襖ふすま

 大阪市浪速区の襖の張替えは、大阪圏最安値の当店で!!

 襖ふすま紙には鳥の子と織物系とがあります。
鳥の子の場合、原料や製紙方法や模様付けや印刷・加工方法によって普及品から最高級品まで非常に幅広く揃っています。
襖の張替え只今キャンペーン中!!

襖紙には、手漉きの和紙から機械漉きの普及タイプまで非常に多くの種類が
揃っています。
また織物系のふすま紙もあり、織糸の種類や撚糸の数さらに印刷やの後加工の
方法により高級なものから普及タイプまで多くの種類が揃っています。
織物系襖紙
それぞれの価格については、お気軽にお問い合わせ下さい。
※サイズは幅90cm×高さ180cmが 基準です。
これ以上のサイズはお問い合わせ
下さい。



クリック>>襖ふすまの種類

                 お問い合わせメールフォーム

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


襖ふすま紙について

■鳥の子襖紙の種類

新鳥の子襖紙

新鳥の子(普及品)

パルプ紙で漉きも柄付けも機械なので、
価格もリーズナブルです。
種類も多く揃ったお求め易い商品です。
  
襖ふすま紙

上新鳥の子(中級品)

上新鳥の子は機械漉きのため比較的低価格です。漉き模様や後加工による多くの柄や材質があり、種類については一番ボリュームがあります。

鳥の子襖紙

鳥の子(高級品)

本鳥の子が手漉きで作られるのに比べ、鳥の子は機械で漉きます。さまざまな技術によって紙の風合いも、手漉きに近いものが出来ます。

手漉き本鳥の子襖紙

手漉き本鳥の子(最高級品)

本来は手漉きの雁皮紙をさします。
その色合いが鶏卵の殻の 淡黄色に似ているところから鳥の子と呼ばれました。
現在は雁皮や三椏、木材パルプ等を混ぜたものもあります。

(画像はイメージです)         雁皮(ガンピ)の花
和紙襖の原料がんぴの花

雁皮紙(がんぴし)は、ジンチョウゲ科の植物である雁皮から作られる和紙です。

雁皮の成育は遅く栽培が難しいため、雁皮紙には野生のものの樹皮が用いられます。古代では斐紙や肥紙と呼ばれ、その美しさと風格から紙の王と評される事もありました。
繊維は細く短いので緻密で緊密な紙となり、紙肌は滑らかで、赤クリームの自然色(鳥の子色)と独特の好ましい光沢を有しています。
丈夫で虫の害にも強いので、古来、貴重な文書や金札に用いられました。日本の羊皮紙と呼ばれることもある様です。

引き手

引き手は、開け閉めの際の襖紙の傷みと汚れ防止の役目があります。
引き手は、手加工の貴金属や陶器の
ものからプラステック製の廉価なものまで多種多様に揃っています。

引き手 引き手引き手引き手引き手 陶器製 引き手引き手引き手

襖(ふすま)は、中国から伝わった障子が寝殿の間仕切りとして使われるようになり、
中国から伝来の、隠蔽性の高い厚手の唐紙が使われるようになり、貴族社会に普及して行きました。
平安時代の貴族達の住宅様式は、部屋の中に仕切りを作らず、通気性を優先した
寝殿造りと言われるものでした。
今で言うパーティションとして、屏風などを使用していました。
やがて屏風などに代わるものとして、障子が中国から入ってきました。
 そして寝所に使われる障子を衾(ふすま)と呼ぶようになりました。
当時寝所のことを「臥す間(ふすま)」と呼んでいました。
 「衾(ふすま)」は元来「ふとん、寝具」を意味するものであった為です。
襖の語源は衣服のあわせから来ています。衾(ふすま)も最初は板状の衝立の両面に
絹裂地を張りつけたものだったので、衣服にならって襖(ふすま)と呼ぶ様になりました。
初期の形状は、かまちに縦桟や横桟を組み両面から絹布などを貼ったものでしたが、
やがて中国から伝わった厚口の紙(唐紙)が襖に使われるようになり、襖と障子が明確に分かれて行きました。その為、襖のことを唐紙と呼ぶことがあります。  
また、障子は明障子(あかりしょうじ)と呼び分けられる事もあります。
 武士の時代になり、襖に絵を描き華やかな部屋を演出するようになって行きました。
そして今に残る数々の襖絵が描かれ有名絵師が登場しました。
そして江戸時代になり、豪商たちが襖を使うように成り、少しづつ一般の庶民にに広がって行きました。


