障子の張替え

大阪市東住吉区全域で国内産上質障子紙使用の障子も
キャンペーン価格で熟練の技能士が丁寧に施工致します。

障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

  ●お見積りもスピーディーに無料対応しています。
   ●出張料や運搬費ももちろん無料です。

雪見障子も仰天価格で張替えます

 (画像はイメージです)

それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
   ※サイズは幅90cm×180cm
が基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ下さい。
 

雪見障子

一部がガラスになって
いて、その前の
障子部分が上げ下げで、
開け閉めできるものを
雪見障子と言います。

クリックして下さい

  

●障子の柔らかい、人に優しい光は、癒されます。

障子紙は光の透過率が40〜50%といわれています。丁度ガラスのような透明なものと、壁などの遮断物の中間にあり、日光の暖かい感じを残しながら、直射日光を適度に遮蔽してくれます。
そして、障子に差し込んだ光は、各方向に散乱してどの方向から見ても均一に美しく明るく見え、室内全体を同じ明るさで、優しく包んでくれます。この和紙は強い天然繊維を不規則に重ね合わせて作りますので、繊維間に不規則で多くの隙間が出来ます。
この為、障子は独特の柔らかな風合いをかもし出しています。


日本の伝統美と和モダン

障子は、襖ふすまと同じように部屋の
間仕切りとして使われますが、その大きな違いは
採光にあります。遮蔽性を保ちながら、やわらかい光を取り入れることで部屋全体を優しい空間にします。最近は洋間と組み合わせて、やわらかいお部屋を演出する事も有るようです。

組子の組み方や、障子紙の選び方により、
実に多くの趣をを味わうことが出来ます。

 ■障子紙の効果

障子は定期的なメンテナンスが必ず必要になってくるものです。きちんとメンテナンスをすることで素晴らしい障子を活用することが出来ます。自分で障子のメンテナンスをする人もいますし、プロである業者に依頼する人もいます。こうした障子の価値はとても大きなものです。一軒家であれば必要不可欠なアイテムになっています。子供のいる家庭などでは、こうした障子が破れてしまうことは多々あります。動物がいる家庭などでも定期的なメンテナンスが必要です。
きちんと障子を活かすことで、和風なインテリアにしていくことが出来ます。外からの光を部屋の中に取り込んでいくことにおいて、こうした障子はとても多くの人に必要とされているものになっています。障子は様々な用途に活用することが出来ます。現在の住宅事情などにも最適なものもたくさんあります。破れにくいようにされているものや、デザイン性を重視したものなど様々なものがあります。こうした色々な製品があることも大きな魅力になっています。
障子をきちんと利用することで紫外線を軽減させていくことが出来ると言われています。インテリアとしてガラスと組み合わせたものがとても多くの人に支持されています。障子を利用することは様々なインテリアの可能性を広げていくことが出来ます。こうした障子には色々な工夫をしていくことが可能になります。和室には必要不可欠なアイテムとしてとても人気があります。最近では和室も人気があるのでこうした障子を利用していくことはとても大事です。
日本文化としてとても古い歴史があるものです。現在では、こうした和テイストを好む人が増えているので再び障子の需要はとても大きなものになっています。障子という文化はとても素晴らしいものになっています。障子をきちんと活用することは、とても大きなメリットがあります。障子を活用することで、魅力的な部屋を作っていくことが可能になります。障子には潜在的な需要があります。需要があるのは、やはり素晴らしいからです。
そもそも長い間多くの人に活用されてきたことから国内の住宅事情にもっとも適しているものです。定期的にメンテナンスをしていくことで清潔感のある部屋にすることが出来ます。またメンテナンスが簡単ということもこうした障子の大きな魅力になっています。障子はとても多くの人に必要とされているものです。とても素晴らしい機能性とインテリア性を持っている住宅には必要不可欠なものになっています。住宅は様々な工夫で変化させていくことが出来ます。


障子紙は自然に空気の清浄をし、吸湿作用により湿度の調整を行っています。
湿気が多い日本の住宅に大変適した建具といえます。

(断熱効果)


障子は、光の透過率が40〜50%といわれており、ガラス窓に比べて直射日光を半分くらいに減少させます。 夏季の冷房時に、冷房効果を高める利点があります。また、冬季には熱損失も約半分に減少し、暖房効果も高まります。

(照明効果を高める)


障子を通して入る日光は、均一に拡散し、カーテンやブラインドでは出せない柔らかな光となります。
また、障子は光の反射率が35〜40%といわれており、夜間の部屋の明かりを反射して照明効果を高める効果があります。



                                        人気の破れにくい障子紙も 多種取り揃えています。 まずは、お問い合わせを!

