全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

浅口市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




初めて畳の張替えやっていただきました!

自分は畳の張替え作業を始めてやっていただきました。最初はやるかやらないかものすごく迷っていたのですが、思い切って頼んでみました。最初はお任せして大丈夫かなという不安も業者の方が気さくで優しく、一から作業内容や、大体の作業時間を明確に教えてくださったので、畳の張替えをとても安心して作業をお任せすることができました。種類に関しましては、目積表という種類を選別していただきました。普通の丸イグサを使用し、琉球畳と同じように織ったものらしいです。目が細かく、見た目も良く、価格もお手頃なので一般に広く使われているみたいなので自分にピッタリな畳だなと感じました。縁無畳に使用される事が多いみたいで、他にも綿二芯(糸引き表)、麻二芯(麻引き表)、綿麻四芯表(綿W表)、麻四芯表(麻W表)、竜髭表、琉球表があるみたいでどれを選んで張替えたらよいかわからなかった自分にサポートしてくれたので良かったです。次いで張替えに関してですが畳の表替えは、表面の畳表と畳縁を張り替えてメンテナンスする方法だそうです。中の畳床はそのままで、表面の汚れやキズ、ささくれは張替えをすることできれいになるみたいなのでボロボロになってきたらまたお願いしようかと思います。

襖(ふすま)を張り替えるメリット

襖(ふすま)は、和室において間仕切りの役割を果たす日本の伝統的な建具のことを指します。 部屋と部屋の境目や押入れの部分に使われていることが多いです。 襖(ふすま)は元々、平安時代頃の貴族の家屋に使われていたそうです。
歴史の始まりは上流階級の家屋からと言われています。 一般的に普及し始めたのは江戸時代の中期頃と言われています。 一般的な普及と同時に量産化も始まり、印刷の襖(ふすま)が製造されるようになりました。 この頃から現在の日本風のものに変化し多くの人から好まれるようになりました。
このことからもわかるように襖(ふすま)には古い歴史があります。 また襖(ふすま)以外にも和室には障子と畳も必要不可欠なものとしてあります。 しかし、障子と畳に関しては定期的に張り替える人が多いのに対し、襖(ふすま)は放置している人がとても多いと思います。
本来、襖(ふすま)も障子や畳と同様に定期的な張り替えを必要とします。 長い期間放置していると色あせや変色、破損など劣化してくるのが現実です。 家屋において定期的なメンテナンスを必要としない場所はなく時間の経過と共に自然劣化してしまうのです。
襖(ふすま)を張り替えるメリットは、表の紙が新しくなることにより部屋が明るくなり雰囲気を変えることができます。 場合によっては立てつけも直すの開閉がスムーズになります。 また、選ぶ紙により断熱や湿度調節する効果を得ることができ、快適な住環境になるのも大きなメリットになると思います。

現代に合わせて進化する障子紙に張替えて機能性を体感しよう

建具の障子というのは機能性が高い事が知られていて、ほどよく光を取り込みそれを室内に満遍なく配る採光性、そして光はよく取り込むけれども視線は遮るというその性質は、他に代えの効かない障子ならではのメリットです。そんな障子なので現代の住宅にも取り入れようという試みが行われており、現在進行形でどんどんと新しい物が生まれています。例えばこれまでは格子状のデザインあるいは伝統的柄のデザインだった枠を、ランダムに配置したものや、アルミ製の枠を使用した障子等もあります。また紙についても従来の和紙の障子紙だけでなく、化学繊維製の物や樹脂製の物、それらを複合した物など様々です。障子紙については従来の枠に張替える事も可能なので、今すぐにでも使用中の障子に張替える事で導入する事が可能です。天然繊維と化学繊維を混ぜ合わせたタイプの破れにくい障子紙は、現在張替え用として主流になっていて、多くの方が選択しています。質感的にも従来の和紙製とほとんど変わりませんし、丈夫で尚且つ光をよく通すので張替えれば室内も明るくなります。また破れにくさを追求するなら樹脂製の物に張替えるのが適していて、樹脂製にすればまず破れる事はありません。水拭きも可能なので、日頃のお手入れも楽になります。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


果樹の栽培が盛んな浅口市

岡山県浅口市は、岡山県の南西部に位置しており、倉敷市と笠岡市に挟まれている市です。岡山県内の市では最小の市となり、市域の面積は66.46平方kmとなっています。市の南部は瀬戸内海に面しており、水島工業地帯と福山工業地帯にも近く、両地域への通勤者もかなり多いという特徴があります。また、JR山陽本線・国道2号・山陽自動車道の3大主要交通網が、浅口市の市内を横断しており、地の利の良さから倉敷市など周辺都市のベッドタウンとして発展してきました。
 浅口市は。「日本一晴れの国」といわれています。アジア最大級の反射鏡を備えた天文台が、京都大学によって遙照山に設置されています。なぜ、浅口市が天体観測地点として選ばれるかについては、「晴天率が高いこと」、「大気が安定していること」、「星空がきれいなこと」などが、その理由として挙げられます。これが、浅口市が「日本一晴れの国」と呼ばれる所以です。
 浅口市は、製麺・酒造・制帽・ストロー生産など、伝統産業・地場産業を多く抱える市であり、中小企業の数が多いという特徴があります。また、金光教の発祥の地・本拠地としても有名な市です。特産品は、そうめん・ひやむぎ・うどんなどの「手延べ麺」、日本酒のほか、寄島ジャコ、ガザミ、カキなどの鮮魚、菓子では、天文台もなか、金光饅頭などがあります。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 浅口市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え