大阪府堺市美原区全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で全国でもトップクラスの激安価格、料金を実現しました。
堺市美原区全域迅速にお伺い致します。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
      

大阪府下の襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみ
の張り替え交換修理、修繕と新調を
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

日本では、網戸は欠かせないものです。高層マンションなどついていない所もありますが、ほとんどの家には網戸がついています。虫の侵入を防ぎ、爽やかな風を運んでくれるありがたいものです。そんな網戸ですが、最近ではいろいろな種類の網戸があります。虫をより入りにくくする網戸や、外から部屋の中が見えにくい網戸もあります。このタイプは、部屋の中からは外が見えやすくなっているので優れものです。あとは、破れにくいものや花粉の侵入を防ぐものもあります。花粉症対策にお勧めです。そのほかにも、燃えにくいものもあります。網戸にしていると、気になるのが防犯面です。今はかぎ付きのものもでているのでお勧めです。網戸を長年使っていると気になるのが、小さな穴があいてしまうことです。このような時、わざわざ張り替えなくても簡単に修繕することができます。網戸専用の補修シートです。これを使えば簡単です。虫の侵入もしっかり防いでくれます。使い方は、使いたい大きさにシートを切ります。そしたらシートを穴を中心にして貼り付けるだけです。粘着力が強いので簡単に張り付けることができます。通信販売や、ホームセンターにも売っています。是非お勧めです。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳(たたみ)の張替え

畳(たたみ)には寿命がありますので、数年ごとに裏返しや表替えを行うことで長持ちします。また畳(たたみ)の張替えを行うことで害虫対策にもなります。通常は3年から4年経過後に裏返しを行い、6年から7年経過後に表替えを行うのが目安です。
畳(たたみ)の張替えには裏返しと表替えがあります。裏返しというのは表面の部分を裏返しにする、最も手軽な畳(たたみ)の張替え方法です。表替えというのは表面の部分を取り替える方法で、落ちない汚れや大きな傷がある時に有効です。
裏返しは手軽にできるので、使用頻度の高い部屋に向いている張替え方法です。表替えは表面に光沢がなくなってきたり、擦れて傷んできた時に向いている張替え方法です。これらの方法は畳(たたみ)の中心部分を再利用しますが、外見は美しく生まれ変わります。
表面の部分を取り替える場合には、個人の趣味や予算に合った様々な種類があります。気に入ったものを選んで表替えを行えば、部屋の雰囲気も大きく変わります。また適切な時期に畳(たたみ)の張替えを行うことは衛生的でもあります。
約15年以上経過すると日焼けによる変色や傷みも激しくなっていき、芯の部分が劣化して本来の機能が低下します。そのような状態になった場合は新しい畳に取り替える時期です。畳(たたみ)の専門業者に依頼すれば、お手入れに関する適切なアドバイスも教わることができます。

お客様のお話

子供のころは家はほとんどたたみの部屋ばかりで大分日にちもたった畳も味わいありますが、新しい畳があるとい草の香りがものすごくただよい日本のお部屋というかんじで、すごく落ち着き日本人でよかったなと思いました。
今はフローリングの部屋が増えている現代ですが、かろうじて我が家は3部屋のうち2部屋が畳の部屋です。フローリングはおしゃれな感じはしますが、冬場は寒く感じます。しかし畳は寒さは感じにくくよく畳に避難します。
もうひとつの畳の部屋は子供部屋になっておりますが、本棚、タンス、学習机や椅子があります。子供なので動きまわるもので、小学校卒業前には椅子の周辺がたたみの目がなくなりかけてしまいざらざらとしてしまいました。
ただ家はアパートなものでたたみをかえてもらえるのか心配でしたが、不動産経由で大家さんに相談し、大家さんがいい方だったので数日後すり減ったたたみを取り替えてもらいました。ただ机などを移動させるのは大仕事でした。
昔はたたみやさんをたまに見かけはしっこのい草を刃物で切る姿はたたみ職人の仕事だなと思いました。今の住居はほとんどフローリングばかりでたたみやさんも少なくなりもっと畳の部屋も増やしてまた職人さんの姿をみたいしい草のあの香りを感じたいです。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


堺市美原区について

堺市美原区は大阪府にある行政区となっている。近畿地方にあり面積は13平方キロメートルで、人口は約3万8000人となっている。堺市美原区に隣接する自治体や行政区は堺市の東区や北区、松原市や羽曳野市や富田林市となっている。
美原区役所の住所は大阪府堺市美原区黒山167番地1となっている。堺市を構成している区となっており、堺市が2006年に政令指定都市に移行した際に美原区となった。堺市美原区は、堺市の東側に位置しており羽曳野丘陵とつながっている。
堺市美原区は、南東部の標高が高くなっており、北西部分は平坦な平野が広がっている。ここにはたくさんの川が流れ、狭山池を水源として東除川や西除川が流れている。平野部にはたくさんの田畑が広がり、池も存在している。
堺市美原区の交通に関しては、高速道路のインターチェンジや幹線道路が集中しているというのが大きな特徴である。したがって堺市の東側の玄関部分となっている。ここは三つの村にきれいで平坦な野原が広がっていたと言うことからこの名前がついたとされている。
堺市美原区には神社や仏閣などの観光スポットがある。黒姫山古墳はここを支配していた丹比氏の首がまつられているとされている。つつじの名所として有名な法雲寺や堺市指定有形文化財の管生神社などもある。臨済宗妙心寺派の寺である永元寺もある。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
堺市内全域にお伺いします

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

 堺市内全域に対応します

施工可能地域
     

 施工・工事の事例です

大阪府堺市 G様邸
畳表替え

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 S様邸
畳表替、襖張替え工事

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 M様邸
たたみの表替え 施工事例

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 T様邸
畳表替え 襖張替え

 S様邸
襖の張替え H様邸
畳、襖の張替え工事

外国から伝わった文化をアレンジして使用することが多い日本ですが、畳に関しては日本独自の文化です。ただ、畳が現在のような形状になったのは、現在確認できる限りでは奈良時代であり、それ以前は現在のござのようなものであったと推測されています。
但し、形状は奈良時代に確立されていても、奈良時代と現代とでは使い勝手が異なります。当時はベッドのような寝具、あるいは座る際の座布団、クッションのような使用法でした。現代のように畳が床一面に敷き詰められるようになったのは、鎌倉時代以降となります。
ただ、畳を使用していたのは身分の高い家でした。町人に普及し始めたのは安土桃山時代のことであり、一般的になったのは江戸時代の中期です。農村に関しては明治時代以降の普及となります。ですから、実は畳は一般人にとっては、まだまだ新しい文化だと言えるのです。
畳はメンテナンスフリーとはいかず、定期的なメンテナンスが必要となります。もちろん、掃除等といった日常的なメンテナンスも必要ですが、もっと大掛かりなメンテナンスも必要なのです。大掛かりなメンテナンスは裏返し、表替、新畳の3つです。
裏返しは、ござの部分を表裏逆にすることです。表替は、ござ部分を張替えることです。新畳は、すべて新しいものと交換することです。時期の目安としては、それぞれ新品の状態から、裏返しが3〜4年、表替が6〜7年、新畳が15年となります。