豊中市内スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
豊中市内全域迅速にお伺い致します。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!

  

豊中市の襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの
張り替え交換修理、修繕と新調を
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

網目が小さい網戸を購入する

しっかりと網戸を閉めているのになぜか虫が入ってきてしまう経験をしている方も多くいます。その方は網戸のある部に注目をしてみると良いでしょう。それは網戸の網目が大きくないかになります。少しでもお洒落に見せるために少しだけ網目が大きな網戸を使用している家もあります。お洒落に見える部分は非常に良いですが、夜に虫が入ってきてしまうのでは網戸としての役割を果たしていない事になってしまいます。網戸の網目を確認して少し大きいのではないかと感じる場合は、すぐに交換をするようにしましょう。その網戸が気に入っているなどの場合でも快適に生活ができるように交換を考えなくてはなりません。網目が大きい物があると言う事は網目が小さい物もあると言う事になります。網目が小さい網戸を購入してきて設置をすると、虫が部屋の中に入ってきてしまいストレスが溜まってしまう事もありません。自分で確認をして購入をする方が多いですが、少し確認をしただけでは全て同じ網目に見える場合もあります。店にいる従業員の方に網目が小さい網戸はどれかと質問をするとより小さな網目の物を購入する事ができます。網目が小さいからと言って価格が非常の高くなってしまう訳では無いので購入できない状況にもなりにくいでしょう。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

人気の畳について

畳は注目が集まっており、利用する世帯が増加傾向にあります。畳と言ってもサイズや材質などが違うので、十分に吟味をしてから決める事が大事です。また、長期間に渡って使用した畳は破れるなど劣化が目立つようになるので、張り替えを検討する必要があります。畳の張り替えをする時には、慎重に行う事が重要となっています。畳は比較的大きいので、運ぶ際には落とさないように留意をする事が大切です。畳を落とすと怪我をする恐れがあるので、細心の注意を払うのが理想的となります。畳の価格に関しては低価格となっており、気兼ねなく買えます。値段が安いと張り替えを気軽に行えますし、また家計に大きな負担をかけずに済みます。畳の張り替えが無事に終わったら、定期的にお手入れをしなければならないです。定期的にお手入れをする事が、畳を長持ちさせる為の方法となります。長持ちさせれば何度も張り替えを行わずに済むので、出費を抑える事ができます。湿気の影響によりカビが生じる恐れがあるので、定期的に換気をします。換気をする事により湿気を取り除く事ができるので、カビを防げます。基本的な知識を身に付けておけば、畳を何年にも渡って使用する事ができます。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。


日本人と畳との関わりについて

畳はイグサを編み込んで作られた伝統的な日本の床材だが、特筆すべきは世界でも他に類を見ないという点である。日本家屋に多く用いられるが、夏季には適度な清涼感を保ち、冬季は冷えすぎないという利点がある。また、床材としては固すぎないため、物を落とした時にも破損しにくい。日本固有の床材である畳は、非常に古くから用いられ、日本人にとって馴染み深いものである。縁には、畳縁という帯状の布を縫い付けることが多く、これは装飾も兼ねている。
始まりは藁を重ねただけのものだったが、平安時代の頃には現在見られる形状に近いものに変化していった。当時は床に数枚を敷き、クッションのように用いていたが、室町時代以降は、書院造が登場したことによって床全体に敷き詰めるようになった。以降は、伝統的な日本家屋に欠かせない床材として、また、畳それ自体が建築物の重要な要素として、現在に至るまで伝統的建築物のみならず、個人宅においても重要な位置づけを持っている。
大きさとしては、一片の長さの比率が2対1の長方形を成す一畳サイズと、その半分の大きさの、正方形を成す半畳サイズがあり、それらを組み合わせて床材として用いる。日本家屋では、その枚数によって部屋の広さが示されるが、家屋の様式が多様化した現在でも「何畳」という表現は身近で分かりやすい例として用いられる。種類も様々にあり、例えば京間、中京間、江戸間、団地間などがある。それぞれ大きさが異なり、挙げた中では京間が最も大きく、団地間が最も小さい。
敷き方については、「祝儀敷き」と「不祝儀敷き」と呼ばれるものがある。前者は4枚の畳の角が一か所に集まらないように敷くもので、一般的に見られる。後者は葬儀など、縁起の悪い時に、祝儀敷きに対応する作法として敷き換えを行うものだが、現在では、畳のある家屋における葬儀でも、必ずしもこのような敷き替えが行われるわけではない。また、畳縁はその色柄で全体の雰囲気が左右されるため、昔は身分によって用いることのできる種類に制限があった。
日本における家屋の形態が多様化したため、現在では様々な種類の畳が作られている。例えば、ユニット畳と呼ばれるフローリングに敷いて用いられるものや、柔道で用いられる柔道畳などである。また、畳縁のないものを好んで選ぶ場合もある。素材についても、伝統的なイグサの他に、合成繊維や合成樹脂を加工したものもある。いずれにしても、日本家屋や日本人の生活と畳には分かち難い縁があり、古来より変わることなく親しまれ続けている。

