生駒市内全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で全国でもトップクラスの激安価格、料金を実現しました。
生駒市内迅速にお伺いします。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!   

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

  安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

家には長く住んでいると、補修が必要になってくることがあります。よく言われるのが、外壁、屋根などについては、10年を区切りに見直したほうがよいといわれます。これrは、自分で回収するとなると、経験と技術が必要になることから、できるものについてのみ、自分で対応することです。特に、網戸などは自分で張替えることができるものであり、初心者でも簡単に取り組めることから、経験してみるとよいかもしれません。網戸は、枠と網とそれを止めるゴムで成り立っています。特に接着剤を使用する必要もないことから、気軽に取り組めるものです。これらの資材は、ホームセンターで販売されているので、簡単に手に入れることができます。網戸の網については、最初に計測しておく必要があります。網戸にぴったりのサイズの物は、まずないため、切ってサイズを合わせて使用することになります。網戸よりも少し大きめの網を購入して、サイズ調整するわけです。網戸へ取り付けるときには、網を網戸の上に置き、ゴム枠にゴムとともに押し込んでいきます。なるべくゆがみがないようにすると、あとから見た時に、きれいに目がそろった状態になります。網戸の一部がつっぱった状態になっていても、再度緩めて調整すれば、きれいになるので、安心してチャレンジできます。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸
は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

今でも根強く残る畳

一般的に家具は国の文化に強い影響を受けています。和室で使われている家具にも様々な歴史があります。畳も長い歴史を持った道具なので、古い家の中に残されていることが多いです。そういった道具を使うためには交換をすることも重要です。畳は古くなると危険なのでプロのメンテナンスが必須です。国内に残る畳には様々な種類が存在しています。これらが使われている理由には家の状況も関わっています。つまり畳を使っている従来の部屋は、簡単には改造することができないのです。だからその場所で以前の畳を使い続けるようになります。また畳をメンテナンスすれば新しい性能を得ることも可能です。現代では高度な家具のメンテナンス方法が浸透しています。そういった作業をするプロたちにも高度なテクニックがあります。実際に畳の交換をする際にもプロたちは大いに活躍しています。今なら格安で交換の作業が依頼できるので、一般人たちの負担も軽減されています。こういった環境が従来の畳を使い続ける理由に含まれています。国内の畳は品質が高いので価値もあります。今ではそういった道具に歴史的な価値を見出す人間もいます。この現実を深く理解しているなら、家の中の畳を残しておくことが基本です。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



生駒市民から見たベッドタウンとして全国一位の県外就職率を誇る生駒市

奈良県生駒市は奈良県の角に位置する人口12万人ほどの街です。生駒市の12万人という人口は奈良市、橿原市に次いで奈良県では3番目に多い数となっています。東には奈良県の県庁所在地である奈良市が、北は京都府と西は大阪府との県境となっているため、生駒市はベッドタウンとして全国的にも有名な街です。平成22年に行われた国勢調査では、県外就職率が56%と全国1位となっています。そんな生駒市を今と昔を比較しながらどのような街なのかについて説明していきたいと思います。
生駒市には以前からベッドタウンとして県外や生駒市外に就職する住民が多かったのですが、一昔前はもう少し自然の多い街でした。しかし、路線が新たに開通し、また道路も整備されていくことにより、どんどん住民が移住してき、以前は田んぼや森だった場所は開発されどんどんマンションや住宅が建てられるようになりました。もちろん、人口の増加にともない生駒市の行政のサービスが充実化し、便利にはなったのですが、自然のあった以前の街の姿が少し懐かしいと感じさせられます。
生駒市がベッドタウンとして有名になったのは、奈良市や京都府、大阪府に近いということも理由にありますが、それだけではありません。交通も優れているためです。道路では、1981年以降無料化されている阪奈道路が通っており、電車については大阪方面に向かう路線は2つもあります。また、最近では大阪を通り越し、兵庫県まで直通したことでさらに利便性がさらに高まってきています。ただ、生駒市は生駒山の麓にある街であるため坂が非常に多く、最近増加している自転車での通勤をするのは少し難しいと言えます。
生駒市の街の雰囲気ですが、先述した通り以前に比べれば開発が進んだため、閑静な住宅街とは言いにくいものになっています。しかし、新たに建てられる建物はマンションや住宅などの居住用建物が多く、ビルやショッピングセンターなどの商業系の建物はあまり建てられないため、生駒市は人口の割には落ち着いた街になっています。ですが、大きなショッピングセンターがないわけではありません。少し車を走らせた所にはあります。また、人口の増加と共に新たな店舗の出店も見られるようになってきました。
このように生駒市は、住宅が多く、まさにベッドタウンという表現通り、生駒市外の地域に仕事に出掛ける方が寝に帰ってくる街となっています。しかし、人が集まる所にはビジネスのチャンスがあるため、これからは様々な店舗が建てられてくることが予想されます。20年以上この生駒市に住む住民としては、昔の緑がたくさん見られた街の姿を懐かしく感じていますが、利便性が増し、成長していくこの街の将来に少しわくわくする気持ちも感じさせられています。