丈夫な障子紙も色々あります

破れにくい障子紙

最近増えてきたのが、強化障子紙と
言われる破れ難い 障子紙です。

 小さなお子様がいらっしゃるおうち

最近破れ難い障子紙を求めるお客様が増えています。
和紙にビニールなどの樹脂を貼り合わせたものや、硬いプラスティックを貼り合わせたり、挟み込んだもの等があります。
その構造により強度などに違いがありますので、それぞれの特性も
考え合わせてお選び下さい。

■破れにくい障子紙には、材質や加工方法に
 よって様々な種類があります。

■丈夫な強化紙 
     

(無地と雲竜紙があります)
破れ難く水にも強い!破裂強度は一般の障子紙の約4倍です。
通気性を抑え、汚れ難い性質もあります。

■プラスティックをラミネート
   

  (無地と雲竜紙があります)
和紙にプラスティックにをラミネート(貼り付け)しています。
和紙の特徴を残しつつ丈夫な品です。


 ワーロン 無地       雲竜
    実際はもっと白に近い色目です
■プラスティックで和紙をサンドイッチ
    

 (無地、雲竜紙や日本の伝統色シリーズ等)
和紙をプラスティックで両面からラミネート(貼り付け)しています。
耐水、耐久性に優れています。
照明器具など広く使われています。  

柿色山吹色柿渋色桜色濃藍鶸萌葱

障子は一説によると、平安時代に襖から派生した建具と言われており、現代まで和風の住宅には欠かせない存在となっています。広い空間を障子で仕切る方法で、昔から目隠しや明かり取りとして多用途に使われてきました。今でも、古い町並みが美しい場所では必ずと言っていいほど障子が使われており、木枠と白い和紙の美しいコントラストが懐かしさを呼び起こします。現代では洋風の住宅が普及し、障子に代わってカーテンが多くみられるようになりましたが、今回はこの障子の良さと上手なメンテナンスについて書きたいと思います。
 障子の良さとは何と言っても、光を柔らかく遠し部屋を明るく見せることです。外部からの視線を上手にさえぎって、なおかつ部屋に自然な明るさを取り入れることができる昔ながらの機能性は大変画期的なものです。また、障子紙は自然素材なので吸湿性や換気能力があり湿度を調節する役割も果たしています。ジメジメした日本の気候に適している存在なのです。しかし、和紙で出来ており大変繊細なつくりのため、ちょっとした衝撃ですぐに破れてしまうことも多いのです。実際、小さな子供がいる家庭にお邪魔すると、かなりの確率で破れた障子を目にすることがあります。
 障子が破れてしまったり、長期間使用することでの日焼けや汚れが目立ってきた場合はメンテナンスが必要です。一番ベーシックな方法は和紙を張りかえることです。古い障子紙に霧吹きなどでしっかり水分を含ませて2〜3分おくとはがれやすくなりますので、下からゆっくりはがします。きれいにはがせたらぬれタオルなどで桟を拭いて残った紙を丁寧に拭き取り、よく乾かします。次に汚れ防止のために床に新聞紙などを敷いて、セロテープで障子紙を仮止めします。仮止めした障子紙は巻き戻し桟の横に置いておきます。その後、桟に専用ののりを付けて一気に転がし貼り付けます。余分な紙をカッターで切り取り完成です。
 現在では、障子紙の種類も大変豊富になりました。一般的なものはパルプにレーヨンなどの素材を混ぜたものが多く流通していますが、化学合成繊維で出来た破れにくい障子紙やプラスチック製の障子もありますので、小さな子供がいる家庭ではこういったものを活用するとよいでしょう。また、ほんの少しだけ破れてしまった場合は、桜の花びらなどの可愛らしいデザインの専用の和紙が販売されていますので、破れた箇所に貼り付けると破れた部分も気にならずお部屋が華やかになります。
 障子は破れやすくメンテナンスにも手間がかかりますが、柔らかな光と情緒あるたたずまいは日本人だからこそ味わえる伝統と文化なのです。最近では近代的な住宅も増え、住宅街を歩いても障子を使用している家庭はなかなか見られなくなりました。しかし節電の影響もあり、昔ながらの日本の暮らしが見直されています。小さな子供やペットのいる家庭ではなかなか維持が難しいかと思いますが、破れにくい障子紙を使用したり、現代風のアレンジでおしゃれに障子の良さを味わってみてはいかがでしょうか。

