全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

関市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳にまつわるはなし

畳は日本の和の家を連草させます。畳表というものがあります。いわゆる「ござ」のことです。産地に違いがあり、国産表、中国表そして工業製品の化学表です。日本国内では8割が外国産畳表です。価格が安く、耐久性は低く、色を統一させるために着色料が使われています。国内産のものに比べると価格は低いです。畳床にも種類があります。畳床とは畳表を張る芯の部分です。以前は稲わらでしたが、最近は様々な素材のものがあります。代表的なもので3種類です。稲わら床の本畳床。わらサンド畳床。これはワラ床と建材床を合わせた畳床です。そして建材床。脱ワラ床ともいい、ワラを一切使わない床です。低コストのためほとんどのハウスメーカーで使用されています。他にも脱臭、除湿、抗菌、防カビ、防ダニに効果がある備長炭が入ったものもあります。最近のハウスメーカーで流行っているものがあります。それは縁の無い畳です。洋風の家にも良く合いモダンナ雰囲気になります。部屋の雰囲気も簡単にかえることができます。普段何も考えずに使っていますが、手入れで電気掃除機などはを使用すると傷をつけてしまうことがあるので注意が必要です。雑巾を使い拭き掃除がおすすめです。お湯を使うと乾きが良くいいです。

襖の良さと維持方法を考える

襖は和室を彩ると言った建具としても必要ですがそれ以外にも機能性として高い面を持ち、例えば装飾面に関しては自由に変えられるので環境の変化や四季に合わせた使い方も可能と成っています。
更には現代の建築においては和洋折衷が当たり前ともなってはいる物のこれらが違和感なく存在する為にも襖は必要であり、木の面を晒す事によって異なる空間を融合すると言った意味でも優れた物と成っているのです。
ただこの様な機能性は襖が適切に維持されていると言った事が大前提ともなって来ますので、自分で出来る様なメンテナンス以外でも専門店に時々は見せる行為も大切となって来ます。
特に襖紙部分の交換は専門店と素人の仕上がりでは雲泥の差がある程に見た目でも分かりますので、安易な考えを持ち込むと言った方法では直さない方が賢明でもあるのです。
場合によっては襖自体を傷めると言った可能性を考えるとより専門職の利用価値は高く、更に経年劣化で負った多少の傷や不具合も手直ししてくれるのでお得とも成ります。
何れにしても襖は綺麗な状態であるからこそ役割を果たす事が出来る物であり、年数の味わいもそれらがあって初めて引き立つので適切な整備を心がける方が良いのです。

襖の張替えは長い歴史があったりします

襖の張替えは全国各地で行われていて、一人ひとりによって施工の方法も異なっておりますが、専門業者とか専門店に頼み対応を受けているのが殆どとなっています。
施工にかかる料金とかも専門業者や専門店によって異なっているため、襖の張替えを受けた時の対応方法によって変わってくるので覚えておくようにお願いします。
そもそも襖の張替えははるか昔から行われているものとなっていて、古くは戦国時代ぐらいからとなっていて、その頃は襖を保有できるのは武家や大名及び公家といった身分の人たちのみとなっておりましたが、襖の張替えとかも城内とか屋敷内とかに入れる人たちが密かに行っていたとされています。
襖の張替えが公の場で行われはじめたのが江戸時代ぐらいからとなっていて、この頃から襖を作りつつ、修理とか張替えをする職人が全国各地にいたとされております。
襖の張替えの頻度は細かくわかりませんが、ある程度は色々なところで行われていたと予想していて、対応する職人も多くの依頼を受けつけることが難しかったと思います。
時代が進むにつれて襖の製造方法とかも変わっていき、襖の張替えとかもスムーズに行うことが可能となり、今現在になっては張替えとかもできやすい襖が登場していたりするので、多くの依頼を受け持つことができます。
襖の張替えに必要な知識とか技術も覚えやすくなっていて、職人の方々とかも増えていっている傾向であり、多くのところで活躍中です。

網戸普及の背景と網戸の張替えと網の特徴

日本が経済大国と呼ばれ、世界第二位のGDPの成長に沸いていた昭和の時代に、大きな人口の増加を経験、そしてあちこちで開発が進み住宅が建てられるようになり、ベッドタウンも増えましたが、そうした流れの時に普及したものが網戸でした。網戸は日本固有ものではなく、日本建築の襖や畳、障子のような歴史の長い伝統的なものとは違うものです。主にサッシが普及したことによるものであり、簡単にそこに取り付けられること、そして窓を開けても虫が入ってこないメリットが注目され大々的に普及しました。網戸の特徴の1つはメンテナンス、つまり網の張替えが必要であるということです。張替えをしないと汚れ、破れ、汚らしいルックス、なによりも虫が入りやすくなってしまいます。 網戸の張替えは、数年おきに網の状態を見ながら業者に依頼して、1日ですべて張替えてもらうことができることでしょう。最近注目されている網として、外からは室内が見えづらい網、また薬剤の入った網で虫や寄り付きにくい素材の網です。またペットブームということもあり、猫が網を使っていたずらをしやすいので、素材の丈夫な破れにくいものも人気であり、網戸の張替えの際には、網選びを真剣に考えてみることができるでしょう。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


関市は岐阜県中央にあります。人口重心の中心が、関市です。

岐阜県関市は、岐阜県の中央部に位置しており、岐阜市に隣接し、愛知県の県庁所在地である名古屋市から40キロの距離に位置しています。 昭和25年10月に、市制を施行しています。 平成17年2月に、武儀郡の武芸川町、洞戸村、板取村、武儀町、上之保村を編入合併しました。
2010年の国勢調査によると、岐阜県関市が日本の「人口重心」となっているそうです。 この「人口重心」は、国勢調査の結果に基づいて、総務省の統計局から公表されています。 「人口重心」は、日本全体に点在して居住する住民の中心地となるものです。 そのため、関市は正に「へその街」と言えます。
関市の現在の人口は、約8万9400人(2014年)です。 現在の面積は、472.84?です。 総面積のうちの約6割が合併前の旧関市域で、約3割が旧武芸川町で、残り1割がその他の地域となっています。 市の名前の由来は、市内にあった「濃州関所」からきています。関市は、平成17年に周辺の町村を合併により編入しましたが、その市の形は美濃市を挟み込む形でV字型になっています。 関市は濃尾平野の北端に位置しており、名古屋市のほか、岐阜市や各務原市といった周辺市町村との交流が深くなっています。
関市の特産品は、「刃物」です。 戦国時代から刀鍛冶で有名です。 現在でもその流れを組んでおり、包丁などの刃物の製造業が盛んです。 ドイツのゾーリンゲン、イギリスのシェフィールドと並んで、世界の刃物の「S」と呼ばれています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 関市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え