全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

苅谷市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)

網戸の最も大きな役割は防虫にありますが、自宅や職場で網戸を使用しているのに、虫がやたらと室内に入ってきてしまって困っているという方もいるのではないでしょうか。網戸が防虫になるのは、細かいネットに阻まれて虫が室内に侵入できないためですが、当然ネットの網の目より小さな虫なら通れます。網戸のネットの網の目は、製品によって大きい物から細かい物まで種類があり、仮に大きめのネットを使用してしまっている場合には網戸をしていても小さな虫が入ってきてしまいますので、そうした場合にはより目の細かいネットに張替える事で虫を防ぐ事が出来ます。特に古いネットは現在のネットより網の目が大きい事が多いので、張替えた場合の防虫性の格段の向上が期待できます。また現状で細かい網目のネットを使用している場合にも、劣化が進めば穴が開いてしまって大型の虫も侵入出来てしまう状態になりますので、こうした場合も張替えによって防虫性を復活できます。さらに網の目の細かい物以外にも、防虫成分を素材に練り込んだネットというものもあります。目の細かさに関係なく防虫出来ますし、虫を窓に寄り付かせなくする事が期待できるので、網戸を開けた際に虫に室内に入られるという心配も少なくなります。より防虫性を高めたいと思って張替える場合には、こうしたネットに張替えるのもお勧めです。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




和室の良さは畳の張替えでよみがえること

畳は昔ながらの日本家屋には必ず使われている家具であり、部屋の床部分に使用されるアイテムになります。また全ての部屋を和室にするのではなく、一部の部屋を和室にしたり移動可能な畳などをフローリングで活用する方法なども増えてきています。では日本において昔から使用されている畳なので慣れ親しんだ家具ですが、畳が持つ特徴を詳しく知らないという人は多くいます。畳がもつ特徴は数多くありますが、その中の1つとして遮音効果があります。作り方として素材はい草が使用されています。芯材の周りのい草で作られたござが撒いてある状態であり、1枚の畳の厚さは5センチから6センチ程になります。そのため人が歩いた時の音を吸収する効果がとても高くなります。また同時に音を畳で遮断する効果が高いので、アパートなど畳を使用している部屋の下に音を伝えにくいという効果があります。そのため社宅やアパートなど多くの人が生活する場所では、生活音を抑える効果が大きいです。そのほかに優れた弾力性といった特徴を持っています。い草のもつ特徴から柔らかさがあり、子供や年配の方が誤って転んだ場合でもクッション性が高いので怪我をする可能性が抑えることができます。

畳が持つ遮音効果と弾力性

畳は昔ながらの日本家屋には必ず使われている家具であり、部屋の床部分に使用されるアイテムになります。また全ての部屋を和室にするのではなく、一部の部屋を和室にしたり移動可能な畳などをフローリングで活用する方法なども増えてきています。では日本において昔から使用されている畳なので慣れ親しんだ家具ですが、畳が持つ特徴を詳しく知らないという人は多くいます。畳がもつ特徴は数多くありますが、その中の1つとして遮音効果があります。作り方として素材はい草が使用されています。芯材の周りのい草で作られたござが撒いてある状態であり、1枚の畳の厚さは5センチから6センチ程になります。そのため人が歩いた時の音を吸収する効果がとても高くなります。また同時に音を畳で遮断する効果が高いので、アパートなど畳を使用している部屋の下に音を伝えにくいという効果があります。そのため社宅やアパートなど多くの人が生活する場所では、生活音を抑える効果が大きいです。そのほかに優れた弾力性といった特徴を持っています。い草のもつ特徴から柔らかさがあり、子供や年配の方が誤って転んだ場合でもクッション性が高いので怪我をする可能性が抑えることができます。

