全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理、修繕を低料金、低料金で致します!!
畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドを全国でもトップクラスの激安価格です!!
丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

久留米市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。 ISOとは、International Organization for Standardization (国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です この機関が定めているのが、ISO規格です。 これに沿って会社内にシステムを構築して、 ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、 ISO取得を謳えます。 ●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ  お客様に品質の良い品物やサービスを提供すること つまり『顧客満足』を目的としています。   ●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、 会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、 つまり『環境保全』を目的としています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)


 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳のリフォーム

畳は、い草で作られているため、通常は植物らしい緑色をしています。和紙で作られた畳もありますが、い草で作られたものにあわせて、多くの場合はあえて緑色にしてあります。ところが昨今では、他の色合いの畳も販売されるようになっています。たとえば赤色や青色、ピンク色や水色といった、元の緑色とは全く異なる色合いのものが増えてきているのです。これらはほとんどが、和紙で作られたものです。和紙は元が白に近い色合いをしているので、様々な色に染めることができるのです。また、い草で作られた畳も、緑色よりも濃い色に染めることが可能となっています。たとえば、黒色や紫色に染めたものが販売されています。こういったカラフルな畳は、カラー畳と呼ばれています。和室を華やかに彩ることができるため、カラー畳には人気があります。染めてある分日光による色褪せが生じにくい点も、カラー畳の人気の理由のひとつです。しかも組み合わせが自由となっているので、その点からも注目されています。異なる色合いのものを交互に敷き詰めて市松模様にしたり、縞模様にしたりといったことができるのです。もちろん敷く畳の全てを異なる色合いのものにすることも可能なので、デザインは無限に広がります。


襖のバリアフリーとしての機能

日本の伝統的な家屋において、襖はその代表的な建具のひとつです。木の骨組みに紙や布などを貼り、部屋と部屋を間仕切りをするためのものです。近年の和風建築では、和風な雰囲気とモダンなデザインを組み合わせて、新感覚のオシャレな襖も出てきており、デザイン性からも見直されています。
今日、バリアフリーが注目を集めています。建物を建て直ししなくても、リフォームによって必要な部品や工事を行って、身体の不自由な方や高齢者の負担を軽減することが目的です。ところが、よく考えてみると、襖とは元々バリアフリーとしての機能が備わっているのです。
襖の特徴として、部屋と部屋を仕切る溝ですが、この溝のついた部分は段差がありません。畳と同じ高さにしているため、つまづくことはありません。まさにバリアフリーの機能そのものです。もうひとつの特徴として、襖は開閉させるときスライドさせるということです。引き戸・押し戸の扉の場合、戸を前後に動かすため、身動きが不自由な場合、体勢が少々窮屈になることがあります。特に引き戸であれば、一度ハンドルを握って後ろへ下がる必要があります。それに対して襖は腕を左右に動かすだけで開閉をすることが出来るため非常に楽です。日本の伝統的な文化にも、襖のようにバリアフリーとして十分に役立つ機能があるのです。

障子紙の種類とそれぞれの特徴

障子紙は、使われている原料と製造方法によって、複数の種類に分けられています。 特に多く使われているのは、パルプを原料として、機械で作られた障子紙です。パルプは比較的安く仕入れることのできる原料ですし、機械を使用するわけですから人件費も多くはかかりません。そのためパルプ障子紙は、安価で製造することができますし、その分安く販売されています。そのため購入しやすいことから、広く一般に普及しているわけです。 そして、パルプにレーヨンやビニロンなど別の繊維を配合して作った障子紙もあります。これは混抄障子紙と呼ばれているのですが、別の繊維を加えてある分、パルプ障子紙よりも頑丈となっています。価格はややアップしますが、パルプ障子紙と比較すると長持ちしやすいことから、これもやはり普及しています。 また、中には機械を使わずに手作業で作られた障子紙もあります。具体的には、楮という樹木の樹皮を漉いて作った、手漉き楮障子紙です。これは、楮から樹皮を剥がし、煮詰めて不純物を除去した上で、繊維を抽出して固めることで作られています。全て手作業ですから手間暇がかかりますが、樹皮が原料ですから強度が高く、簡単には破れません。風合いが良いことからも、手漉き楮障子紙には高い人気があります。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


お客様のお話 久留米市に住んでみて思うこと

結婚を機に久留米市に引っ越してきてから3年がたちます。
久留米市に住んでみて思うことは医療機関がとても充実していることです。大学病院もあり、ドクターヘリを完備している救急病院も2施設あります。
産婦人科も数多くあり、新生児のための集中治療施設であるNICUがある病院も2施設あります。私は昨年双子を妊娠したのですが、普通の産婦人科ではリスクが高いから双子は生めないと言われ、家から15分ぐらいの所にある総合病院にかかることになりました。妊娠糖尿病になったり、子供かお腹の中で発育が遅れてて週に1、2回受診が必要になりました。私は久留米市に住んでいたので転院も直ぐにできて、通院もそこまで大変ではなかったですが、これが、遠かったらそれだけで大変だったとよく思ってました。そして、結局早産となり、子供たちはNICUに入院することになりました。毎日面会に行くなかで、他のママとも話したりしていたのですが、遠い人では隣の県から1時間以上もかけて通ってきているとのことでした。私は家が近くだったので面会も沢山出来たのですが遠い所に住んでいるママたちは面会も少ししか出来ないと言っていました。
また、久留米市には小児科も沢山あるので、現在子供が1才になりましたが、何かあるとすく近くの小児科につれていけます。
産婦人科医や小児科医が少ないとニュースで見たことがあるのですが久留米市住むと医療の面では心配無用です。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 久留米市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え