障子の張替え

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子の張り替え、交換、修理を
致します!!
交換修理修繕と新調もお任せ下さい。
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子1,450円と全国でもトップクラスの激安価格、料金です!! 親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、東北から九州まで、
全国にスピーディーに対応します。 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

●お見積りもスピーディーに対応で、もちろん無料です
●出張料や運搬費ももちろん無料です。

雪見障子も仰天価格で張替えます

 (画像はイメージです)

それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
   ※サイズは幅90cm×180cm
が基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。

雪見障子

一部がガラスになって
いて、その前の
障子部分が上げ下げで、
開け閉めできるものを
雪見障子と言います。

クリックして下さい

  

●障子の柔らかい、人に優しい光は、癒されます。

障子紙は光の透過率が40〜50%といわれています。丁度ガラスのような透明なものと、壁などの遮断物の中間にあり、日光の暖かい感じを残しながら、直射日光を適度に遮蔽してくれます。
そして、障子に差し込んだ光は、各方向に散乱してどの方向から見ても均一に美しく明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。この和紙は強い天然繊維を不規則に重ね合わせて作りますので、繊維間に不規則で多くの隙間が出来ます。この為、障子は独特の柔らかな風合いをかもし出しています。

日本の伝統美と和モダン
障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、その大きな違いは
採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで部屋全体を優しい空間にします。最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです。

組子の組み方や、障子紙の選び方により、
実に多くの趣をを味わうことが出来ます。

 ■障子紙の効果

和室に利用される障子は、部屋に穏やかに光を取り入れることが可能で、空間デザインにも重宝します。古い障子は黄ばみやくすみが出て部屋を暗くし、印象も悪くなるため年に1回程度は貼り替えを行うことで、綺麗で趣きのある和室を維持することが可能です。タバコを吸ったりペットを飼っている場合には汚れやすくなりますし穴もあきやすくなりますから、定期的に貼り替えが出来るように障子紙をストックしておくと良いです。小さな汚れや穴のために全面を貼り替えると大変なので、部分的に貼り替えるのもおすすめです。
障子を貼り替える場合には、今まで貼ってあったものを剥がす必要があります。障子剥がし専用の剥がし剤も市販されていますが、お湯で十分落とすことが可能です。ハケなどを利用し接着部分をたっぷり濡らしたら、直ぐに剥がすのではなくのりが溶けるまで待ってから剥がすと綺麗に剥がれます。カッター等を利用して無理に剥がそうとすると傷が付き見た目も悪くなりますし、新しく貼る障子紙が貼り付かなくなる可能性があるので、控えるべきです。
障子紙は様々なデザインのものがあります。無地のものから模様が入っているもの、カラーで色彩豊かなものもあります。模様やカラーが入っているものを選ぶ場合には、光のあたり具合や部屋に映し出される影も考慮し、和室の雰囲気に合っているものを選ぶことが大切です。また、障子紙には強度の高いプラスチック加工が施されたものもあります。頻繁に破れたりする所に利用すると最適ですが、のりで貼り付けることが出来ず両面テープで貼り付けることになるので、格子の太さに合わせた両面テープを忘れずに購入しておく必要があります。
障子を貼るときには、いきなりのりを付けて貼り付け始めるのではなく、必要となる枚数やサイズをみるため、仮貼りをした方が失敗せずに仕上げることが出来ます。障子戸全面に障子紙1枚だけ利用して貼る方法はしわがよりやすく初心者には難しいので、格子を段ごとに分けて下の段から順番に貼り付けていく方法を取ると、綺麗に貼ることが出来ます。のりをつけすぎると障子紙に滲んでシミのようになってしまうので、ハケで量を調節しながら均等に塗りつけると綺麗な仕上がりになります。
残った障子紙は、次の貼り替えの時や穴があいてしまったときの修理用に保存しておくと良いです。日があたって日焼けしないよう黒い袋等にいれて、湿気の少ない所で保存するようにし、虫に食べられたりしないよう防虫剤があれば利用した方が良いです。長年使用した障子戸は、歪みができている場合があります。平らな所に置いてみて、反り返っているようであれば新しいものに交換したほうが良いです。歪んだままの障子戸を利用するときちんと閉まらなくなったり、隙間が出来てしまう場合もあります。

(吸湿効果)


障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(断熱効果)


障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(照明効果を高める)


障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


                                        人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!

丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、強化障子紙と
言われる破れ難い 障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

最近破れ難い障子紙を求めるお客様が増えています。
和紙にビニールなどの樹脂を貼り合わせたものや、硬いプラスティックを貼り合わせたり、挟み込んだもの等があります。
その構造により強度などに違いがありますので、それぞれの特性も
考え合わせてお選び下さい。

■破れにくい障子紙には、材質や加工方法に
 よって様々な種類があります。

■丈夫な強化紙 
     (無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質もあります。 ■プラスティックをラミネート
     (無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り付け)しています。
和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。
 ワーロン 無地       雲竜
    実際はもっと白に近い色目です
■プラスティックで和紙をサンドイッチ
     (無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。
照明器具など広く使われています。  
柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱



                 

障子についての起源と利便性〜障子は便利〜

障子と言えばかつては日本のどの家にも付いていた、日本家屋の必須のものでした。しかし最近では西洋文化の影響で、障子がある家というのはだんだんと減ってきています。しかし、障子は日本人の心といても過言ではない物。まだまだ多くの家屋に使われている現役のものです。しかし考えてみると、障子なんて言う、「紙で区切りを作ろう」なんて事を思いつき実行しているのは日本だけです。
何故西洋には障子というものがないのでしょうか。これは、西洋人の気質と大きく関係しています。例えば、西洋の庭を想像してみてください。西洋の庭は、自然を自分たちの手で永遠的に作り変えようという思想を端々に感じる事が出来ます。その為、使われるものも石等、永続的に残るものでつくられています。これは西洋の庭だけでなく、西洋家屋全般でも見られます。つまり西洋人は、障子の様な壊れやすい物を嫌い、永続的に存在すると思われる重く硬い物を好んだのです。
こうして西洋では区切りは石や金属で作られ、障子の様な軽いものが家屋の設備として生まれる事はありませんでした。では日本は、何故障子が生まれたのでしょう。これも、日本人の気質にあります。つまり障子は、何でもかんでも曖昧にしてしまうという日本人気質の表れなのです。遠い昔、平安時代なんかだと、貴族の家の一般的な区切りは完全にふさがれる事のない頼りないいただけだったし、一般人の家には区切りなんてものはありませんでした。
また、日本の家には縁側や土間などがあり、家の外と中との区切りもあいまいです。その他に、日本の庭は遠くの風景、例えば富士山なんかを利用した庭づくりをしていて、庭の境界もあいまいなのです。そう考えると、障子はそれ等の延長線上のものではあるものの、日本人にしてはかなり区切りを意識した設備であると言えるかもしれません。さて、そんな障子に余り使い勝手が良くないというイメージを抱いている人はいると思います。
障子は音が漏れてプライバシーがない、破けやすくてなおかつ破けたところの見た目が汚い等のデメリットがあります。しかし、障子にはそれを補って余りあるメリットがあるのです。まず障子は光を通すので、家全体を明るくしてくれます。また障子は、何といっても軽く、開け閉めが簡単です。特に光の効果は、密集し光が入りにくい家が多くなった今、ふたたび注目されています。これからまた、障子の評価は上がっていくことでしょう。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


障子の古今物語 現代の生活の中にある障子の役割

障子は日本家屋によく似合う。時代劇に障子は欠かせないものであるし、昔話やおとぎ話には物語の中で重要なアイテムとなっているものも多数ある。障子越しに入る淡い光や黒い影、障子を挟んでの会話や障子の破れなどから綴られた物語の数々は、誰しもが聞き覚えあるのではないか。ただ内と外を隔てるだけの役割ではなく、木の桟と白い紙の幾何学的な美しさが、今も昔も物語のアクセントになっている。障子紙を貼る姿は、映像や話からだけでも緩やかな時間と懐かしい香りが感じられる。
障子とは何なのだろうか。元々は現在の襖も含めて障子と呼んでいたが、平安時代より「明障子」と呼び、襖とは区別している。現代のような薄紙を貼ったものの誕生は平安末期の頃であり、それ以前は引き違いの格子戸が使用されていた。当時は採光の必要性から考案された建具であるため建物の外回りに使われているが、風雨には耐えられないため舞良戸、蔀、格子などと併用した。後に雨が当たりやすい下半分に板を張った腰高障子が考案された。
時代とともに役割や素材も変わっていった。ガラスやカーテンが一般に広く使われるにしたがって使用が減ってきているが、ガラスとの併用で今でも消滅することなく使われている。ガラス障子や一部がガラスになっており上下に開け閉めできる雪見障子がそれである。現代でもインテリアとしてのデザイン性でも再評価されており、ガラス戸と組み合わせることにより断熱効果があり、吸湿性も高く紫外線も軽減される性質が再認識されている。
障子紙も色々な素材があり、破れないプラスチック素材の物もある。このプラスチック素材であれば、子供が小さい家庭やペットを室内で飼っている家庭でも安心して使えるうえ、水拭きもできるので、掃除も簡単にでき衛生的である。また、無地だけでなく様々な柄の物もあるので、思い切った柄で西洋に見るジャパニーズスタイルを楽しむこともできる。インテリアとしてさらに進化し、独特の個性をもって現代の住まいに溶け込んでいる。
日本家屋独特の光と影のコントラスト、陰翳の美を演出してきた障子は、日本建築文化の象徴である。冬には暖気を逃がさず、夏には強い日差しを柔らかな光に変え、湿度のバランスをとる性質は、エコに関心が高まっている昨今、再び現代の住居に取り入れられてはいる。薄紙越しに室内へ届くやさしい光は、今も昔も変わらない。できれば、木と紙の昔ながらのもので、障子紙の貼り替えの手間も楽しんで欲しい。糊の匂いに誘われて、昔話の小鳥が遊びに現れるかもしれない。