お問い合わせフォームは24時間受付です。


障子の張り替えについて

日本家屋の特徴的な建具、扉、窓として障子があります。木枠に和紙などを張り付けており、外からの明かりを取り入れることができます。そんな障子の張り替えについては、主に業者への依頼が一般的であると思われますが、最近では自分で張り替える方も多くいるようです。それは張り替え用の障子や道具などが、ホームセンターやディスカウントショップなどで販売されるようになっており、簡単に求めることができるところが理由としてあると思います。また張り替えも意外と簡単に行なえ、順序を守ればきれいに仕上がり格安で賄えるところも魅力となっているのではないでしょうか。その方法は、まず古い障子を剥がしていく作業から始まります。障子の裏面から木枠に沿って水で濡らしノリを浮かせていきます。しばらく置き、ゆっくり慎重に剥がし、木枠をきれいに拭きます。その後、障子を仮止めし木枠へノリを付け張り付けていく作業を行います。ハケで障子を伸ばしながら張り付けるとピンと張った仕上がりになるようです。そして余分な箇所の障子をカッターなどで切り取り乾燥させると完成となります。数をこなしていくうちに要領を得られたり技術が向上するので一度試してみるのもいいかもしれません。

大阪市東住吉区

大阪市東住吉区はなかなか評判もよくおすすめできる街です。 人通りが多く人間関係に関しては人情味があると言うような感じの街で話しかけやすい街です。人通りが多い上にやはり多くの人は話しかけやすいと言うことなので一石二鳥でとても良いと思います。非常に良い街の1つでもあります。将来すもうか考えてる人はいちど見にいかれて置かれると良いでしょう。大阪市東住吉区はなかなか自然もよく自然豊かでいい街並が揃っているという感じです。 インターネットの曲を見ても特に悪い評価などはなくなかなか住んでいて良かったと言う人や訪れた人も食事など特に不満なく食べられたと言う人やおいしかったと言うコメントが多いです。 また食べログを見れば分かりますが美味しい店などもあるみたいです。 図書館もあるので学生のうちに調べたいものがあると言う方にもお勧めできます塩津ので暇ができた方にも立ち寄ってみるとお勧めできるところです。 大阪市東住吉区はネットでの評価も高く良いところでしょう。 大阪市東住吉区にすもうか考えている人はいちど見にいかれて住民などに話など聞いてみると返答は良いとか言ってくると思います強いと思います。大阪市東住吉区はなかなかよい街でしょう。


                                               

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 お電話1本で、駆けつけます。

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
      8時〜19時まで        大阪市内全域にお伺いします

施工可能地域


   

障子はお部屋のフィルター
煙草の煙やほこり等をどんどん吸着します。

   

大阪市東住吉区 F様邸
障子張替え

大阪市東住吉区 I様邸
畳、障子の張替え
おしゃれなお茶室に成りました

大阪市東住吉区 T様邸
障子張替え

大阪府堺市 Y様邸
障子表替え

大阪市北区 G様邸
ふすまの張り替え

大阪市東淀川区 A様邸

大阪市東住吉区 Y様邸
障子の張り替え交換修理

障子の意味は、遮る物です。文字通り外からの熱、紫外線、視線を遮ります。カーテンですと、昼間必要以上に暗くなってしまいます。また、風通しを考えて、レースのカーテンだけですと、夜は外から丸見えです。その点障子ですと、断熱効果もありますし、シルエットはわかるものの、家の中が外からはっきり見えることはありません。それに多くの和室には障子が付けられていますが、天然素材でできているため温度と湿度の程よい調整をしてくれるので、カーテンより畳にカビが生えにくいからです。障子の張替えは、はっきり言って大変です。障子をはずし、浴室か外で桟や外枠から濡れた雑巾などで障子紙を取り除きます。濡れた木枠が乾いてから、障子のサイズに切った障子紙を専用の糊で貼っていきます。しわができないようにピンと貼り、最後に余分な紙をカッターなどで取り除いていきます。簡単そうに思えますが、いざ自分でするのは一苦労です。今は障子の数も少ないので時間と費用を考えると、ここはプロにお願いすることをお勧めします。昔は、ただの和紙でしたが、今は、小さな子供やペットにも破かれないような強度のあるものもあります。その他に、明るいもの、紫外線カットしてくれるもの、燃えにくいもの、布を張ったものなど種類も豊富になりました。業者に相談すれば色々な提案もしてくれるので、忙しい年末になる前に考えてみてはいかがでしょう。

