全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
ペットディフェンスも扱っています。
畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

宗像市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



改めて畳の良さを考えてみる

最近の新築物件では、和室のニーズが少なくなってきているといいます。確かにフローリングが増え、畳にあまりなじみのなくなってきている層もあるかもしれません。しかし、一方でこれから新しく家を建てる、または新居に引っ越すとなった時にどうしても和室で畳の部屋が必要だと考えている人が圧倒的に多いというアンケート結果もあります。これはどういった事かといえば、昔ながらの日本家屋で障子と襖に囲まれた本格的な和室を望む、という事ではなく襖をあければリビングとひとつづきになったいわばフローリングと隣り合わせに気軽に横になって休める現代ならではの和室が求められているといえます。実際にそういう間取りの部屋を多く見かけます。時代と生活のスタイルに合わせて暮らしの中に畳の部屋で過ごす快適さが残っているのでしょう。実際に畳の上で休むとほっとするという方が多いのではないでしょうか。フローリングにはない数多くの良さを発見できるでしょう。畳特有のイグサの香りには精神を安定させる作用があります。弾力性があり、小さなお子さんやお年寄りには何より身体にかかる負担が少なく安心で安全です。なんといっても人に優しい、畳の強さを多くの人が求めるからこそ長く受け継がれているのかもしれません。

襖(ふすま)はいつからあるのか

襖(ふすま)と言えば、日本家屋にはなくてはならない家具です。気づいたらあったもので、その歴史について触れたことがないかもしれませんし、そもそもそんなことも考えたことがないかもしれません。そもそも襖が何かわからない人もいるかもしれません。ここで簡単に説明すると、襖とは日本の伝統家具のうちのひとつで、和室の仕切りに使われます。木などの骨組みの両面に紙や布を張ったものに引手を付けたもので調湿作用があるなどのメリットがあります。襖は伝統家具というくらいなのですから、明治時代くらいにできたというのも考えにくいです。それでは、襖は一体いつからあるのでしょうか。明治時代よりさらに昔からあるのでしょうか。それでは、日本史のことを思い出してみましょう。日本史の教科書に、寝殿造での貴族の生活が描かれた絵が掲載されているのを覚えている人も多いかもしれません。そこには襖の絵がありました。寝殿造は平安時代の建築様式です。また、源氏物語のなかでも幾度も襖が登場します。そして、源氏物語も成立も平安時代です。襖は一体いつからあるのかについて、正確にその年代は推定できません。しかし、寝殿造にあったことは確かですし、源氏物語にも登場し、これらは平安時代のものです。つまり、襖は平安時代にはすでに存在していたと言えます。あります。

襖も日常の掃除が大事ですが落ちない汚れは一度張替えましょう

自宅に和室があるという方であれば多くの場合襖も利用している事と思いますが、そんな襖のお手入れを日常的にしている方はそれほど多くありません。襖は紙で出来ている以上、水拭きが出来ないですし、力を加えると破けてしまう恐れもあるので必要以上に触れないようにするというのも考え方としては悪くありません。それでも何もしないで放置していてはどんどん汚れがついてしまいますので、週に一回程度は表面の埃を落とすくらいの軽い掃除をする事を心がけましょう。この時過度な負荷がかかると先述のように襖紙が破れる可能性があるので、はたきや静電モップなどで軽く表面の埃を掃うようにしましょう。また引手や縁は雑巾がけが出来ますが、水は使わないで乾拭きするのが基本です。そしてある程度汚れが目立ってきたら、その場合は張替えをしましょう。木製の土台に紙を糊で張って作成するという一見脆弱な構造に見える襖ですがこれは張替えをするというのが前提で、張替えがしやすいという利点にもなっています。塗料の塗り替えなどに比べて張替えの方が素材自体も新しい物に交換できるので、手間をかける頻度は高いですがその分良い状態で長持ちさせやすくもあります。今はインターネット等から張替えを専門に行う業者に依頼して、直接家まで取りに来てもらって作業してもらう事が出来るようになっていますので、襖の汚れが気になったら気軽に業者に依頼してみましょう。

網戸の種類と修繕方法について

日本では、網戸は欠かせないものです。高層マンションなどついていない所もありますが、ほとんどの家には網戸がついています。虫の侵入を防ぎ、爽やかな風を運んでくれるありがたいものです。そんな網戸ですが、最近ではいろいろな種類の網戸があります。虫をより入りにくくする網戸や、外から部屋の中が見えにくい網戸もあります。このタイプは、部屋の中からは外が見えやすくなっているので優れものです。あとは、破れにくいものや花粉の侵入を防ぐものもあります。花粉症対策にお勧めです。そのほかにも、燃えにくいものもあります。網戸にしていると、気になるのが防犯面です。今はかぎ付きのものもでているのでお勧めです。網戸を長年使っていると気になるのが、小さな穴があいてしまうことです。このような時、わざわざ張り替えなくても簡単に修繕することができます。網戸専用の補修シートです。これを使えば簡単です。虫の侵入もしっかり防いでくれます。使い方は、使いたい大きさにシートを切ります。そしたらシートを穴を中心にして貼り付けるだけです。粘着力が強いので簡単に張り付けることができます。通信販売や、ホームセンターにも売っています。是非お勧めです。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


宗像市の観光地まとめ

宗像市には様々な観光地が点在しています。 まず一つ目は宗像神社です。この観光地は宗像三女神を祭る神社で、宗像市のみならず全国の弁天様の総本山として有名です。また、その歴史は日本神話にさかのぼるほど古く、日本書紀に天照大神による「歴代天皇の政を助けよ」の言葉が記載されているほどです。宗像神社は交通安全の祈願する形代も存在している神社としても有名です。また、世界遺産「神宿る島・宗像・沖ノ島と関連群遺産」の構成遺産の一つにもなっており、世界遺産の候補の一つとして期待されています。 二つ目は鎮国寺です。この観光地は真言宗の宗派の寺であり、宗像市の有数の寺としても有名です。寺の言い伝えによれば、唐から帰還した空海が「この地こそ鎮護国家の根本たる道場霊地」とのお告げを聞き、鎮国寺と号したと言われています。 三つ目はグローバルアリーナです。この観光地は株式会社グローバルアリーナが運営しており、サッカー場やテニス場、レストランなどの多機能の施設となっています。そのため、宗像市民のコミュニティの場やスポーツの強化合宿の場として利用されています。 このように宗像市には観光地が歴史的建造物やスポーツ用施設など、色々な形で存在しているのです。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 宗像市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え