京都府八幡市内スピード対応!!

京都府八幡市での畳ふすま障子網戸アミドの
張替えは熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
国産畳おもても激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。
   無料でお見積りさせて頂きます。まずはお電話を!  

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理、修繕と新調。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!!

 (画像はイメージです)

生活によっては使う道具を選ぶことが大事です。実際に家に適している道具を使うと性能を引き出せます。網戸を使う時も周囲の環境に注意することが重要です。この網戸は色々な環境で使えるので直に確認すべきです。特に問題がない環境に網戸を導入すれば、より長く機能を維持できるのでお勧めです。家具の性能はそれを使う空間に影響されます。身近な和室で使う道具の性能も、同じように周囲の環境と深く関わっています。特に網戸は家の大きさによって使い分けることができます。またサイズを確認することが網戸を上手く使う秘訣です。網戸を使う時にサイズを確認しておけば失敗を避けられます。家具の品質やデザインは流行にも影響されることが多いです。しかし和室は現代の流行には影響を受けない存在です。実際の網戸を見ても昔と同じデザインになっています。これはそういったデザインの方が網戸の性能を引き出せるためです。無理をしてデザインを変更しない部分も網戸の魅力です。一般的に身近な家には大きさがあるので、道具の選択にも関わっていきます。網戸を使うなら大きな家の中では機能を発揮できないことがあります。この扉は普通の家庭に適したサイズになっています。それを考えて道具を選ぶと将来的にも後悔しないです。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

調湿効果がある畳はカビに注意

畳の表面はい草で出来ていますが、い草には調湿効果があります。調湿効果とは空気が乾燥している時にはい草が吸収している水分を放出し、湿気が多い時には水分をい草の中に取りこむという性質のことで、自然と家の中の湿度調整を行ってくれる優れたものです。しかしこの調湿効果のせいで畳にカビが生えてしまうことがあります。現代の住宅は気密性が高くなっているため、部屋だけではなく家の中から湿気が逃げにくくなってしまっています。そのため畳の部屋が閉め切ってあると湿度が高くなってしまい、畳にカビが生えてしまいやすくなるのです。さらに新しい畳ほど調湿効果が高いので「新しい畳に変えたのにカビが生えた」ということになりやすいのです。 対策としては毎日畳が置いてある部屋の襖や窓を開けて空気を通すようにすることです。これだけでもカビの予防効果が期待できますが、あまり風が通らないという場合には半年に一度ほど天気のいい日に天日干しをすることで畳に含まれている水分を乾燥させることができるので、カビの発生を防ぐことができます。また、専用のカビ防止スプレーも販売されていますので、それらを利用して新しい畳を気持ちよく使えるようにしておきましょう。

襖は定期的に貼り替えましょう

風化が進んだ現在の日本の住宅ですが、それでもひと部屋だけ和室が設けられていることは珍しくありません。和室には襖がつきものですが、襖がきれいだと気持ちよくすごせます。破れなければ襖紙は替えなくていいと思っている人が多いですが、そうでもありません。手あかなどで汚れます。破れの有無にかかわらず、定期的に貼り替えるようにしましょう。DIYで作業すれば、かかるお金は微々たるものです。ただ、DIYで襖を貼り替えるのは素人には難しいと思われています。しかし、最近は素人でも簡単に貼り替えができる襖紙があります。初めてでも思いのほか簡単に貼り替えることができるでしょう。ちなみに、襖紙はホームセンターに行けば買えます。建具屋にしか置いていないと言うわけではありません。襖を貼り替えるときは、いくつかの道具が必要になります。しかし、専門的な道具は必要ありません。カッターやマイナスドライバー、ハケやカナヅチなど家にあるものでOKです。万が一なかったとしても、どこでも売っているので入手するのに苦労はしません。安く済ませたいなら、100均を利用しましょう。今やカナヅチなどの工具類も100均で売られるようになりました。

お客様のお話

住宅を綺麗にするためにハウスクリーニング業者を使って綺麗にしてもらった事があったのですが、それでも部屋の中があまり綺麗になっていないと感じたことがありました。
というのも自宅をハウスクリーニング後の自宅を見渡すと、襖に穴があいていて、それが物凄くみっともなくなっていたからです。
襖の穴については、自宅で飼っている室内犬が穴をあけてしまったことによります。
なのでより自宅の見た目を良くするためにその襖をの穴を修繕しようとその時試みました。
しかし、全く持ってその知識がなかった私はどうやってそれを改善すれば良いかも分からず結局諦めてしまいました。
そこで、私達が使ったのが襖の張り替え業者です。
業者に依頼をすれば必要な道具などを新たに購入する必要も無くなりますし、業者の方が張り替えてくれるので仕上がりについても物凄く綺麗にしてもらえるだろうという期待もありました。
そこで、業者に依頼をすると、年末間近の忙しい時期だったにも関わらず快く快諾してくれて、すぐに張り替え作業を行ってくれました。
おかげハウスクリーニングで住宅は綺麗になり、襖の穴も無くなって自宅が見違えるほど綺麗になったという体験があります。
利用して本当に良かったです。


