仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸の張り替え
交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま、障子、網戸1,450円税込1,595円と全国でもトップクラスの激安価格です!!親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、
奈良県五條市にスピーディーに対応します。

五條市スピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (画像はイメージです)

 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230





日本人なら誰もが懐かしく、心が落ち着く空間を作り出してくれるのが畳です。日本固有の文化であり、畳の起源は遥か昔の平安時代にまで遡り、室町時代に部屋全体に敷かれ、茶道や正座と共に普及するようになりました。
畳は少し前までは多くの家に存在し、茶道や仏教のためだけでなく、日本人の日常生活を支える大切な空間となりました。現在では洋式化に伴い畳も数を減らしましたが、和室が欲しいと望んで一部屋だけ畳を用意する人も少なくありません。
畳は主に「畳床」「畳表」「畳縁」の3つから構成され、基盤となる部分、普段私達が触れる表面部分、縁に縫い付けてあるものがそれらになります。畳床は以前は藁で作られたのですが、入手難易度や機能性から最近では合成繊維等の新素材が使われることが多いです。
畳には寿命が存在し、「裏返し」「表替え」「新畳」と呼ばれる手法で張り替えを行います。畳裏返しは畳表の裏面を表にして貼り直す手法、畳表替えは畳表を新しくする手法、新畳は新しいものを敷き直す手法がそれらになります。
畳の経過年数が2〜3年なら裏返し、4〜5年なら表替え、10〜15年なら新畳を用いるのが一般的とされていますが、普段のお手入れによって大きく寿命を伸ばすことが可能です。もし畳張り替えを検討されているなら、この機会に大切にお手入れをして張り替え寿命を伸ばしてみては如何でしょうか。

張替え時期

畳や障子にも寿命があります。大体の目安となる取り換え時期はありますが、住宅の環境や使用状況などによっても交換の時期の変化はしていきます。よく使用する場合は早くに交換時期が来てしますので、自宅の環境にあった時期に交換する必要があります。
通常畳は4から5年で裏返しを行って、7から8年で取り換えを行うのが一般的だといわれています。ところが住環境や使い方によってはそれよりも早い時期に交換や裏返しをする必要性が出てきます。畳に座った時などにい草のカスなどがつけば交換時期です。
色による交換時期の判断もできます。新品の畳の色は色鮮やかな美しい緑色です。それが経年によりだんだんと黄色っぽい色になっていき次に褐色に変化していきます。畳の色が赤みのある褐色のような色になったら交換時期です。
畳の交換時期に合わせて障子の交換もおすすめです。障子はガラス戸よりも断熱性があると認められています。せっかくに効果も古い障子で穴が開いていたりしては効果半減です。冷暖房効率のアップのためにも厚みのある障子紙を選びましょう。
畳や障子は高温多湿の日本の風土に合った伝統的なインテリアです。適正な時期に交換すれば、調湿効果や断熱効果など様々な利点をつかえることになりますので、定期的にリフレッシュすれば、快適に過ごすことができるのです。

襖を利用している住まいとかは多くあったりする傾向となっていて、大事にメンテナンスをしながら使用している方も沢山いたりしますが、襖を長く使っていると襖全体の見栄えが微妙になってきたり、一部の部分が壊れたり、劣化をして使いにくくなったり、汚れやカビ及び破けなどが目立つようになるので、襖張替えとかが必要となってきます。
襖張替えとかは専門業者に依頼を出せば丁寧かつ慎重に対応をしてくれるため、満足のいくサービスを利用することができ、施工後のサポートとかもしっかりとやってくれます。襖張り換えの施工に関しては職人の方々の判断によって対応が決まったりするので、施工に関することや料金についての話はしっかりと聞いておくのが大事となっております。
襖張り換えは使用している襖の状態によって施工方法が変わってくるため、安くなるか高くなってしまうかは、チェックを受けた時の職人の判断と襖の全体的な状態を平均して出します。襖張替えをすることが決まった場合は一度ですが、使用している襖を取り外す必要があったりするため、職人の方々も施工の日に複数の方が来たりすることが多いので、部屋の掃除とかはしっかりとしておき、周辺には何も置かないようにしておくのが大切となってきます。
襖張替えとかの作業をする時は出入りが多くなったりするため、職人の方々も慎重に対応はしておりますが、襖を落下させてしまったりとか、床が滑って転倒してしまい事故を起こすこともあったりするため注意しましょう。

