仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、東北から鹿児島県まで、
全国にスピーディーに対応します。

川口市スピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 海津西蒲圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機海津です この機海津が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機海津の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (画像はイメージです)
<

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳とたたみの替え時は

畳の文化は日本で誕生したものである。その歴史は奈良時代まで遡り、形式に変化を加えながら今日まで成長を遂げたものが、現在の一畳サイズのたたみである。たたみは日本の気候風土に適した家具として今日まで受け継がれてきた煮である。
このたたみの文化も現在になって廃れようとしている現実がある。欧米の生活様式が主流になり、新築の家屋の殆どが洋間という例も珍しくなくなったからだ。しかし、たたみにはたたみだけの良さがあるのも事実である。
極最近になって、洋間だけの家に住む人が、1部屋をたたみの部屋に変えたいという希望が出てきている。主に中高年を中心にした世代の希望である。その背景には、子供のころに過ごした家の快適さを再び味わいたいという郷愁も存在するのかもしれない。
さらに驚くことに、子育て中の夫婦がフローリングを畳に変えたいという希望が少なからずあるそうだ。畳の中の微量な菌の影響で乳児がポリオに対する抵抗力を養えるという事実がネットで広まった結果でもある。子供を育てる空間として、たたみの間は結構適していると感じる人も増えている
しかし、最近は町の畳職人がめっきり少なくなり、畳の間への改築が難しくなっている。そのような時は、住宅設備会社に相談すれば、見積もりと改築を引き受けてもらえるので、相談する価値はある。大手の住宅設備会社には、畳職人も雇用していることが多いのである。

たたみの匠、畳職人の進化

たたみは日本古来からの伝統的な床材として使用されてきた。しかし和室が当たり前にあった日本家屋から、今は欧米スタイル住居が人気のため、和室自体が激減している。たたみの需要が減ったため、畳職人も減っている現実も否めない。
 しかしながら、たたみ人気は現在も健在である。たたみの上で無ければ眠れないなどのこだわりを持っている人もいる。最近では、たたみの部屋を外国人観光客が好んで宿泊しているケースも珍しくない。だがなぜ、たたみの需要が減ってしまったのか。
 日本ではバブル絶頂期に、古いものはダサく常に新しいものを追い求めることがトレンドという感覚があった。そのため、その時代に青春時代を過ごした人たちは、和室などの日本の伝統文化よりもイタリアン料理やフローリングの洋室での生活スタイルを好んだ。
 その結果、次世代の子供たちは、たたみの良さを経験することが乏しくなってしまった。しかし今また畳文化が見直されようとしている。畳職人は技術を磨き、畳も進化を遂げているからである。また張替えなども、家計の負担にはなるが畳職人の技に惚れ込めば、対価としては決して高いものではなくなる。
 現在日本では空き家が増えていることが問題になっている。空き家の畳も交換や張替えを行うことで家が生き返る。そして若い世代が空き家バンクなどを利用し入居していくと畳の良さを知ることが出来る。日本の伝統文化を引き継いでいくことが出来るはずである。

畳の正しい取り扱い方

畳はお手入れの仕方によって、いつまでも綺麗に快適に過ごすことができるようになります。決して難しいことではないので、自宅に畳のある方は、正しいお手入れ方法を身につけておきましょう。お手入れのポイントは掃除の仕方です。掃除機をかけるときは、畳目に沿って、ゆっくり静かにかけるのがポイントです。掃除機ではなく、できればホウキを使用した方が、畳を長持ちさせることができます。畳は湿気を嫌うので、水拭きは厳禁です。毎日の掃除では乾拭きを行い、汚れが付いてしまった場合のみ、固く絞った雑巾で水拭きを行なうようにしましょう。晴れた日は窓を開けて風通しをよくし、湿気を逃すようにすることも大切です。また、畳の上には家具やカーペットを敷かない方が無難です。畳の上に重たいものを置いてしまうと、畳が傷むだけでなく、ホコリがたまりダニが発生しやすくなります。カーペットを敷く場合は、ときどき取り除いて畳を掃除し、部屋の換気をこまめに行なうようにしましょう。正しいお手入れをしていても、5年ほど経てば日焼けや傷みが目立ってくるようになります。その時は業者に張り替えをお願いしましょう。畳を張り替えると、見た目が見違えるように美しくなります。


鋳物の街からベッドタウンへと変身した川口市
川口市は埼玉県の南東部に位置する人口が50万人をこえる都市です。かつては鋳物の街として発展を遂げてきましたが、最近では街中で鋳物工場を運用するのは難しく数も少なくなってきました。そのため川口市はベッドタウンとしての役割を果たすようになりました。
川口市は荒川に面した場所にあります。荒川の川岸はしっかりと整備がなされているため、大雨に見舞われても洪水が発生することはほとんどありません。現在では小さなゴルフコースや、野球のグラウンドなどが数多く作られています。
もともと鋳物工場として利用されていた広い土地には、高層ビルが建設されるようになりました。川口市にあります川口駅から荒川方向へと歩んでいきますと、工事中の建物や完成した高層ビルが数多く立ち並んでいるのが分かります。
川口市には植物園や文化センター、そして映像産業の拠点となる施設など観光スポットも多数あります。市内は一般路線バスの他にも川口市のコミュニティバスが運行されていますので、多くの地域で交通の便に困ることは少ないです。
川口市ではベッドタウンとして高層ビルが集まるようになり、住民が増えてくることで多くの商業施設が進出してきました。駅前だけでなく各地域に大型のショッピングセンターやモールなどが作られ、生活が便利になっています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 川口市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

半帖縁無し畳

畳表替え 襖張替え

障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 S様邸
襖張替え

U様邸
襖張替え施工