障子を使うことの効果

障子は、平安時代から日本人の暮らしとともに、豊かな文化を育んできました。障子はもともと、襖のように衝立や屏風など、部屋を仕切ったり、視界を遮るものとして使われてきましたが、大きな違いは採光にあります。半透明の和紙を使った障子は、直射日光を遮りながらも、ちょうど半分ぐらいの光を透過させます。差し込んだ光は障子紙が各方面に反射、拡散させるため、部屋全体を明るくさせます。それもクロス地の壁紙などが作る、違和感ある明るさではなく、組子と呼ばれる細い木製の仕切りが適度に光を拡散させるため、美しく柔らかな自然な光を作り出します。また、障子は冷房時には、日射を遮ることで、省エネルギーが大きく期待できます。暖房時には、夜間の放射冷却を防ぎ、結露を防ぐとともに、壁や窓などによって冷やされた空気が下がって、床近くに冷たい流れを作るゴールド・ドラフトという現象を減らすことができます。特に室内側を熱伝導率の低い木製建具を使った内障子にすると、金属サッシの二重窓よりも効果があります。和紙と木でできた障子は、多孔性であるため、空気の換気と清浄化も自然と行っています。さらに吸湿性もあるため、室内の湿度変化をおさえ、湿度の高い日本の住宅にとても適した建具と言えるでしょう。ある意味障子は呼吸しているとも言えます。

障子紙の種類 美濃雑紙 書院紙 美濃書院紙 模様入りの障子紙

美濃雑紙。室内を明るくする採光を目的とした明障子は、透光性のよい薄い紙が良いが、破れにくい粘り強さが必要であり、また価格も安い物が好まれる。このような条件を満たす紙としては、壇紙(だんし)や奉書紙、鳥の子などは不適当で、障子紙としては雑紙や中折紙など、文書草案用や包み紙などの雑用の紙を用いた。中でも美濃紙は美濃雑紙と呼ばれて、多用途の紙として最も多く流通していたので、障子紙としても多用され、美濃雑紙が明障子紙の代表として評価されるようになった。
書院紙。明障子は書院造様式によって普及し、「書院の明障子」といわれたことから、明障子に貼る紙は、書院紙と呼ばれるようになった。書院造では、障子の格子桟の寸法が地方によって異なるので、書院紙は全国ほとんどの紙郷で漉かれたが、産地周辺で消費され、市場で流通することが少なかった。ごく一部が書院紙として流通したが、『和漢三歳図絵(わかんさんさいずえ)』(寺島良安編 1713年)には、「濃州寺尾より出るものもっとも佳し。防州之に次ぎ、奥州岩城、野州、那須、芸州広島また之に次ぐ。」とある。
この他に、因幡、甲斐、肥後、土佐、信濃などで産した書院紙が市場で流通した。この中では、美濃国、甲斐、土佐の書院紙が、今日でも障子紙の産地として命脈を保っている。『新選紙鑑』には、書院紙として美濃書院紙・美濃紋書院紙、安芸の諸口紙そして因幡書院紙をあげているが、中折紙、三つ折紙、大判紙なども書院紙として利用された。明治初期の『諸国紙名録』には多くの紙に障子用として注記しているので、このころでも全国の各地でさまざまな地域の建具寸法に合わせた書院紙が漉かれ続けていたことが分かる。 
美濃書院紙。『和漢三才図会』には、障子の項で、「濃州寺尾より出るものもっとも佳し。故に呼びて美濃紙と称す。以て書籍を写し 書翰を包み、障子および灯籠を張るのに 之にまさるものなし。」とある。濃州寺尾とは、現在の岐阜県武儀郡武芸川町寺尾である。『新選紙鑑(かみかがみ)』には幕府ご用の障子紙、すなわち書院紙の漉工として、市右衛門、五右衛門、平八、重兵衛の4人の名をあげている。美濃書院紙という名は、書院造とともに発展し、明障子に最もふさわしい紙として定着した。 
模様入りの障子紙。障子紙の中に、紋書院紙と呼ばれる透かし文様が入ったものがある。享保十七年(1732年)刊の三宅也来の『万金産業袋』の美濃国のなかに「紋障子」とあり、元文三年(1738年)刊の伊藤実臣の『美濃明細記』には、武儀川流域で紋透かし紙を漉いていたことが記されている。  
また安永六年(1777年)刊の『難波丸項目』に紋美濃そして同年刊の『新選紙鑑(かみかがみ)』のなかの美濃産紙の項に「紋障子」とある。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

