全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

半田市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)

網戸はどのご家庭の窓にも必ずついていますし、夏場には特に活躍してくれる必需品ですよね。網戸は蚊やハエ、その他の虫から人間の生活を守るために一般家庭に普及していったものであり、江戸時代~明治時代に広く使われ始めたとのことです。網戸の元となったのは蚊帳ですが、蚊帳より簡易的で使用しやすいのが特徴ですね。しかし、網戸が十分な効果を発揮するには、やはりお手入れが必要になってきます。網戸と一言で言っても、色んな種類がありご自宅に一番マッチするものを選ぶ必要があります。最も一般的なものがパネルタイプで、ホームセンターで購入したパーツで自分で張替えることも出来るようです。しかし、いざ網戸が破けてしまったため張替えが必要になった時、一番頼りになるのが業者さんです。家にある網戸が一斉に要張替えになってしまった場合などは得にプロにお願いするとよいでしょう。プロに依頼するメリットとしては、とにかくスピーディーという点です。自分で張替えをされる方もいらっしゃると思いますが、不慣れであれば時間はよりかかってしまいますよね。しかし業者さんの場合は1枚当たり5分前後と大変な速さで仕上げてくれます。仕上げりも、たるみや歪みのない仕上げりになりますので、網戸の張替えを検討されている方は、プロに依頼するのが賢い選択だと思います。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳(たたみ)の張替などについて

畳(たたみ)が敷かれた和室などで長年生活していると、だんだん劣化していくものである。そういった場合には交換をするのだが、これは自分で交換することができる人もいると思われるのだがお勧めできるものではない。
では、どういった時に畳(たたみ)の交換をすればいいのかというと、変色してきたときやへたってきたなと感じたときに交換すると良いだろう。 また、畳(たたみ)の交換は専門の業者に依頼して交換してもらうことをお薦めする。
なぜ畳(たたみ)店などの専門業者をお薦めするのかというと、一口に畳(たたみ)の交換と言っても各部屋の大きさや形など、その部屋の状態に合わせて畳(たたみ)を加工したうえで、作業をしなければならないからである。
その作業は一見すると簡単そうに見えるのだが、素人には到底真似のできない畳(たたみ)職人の熟練された技術が必要だからだ。 素人の人の中にも張替ができる人もいるとお思うが、細かな仕上がりなどを比べてみた場合、やはり職人の仕事には遠く及ばないだろう。
何が言いたいのかというと、畳(たたみ)の張替が必要なのだったら、専門業者に依頼した方が確実に安心できるし、畳(たたみ)事態も自分で張り替えるよりは長持ちするだろう。 ただ、工賃などの費用が余計に掛かってしまうが、仕上がりなど総合的に考えてみれば専門業者に依頼することをお勧めする。 

襖の張替えは慎重に業者選びをする

和室に欠かせないものの一つに、襖があります。襖は紙でできているため、経年劣化が目立つアイテムです。家に襖がある家庭では、模様替えやリフォームのために手軽に襖紙を張替えることができます。シミができていたり、桟の跡がある、襖紙の色が日焼けして茶色っぽくなった、襖紙の剥がれや破れが気になる、カビが生えたなどの悩みに対しても、張替えが有効です。
張替えで気になるのは、業者に依頼するときの襖交換にかかる費用です。依頼する業者によって金額に大きな差があります。そして、新しく張る襖紙の種類によっても違ってきます。襖紙の種類は豊富にあり、部屋に合うデザインや機能性で選ぶことができます。グレードが分かれており、和紙や織物、材質によって価格が異なるためです。安いものでは数千円で探すことができます。高価なものでは、数万円するものもあります。襖の張替えでは、予算や用途に合わせて選べるようになっています。
業者に依頼するときは、具体的な費用を知るために、見積もりをすることが大切です。見積もりは無料で行っているところが多いのですが、中には出張費を請求されたり、見積もり後にキャンセルができないところもあるため、業者選びは慎重に行いたいものです。さらに、襖の張替えの依頼を行った後に、もっと高いものをすすめてきたり、追加費用を請求されるなど、見積もりが変更になる業者もあります。見積もり後は金額の変更がない業者を探すこともおすすめです。

