交野市内全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも企業努力で全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。交野市内全域迅速にお伺い致します。交野市の襖ふすま、障子、網戸アミド(ネットディフェンス・マジックネット)、畳たたみの張り替え交換修理、修繕と新調を高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積もりさせて頂きます。畳と襖張替え.com


安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます

 (画像はイメージです)

網戸の張替え

今やどこの家庭にも付いているのではないかと言われている網戸は、日本の伝統ではありませんが、昭和の時代からアルミサッシが普及したことで一気に広まり、今や暮らしの中の1つとして定着しています。網戸がないと窓を長時間開けることができないと感じる人たちは多く、網戸があることで、虫を一切室内に入れない、そして風通しをよくすることができるのでこれがあると安心です。そんな網戸は、日差しや雨風が当たる場所に設置されているという状況ゆえに、劣化しやすいので張替えが必要です。穴が開くとそれをふさぐのは容易ではなく、全部張替えてしまった方が良いのです。
網戸の張替えは、職人芸であり経験のない人たちが簡単に張替えができるものではありません。もちろん見よう見まねでできないことはないかもしれませんが、美しい張替え、たるみが一切ない、そして理想とする網戸の素材をつけることができるので、耐久性も見た目の美しさにも、そしてより網戸らしい機能を発揮するという点で違いが出てきます。網戸の張替えの際には、高耐久素材や、網の目のサイズ、そして色合い、このような部分を業者と共に相談することができます。網戸張替えにより、窓を大きくしかも長時間開けっ放しにしても虫が入ってこないという、安全で不安のない室内を保てます。

網戸からお洒落にする事を考えてみる(お遊び)

網戸にシールを貼ってみたり色を少しだけ塗ってみたりする事によって網戸を自分でお洒落にする事ができます。これは誰でも簡単に行う事ができる網戸のイメージチェンジ作業の1つになるので、網戸をお洒落にしたいと考えている方は行ってみる事を前向きに検討してみると良いでしょう。シールは自分の好きな物を網戸に貼るだけで完成させる事ができます。女性の場合は網戸にハートマークや星のシールを貼る場合もありますし、男性の場合は自分の好きなアニメのキャラクターなどを貼る場合もあります。外から自分以外の人が見ても楽しむ事ができますし、部屋の中から自分で見る事によって楽しむ事もできます。網戸に貼るシールはそれほど高い物ではないので網戸をお洒落にしたいと考えている場合でもわずかな費用で行う事ができます。網戸に色を塗ってアートのようにしたいと考えている方は、油性のマジックなどの濡れても流れてしまわないような物を購入して網戸をお洒落にすると良いでしょう。自宅の構造上網戸が雨や雪に直接当たらないので水性でも良いだろうと考えてしまう場合もありますが、湿気などが影響してしまう事もあるので、必ず油性にすると良いでしょう。賃貸の場合は原状回復を
考えた上お楽しみください。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

畳に癒されて

畳の香りに癒される日本人は多いのではないでしょうか。 畳の上に横になり、い草の香りに包まれると、日本人で良かったと優雅で贅沢な気持ちにさえなります。畳は日本が海外へ誇るべきものの伝統あるものの一つでしょう。
最近では掃除のしやすさから、畳の雰囲気のみを施した簡易的なカーペット状のものが製品化されています。しかし、畳の良さは表面の雰囲気だけではなく、手触り、風合い、香りなどといった本来の良さは本物でなければ味わえません。
職人により作られた美しい畳を、業者により丁寧に配置された和室は艶があり、初めは足を踏み入れることを躊躇してしまうくらいですが、その部屋が心身共にかけがえのない特別な空間となることは間違いのないことだと思います。
洋室でももちろん寛ぐことはできるでしょう。香りも様々な芳香剤やアロマでも楽しむこともできます。しかし、畳の触り心地や天然の香りは、気負うことなく自然と私たちの生活の一部となり得るものであり、それでいて意識を向ければ和室の厳かさを感じ取ることもできる効果を持ち合わせています。
畳の不思議な効果を持続させるためには、定期的に表替えを依頼することも合わせておすすめいたします。植木に水をやるといった感覚と同じように、畳は天然の植物由来ですので丁寧に扱う程にその効果を増してくれるものです。