   お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 全国にお伺い致します。

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
    8時〜20時まで    

施工可能地域

施工可能地域
   

障子はお部屋のフィルター
煙草の煙やほこり等を
どんどん吸着します。

   

 I様邸
畳、障子の張替え
おしゃれなお茶室に成りました

 Y様邸
障子の張替え
障子はお部屋のフィルターです。

 Y様邸
障子の張り替え工事を頂きました。

 H様邸
障子の張替え

 O様邸
障子張替え

 Y様邸
障子の張り替え交換修理

 O様邸
障子張替え

 N様邸
障子張替え

 K様邸
障子張替え

 A様邸
障子張替え

 K様邸
障子張替え

 H様邸
障子張替え

 K様邸
障子張替え

テレビや漫画でよくあるように、小さな子供にとって障子は恰好のおもちゃになります。指につばをつけてぷすっと穴を開ける遊びは小さな子供にとって楽しくなるのは仕方のないことかもしれません。壊したり崩したりすることは人間にとって快感ともいえるからです。
子供だけでなく猫にとっても同じようで、猫のいる家庭の障子がボロボロになっているのもよくみる風景です。飛びつくのが楽しいのか穴を開けるのが楽しいのかは不明ですが、とにかく猫にとっても障子は恰好の遊び道具の一つなのは間違いないようです。
しかしそこに住む人間にとって障子がボロボロのまま過ごすことは楽しいことではありません。小さな子供や猫と同居するということは障子が破られることは多少覚悟しなければならないことですが、それでも例えば親戚が集まるお盆や、お正月には張り替えをしたくなるものです。
障子というのは自分で張り替える人もいるくらいとても難しい作業ではありません。しかし満足いくように張り替えることは地味に難しいものなのです。はがすことは簡単ですが、のりをつけて新しい紙をピンと張った状態で貼り付けていく作業は慣れていない人にとっては根気と集中力を必要とする作業です。
プロにはプロの技と経験があるのは当然で、出来上がりを見れば素人とプロの違いは一目瞭然です。真っ白の障子がピンと張られた状態でお客様や新しい年を迎えることは、忘れていた心やだらけた心を入れ替えるきっかけになることもあるので日本人にとってとても大切なことなのです。

障子インテリアの新しい世界

「陰翳礼賛」という本があります。文豪・谷崎潤一郎が描いた、日本の生活についての鋭い考察が載っています。そのなかで、障子の不思議な光の感覚について、述べた部分があります。古くから、インテリアの中心概念である、光をうまく演出するのに利用されていると、書かれています。現代の障子は、破れにくいように特殊な加工をしてあるので、大変丈夫です。また、インテリアも昨今のモダン様式を取り入れ、新しく生まれ変わったものになっています。いわば、モダン和風といった分類に入るでしょう。障子は、巧みな光の演出により、微妙にあたたかでぬくもりのある空間を作り出します。また、紫外線防止効果もあるので、空間にうるおいを与えます。モダンな現代空間にマッチするように、さまざまな多機能性をそなえています。障子の仕上がりは、素人ではなかなか難しいものです。家庭大工よりも、プロによる仕上がりのほうが、見た目も美しく、また壊れにくく丈夫になりますので、プロの採寸におまかせしたほうが、結果的には安上がりといえます。障子が新たに見直されて、現代のモダンな空間に溶け込む時代になりました。障子は日本文化においても、大変ユニークなインテリアです。簡素なデザインは、シンプルかつ純粋に、日常の光の演出を提案しています。障子は光と陰翳の美しさを反映させながら、日常の美を醸し出しています。