全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

静岡県駿東郡全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳の張替えでは外国産の畳も問題ない

畳の張替えでは、主に国産の畳と外国産(主に中国産)の畳に関して選ぶ必要があります。 そういった点について、全く気にしていないという人はいいのですが、品質の面で少なからず気にしている人は、この部分に関してしっかりと検討していきましょう。
品質の良し悪しでは基本的には国産の方が上であり、一般的には国産の方がおすすめとは言えます。 しかし、外国産の畳に関してそんなに問題か?というと、差をほとんど感じない人もいると思うのです。 外国産の畳に張替える際には、残留農薬の心配をしている人が一部でいるみたいですが、基本的にこれは過去の話です。
現代の技術においては、残留農薬のリスクはほぼ存在せず、安心して張替えられる、使用することが可能となっています。 したがって、少なくとも安全面において、外国産の畳に張替えることが問題と言える余地はほぼないので、ここは重要なポイントです。
あくまでも心地よさなどにおける品質で差が出る可能性があるだけですから、そこを気にするか?どうかの問題と言えます。 多くの日本人はやはり国産の方がいいと考えるかもしれませんが、その分値段が張るなどのデメリットもあるため、結局はトータルにおける好みの問題になってきます。 国産のものに張替える人が世の中では多いと思いますけど、外国産が絶対にダメとは言い切れないため、人によっては選択肢にしても良いと思います。 ただ、業者に依頼するときには、外国産の畳を扱っているところは少ない可能性もありますから、そこは注意してほしいです。

襖の修理について

1.襖の修理に関すること:家の中にある襖はちょっとしたことで穴があいたり、破ってしまったりするのが悩みのタネです。いっそ襖をやめて普通のドアにしようかなどと考えたこともありましたが、畳が敷いてある和室に木製のドアや鉄製のドアは似合わないし、どうせドアをつけるかな畳を取り払ってフローリングの床にしたら、ドアの設置してもいいのですが、床をフローリングにかえてしまう経済的な余裕はありません。以前襖の修理を業者に頼まないで、サイトの記事に書いてあるように見よう見まねで自分でやってみたことがありますが、結果は散々なものでした。そのことに懲りて、以後は襖の修理は必ずプロにお願いすることにしています。修理代を節約しようと思ったのが浅はかな考えでした。自分でやろうとして襖の修理のために必要な道具や材料などは結構高かったし、一応取り揃えて修理はしてみてものの、出来上がりはひどいもので、修理に罹った時間と費用を考えると割に合いません。襖がまたしても破れてしまったので、知り合いの業者に電話連絡をして修理に来てもらいました。業者の襖の修理作業を傍らで見ていましたが、その技術は鮮やかです。プルに太刀打ちできるはずがないのを今回も身に染みて感じました。
2.種類・歴史:襖の種類は和ふすま、量産ふすまがあります。和ふすまは組子骨ですが、量産ふすまには発砲系の芯、ダンボール芯、ペーパーコアー芯に分かれます。
3.施工方法:施工方法は和ふすまと量産ふすまで異なるので、プロに任せたほうがいいです。

和室暮らしに欠かせない障子とその修理

江戸時代よりもさらに前、平安時代前後から登場したと言われるのが日本の伝統的な建具である障子です。そんなに以前から障子があったというのは驚きですが、それが今日に至るまでしっかりと形を変えずに受け継がれているというのも驚きです。和としてのデザイン性の完成度の高さ、そしてそれだけでなく障子の持つ機能的な面が理解されているという点は否定できません。木と紙でできた障子は、その天然の素材ゆえの親しみやすさ、そして太陽の強い光を調整し、室内に適度な明かりをもたらすこと、外気からの断熱、そして仕切りにもなるし、目隠しにもなってくれます。メリットばかりであり、障子は和室暮らしには必須のものと言えるでしょう。とはいえ障子は繊細で修理を必要とするのも確かですので、その修理に定期的な費用がかかります。汚れ、破れ、色褪せ、これらのことが起きてきます。
障子は、襖よりも早く修理すべき時が来ることでしょう。だいたい普通に使っていれば5年前後で張替えが必要になります。婚約や法事といった親族が集まるイベントがある場合には、その前に障子を修理しておくことができます。障子の修理は素人では難しいので、専門の業者に依頼し、張替えてもらうのが簡単で確実で納得できる仕上がりになるでしょう。

網戸の張替え修理は気を付けなければならないことがたくさん

網戸の張替え修理を行うときに大切な工程の一つが古い網戸を桟からはがすことです。糊をゆるめて?がれやすい状態にしてから剥がすという作業になるのですが剥がし方に気を付けなければなりません。急いで剥がしてしまうと剥がし残りが出ることがあります。残った網戸紙も綺麗に除去しなければなりません。網戸紙を綺麗に取りたいあまり糊を緩めるための水を含ませすぎてしまうと桟が反るなどの変形が起きやすくなることもあり加減が難しいのです。網戸紙を剥がす工程だけではありません。張替え修理では新しい網戸紙を貼る際にも刃物を使います。もちろんその加減を誤れば桟を傷つけてしまうことになります。張替え修理の際に起こるダメージも積み重なればゆくゆくは大きなものになってしまいます。このように網戸の張替え修理では気を付けなくてはならないことがたくさんあるのです。その点プロの業者であれば様々な大きさや形状の網戸の扱いに慣れているため適切な加減を見極めることが可能です。見極めるスピードが早いということはもちろん張替え修理に費やされる時間や手間も減るということなので普段からの作業に慣れていない素人が行うよりもとても楽なので業者への依頼がおすすめです。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


金太郎の里、静岡県駿東郡

静岡県駿東郡は静岡県東部にあり清水町、長泉町、小山町の3町からなる人口約9万人の縦長の町です。静岡県駿東郡は沼津市・三島市という新幹線も停まる中規模都市に挟まれていることもあり、郡の南半分は密集した住宅地が広がっていてスーパーやコンビニ、病院などの生活インフラも整っています。また静岡県駿東郡は新幹線や在来線である東海道線は線路が通っているだけで残念ながら郡内に停車駅はありませんが、冒頭言ったように地形が非常に縦長の郡のため三島市内の駅や沼津市内の駅などへ徒歩圏の住民も多くいます。と同時に郡内には沼津から出ているJRの御殿場線もあるので、域外へのアクセスはとても良好で暮らしやすい町です。この地からはもちろん富士山がバッチリ見えるのですが、静岡県駿東郡と言えばマサカリかついだ金太郎でお馴染みの金時山を推したいと思います。富士山と比べてとても登りやすい山ですが、どっこい日本百名山にも選ばれる名峰で非常に素晴らしい景色を堪能できるトレッキングスポットですよ。また静岡県駿東郡には柿田川湧水群という名水地もありますが、ここは円形の特異な地形から水がコンコンと湧いていて他の湧水地にはない不思議な感覚のあるスポットです。周辺には売店やカフェなどもあって、立ち寄り観光スポットとしては最高のロケーションです。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 静岡県駿東郡迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え