カビを予防する畳のお手入れ法

畳のメリットの一つに、調湿機能があります。天然素材であるい草は、部屋の湿度が高いと湿気を吸い込み、乾燥すると湿気を吐き出す性質があるため、自動的に部屋の調湿を行ってくれるのです。しかし、現代は高機密な構造の住宅が増えてきており、室内の湿度が高い状態が多くなっています。その場合、畳は湿気を中に蓄え込んでしまうため、カビの温床となりやすくなってしまいます。畳のカビを予防するためにも正しいお手入れを行うことが大切です。 畳のカビを防ぐためには換気を徹底することが大切です。1日に1度は窓をあけて部屋の換気を行うようにしましょう。窓をあける際は対角線上に当たる窓もあけると風の通りが良くなり、室内の湿気が逃げやすくなります。梅雨の時期や雨の日などはエアコンのドライ機能を使用したり、扇風機を首振りモードにして畳に直接かけたりするのがおすすめです。除湿器を使用するのも良いでしょう。年に2回は畳を干すことも大切です。日干しをすることで畳の湿気が取れ、カビだけでなくダニも予防することが出来ます。 お手入れの際には消毒用のエタノールが有効です。エタノールを畳に直接スプレーなどで吹きかけ、エタノールが揮発するまで3〜5分そのままにしておきます。その後、乾いたタオルなどで乾拭きをします。水拭きは湿気のもとになりますので、行わないようにしましょう。

今こそ見直したい畳の良さ

畳は日本固有の敷物であり、古くから日本の家に使われてきました。近年は生活様式の変化に伴い、和室が減少しており、畳の需要・生産量は減少しています。全室フローリングの家やマンションが増えている一方、客間として利用したい、くつろぎの空間が欲しい、和風のインテリががお洒落だからなどの理由で、1つくらいは畳のある部屋が欲しいというニーズもあります。和室を作るのは無理、でも畳の部屋は欲しい。そんな時は、置き畳が便利です。天然い草を使用したものから、お手入れも簡単な樹脂を使用したもの。縁があるタイプと無いタイプなど、様々なラインナップで取りそろえられています。価格も、1枚数千円からありますので、手軽に購入できます。畳というと、インテリアは和風のみと思われるかもしれませんが、縁のある畳を敷いて、こたつや和風家具で完全に和風な部屋を作り上げる以外にも、縁のない琉球畳などを敷いて、ソファーを置いたりして和モダンなインテリアにすることもできます。アジアンテイストな家具も畳にマッチします。畳は、意外とインテリアの幅が広いのです。ストレス社会の中、現代人はどこか疲れを抱えて生きています。い草の持つ匂いに包まれ、クッション性のある柔らかな畳の上でのんびりとリラックスすれば、疲れも癒せるのではないでしょうか。

襖と張替えは歴史や文化があったりする

襖の張替えは5年また10年に1度は考えたほうがよいとされていて、過去に襖の張替えに対応してくれた職人の方も同じことを言っていたため事実であることは確かであります。襖は年数が経つにつれ劣化していき、細かな部分が痛みはじめ、黄ばみとか黒ずみまたカビなどの汚れとかも目立ちはじめるため、酷い状況になる前に対応するのが必要不可欠だと言っていたのをよく覚えております。
そのため、襖の張替えは5年また10年に1度は考え、専門業者に依頼を出し職人の方に診断してもらい張替えが必要かどうかの判断を受けるのが一番良いとされていて、その際に襖紙とかの張替えも必要なのかどうかのアドバイスを受けるのが一番よいです。この襖ですが歴史あるものとなっていて、古くは鎌倉時代ぐらいからあるものとなっていて、当日は高級品であったため、上流階級の人たちとしか保有できませんでしたが、時代が経つにつれ一般的にも浸透し江戸時代ぐらいには普通の家でも使われていたぐらいであります。
襖の張替えもかなり昔から行われていたものとされていて、鎌倉時代ぐらいから実はあったのではないかと言われておりますが、明確な情報がないため、事実かどうかは判断できませんが、江戸時代ぐらいからは公の場で襖を作りつつ張替えとかをする職人もいたとされているため、その頃から既に張替えの作業も行われていたというのが明らかになっています。
襖と張替えは歴史や文化があるものとなっているため、これからも大事にしていきたいものであります。