奈良県生駒市では、地区特有の文化や地場産業、食文化が栄えています。その中でも特に有名なものが、茶せんです。茶せんは室町時代から伝えられる技法を用い、茶せん師の巧みな手さばきと長年のかんで作られます。1975年には伝統的工芸品として国からの指定も受けています。その他に生駒市の特産品として、茶道具、編み針などの竹製品があり、それらの製造が盛んです。 生駒市には名水とうたわれる生駒の地下水で作られた地酒や、高山かきもちをはじめとする和菓子や洋菓子など、食文化においても独特のものがあります。 生駒市の西にある生駒山は生駒市のシンボルとして、気軽に楽しむことができるハイキングコースが整備されています。自然や文化財に触れ、森林浴やバードウォッチングなどを楽しむことのできるコースになっています。 生駒市の観光コースとしては、美しい日本の歴史風土100選にも選ばれている棚田の風景や暗小越奈良街道を巡るコースの他に、茶せんのさとである高山のコース、日本最古のケーブルカーに乗って宝山寺、生駒山上遊園地に遊びに行くコースなどがあります。 生駒市は南北に細長い地形ですが、北部・中部・南部でそれぞれ違った趣を持っているのも面白いですね。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230


畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません

施工可能地域

施工可能地域

 施工・工事の事例です

奈良県生駒市 T様邸
畳表替え 障子張替え

奈良県生駒郡 W様邸
襖張替え

奈良県生駒市 S様邸
畳表替え 襖張替え

奈良市 料亭 H様
畳表替え

 S様邸
畳とふすまの張替え工事 

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 M様邸
たたみの表替え 施工事例

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 S様邸
畳表替え施工事例

襖は、日本の伝統的な建具の一つであります。広い部屋を仕切る戸であり、また可動式の壁とも言える機能的なものです。その構造はシンプルで、木でできた骨組の枠に紙や布を貼り合わせ、きわめて軽量にできております。
襖は、「襖障子」または「唐紙障子」と呼ばれます。地域によっては「唐紙」と呼ばれることもあります。これは中国伝来の障子が、より日本の風土に適した建具として進化したものとされています。日本独自の建具といえます。
襖(ふすま)の語源は、「臥す間」であるとされ、寝所の間仕切りに用いられた建具であるといわれます。平安時代の寝殿造りでは、几帳、屏風、簾などで簡易な部屋の仕切りを行っていましたが、寝所の仕切りに襖が用いられるようになります。
室町時代以降に生れた書院造りでは、襖と障子が部屋を仕切る主要な建具となります。この時代に日本建築の和室の原形が確立されます。鴨居と敷居のそれぞれに設けられた二本の溝で開閉や取り外しが自在という機能もこの時代の工夫です。襖には、様々な装飾が施されました。「襖絵」などの絵画が代表的です。特に書院造に多く見られる「金碧障壁画」は、金箔地に多種多彩な色を用いた豪華な装飾画で、狩野永徳など優れた芸術家が手掛けた物が後世に伝え残されています。

生駒市の駅で駅員さんに助けてもらった

高校を卒業後の春休みに生駒市の方まで友人と電車を使い出掛けました。目的としては春から通う大学までの時間を知るためと周辺で募集しているアルバイトがないかを探すためでした。生駒市にある大学までは自宅で調べていた時間の通りでしたが、通学時間の電車内の混み具合は想像を超えていて、初めての電車通学に不安を感じたのを覚えています。生駒市の駅周辺や学校近くでもアルバイトできそうな店舗も複数あり、学校の確認もして満足したその日の帰り道に大変だったのが生駒市まで電車の乗り継ぎをした経験がお互いになく、乗り越しの精算の仕方が分からず、駅の改札をどう出れば良いのか迷ってしまいました。結構長い時間、生駒市の駅に滞在していたせいもあり親切な駅員さんが声を掛けてくれたので事情を話したところ、分かりやすく乗り継ぎの仕方を教えてくれて助かりました。地元では無人駅の場所も多いため、親切に対応してくれた駅員さんに感謝をしています。その後、大学に通い出した際には生駒市の駅員さんと何度か顔を合わせる機会もあり、お礼を伝えて挨拶するようになり通学がとても楽しかったです。気付いたときには生駒市の駅で顔を合わせる機会もなくなり寂しく思いましたが、生駒市で最初の思い出となっていて今でも忘れることができない良い記憶です。