全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

赤磐市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)

夏になれば多くの方がお世話になる網戸。網戸が無かったら涼もうと思っても、蚊やハエが心配でうかつに窓を開けていられません。そんな網戸ですが、何時頃から使われるようになったかご存知でしょうか。今ではどこの家庭でも使われている網戸も、日本で普及したのはせいぜいここ60年くらいの事です。今では一般的な安価で大量生産可能な樹脂製の網戸が作られるようになった事で爆発的に普及したのですが、それ以前に昔の日本の住宅事情的に網戸はあまり向いていなかったのが、日本で網戸の普及が遅れた要因となっています。高温多湿な日本では家屋の通気性を重視した建築様式が伝統となってきました。通気性が良いというのはつまり隙間が多いという事です。隙間が多いという事はそれだけ虫が浸入する経路が多いという事であり、仮に窓や扉を網戸で塞いだところで、虫を完全にシャットアウトするというのはほぼ不可能です。そこで日本では伝統的に、部屋の一部だけを網で覆って蚊を防いだ蚊帳が発達しました。その後住宅様式が現在のように洋式化した事で家屋内の隙間が減り、虫の室内への侵入経路は窓や入口などに限定されるようになったため、網戸の効果が大きくなり結果的に爆発的に需要が高まったのです。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳表の張替えは専門店で

畳は防音、防湿、防寒性に優れ夏の暑さにも通気性の良さから快適に過ごすことができる優れた道具となっています。 畳の使用は平安時代にまでさかのぼることができます。 元々は寺院や貴族の屋敷などで床板のクッションのように部分的に使用されるものでしたが、室町時代の書院造で部屋一面に広く敷き詰めるようにして使用されるようになって以降、その快適さが広く知られるようになり、少しづつ利用する人の範囲が広がってゆき、江戸時代には一般庶民も使用するようになりました。 現代になって畳の使用は減少する一方でしたが、最近ではその快適性から再び使用する家庭が増えてきました。 大きめの家具屋などでは日本各地の様々な畳が展示されるなど関心が再び高まっていることが感じられます。 畳が再評価されている理由の一つがその丈夫さです。 一度部屋に敷いた後はほとんど手間がかかりません。 毎日の掃除で軽く掃き掃除をするだけで長く使用できることが最近の再評価へとつながっているようです。 丈夫で長持ちする畳ではありますが長持ちさせるためには適度なメンテナンスが必要になります。 長い間使用していると表面が変色したり擦り切れたりする場所が出てきます。 そのような時は畳表の交換が必要になります。 畳表は専門店に依頼すれば格安で交換してくれます。 張り替え作業を行った後は再び長く使用することができるのでとても経済的といえます。 使用している畳が傷んできたときは長持ちさせるためにも専門店で畳表の張替えを行うことをおすすめします。は如何でしょうか。新品同様に蘇った畳にまた新たなメリットが発見できるはずです。

襖(ふすま)を張り替えるメリット

襖(ふすま)は、和室において間仕切りの役割を果たす日本の伝統的な建具のことを指します。 部屋と部屋の境目や押入れの部分に使われていることが多いです。 襖(ふすま)は元々、平安時代頃の貴族の家屋に使われていたそうです。
歴史の始まりは上流階級の家屋からと言われています。 一般的に普及し始めたのは江戸時代の中期頃と言われています。 一般的な普及と同時に量産化も始まり、印刷の襖(ふすま)が製造されるようになりました。 この頃から現在の日本風のものに変化し多くの人から好まれるようになりました。
このことからもわかるように襖(ふすま)には古い歴史があります。 また襖(ふすま)以外にも和室には障子と畳も必要不可欠なものとしてあります。 しかし、障子と畳に関しては定期的に張り替える人が多いのに対し、襖(ふすま)は放置している人がとても多いと思います。
本来、襖(ふすま)も障子や畳と同様に定期的な張り替えを必要とします。 長い期間放置していると色あせや変色、破損など劣化してくるのが現実です。 家屋において定期的なメンテナンスを必要としない場所はなく時間の経過と共に自然劣化してしまうのです。
襖(ふすま)を張り替えるメリットは、表の紙が新しくなることにより部屋が明るくなり雰囲気を変えることができます。 場合によっては立てつけも直すの開閉がスムーズになります。 また、選ぶ紙により断熱や湿度調節する効果を得ることができ、快適な住環境になるのも大きなメリットになると思います。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


果樹の栽培が盛んな赤磐市。

岡山県赤磐市は、岡山県の中南部に位置している市であります。
赤磐市は岡山市、備前市、久米郡久米南町、美咲町、和気郡和気町にそれぞれ隣接しています。市の木は松、市の花は桃と桜とされています。
赤磐市は2005年3月に赤磐郡山陽町、赤坂町、熊山町、吉井町の4町が合併、市制施行し誕生しました。人口約4万人の市であり、市の南部には団地があり、岡山市のベッドタウンなっています。赤磐市の交通としましては、鉄道はJR山陽本線が走行しており、停車駅は熊山駅の1駅が設置されています。
路線バスは宇野バス、備前片鉄バス、赤磐市民バスによって運行されている他、中国JRバスなどにより東京方面や名古屋、大阪方面への高速バスが運行されています。
また、高速道路の山陽自動車道、美作岡山道路が通過しており、それぞれインターチェンジが市内に設置されています。赤磐市の経済としましては、果樹の栽培が盛んに行われており、特に桃やブドウが多く栽培されています。観光地としましては国の史跡である熊山遺跡や両宮山古墳、備前国分寺跡などがあります。また、レストランやバーべキュー場、牛の乳絞り体験などができる岡山農業公園ドイツの森クローネンベルクがあります。

岡山県赤磐市

岡山県赤磐市は、岡山県の南東に位置する、豊かな自然や文化遺産に恵まれた、気候の穏やかな市です。近年は交通網が発達したことにより、観光スポットにアクセスしやすくなりました。
「熊山遺跡」や「両宮山古墳」など、歴史ある名所の他に「おかやまフォレストパーク ドイツの森」は2020年3月にリニューアルオープンしたばかり。季節の花畑や牛の乳しぼり、アーチェリー、クラフト体験等、その自然を生かした様々なアクティビティが盛りだくさん。多くの賑わいを見せています。
岡山県赤磐市の特産品としてよく知られている桃は、市を代表する花の一つで、数十種類の桃が栽培されています。広大な土地で育てられた桃やぶどうは、夏から秋にかけて桃狩りやブドウ狩りを楽しむことができます。「桃茂実苑 観光農園(ともみえん かんこうのうえん)」では赤磐の自然に囲まれながら食べごろのフルーツを満喫することができます。もちろんお土産にも。
自然といえばキャンプ。岡山県赤磐市の「吉井竜天オートキャンプ場」は売店、炊事場はもちろん、温水シャワーやコインランドリーなどの設備が整っています。市街地から車で一時間以内といったアクセスしやすさと、470mの標高差で、光の影響を受けることなく満点の星空を楽しむことができます。同サイトから歩いてすぐにある「竜天天文台」では、スタッフの案内付きで夜空の景色を堪能できます。
その他魅力的なスポットがたくさんある岡山県赤磐市ですが、道すがら目に入るお花畑等、隠れた名スポットも見過ごせません。観光巡りで楽しむのもよし。気ままな旅で思い出作りをするのもよし。自然豊かな岡山県赤磐市を堪能しましょう。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 赤磐市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工