全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま障子網戸アミド1,450円と全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

矢板市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。 畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!
国内産 ふすま紙使用 襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。  国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。
網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
サイズは三六尺
ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳の交換のポイントは

 畳の寿命は、住まいの環境や暮らし方、手入れの仕方で変わってきます。数年経っても同じ物を使い続けているのであれば、状態をチェックすとよいでしょう。  
一般的に、畳の交換をする前に裏返しをします。その目安は、畳の色が日焼けして変色している、小さな汚れや傷がある現状です。次に表替をします。
目安は、畳表が毛羽立ってきてイ草の粉が衣服等に付着するようになってきた、またタバコなどで焦げた穴がある等です。
 さて新畳に交換となるのは、どの程度の状態なのでしょうか。弾力性がなくなり部屋を歩くと柔らかく感じる、畳と畳の間に隙間が出来てきた。これらの状態は新畳に交換する必要のあるサインです。
 一般的に畳の交換は専門業者に依頼します。縁の柄や色を選び見積もりをしてもらいます。料金が明確な会社を選ぶようにしましょう。
 専門業者に依頼するメリットというものがあります。普段見えない床の状態を見てもらえます。畳を外すことによって、床が腐っていないか、逆に焼けていないか、カビや匂いは発生していないかを、プロの目でチェックしてもらえます。  定期的に交換をすることで、部屋の雰囲気を変えて気分をリフレッシュさせるだけではなく、大切な家のメンテナンスをすることにもなります。

襖張り換えは業者選びを慎重に

襖の張り替えに関して扱える店舗は数多く存在しますがだからこそ選ぶという行為は重要であり、また自分の目的や基準の様な物もハッキリさせておくと交渉もし易くなります。 単純に易く襖の張り替えをして欲しいと思っても数字だけを見る人とその他のサービスを比べる人ではやはり違いがあり、総合的な判断を如何にするかによっても変わって来る事に注意すべきです。 例えば張り替える襖の1つ当たりの単価が高くても数量が増えると割引される業者の場合、それらが無い所よりも多くの張り替えを必要とするならば必然的に安く出来ます。 この様な面は襖を扱う業者を良く見比べる事で気付ける部分も多いですし更には特徴なども掴みやすく、交渉の余地が残されていると感じるならば一歩踏み込む事で更なる特典等を引き出す事も可能です。 ある襖業者の作業能力が気に入ったとして予算的に不足している場合であっても、そう言った相談をする勇気も時には必要ですので積極的に動く様にすると良い業者かを判断できます。 勿論ですが業者によってはその様な無理に対して対応出来ない様な所もありますので、あまりしつこく食らいつくよりはその他の方を当たった方が効率的ともなって来るのです。

おうちの襖は張り替え時ではありませんか。襖の張り替えの目安は10年〜15年に一度といわれています。もちろんご家庭の環境によって変化します。汚れ、破れがあれば変えた方が良いです。それだけでおうちの印象が変わってしまいます。
襖の張り替えはプロにお任せください。張り替えは難しいものです。手間や場所、道具、技術が必要なのです。上張りはがし、下地の修理、建てつけ調整、上張り作業などいくつもの工程を手作業することによって綺麗に仕上がります。
張り替えの時期に最適といえわているのが5月です。比較的温暖で湿度が低いためです。木や紙を使った製品ですので、湿気を嫌います。換気が部屋の空気をきれいにし、害虫を防ぎます。家は締め切らずに、こまめな換気が良いです。
襖を取り換えるときに、悩ましくもあり、一番楽しいのが材質やデザイン選びではないでしょうか。襖取扱いのお店へ出向いてみてください。気に入った柄のお部屋が出来上がれば、お部屋だけでなく気持ちまで華やいで過ごせます。
襖だけでなく、同時に畳や障子の張り替え交換修理もおすすめします。同時に一新すれば、まるで今までのお部屋とは思えないほど見違えて感じられるはずです。張り替えで模様替えがオススメです。襖や畳替えの取扱い先に気軽に訪れてはいかがでしょうか。