お洒落な障子

障子に関しては、透かしが入っている事が特徴でありお洒落です。デザインについては、花柄や動物など多岐に渡るので、買う側にとっては魅力的となります。もちろん、低価格で売りに出されており、気軽に買い求める事が可能となっています。障子に関しては、破れやすい事が特徴なので、生活をする際には配慮をする事が求められます。特に、子供がいる世帯は障子を破りやすいという事を肝に銘じておく事が大事です。もしも、障子が破れてしまったら、張り替えをする必要があります。のりなどの色々な物が必須となるので、事前に購入しておく事が重要となります。これが、スムーズに障子を張り替える為のポイントです。古くなった障子紙を丁寧にはがす事が、仕上がりを綺麗にする為のコツであるという事を理解しておく事が要求されます。また、新しい障子紙を貼り付けたら、時間をかけて丁寧に乾かす事が大切です。乾かす事によりシワを取り除けるという利点があり、仕上がりが綺麗になります。このように、基本的な情報を知ってから障子の張り替えをする事がトラブルを防ぐ為のコツです。障子は外からの光を通す事が魅力となっており、部屋を明るくする事ができます。結果として、気持ちよく暮らせます。

京・大阪の上方歌舞伎と江戸の歌舞伎の関係について

京や大阪を中心とした上方歌舞伎と江戸歌舞伎の違いはその町の住民にあります。京や大阪の歌舞伎であれば、その町人が商いする中で必要な合理性・論理性、あるいは強調性が表現され、江戸の歌舞伎では武家文化を背景に様式美が重視される事にあります。それは演目の表現でも現れており、例えば仮名手本忠臣蔵、六段目での例を一つ上げると、武士の勘平の幕切れでは、京や大阪の歌舞伎では勘平を問い詰めた千崎・原を見送りに這っていき落ち入り、江戸の歌舞伎では勘平は手を組みおかやにだきかかえられて落ち入るなどの違いがあります。全体的な違いとして、京や大阪の歌舞伎には先に上げた合理性・論理性・強調性があり説明や理由が必要となる。対する江戸の歌舞伎は様式美に基づきさっぱり(粋がある)している、となります。当時の京や大阪の町人からすると江戸の歌舞伎は物足りなくなり、上方歌舞伎を見る武士からすると京・大阪の歌舞伎はしつこく・くどいの印象を感じることも合ったようです。江戸時代の頃からすでに京と大阪、そして江戸の歌舞伎は互いに座で公演を行い交流していたことが知られています。当時の京や大阪の歌舞伎の中心地は、京では四条河原の南座、大阪では道頓堀に拠点が有り格の高い中・角を中心にして廉価の大西・角丸・若太夫・竹田などの座が行われていました。この中では今も南座が存在していますが、道頓堀の芝居小屋はほほ消滅しており、今は国立文楽劇場と南座において上方歌舞伎が上演されています。話を戻します。京や大阪で上方歌舞伎が隆盛を誇っていた頃、当時の大阪では新しい大阪独自の文化が生まれています。それが人形浄瑠璃、今の文楽です。この人形浄瑠璃が上方歌舞伎を抑え大人気を博すると、上方歌舞伎は浄瑠璃の演目を歌舞伎化することで乗り切るとともに、当時人気になりその後の主流となる「歌うよりも語る義太夫節」を採用し、義太夫狂言あるいは丸本物などといわれ現在でもその演目が残る重要な変化となっています。さらに上方歌舞伎では義太夫節の導入だけでなくその舞台にも改良を加えています。その改良が廻り舞台・強盗返・せり出しです。廻り舞台は舞台の中央にある円形の舞台を表と裏にわけ、必要に応じて回転させゆっくりと場を変化させる、強盗返は床にあらかじめ背景を描いておくことで必要に応じて引き上げ素早く場を変化させる、せり出しは人力で大道具を上下させたり役者を舞台に登場させる仕掛けです。この上方歌舞伎で発案された仕掛けは、当時互いの座で交流してた江戸の歌舞伎に大きな影響を与え、今現在でも歌舞伎の舞台装置として利用されています。また、戦後の上方歌舞伎が後援者減少、役者育成の失敗、人気歌舞伎役者への集中公演とその後の人材流出によって危機に陥った際、東京の歌舞伎関係者が支援と協力をすることで上方歌舞伎の再建につながっています。