襖の張替えの時期とタイミングその目安はどのようなものか

襖が破れてしまったり食べ物や飲み物などをこぼしてしまって汚してしまった場合などに、襖を張替えた経験がある方も多いでしょうが、そうした事が無くても普通に使っていればそのうち襖は傷んできますので、タイミングを見計らって張替えなくてはなりません。しかし大きく傷や汚れが無い状態だと、つい後回しにしてしまってタイミングを逃してしまいいつまでもそのままというパターンがよくあります。襖の構造や使用環境によっても異なるのですが、基本的には使用して5年から10年に一度は張替えるもの、と認識しておきましょう。少なくとも5年以上経ったら、何時張替えても良いと思って差し支えありません。その上で、例えば襖紙の表面が色あせてきたとか、たるんだりしわが出来ているとか、縁の部分に隙間が出来ているというような、劣化による異常が見られるようになったら速やかに張替えをするべきと言えます。ちょっとした埃くらいなら掃除すれば取れますが、襖は紙や布が素材ですので、シミなどの汚れについては落とす事は難しいです。その一方で張替える事で新品状態にする事が出来るのが、ドアや板戸などとは異なる襖の特徴であるとも言えます。せっかくの襖の長所でもありますので、張替えの時期を逃すことなく古くなったと感じたら張替えてあげるようにしましょう。そうすれば襖も長持ちします。

障子の張替え

最近の家ではあまり使用している家は少なくなってきていると思いますが、和室や日本間のある家では必須の建具だと思います。そんな障子ですが、紙を貼ってあるだけの物なので、長年放っておくとどうしても痛んできたり破れてしまったりしてきて張替えの必要があります。張替えるのが大変な障子ですが、最近では簡単に張替えの出来るキットなどもホームセンターなどで販売されていて割と手軽に張替えが出来るようになっては来ましたが、普段、あまり扱った事がない物なので張替えにはある程度のスキルが必要となってきます。自分で張替えるとなると大変だったり、時間が無くて出来ないといった人もいると思います。そのような場合は迷わずに業者の方にに張替えてもらう方法が一番だと思います。自分も経験があるのですが、張替えは思ったよりも大変で障子が歪んでしまったり、撓んだりしてしまい、張替えに失敗してしまいとても後悔をしました。このような事がおきてしまわないためにもあらかじめ業者を探しておくと良いと思います。手軽な所だとホームセンターで受け付けてくれる店舗もあって、張替えを依頼する事が出来ると思います。ホームセンタではサービスカウンターがあると思うので、そちらに相談をして見積もりを出して貰って障子を張替えて貰った方が綺麗に仕上がるので障子の張替えを検討されている人は近くのホームセンターや業者に一度、相談してみると良いと思います。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


2013年12月1日現在の推定人口76782人の交野市の特徴や交野市の歴史

交野市とは大阪府北河内地域に位置する市です。特徴としては市の面積の半分を山林が占めてます。そして中央を南北に天野川が流れてます。近年では、JR東西線、第二京浜道路の開通が成功し、電車や自動車両面での交通状況の便利性に拍車をかけ、それに加え、自然環境の良さから年々人口が増加傾向にあります。現在の交野市の人口は推定76782人です。予断ですが、市のキャラクターはおりひめちゃんや星のあまん等が存在します。
交野市の有名な歴史として、神宮寺遺跡があります。市内の東北部に位置するのが神宮寺にある縄文時代の遺跡跡です。この遺跡からは特徴的な押型文土器が発掘されました。そしてその土器は神宮寺式土器と呼ばれるようになり、近畿地方を中心に各地の遺跡で同様の土器が発掘されてます。そしてまた交野が原も有名です。平安時代に交野市の北部から牧方市にかけての丘陵地のことを河野が原と呼び、皇室の遊猟地となり、桜の名所でもありました。
そして交野市では星に纏わる地名や伝説が多いのも特徴の一つです。有名な話ですが、徳川家康が織田信長の死を知って、明智光秀方からの追い打ちを逃れるために当時滞在していた堺から、自らの本拠の三河に戻る途中に、一時方のの星田に潜伏した、という言い伝えがあります。市立妙見坂小学校の敷地内の竹やぶには家康ひそみの藪という石碑が設立され近隣農民が応対したという文言が残っておりますが、近年は宅地開発が進行し、一帯の竹やぶは切り払われてます。
交野市の財政についてです。第二京浜道路が市を縦断することが決定した際、立ち退きを迫られる人々の代わりとなる土地を確保するにあたり、交野市土地開発公社が近隣の土地を先行して購入していましたが、実際は売却されずに残っているのが現状です。購入のために借り入れた資金を利息が膨大になり、不況や少子化等が要因となり、市税や固定資産税が減少したことも影響し、市の財政状況は危機的状況に陥りました。その負債の金額は予想だにしないものです。
国や大阪府からも土地開発公社の経営健全化を図るような強力な指導を受けた経緯もあります。現在の交野市長は、ありとあらゆる事業の見直しと財政改革を実行して、財政健全化にあたるとしており、そして実際には、交野市財政健全化計画の提案、交野市財政健全化緊急プラン等、財政再建団体への落胆は阻止しなければならないと強い意志を持ち、財政健全化に推進してます。そのような政策のおかげもあり、近年では一時期の危機的状況からは持ち直しています。