今の日本家屋の掃除における襖の役割考察

古来より襖は日本社会に深く根付いていました。例えば、日本家屋には基本的に襖が複数ついており、掃除などをするときには襖をずらすだけでよいので非常に楽だったものです。箒ではばくだけでよい掃除は現代社会では考えられないでしょう。
現代社会での集合住宅、いわゆるマンションには襖はもちろんついているわけがなく
掃除機で掃除することが一般的です。しかし掃除機は箒のような利便性がなく、コードの届く範囲でしか掃除をすることができません。よって部屋ごとに掃除機ごと移動させる必要が出てくるのです。また、掃除機ですべてをカバーできるわけではなく、補助的な用具を複数使う必要があります。例えば、高いところを掃除するためにははたき、窓ガラスの掃除にはぞうきんなど複数の掃除用具を使い分ける必要が出てきます。これが今の人間が掃除をするのが億劫になりがちになる原因の一つと言えます。
しかし襖がなくなったのにも理由があります。昔の家屋は平屋が多く段差が家の中に存在しない家がたくさんありました。しかし、二階建ての家が増えてくるうちに襖の存在する必要性が薄れていき、それに応じてドアやエレベータなど西洋の文化が入ってきたのも致し方なしといえます。よって襖の減少は掃除方法の変化につながると考えるのです。


猫や犬など
ペットを飼っておられる方へ

ペットを飼っている方にとって、畳やふすま、更に障子など和室で爪とぎをしたり粗相をしてしまうことは日常茶飯事といえます。定期的に張り替えてはいても繰り返される状態に、あきらめかけている方も少なくありません。しかし、頻繁に穴をあけてしまったり、爪とぎをしてしまって不快な状態になってしまうのを避けるための、丈夫なプラスティク障子や爪が滑りやすいように加工してある襖紙もあります。定期的に張り替えるとはいえども、破けにくいものを張り替えることによって、張替の頻度はずっと少なく出来ます。ペットのつめや小さいお子さんのいたずらで困っておられるならば、是非ご相談下さい。通常よりも快適にきれいな襖、障子に生まれ変わり、いたずらや爪あとに惑わされることなく快適です。


豊中市の発展

豊中市は大阪府北摂に位置する市で、明治以前は能勢街道の中間地点として栄えていました。 能勢街道は大阪中摂を基点とし、十三、三国、庄内、服部、岡町、石橋、池田、木部、古江、多田、一の鳥居ときて尾根筋を通って妙見山へとたどる道筋です。 能勢街道は、近隣の地で算出される、酒・衣類・木材の他にも米・炭・銅・銀などを運ぶための重要な搬送経路だったのです。 豊中は、その能勢街道の場として繁栄し重要な役割を果たしていました。 現在では、大阪市から池田市までは、阪急電鉄宝塚線と国道が走っています。 池田市から妙見山麓までも、他の国道が走っているために能勢街道を使っての搬送は少なくなってしまいました。 が、今でも生活道路として近隣住人などの多くの人に利用されています。 豊中市は明治以前にも栄えてはいましたが明治以降には阪急電鉄の沿線開発とともに、さらに住人が増えました。 昭和に入ると大阪市から近いという利点を活かし、ベッドタウン・衛星都市としての開発も進むことになります。 人口は40万人前後で大阪府の中でも屈指の人口数を誇っています。 大阪だけではなく、京都・神戸といった近隣の大都市からの転入も多く、大都市のベッドタウンとしての性格が強い市でもあります。 大きく分けると高級住宅地の北部と、商業施設が多い南部となっています。 豊中の名称の由来であるが、明治維新を迎えるにあたって、近隣の幾つかの村が合併をすることになり一つの村が出来たのです。 この村は豊島郡の中央にあったので豊中という名前がつけられました。 昭和30年代頃には市街地の2割が農地であり、山林が7割といった程度だったのですが、住宅地としての開発が急激に進み、農地と山林は全体の5%と大幅に減少しています。 住宅地と人口の増加とともに商業やサービスが産業の中心として発展してきていました。 近年ではバブル期以降の地下の下落とともに、マンションの建設が増えてきています。 人口と就業者数はどちらかというと、減少の傾向にあります。 市の周辺には、工業地帯が隣接し交通の便が良いせいか一定の製造業も多くあります。 さらに近年では、大阪大学や彩都などに近いこともあって、情報やライフサイエンス関係の産業も発展してきています。 学校なども多く文化施設も充実しているので、子供を育てるのには理想的な環境と言えるでしょう。 交通の便も鉄道、国道も充実しておりさらに空港もあるので、どこへ行くにも比較的便利です。