襖張り換えの多様性

襖の多くは和室に使用されていましたが、最近では洋室でも出入りをするスペースを考えて引き戸にしているところもありますので、襖を使用する人も増えています。そこで業者でも和風のデザインだけではなく、洋風のデザインの襖を販売するところも出てきました。
襖のメリットは和紙を何重にも重ねて作ってありますので、湿度が高く四季により気温の変化が多い日本の気候風土に合っているということです。また木などのドアに比べて軽く出来ていますので、開け閉めが楽なことも挙げられます。
さらに洋室のドアに比べると襖は洋風のデザインにしたとしても、デザインの種類が多いのでよりおしゃれに室内を演出できるということも大きな特徴といえます。マンションや洋風建物の一室に和室を作りたい場合でも、洋風襖にすることにより違和感がなくなります。
ところで襖は主に引き戸に使用されているところが多いのですが、まれに開閉式の扉でも使用しているところがあります。ドアノブにあたる扉の取っ手も調度品の趣のあるしゃれたものが使用されていますので、襖紙を洋風にすることでまた違った部屋のおしゃれを楽しむことができます。
ちなみに洋風の襖を販売しているところは普及しているとはいえ、まだあまり多くはありません。またおしゃれで洗練されたデザインを手に入れたい場合には、専門業者から購入した方が良いでしょう。また張替えについても専門業者に任せた方が無難です。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


見事なレンゲツツジが咲く八方ヶ原のある矢板市。

栃木県矢板市は、栃木県の北部に位置している市であります。
矢板市は大田原市、那須塩原市、さくら市、塩谷郡塩谷町にそれぞれ隣接しています。 市の木はナツツバキ、市の花はレンゲツツジ、市の鳥はキジバトとされています。
矢板市は1958年11月に前身の矢板町が市制施行し誕生しました。
人口数は約3万人の市です。 矢板市の交通としましては、鉄道はJR東北本線が走行しており、矢板駅と片岡駅の2駅が設置されています。 路線バスは矢板市営バス、那須塩原市営バス、藤田合同バス、しおや交通によって運行されています。 また、高速道路の東北自動車道が走行しており、矢板インターチェンジが市内に設置されています。
矢板市の経済としましては、農業が盛んに行われており、高級食材として重宝されている幸岡ねぎやりんごなどが栽培されています。 また、矢板市の名産品としましては日本酒などが挙げられます。 矢板市の観光スポットしましては、八方ヶ原があります。
八方ヶ原には20万株のレンゲツツジが植えられており、レンゲツツジのシーズンには多くの見物客が乙ずれる他、ハイキングコースやキャンプ場が併設されています。 また、日本の都市公園100選に選ばれている長峰公園があります。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 矢板市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え

お客様のお話

実家の家はもう100年以上は経っている古い家で襖が多い気がします。お葬式の時、その襖を取り払って座卓を並べ大勢の人がそこで故人を偲んでいたものでした。祖父母、両親の時も同じようなお葬式の方法でした。又別な所の襖を取り祭壇を葬儀屋が作りました。
夏休みに子供を連れて実家に帰ると襖を開けると押入れを見るのが好きでした。そこに何かの引き出物で貰ったタオルやシーツが多く置いてあり、母に頼んで幾つか貰って来るのも楽しみの一つでした。押入れも多くあり、幼い頃は襖を開けて中を見るのが楽しかったです。
忘れた頃に見慣れた襖の紙を張り替えにくる業者がいて、全然別なデザインになると、とても新鮮な感じがしました。何処か別な家にいる気分になって不思議でした。テレビの時代劇を見ていると偶に金色の素晴らしい絵の襖が登場します。
昔は有名な絵描きが直接襖に絵を描いていた事も多かったようです。修学旅行で実際に近くで素晴らしい絵を見た事もありました。私は無地よりも少しでも絵がデザインされた方が好きです。幼い頃、そんな絵を眺めながら眠りについた事を思い出します。
実家で何か集まりがあると必ず、襖を取り払うので一瞬に広くなります。日本の家はこんな風に出来て便利だと思いました。大勢の人にお料理を出す為のお皿やお椀なども多く、全部押入れに入れていました。最近実家に帰ってないので色々と思い出すと懐かしくなります。