襖の張替えにおけるポイントとは

襖は張替えをすることにとても手間がかかることになります。襖の構造という意味においてはそこまで難しいものではなかったのですが、それでも綺麗に自分でやろうとするとととたんに難易度が上がることになります。自分でやろうとすると難しいので人に任せようとするというのもなかなか良いことです。上から襖紙を張るということだけでも割りと張替えることになるわけですが、一度全てをはがしてほとんど綺麗にするというようなやり方をしようとするのであればやはり業者にお願いするというのが一番良いでしょう。業者にお願いすることにどのくらいのお金がかかるのかということなのですがまずは見積もりを出してもらうようにしましょう。どこでも見積もりを出してもらうことにはお金を取らないというところがほとんどですからまずはどんな風に、そしてどのくらいの金額でやってくれるのかというのをチェックしてからお願いするかどうかを決めると良いでしょう。襖の張替えは一枚二枚であろうともしっかりと綺麗に張替えるようにしたりしますと大変なんです。色々な襖の紙があり、それをこちらで選んで綺麗に張替えてもらえることになりますから、やはりそちらのほうがお勧めできます。

華やかで素敵な和の空間を飾る襖とその張替え

平安時代からの日本の家屋の建具で、フレキシブルな間仕切りとして知られているのが襖です。襖を開ければ大広間にように広くなり、襖を閉じると和室の部屋としての小さな空間になる、スライド式で軽く、取り外しもしやすい特徴があります。襖の魅力はその絵柄にもあるのですが、和室を飾る大きな絵画が飾られているかのような美しさを出しています。そのような襖は張替えをすることにより、いつも華やかで和の素敵な空間を保つことができるのです。襖は汚れやすく、湿気の影響を受けやすい、また材質が紙であるために、破れやすいのです。張替えをしてすっきりときれいな和室にする必要が生じてきます。 襖の張替えは、ふすま店や表具店が対応してくれますので、そうした業者に依頼するのが一般的です。張替えの際には襖紙の素材と絵柄を、費用がどのくらいかかるのかを総合的に判断しながら選ぶことになります。日本建築の上質の和室であれば、クオリティの高い襖紙を選びたいですし、一般的な和室であれば、普及している安価なものでも良いかもしれません。ここ数年は和モダンと言われる独特の絵柄が人気になり、若い人たちの間で好まれています。張替えの時には、こうした絵柄選びが楽しみの1つになります。

網戸を燃えにくいグラスファイバー製のネットに張替えましょう

網戸の側で火を使っていると、火の粉が飛んで網戸のネットに穴が開いてしまう事もあります。マンションなどではベランダで煙草を吸われる方もいますが、そうした際に網戸に煙草が触れてしまうというケースも良くあります。そうした際には補修する事も出来ますが、見た目が悪くなるので張替えてしまったほうがスッキリするのでお勧めです。また火の側や、先述のような煙草を吸われる方がいるのであれば、燃えにくいネットに張替えておくのもよい方法です。一般的に網戸に使用されるのは樹脂製のネットで、元々ついているネットや張替え用のネットもほとんどが樹脂製です。樹脂製は軽く安価なのですが、熱に弱いという性質があります。火に強いネットの代表的な物が、グラスファイバー製のネットです。日本ではあまり使われませんが、欧米では網戸のネットとして割とポピュラーな素材です。グラスファイバーはガラス繊維なので熱に強く、また丈夫で扱いやすいので張替えにも向いています。またグラスファイバー製のネットの特徴として、樹脂製よりも強度が高いという事があります。ペットがいるご家庭ではよくネットを破られるという事がありますが、グラスファイバー製なら猫に引っかかれたり犬に体当たりされても、ちょっとやそっとでは破れません。マンションなどではベランダにペットが出てしまって危険というケースもありますので、グラスファイバー製の網戸に張替えておくと安心です。