交野市は大阪府の東北部、大阪と京都のほぼ中央に位置しています。大阪市、京都市、奈良市までの距離が約20キロのため、交野市は古くからこの3都市の文化を吸収し、独特の風土を培ってきたまちです。交野市の半分が山地で占められており、交野市の中央を南北に天野川が流れています。 交野市には、星にまつわる地名・伝説があります。 その一つが天野川です。稲作が始まった頃にこの地を称えて「甘野」と言い、川水を甘野川と言った事が由来です。平安時代に遊猟に来ていた宮廷人が歌合せで、天の川になぞらえたことから天野川の名が定着したと言われています。ちなみに天野川にかかる橋の名前は「逢合橋」と呼ばれています。交野市には織姫を奉る機物神社が、枚方市には彦星を奉っていた中山観音寺跡があり、この中間点が逢合橋なのです。 星田という地名も、元々は用水不足で水田の耕作ができず「乾し田」と呼ばれていたのを、八丁三所の降星の伝説から、天界に広がっている美しい星の田に改称されたと言われています。 交野市にある交野山は「こうのさん」と呼び、交野市の象徴的な山です。頂上には観音岩と呼ばれる巨岩があり、大阪・京都方面を一望できます。夜は美しい夜景を見ることも出来ます。昔は修験者の修行の地になっていたらしく、岩のところどころに梵字が刻まれています。

交野市は人口7万6千人前後の、大阪府北東部にある市になります。面積の約半分が山林を占め、交野市の南北には天野川が流れているのです。元々は豊かな田園が広がり、近郊野菜の生育も盛んでしたが近年では田園地帯と住宅街が混然となった地区があります。1975年頃から人口が急増し始めた交野市は、かつてあった建築物の高さ制限を撤廃したのです。現在は4階以上を建築することも可能になり、マンションの建設が盛んに行われています。また隣接している枚方市とは、市街地などの中心地が近い距離にあることから政治や経済面での関係が密接です。そして交野市は、星に関する祭りや地名が多くある自治体でもあります。このことは平安時代の初期に活躍した僧である空海が、獅子窟寺で修行中に呪文を唱えたところ、交野市内の三か所に星が降ったという謂れがあるからです。それが妙見山と光林寺そして星の森であり、それぞれに交野市のパワースポットとされています。空海の修行場であった獅子窟寺も、交野市にある生駒山系の北麓にあります。そして星に関わりがあることから交野市では、星と天の川をモチーフにしたマスコットキャラクターが選ばれています。星が落ちたという伝説がある三か所の内の一つである星田妙見宮では、盛大な七夕祭りが毎年行われているのです。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 交野市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え修理工事例

 S様邸 障子張り替え
琉球畳新調工事

 I様邸
畳と障子の張替え修理工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 N様邸 畳障子張替え修理

お茶室の畳表替え工事

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
畳襖障子張り替え修理

N様邸
和紙表張替え修理施工