襖の張替えで室内の印象まで明るくチェンジ

日本家屋にとって間仕切り材として存在をする襖は特別なもの、欠かせない存在といっても過言ではありません。新築時は真新しく美しさが際立っていても、年数と共に色あせる感じはあり、思い切って依頼をしたのがプロによる襖張替えのサービスです。障子くらいなら何とかなるとしても、襖の張替えは素人では到底満足のいく出来栄えにはなりません。襖の歴史を調べてみると語源は平安時代にまでさかのぼり、当時の衾からきているそうです。施工方法として業者による襖の張替え方法は、上に紙をペタッと張るような簡易的なものではないです。襖にある枠を丁寧に外して、施工をする際にうけ紙を貼る工程も忘れません。プロの張替えの仕上がりの美しさは、うけ紙のステップを怠らないことも大きいと感じます。うけ紙をすることで、襖紙をしっかりと引っ張り作業ができるためです。これだけでも素人には、簡単にできることではありません。年数が経過したから家の中が古く感じると思っていましたが、理由はそれだけではありませんでした。プロに襖張替えを依頼して仕上がった後、室内がぐんと明るさを増したためです。ある程度の費用は掛かっても、プロによる襖張替えは室内の印象までよくする、納得の素晴らしい腕前だと実感しました。

多機能の能力にて節約を促進できる障子。

障子とは、昔から日本で使われている部屋の扉です。障子にも、さまざまな特徴があります。まず、障子は保湿性と断熱性が高いです。障子は直射日光をやわらげる効果がある為、夏には断熱性をとても感じられます。これにより室内の温度の上昇を減少させ、冷房などの使用を少なくすることができます。また、冬には保湿効果をとくに感じることができます。とても乾燥する季節だからです。障子は採光性が高いことも長所です。太陽の光をやわらげますが、光をすべて遮断はしません。よって、室内が明るく保たれます。これにより、照明などを付ける必要が少なくなります。また、採光をしているときも、外から室内を見られることはないのでプライバシーも保護されます。これらのことにより障子を活用すると、年間3万円程度の節約をすることが可能です。電気代金を安く抑えることは家庭にはとてもありがたいことです。また電気を使用しないことで環境にも優しい生活をおくることができます。最近では障子もたくさんの種類がでてきています。昔は障子といえば和風なイメージしかありませんでした。しかし、最近では洋風な雰囲気の障子などもあり、さまざまな種類の部屋に活用できるようになっています。

網戸の張替えは切ったり張ったりするので

網戸はどうしても網が緩んでいたりしますとどうしてもその機能が大分減ることになります。破れていたりしますと全く網戸として意味がなさなくなります。ですから、そんな時には張替える必要があるのですが、この張替えがとても面倒でもあります。そもそも網は網戸の型枠にハメられているものという形になりますので、まずはそれを外す必要があります。そして綺麗に網を入れなければならないということになるのでできないわけではありませんが、素人がやろうとするとどうしてもそんなに綺麗にはならないということが多いです。せっかくなのですから、いっそのこと業者にお願いするようにしましょう。網戸の張替えにどうしてもお金がかかってしまうことにはなりますが、それでもかなりしっかりとした張替えをお願いできるようになります。ホームセンターなどで張替えるのを請け負っていたりとか内装屋なんかがやっていたりすることもあるので色々な所を探してみると良いでしょう。最近では防虫効果の高いなんかもありますから、やぶれていなかったとしてもそろそろ変え時かなと思った時には変えてしまうのも一つの手です。網戸がしっかりとしていますと虫などをしっかりとガードできるようになります。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


伝統行事と食品産業の町半田市

愛知県の知多半島の付け根に位置する半田市は、人口約11万7千人の中規模都市です。港湾都市として、明治期以降知多半島の行政の中心を担ってきました。また、半田市は中京地域の鉄鋼や自動車産業の中核でもあります。
2005年以降、常滑市にある中部国際空港の開港によって、隣接する半田市は企業の営業所も多く設置されました。それにともない、人口の流入など名古屋市の郊外としての性格も強まっています。 半田市は、全国ではじめて「非核・平和都市宣言」を行った市でもあります。
半田市を有名にしている企業といえば、食酢メーカーのミツカンです。古くから味噌、酒、醤油など醸造業の盛んだった半田市周辺ですが、江戸中期に酒粕を用いた食酢の生産がはじまり、江戸や各地に流通するようになりました。食品産業の町としての礎はその頃生まれたのです。
半田市は、児童文学者である新美南吉の出身地でもあります。1994年に「新美南吉記念館」が建てられ、今上天皇もご訪問されています。 半田運河沿いには、日本で唯一の酢の博物館「酢の里」があり、醸造酢の歴史を知る貴重な場所となっています。
祭事として、5年に一度重厚な山車が半田市内を練り歩くはんだ山車祭りが有名です。また、毎年3月に行われる乙川祭り、国の重要無形文化財に指定されている亀崎潮干祭りなど、多くの祭礼が残る伝統行事の町としての一面も持ちます。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 半田市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え