全国の提携店とのネットワークで、全国にお伺い致します。

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子の張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子1,450円と全国でもトップクラスの激安価格です!!
丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

上田市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK

ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230






 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


長野県上田市

上田市は長野県では長野市、松本市に次ぐ第三の都市である。上田市の真ん中を千曲川が流れており、上田市は川で二分されている。千曲川は下流に行くと犀川と合流して信濃川になる。島崎藤村の千曲川のスケッチでも有名な河川である。
長野新幹線は上田市の上田駅に停車をする。長野新幹線が開通する以前は長野県は陸の孤島と呼ばれるくらいに交通アクセスが不便であった。長野新幹線の開通により東京から上田駅へのアクセスも大幅に改善され、所要時間も半減した。
上田市は戦国時代は真田氏の城下町として発展した。1584年に真田昌幸が現在の上田市に上田城を完成させのを起源としている。1585年に徳川家康の大軍を迎えて、上田城周辺の地理的な条件を利用してそれを撃破したことで有名になった。
1600年の関ヶ原の戦いの時に真田昌幸と幸村は徳川秀忠の大軍と戦い、それを阻止したため、秀忠が関ヶ原の戦いに間に合わなくなってしまったことも史実としては有名である。二度の上田合戦が上田城の名を高めている。
明治時代は養蚕業が盛んであったが、現在の上田市は電気機器や自動車部品の生産が盛んである。上田市内に本社機能を置く会社も多くなっており、製造品出荷額は長野県内では安曇野市に次いで第二位の地位を占めている。

(上田市上田市と真田氏)
上田市上田市は県の東部に位置し。東信地方及び上小地域の中心都市で、上田市内では長野市、松本市に次ぎ3番目の規模の都市である。古代、信濃国分寺が設立されるなど、開発の歴史は古いが中心地の上田は、天正年間(1573〜92)に真田昌幸が上田城をい築き、町屋を形成したのが都市的起源である。以来、幕末まで上田藩5万3千石の城下町として発展、明治、大正期は製糸工場の町として栄えた。製糸不況後は電気製品、精密機械、自動車部品などが市の主要産業と成っている。千曲川右岸の旧市街は、戦国時代に真田氏が築いた上田城を中心とする城下町。千曲川左岸の塩田は鎌倉時代の執権北条氏の一族塩田北条氏の所領で、安楽寺、北向観音などの多くの文化遺産が残されており「信州の鎌倉」の異称で呼ばれる。史跡上田城跡・信濃国分寺跡や生島神社・安楽寺・常楽寺などの名所がある。
都市圏は佐久地域にまでおよび、都市圏人口は定義次第では37万人になる。上田市街地から北に向かうと真田氏発祥の地とされる旧・真田町がある。ここは東境沿いには湯ノ丸・小在地・町場山・北境には四阿山・根子岳・保基谷岳、西境には高遠・大道山など標高1200mを越える山々が峰を連ね、これらの諸山に源を持つ、神川・洗馬川・傍陽川などが合流して流下する南部中央のみが上田盆地に向かって開け、全面積の70%近くを林野が占める。上田と言えば、何と言っても真田氏の発祥の地であることは、はずせません。
戦国末期に活躍し、天正年間活躍した真田氏は上田城に居を移す前に居城としていたのが、同地域にある松尾城と言う山城である。真田幸隆・昌幸・幸村のいわゆる真田家三代の発祥の地である。真田氏は信濃源氏海野氏の流れをくみ、室町末期、海野棟綱の子幸隆が、松尾城に住んで真田氏を名乗ったのに始まる。幸隆は初め葛尾城主村上義清に、後に武田信玄に仕えた。天正2年(1574)幸隆の没後、嫡子信綱が継ぎ、信玄・勝頼に仕えたが、同三年(1575)長篠の合戦で弟の昌輝と共に戦死した為、三男昌幸が家督を継ぎ、勝頼に属して上田を領することと成った。この際松尾城に本拠を定めた。今も城は比較的良く旧態を留め、山腹にくっきりと城郭跡を残している。またこの松尾城跡の南麓、角間川沿いの日向には日向畑遺跡がある。室町から戦国期にかけての真田氏ゆかりの一族の墳墓とみられ、石造宝篋印塔・五輪棟・鉄器・古銭などが出土している。近世上田藩松平氏五万三千石野本拠になっていた平城の路で、維新後廃城となり、現在は上田公園として一般に公開されている。城は天正11年(1583)真田昌幸の築城で慶長五年(1600)中仙道を関ヶ原へと向かう徳川秀忠の大軍を、昌幸、幸村親子がここで食い止め6日間に及ぶ籠城戦を繰り広げたことは有名である。関ヶ原の役後、昌幸。幸村は紀州の九度山へ蟄居となり、慶長16年昌幸が没し、幸村は大坂冬の陣で、勇猛果敢に戦ったあげく闘死した。この幸村の闘いぶりは今でも人々の関心を集めて、大阪の街の地名などに残されている。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 上田市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

D保育所様
和紙畳の張替え工事例

N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸 
畳と障子の張替え工事 

K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸 襖、和紙畳張り替え

襖ふすま張替え施工

畳や襖や障子といったものは日本人の生活には欠かせないものとなっています。最近では和室がある家というものが少なくなっていますが、再び心を和ませたり落ち着いた雰囲気を作り出すことができるとのことから注目されています。
このような畳や障子や襖は上手に清掃などを行うことによって長く使うことができますが、どうしても畳などは劣化してしまうというのが大きな特徴です。そこで利用されているのが、畳などを専門に扱っている張り替え業者です。
実際に畳や障子や襖の張り替えを申し込むときにはどのような流れになっているのかというと、まずは電話をして現地に来てもらいます。このときには見本を持ってきてもらえるので、細かい仕様の打ち合わせや日程を決めることができます。
そして指定された日に来てもらえるようになっています。そして実際に作業へと移っていきます。このときに畳の凹凸調査や畳の隙間調査、襖や障子の滑り調査も行ってもらえます。作業は基本的に1日で終わるようになっています。
これらの作業が終わればしっかりと立ち会いの確認をして終了となります。畳や障子や襖の種類は業者によってさまざまですが、基本的なものは同じとなっています。価格は安い物で障子畳や襖の張り替えに関しては、基本的な大きさで1800円程度となっています。