豊中市は大阪空襲で大きな被害を受けたと言われていますし、豊中市内の高校の一部が被害なとでかなりの方を失ったと言われています。 豊中市は日本でロ−ソンが第1号店が誕生したと言われているのが特徴になっていて当時は大人気になっていたと言われています。 豊中市は大阪空港が存在をしていて騒音などの被害をありますが、国内旅行に行く際にとても便利になっています。 阪急電車の駅がたくさんありモノレ−ルも走行をしていますが、豊中市は唯一JRの駅がないことで知られています。 豊中市は電気関係と食料品の工場が存在をしていて重要な役割を果たしていますし、金融関係の店舗もたくさんあります。 豊中市内にある大阪空港駅は伊丹市営バスと阪急バスが共同運行をしていることで知られていますが、一部は千里方面まで運転されています。 豊中市は、中国道が走行をしていて近畿道や名神高速に近い距離にあるので京都や奈良方面に行く際は便利になっています。 国道176号線と国道423号線は、かなりの渋滞が多くなっているので走行する際は時間に余裕を持っておかないと大変になります。 特に中国池田方面に行く国道は時間帯によって走行する車線変更が難しくなるので注意が必要です。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

良く聞かれる疑問にお答えします

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 豊中市内全域に
お電話1本で、駆けつけます。

アフターケアもご安心下さい

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

  豊中市内全域にお伺いします

施工可能地域

   


施工・工事の事例です

大阪府豊中市 A様邸
畳表替え

大阪府豊中市 T様邸
畳表替え

大阪府豊中市 M様邸
畳たたみ、ふすまの張替え

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

大阪府豊中市 K様邸
畳表替え

大阪府豊中市 S様邸
お茶室畳表替え

大阪府豊中市 S様邸
畳表替え 襖張り換え

大阪府豊中市 S様邸
畳表替え

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 M様邸 たたみの表替え 

 S様邸 和紙カラー畳表

 S様邸 畳表替え施工事例

 S様邸 襖の張替え

大阪府豊中市

最近は、幹線道路を車で走るとそれぞれの地方らしさというものが薄れてきています。全国展開するチェーン店があちこちに並び始め、どこでも見かける店が増えてきたことが大きな原因であります。本当にその町のことをもっと知りたいと思えば、車では行くことのできないアーケード街などはその土地の特徴がよく表れているものです。そんなアーケード街を大阪ではよく見かけます。アーケード街が有名な場所としては中崎町も含めた天神橋界隈、お初天神通り、阪急東通商店街、黒門市場周辺、ジャンジャン横丁周辺、十三周辺、駒川商店街を思い出します。これらの大阪市の各地というのは昔ながらの雰囲気を残しながらも周辺住民の暮らしと溶け込んで、生き延びている感じがあります。少し時間を空けていってみると、違う店になっている場所を見かけたと思えば、昔のままに残された店もあります。最近は日本の各地で、世の中の変化についていけなかった商店街は存続することができず、空き店舗が増えてしまい消えていく運命をたどっていますが、これらの商店街は形を変えながらうまく生き残っていっている良い例といえるでしょう。そして、これらの大阪の商店街こそが大阪の雰囲気を味わえる場所といえます。そこで買い物に来ている人たちこそ、大阪の各家庭の雰囲気を持ち込んでいる人たちで、少し会話をすると、その価値観であったり、日ごろの雰囲気が伝わってくるものです。このあたりというのは、大阪発のバラエティ番組の取材地にもなっており、大阪を代表する人たちの意見を聞くことができる地としても有名です。よその土地から来た人たちから見ると、こてこての大阪弁が響き渡っていると、けんか腰になっているかのように感じるため、少し腰が引けてしまうところがありますが、実際にはまったくそんなことはなく、話し好きなちょっと世話好きなお人よしが多いのではないでしょうか。もちろん有名な大阪の観光地(大阪城、道頓堀周辺、梅田スカイビル、大阪ドームなど)を見に行くのもおもしろいものですが、こういった界隈を散策してみるだけで、大阪のことを身近に、もっとよく知ることができるものです。ちょっと近づきにくい、無礼な感じがするなどというイメージを持っている人であれば、散策前にちょっとお酒でも飲んで、肩の力を抜いてから細かいことは気にせずに話してみると、ちょうど良いでしょう。

豊中市は人口約39.6万人の中核市で大阪豊能地域にあります。豊中市の姉妹都市にはサンマテオ市(アメリカ合衆国)と提携を結んでいて、豊中市の市の花はバラです。豊中市は在大阪ロシア連邦総領事館があり、鉄道は阪急電鉄や北大阪急行電鉄等が運行しています。豊中市の観光地には、大阪国際空港・服部緑地・日本民家集落博物館等があります。大阪国際空港は関西三大空港の一つで、敷地は豊中市・池田市・兵庫県伊丹市の2府県3市にまたがっています。屋上の展望デッキ「ラ・ソーラ」から2本の滑走路を含む空港全体を見渡すことができ、撮影も可能となっています。また、カフェや売店等もあり売店ではお土産を購入することが出来ます。服部緑地は日本の都市公園100選に選定されていて、10以上の池があります。これまで説明した事をまとめると豊中市は人口約39.6万人の中核市で、姉妹都市にはサンマテオ市(アメリカ合衆国)と提携を結んでいます。在大阪ロシア連邦総領事館があり、観光地には大阪国際空港・服部緑地・日本民家集落博物館等があります。大阪国際空港は関西三大空港の一つで、屋上のデッキ「ラ・ソーラ」から空港全体を見渡すことができ撮影も可能となっています。