仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円と
全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、東北から九州まで、
全国にスピーディーに対応します。

兵庫県南あわじ市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

品質を落とす ことなく徹底的に  材料代と施工費を 見直しました。

畳表(ゴザ)と縁を新品と張り替えます 畳たたみの表替え大特価!! ■当店通常価格5,000円のところ    期間限定  2,200円  もっと詳しくみるサイズは五八間 

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。CLICK

ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!!

国内産 ふすま紙使用

襖ふすまの張替えを仰天価格でお届けします。
 国内産襖ふすま紙使用 襖ふすまの張替え  ■当店通常価格2,500円のところ  1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!
国内産上質紙使用 障子の張替えを仰天価格でお届けします。    ■当店通常価格2,300円のところ 1,450円
もっと詳しくみるサイズは三六尺
網戸の張替えも激安で請け賜ります。 網戸の張替え ■当店通常価格2,300円のところ

1,450円                             サイズは三六尺

ゴムが劣化している場合の交換は別途実費です。
(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



 日本人の暮らしに欠かせないもの言えば、畳です。和室には必ず使用されています。イグサの香りと落ち着いた雰囲気でリラックスすることができます。   畳は、敷いて使われていた茣蓙などの総称でしたが、平安時代に据え置きに変化しました。古くから日本では愛用されていたのです。
 畳の作りは三つの構造からなっています。まずは畳表です。これは藁を乾燥させて糸と一緒に織り込んだもので茣蓙とも呼ばれています。次に畳床です。これは藁を重ねて板状にしたもので、この上に畳表を巻いて使うものです。藁以外の材料で作られるものも増えてきています。最後は畳縁です。畳縁は全体の強度を上げるためにつけられた布状のものであります。この畳縁は、装飾も豊富で様々な種類があり。これを替えるだけで部屋の雰囲気が変わります。 
 畳は、この構造によって高い断熱性と保温性を備えています。そのため冬でも暖かいのです。では夏では暑いのかといえばそうではありません。高い断熱性のおかげで外の熱を遮断してくれるおかげで熱くないのです。さらに湿気を吸収し、乾燥しているとその湿気を放流してくれる優れものです。
 このように四季の季節に対応できる便利で快適なものを日本人は愛用してきたのです。 

襖と言えば、日本家屋には欠かせない伝統的な建具です。しかし、和室が減って洋風建築が主流の現代では、障子以上に見かけることが少なくなってしまいました。襖はそもそも部屋と部屋を仕切る間仕切りの役目をしているので、和室が続いていないと使用することはほとんどないでしょう。現代の生活スタイルに合わないから、襖はもう古いと考えている人も少なくないでしょう。しかし、襖には日本の良さがぎゅっと詰まっていて、インテリア性も機能性もとても優れているのです。まず、襖は大きく開け放つことができるので、ドアと違って通気性に優れています。人がたくさん集まったときなど、部屋と部屋を二間続けて使うこともできますよね。また、襖には様々なデザインがあり、好みの柄や、色を選ぶことができます。壁一面に使用されることがほとんどなので、襖のデザインによって部屋の雰囲気が大きく変わります。張り替えも可能なので、時々変えて楽しむのもいいですね。このように、襖は日本の伝統文化を見直すきっかけを与えてくれます。これから家を建てようと考えている人は、取り入れてみてはいかがでしょう。北欧スタイルのお部屋も良いですが、襖や障子に囲まれる暮らしは、やはり落ち着くのでまないでしょうか。




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


兵庫県みなみあわじ市は、兵庫県で最南端にある市で2005年1月、三原町・緑町・西淡町・南淡町が合併して市制を施行した。人工48000人、総面積229.2km2の規模である。中央庁舎は、旧三原地域にあり。2014年現在新庁舎を建設中である。この旧三原エリアは島内でも、比較的平坦地にあり、島の穀倉地帯を形成している。米の他、特に淡路タマネギの産地として有名であり乳牛飼育の酪農も明治中期以来の伝統を持ち、牛乳生産量も多い。この地は『古事記』の国生みの神話に登場する地で、この神話にちなむ「おのごろ島神社」も町内にある。早くから淡路の政治・文化・経済の中心として栄えた地で、町内には国の史跡・旧跡にとみ、また「淡路人形浄瑠璃」発祥の地でもある。
旧南淡町は、名前の通り淡路島最南端の町で、日本一の急流で知られる鳴門海峡を挟んで、四国徳島県の鳴門町と向かい合っている。町の中心部の福良港は、天然の良港で四国連絡の玄関口として、また鳴門観潮の起点として重要な役割を占めている。漁業ではタイ・海老・アワビが収穫され、農業ではビワ・ミカン・水仙などが栽培されている。
旧緑町は、淡路島のほぼ中心地に位置して、なだらかな丘陵地帯が多く島内唯一の放牧場神牧場があり、十数頭の乳牛がのんびりと草を食む風景が見られる。
旧西淡町は、古くからひらけた町で反正天皇の産湯に使われたと言われる霊泉や寿永のむかし平通盛の後をしたって鳴門の海に身を投げ出した小宰相局の墓など、古い歴史に彩られた記念物が数多く残っている。鳴門ワカメ。玉ねぎ等の産物も有名である。
(淡路人形浄瑠璃)
淡路人形浄瑠璃は、今から約400年前、淡路の市三条部落の「でく回わし」百大夫が、従来、名人上手の後継者によってさらに磨きあげられ、郷土色豊かな古典芸能として国の重要無形文化財に指定されている。現在、国の代表的な芸能とされている大阪の文楽も淡路の人、植村文楽軒が大阪に進出してつくり出したもので、いわば淡路人形浄瑠璃は文楽の母体と言うことが出来る。淡路人形は、文楽よりも人形の形が大きくより郷土色が豊かなことから、全国的に熱狂的なファンが多い。現在、洲本市の観光会館や市の人形座では、随時この人形浄瑠璃を上演しており、観光客を楽しませている。
(おのごろ島神社)
伊弉諾命(イザナギのミコト)・伊弉冉命(イザナミのミコト)を祀る。古事記の「国生み」の神話によると主祭神の2神が天の浮橋から天の沼矛でまだ、固まっていない日本のもとと成った国土を、かき回して引き揚げた時、矛の先から滴り落ちた塩が積って出来た島が「おのごろ島」と言う。2神はこの島に天より下って、次々と日本の国土を生んだ。このおのごろ島は、本居宣長は『古事記伝』の中で淡路岩屋の絵島だと説明している。しかし絵島の南の大和島、あるいはこの神社のある丸山、洲本市の先山、南淡路島が日本の神話の中で特別の位置を占めていることを物語っている。また淡路島が朝廷が緊密に結びつくなかで、国生みの神話が大和朝廷の神話の中で体系化されていった。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 兵庫県南あわじ市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え


お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工


T様邸 畳襖ふすま張替え