地として、また、江戸時代は日光街道の宿場町、龍ヶ崎城の城下町として関東における政治・文化の中心としての役割を果たしてきたのが龍ヶ崎市です。 平成17年龍ヶ崎市、総和町と三和町が新設合併し、現在の龍ヶ崎市となっています。 龍ヶ崎市の主な産業を見てゆくと、明治期から昭和中期まで、製糸業が産業の中心で発展してきましたが、現在、食品製造業や積水化成品工業などの工場を誘致し、それらが、産業の中心をになっています。また、関東平野の肥沃な土壌、そして、消費地である首都圏へのアクセスのよさから、龍ヶ崎市の土地利用の約5割が農地であり、典型的な近郊農業が発達しています。 龍ヶ崎市のシンボルである「ハナモモ」は江戸時代、龍ヶ崎城主がこの地域一帯を豊かにするために植えたとされ、茨城県西部の中核都市としての龍ヶ崎市を象徴する花となっています。

人口が2016年2月1日時点の推計値で78,301人、面積が78.55平方キロメートルですので、人口密度が1平方キロメートルあたり、およそ997人となる自治体です。龍ヶ崎市の地勢は、関東ローム層で覆われた常陸台地に属し、市域の北西部に牛久沼があります。市域の北西部の境界線は牛久沼に流れ込む谷田川と西谷田川の牛久沼付近の地域と牛久沼に沿う形で形成されています。また、牛久沼以南の市域の西側の境界線の大半は小貝川が担っています。そして、牛久市女化町に囲まれる形で龍ヶ崎市馴馬町に小さな飛び地が存在する点も龍ヶ崎市の地勢の特徴の一つです。龍ヶ崎市の沿革は、1889年の町村制施行に伴って、現在の龍ヶ崎市の市域に河内郡龍ヶ崎町と馴柴村・大宮村・八原村・長戸村、北相馬郡川原代村・北文間村・高須村が発足しました。そして1896年に河内郡と信太郡の一部が合併して稲敷郡が発足し、龍ヶ崎町・馴柴村・大宮村・八原村・長戸村が稲敷郡に属することになりました。そして第二次世界大戦を経た後の1954年に龍ヶ崎町が馴柴村・大宮村・八原村・長戸村・川原代村・北文間村を編入した上で市制を施行し龍ヶ崎市が誕生しました。そして翌1955年に北相馬郡高須村の一部を編入し、現在の市域となりました。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 龍ヶ崎市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え