■襖は日本の美しい伝統技術で再確認する襖の素晴らしさ

いくら世の中の変化がめざましいといっても、襖と関わりをもっていない日本人はいないといえます。それほど襖は日本人の生活と深い関わりをもっています。しかし、その襖について考えてみる日本人は少ないです。あまりにも身近にありすぎて、日本人の生活に溶け込んでしまっているからです。襖は、座敷の世界に独特の空間や味わいを生み出します。造形の美しさが部屋に落ち着きや格式を与えます。
職人が丹精を込めて入念に造り上げられた襖には、技術の集積や製作者の造形へのあざやかな手運びといったもの、あるいは座敷としての味わいや美しさを感じられずにはいられません。襖には、空間に独特の粋を作り出す表現の豊かさがあり、出来映えの妙をみせてくれます。襖はあまりにも身近になりすぎて、無意識になっているのが実情です。伝統や造形への創意工夫を集積してきた襖の技術の妙があるのです。
襖は日本人の生活習慣のなかで、普段は目立たない存在でありながら、軽視することのできないものです。襖のある座敷から生活作法が生まれて、茶道は育まれ、社会的な秩序を形成する土壌にもなったのです。襖のある空間のひろがりは、造作の丹念さや柄の妙など、その技術そのものから生じているといえます。そのような意味でも伝統を重ねてきた襖の技術の見直しは、古くて新しいテーマといえます。
襖の素晴らしさを探ることや、長年にわたって集積してきた伝統技術の妙技を新しい時代に生かしていくことが、今後ますます必要になります。座敷のもつ安らぎ感や落ち着き、静かな佇まいといったものが、襖の存在と切り離して考えることはできません。襖のある座敷の味わいや美しさを知り、日本住宅における素晴らしさを再認識し、より良い座敷への欲求思考が高まることは、日本人にとって素敵なことです。
襖が単なる住宅部品ではなく、より良い座敷空間を作り出すための座敷造形です。襖という日本独特の造形は、日本人の生活の知恵によって生み出された傑作といえます。襖の伝統性や気候風土との適応性、そして生活への結びつきといったものを考えてみると、襖という日本独特の造形を表現するには、そのような言葉がぴったりと当てはまります。今こそ再び襖の魅力を再確認することが、グローバル社会だからこそ大切になってきます。

畳と襖の調和と建築に対しての襖などの関係性

襖の起源を追うと、最も原始的な形式は開口部を必要に応じて塞ぐことのできるものです。そして屋内の空間を仕切って部屋を作るためには土壁以外に、仮設的で可動的な壁が誕生したのです。そしてそれを開いて出入りができ、また必要に応じて全部取り外し屋内を広く使用することもできるのです。こうした関係から襖は、建築に対して構造的関係はもたないのです。これは畳と共通する点があります。
それは畳が古く円座、菰にはじまって、置き畳へと推移していく過程と襖が共通するのです。つまり源氏物語絵巻などに見る当時の住宅にあっては、畳は高貴の人、あるいは見上の人に対する高座として敷く置き畳として、板敷きの床に一部敷かれていたのです。現在の座布団に相当する役割から進化、発展してきた流れをみると、畳も襖同様に、当時は建築に対して構造的関係はもっていなかったといえます。
襖と同列の屋内空間を装飾装備する道具として、共通的な立場にあったといえます。畳や襖に関しては、置き畳などの敷きつめる段階に入り、近年は住宅産業下における一部勢力となりながらも、住宅建築に関し建築士もしくは大工の多くは畳や襖の制作に関して、畳業者や襖業者に一任し、建築生産の一環として、畳や襖をとらえようとしています。昔は襖の制作に関しては、経師と呼ばれる表具師にその制作が一任されていたのです。
それは襖が建築に対して、構造的関係をもたないからだということは先にも述べましたが、畳についても江戸時代をはじめとした武家社会、あるいはそれ以前の貴族社会にあって畳刺、畳師として、その技術が重宝がられ、時代の推移する昨今にあっても畳、襖、あるいは表具の世界は技術がしっかりと温存され、伝統性の一面を見せています。畳と襖は、日本建築の内部構造、近年ではインテリアを作り出すものという考えもあります。
そして畳と襖は、その歴史に共通性を多く残しており、日本の住宅建築の平面と立体を構成する主力要素として現在の存在価値を高めています。またその調和システムに日本在来住宅の特徴があると言わしめるまでに成長してきているのです。近年における畳と襖がその伝統性を脱却して、建築生産の一環として徐々にではありますが、その立場を見直される傾向は、日本住宅建築の多様化も関係しています。