網戸張替えは劣化する前に

網戸張替えは依頼できますが、最近窓開ける方減ってきて、網戸は窓の付属品ぐらいに思われていて、家の中にきれいな空気取り込むとき必須アイテムになります。時間経過とともに確実に劣化してくるアイテムで、網戸に穴など発生したとき、つい放置しがちですが、それだといざ使おうとした時役立たなくなります。網戸トラブルはなるべく早く治しましょう。網戸張替えは素晴らしいですが、10年以上使用してるケースは網戸だけでなくパッキンアド劣化してきて、diy慣れした人も修理するのはむずかしくて、修理費用はそれほど高額にならなくて、簡単修理でなければ業者に頼みましょう。網戸張替えはお得にできますが、できれば劣化かんじる前交換から7年ぐらいを目安として定期的に交換しましょう。最近花粉対策できる網戸など高機能網戸があって、ぜひ最新網戸に変えて、いつもきれいな空気を取り込めるようにしましょう。張替えは重要ですが、なるべく費用抑えリフォームしたければ複数の工務店に見積もりだして比べてみましょう。ですが、信頼できる工務店探すなどは手間がかかったりして注意してください。そして網戸は数年経過したもの、日光強く浴びたものが破れやすいです。網戸張替えはとても重要です。 



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


愛知県刈谷市

刈谷市は、愛知県のほぼ中央の西三河地区の西に位置する市であり、堺川が通っています。刈谷市の形は、南北に長細い形になっており、場所によっては少し移動しただけで、隣接の市である豊田市、知立市などに入ることが容易です。
刈谷市は、江戸時代には、土井氏の二万三千石の城下町であったと言われています。それ以前に、また、刈谷城を造ったのは、戦国時代の水野忠政が築城したと言われています。そのように大きな城があった城下町であるということが歴史的事実として残っています。
刈谷市にある有名な観光名所は、小堤西池です。ここには、5月頃にカキツバタが紫の花をつけ、多く咲き乱れ、大変美しい景色が見ることができます。 この池は、昭和13年には国の天然記念物とされ、日本三大カキツバタ自生地とも言われています。
刈谷市には、小堤西池のような自然が豊かな場所がいくつもあり、それを利用した施設がいくつもあります。その1つが須原公園です。須原公園内には、テニスコート、キャンプ場、プールなどの施設もあり、さらには、ウォーキングコースなども設けられています。
また、刈谷市交通児童遊園もあります。ここには、広い敷地内に遊具が多く設置してあるだけでなく、ゴーカートなどもあり、遊園地です。このように刈谷市は、広い敷地を生かし、多くの人々が心癒される場所を設置しています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 苅谷市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え

現在ではインターネット上にある通販サイトを利用して、襖を購入する事ができます。自宅の襖がボロボロになってしまって、交換したいと思った時、襖を販売している通販サイトを利用すれば、問題なく手に入れる事が可能です。忙しい方の場合、襖販売を行っている業者でも営業時間内に連絡する事ができないケースも少なくありません。しかし通販サイトならば時間を気にしないで、通販サイトで襖の注文を行える為、多くの人が活用しています。襖の種類に関しては取り扱っている通販サイトによって、大きく違っています。その為満足できる襖を通販サイトで手に入れたい場合には、慎重に襖を選択しなくてはいけません。通販サイトでは詳細情報が掲載されている事が多く、細かい情報をたくさん入手する事が可能です。そして満足できる襖を入手する事ができるので、とても重要な情報になっています。忙しい方も通販サイトならば、時間を一切気にしないで目的の襖を注文する事が可能です。とても簡単に注文できるので、近年では忙しい方だけではなく、高齢者も多く利用しています。このように目的の襖を通販サイトを利用して、手に入れるという方法も存在しています。