京都府八幡市の歴史と自然の調和

京都府八幡市は、京都府の南部に位置する地域です。そこは大阪府に接隣する境界に接している地域でもあります。ですから30分の交通機関での移動から京都と大阪の両県が満喫できる地域でもあるのです。その京都府八幡市は、自然と歴史が調和した市として生活環境が良好な地域です。その為に子育てや快適な環境生活には最適な地域でもあります。また京都府八幡市は、観光としての魅力の溢れる市でもあるのです。それは歴史に富んだ古い神社が存在するのですが、その長い歴史が魅力的な観光の名所ばかりです。
そして神贋寺や正法事などの歴史のある寺院の探索も満喫出来ます。そこでは静寂の時と歴史の情緒が、感じられる場所でもあるのです。その京都府八幡市の観光を案内してくれる観光協会がありますから利便性の良好な市のサービスです。それに夏の風物である太鼓祭りは、1818年の文政の時代から始まった歴史ある祭りです。その特徴は、雄大な太鼓を打ちならしながら町を巡る勇敢な祭りであるのです。また長い歴史と庶民との風習の調和から育まれた祭りは、京都府八幡市の季節的な名物でもあるのです。
また天皇に献上する野菜を栽培していた歴史から地域の場所に祭りとして、ずいぎみこしの祭りがあります。これも787年桓武天皇からの時代に社を建築したことから始まった歴史ある地域だからこそ、始められた祭りです。そのために京都府八幡市の風土や習慣を学べる祭りの風景でもあるのです。それは古都京都である地域性と風習を体感出来る儀式なのです。ですから保存会によって、今後も未来に受け継がれる素晴しい歴史的な祭礼でもあるのです。
その他に桜のきれいな時期には、探索が楽しめる通りや風景があります。また紅葉の時期には、自然を楽しめる色合いが人々を魅了するのです。そして京都府八幡市のおいしい特産品では、走井餅という和菓子があるのです。それは走井の京都特有のきれいな湧き水を使用して作り上げた餅です。それから名水で刀を鍛えた伝説から刀の形をした作りからの和菓子でもあるのです。その和菓子にも伝統と歴史が感じられますし、おいしい甘さと食感が人気のお土産でもあるのです。
それに歴史的背景からヒントを得た、ういろうや源氏巻きなどの特産品のお土産も好評です。そして京都府八幡市の特産品の野菜などを使用した八幡巻きの寿司もあるのですが、このように常に歴史を感じさせてくれる食文化も存在するのです。そこでは自然と歴史の調和と言う京都府八幡市の特徴を象徴しているものばかりです。そこから京都府八幡市の生活環境の快適さの実証が出来るのです。京都府八幡市には、タイムトラベルした時間と時が止まったかのような静寂が、忘れていた現在社会には不可欠な存在の市です。

自然と歴史のまち、京都府八幡市

日本三大八幡宮というのがあります。これは、八幡宮の総本社である大分県宇佐市の宇佐神宮、神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮、そして京都府京都府八幡市の岩清水八幡宮です。 この岩清水八幡宮は、京都府八幡市の西部にある男山山頂に859年着手、翌860年に創建されました。岩清水八幡宮は、徒然草や源氏物語、今昔物語などにも登場しており、古来より信仰されてきました。2012年には、国宝として指定されています。 また岩清水八幡宮のある男山には、豊かな自然と歴史遺産に親しむことができる散策路があり、こちらも人気があります。ちょうど京阪電鉄の京都府八幡市駅前には観光案内所や男山ケーブルの駅もあります。京都府八幡市の気候も一年通して比較的温暖ですので、散策にも丁度良いですね。 京都府八幡市は京都と大阪から約30分の距離にあり、休日にハイキングで散策するにはちょうど良い場所です。自然が多いので四季それぞれの表情が楽しめ、岩清水八幡宮をメインとした歴史散策や、パワースポット巡りもできます。 京都府八幡市の特産品に筍と梨があります。ただ最近は宅地開発が進んでおり、農地は少なくなっているようです。ちなみに京都府八幡市の観光PRキャラクターは、タケちゃんノコちゃんという岩清水八幡宮の社に住む筍の妖精です。 なお、京都府八幡市は「やわた」と読みます。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。携帯・PHSフからも繋がりますフリーダイヤル0120-057-230 携帯・PHSからもかけられます


クリックして下さい

畳Qestion

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて
激安価格の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 八幡での畳たたみ襖ふすま障子の
張り替えは当店で!

   アフターケアもご安心下さい。

【年中無休・受付時間】
8時〜20時まで
お見積もり無料 出張料も要りません            

施工可能地域

  京都府施工可能地域

 

京都府八幡市 S様邸
畳表替え 襖張替え

京都府八幡市 Y様邸
畳表替え

京都府八幡市 M様邸
畳襖の張替え 

 S様邸
お茶室 畳表替え

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 M様邸
たたみの表替え 施工事例

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 S様邸
畳表替え施工事例

 S様邸
襖の張替え

 H様邸
畳、襖の張替え工事

鳥居前町として発展してきた京都府八幡市の魅力

京都府八幡市は京都府南部にある人口約7万2千人を、有する地方都市の一つになります。しかし京都府八幡市は京都府に属していながら、市域の端は大阪府に接している部分が多いのです。この立地条件により、1970年代頃には京阪電気鉄道が開業され大阪市方面に近い地区に大規模な団地が造成されます。大規模な団地造成と大阪市への通勤が、しやすいというメリットにより京都府八幡市の人口は一気に増加したのです。実際1970年以前の人口は、2万人を超える程だったのに1975年以降からは増加した記録が残されています。京都府八幡市は大阪市の、ベッドタウンとして都市化が進んだ自治体です。しかし元々は860に創建された石清水八幡宮の、鳥居前町として発展した歴史ある土地になります。独特の構造を持つ八幡造りと呼ばれる社殿を、始め楼門から本殿と多くが国宝と指定されている由緒ある神社が京都府八幡市内にはあるのです。日本三大八幡宮の一社として今も多くの信者を得て、京都府八幡市民に大切にされています。大阪市及び京都市に近い立地条件から、ベッドタウンとしての需要が高く減りつつはありますが農業も盛んです。京都府八幡市は桂川・木津川・宇治川の三つの河川が合流する地に、立地していることから水源が豊かにあります。昔から京都府八幡市は米や野菜の生育が盛んでしたが、筍や梨の生産にも取り組んでいるのです。