大阪市浪速区の特徴

大阪市浪速区は、近畿地方にあるところとなっています。ここは戦後、日本橋が焼け野原から電気街として発展してきたという歴史がありますしかし大阪市浪速区では、産業構造の変化などがあり、中小企業や工場が主体となっている地域の活力が低下し始めてきたという背景があります。大阪市浪速区には大阪球場やクボタの工場、このほかには港湊町駅の貨物駅などがありましたが、これらはすべて再開発の対象となっています。バブルが崩壊した跡は、これらの再開発に関しては少し速度が遅くなりましたが、2000年代以降にはその速度が進み、大阪市浪速区には超高層マンションやオフィスビルや商業施設の開発が行われるようになっています。大阪市浪速区では中小工場の廃業が多くなっていましたが、日本橋では大規模電気店や梅田の大きなカメラ店などが登場したことにより、家電店が撤退に追い込まれたという背景があります。新世界といわれるところは、現在では繁華街としては古くなっていますが、戦後の雰囲気を味わうことができるところとして、観光客がたくさん来るようになっています。ここや比較的地価が安くなっているという特徴があるので、アジアやヨーロッパやアメリカなどからの出稼ぎ労働者が多くなっています。

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃない」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 大阪の襖の見積もりお電話1本で、駆けつけます。

お見積もり無料 出張料も要りません

  アフターケアもご安心下さい。

大阪市浪速区迅速にお見積もりさせて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい

施工可能地域

大阪市内全域にお伺いします。

大阪市浪速区 K様邸
襖張り換え

大阪市浪速区 Y様邸
襖の張替え 

大阪市浪速区 H様邸
襖の張替え

 F様邸
襖張替え、畳表替施工 事例

 I様邸
襖張替え、畳表替え工事

不思議の街大阪  
私鉄とホテルに驚いた日

先日、大阪に出張したとき、ちょうど大学の受験と何かの学会の日に当たったらしく、大阪市内のホテルはどこも予約が取れなかったのだ。長年大阪には何度も出張しているが、ホテルが予約できなかったのは初めての事であった。そもそも大阪には本当に数多くのホテルが存在している。ビジネスホテルから高級ホテルまで様々であるが、その日は普段は泊まる対象として考えたことの無い旅館まで予約が取れなかった。出張の予定を変えることはできず仕方なく、大阪市内で宿泊することは諦めて、大阪の中心部から少し離れた場所に宿を取ることにしたのだ。大阪駅前は良く知っているが、それ以外の場所には足を踏み入れたことはない。しかしながら背に腹はかえることはできない。仕事の予定を変えることはできないのだ。初めて乗った大阪の私鉄は家路に急ぐ人で一杯であった。大阪の私鉄の中の会話はやはり、関西弁で溢れており普段乗り慣れている電車とは大きくその雰囲気が違った。この街に限らず、様々な場所で電車に乗るがその場所場所によって大きく社内の雰囲気が異なる。大阪の私鉄は大阪の私鉄にしかない雰囲気を持っていた。何が違うのかははっきりわからないのだが、何かが違うのである。そもその大阪の私鉄の色はなぜか、濃い色の電車が多い。電車の色からして不思議なのだ。私鉄乗って初めて降りた大阪府下の街は通い慣れた大阪駅前とは全く雰囲気が異なる街であった。その時初めて分かったのだが、大阪駅前というのは、当然ながら大阪に住む人も多く居るのだろうが、出張や旅行でやって来ている人も多く居るに違いない。そんな中に紛れ込んでも特に何も感じないのだが、帰宅を急ぐ人々の中に入って知らぬ街へ行くのには知らぬ間に緊張を強いられていたに違いない。関西弁を喋ることが出来ないことが周囲にばれることを知らず知らず恐れていたのかもしれない。会社にも関西人は多く居るし関西弁にも慣れているつもりで会ったのだが、その時は、初めて本当の大阪に身を置いたよう気になったものである。今まで経験した大阪は、よそ者に対しての大阪であったのかもしれない。乗った私鉄の中は紛れもなく普段着の大阪であったのだろう。初めて降りた街でチェックインしたホテルじゃフロントマンまでもが関西弁であった。考えてみれば関西のホテルにはそれこそ数限りなく宿泊してきたが、フロントが関西弁であるというのはそれこそ、初めての経験であった。