網戸と似たものが実は存在していて張替えとかも行われていた

普段から良く見る網戸ですが、あの形のものは昭和30年代から提供が開始されたものとなっていて、その頃から張替えとかも行われていたりしましたが、実は遥か昔に網戸と似たものが既に使われていて張替えのようなこともされていたのではないかと言われております。どの時代ぐらいから網戸と似たものが使われていたのかというと、古くは平安また鎌倉時代からとされていて、当時は上流階級の人しか保有できないものとなっていたので高級品として取り扱われていた感じとなっています。
遥か昔からあった網戸と似たものと今の網戸を比較したら、かなりの異なりが出ているかと思いますが、網戸も日本の文化を象徴するものとなっているため、これからも大事にしていきたいものであります。網戸とかの張替え技術や知識とかは進化していってるため、構造とか作り方などもスムーズに行われ、張替えとかも簡単にできるようになっているので網戸を作ったり張替えたりする職人の方も安心かつ安全に作業ができるようになっています。
最近では網戸で使う網も色々な種類が出ていて、オーダーメイドとかもできるので便利な世の中になってきております。網戸も普通のものから特殊なものまであったりするので張替えとかをする時に色々と要望や意見を出せるようになっています。ちなみにですが網戸の張替えをしてもらう際は経験豊富な職人とかが常駐している業者に依頼を出し対応してもらったほうが料金を抑えることができるのでおすすめであり、実績がある業者はできるだけリーズナブルな料金で施工をしてくれます。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


奈良県五條市について

奈良県五條市は、奈良県南西部の市で、人口32千人、総面積292.05km2の市である。西境は、和歌山県と接している。五條市の北部には、金剛葛城山地の最高峰である金剛山がそびえ、五條市南部には吉野山地の西北部の山地が伸びている。五條市中央は盆地をなし遥か東方の大台ケ原に源を発した吉野川が西流している。大和国と紀伊国を結ぶ交通の要衝として、また吉野山地への入口として古来より重視されてきた。五條市の中央を分断するように西流している。金剛山と吉野連山に囲まれており、市街から少し離れると急坂が多くなる。吉野川は和歌山に入って紀ノ川となる。この地に早くから人が住みついたことは、東阿田の遺跡をはじめ市内各所にみられる遺跡などで確認できる。縄文・弥生の遺物も出土した。その後奈良時代に入って、このあたりは宇智の大野、阿太の大野として狩猟の場になり、「たまきはる宇智の大野に馬なめて 朝踏ますらむその深草野」などの歌も万葉集に見えている。大台ケ原に源を発した吉野川も、上市付近から川幅も広くなり、流れも穏やかになって土地もひらけ、五条付近は交通の要地として栄えた。五條市も昔は下街道により奈良盆地と結ばれ、南は西熊野街道がそれぞれ奥吉野、紀州と結んでいた。この街道は、紀州藩の参勤交代の道筋に当たり、また吉野川船運の船着き場でもあったので、五条は宿場町・市場町として賑わった。近世に入って、一時松倉氏が1万石で二見に封ぜられ、城下町として新町が栄えたが、その後幕府直轄地として、五条に代官所が置かれていた。五條市は明治以降は、JR和歌山線の開通に伴い水運は衰えたが、近年は奈良・吉野・十津川をはじめ各方面に通じる国道が整備され、産業や観光に大きな役割を果たしてきた。吉野川流域に位置し、大和国と紀伊国を結ぶ交通の要衝として、また吉野山地への入口として古来より重視されてきた。五條市には吉野川が市の中央を分断するように西流している。金剛山と吉野連山に囲まれており、五條市街から少し離れると急坂が多くなる。
またこの五條市は、古代の宇智郡の地であり、宇智神社を始め、大和に移住させられた阿田隼人が祭った阿陀比売神社(旧・阿陀郷)などの延喜式内社が鎮座する。また栄山寺には奈良時代に藤原仲麻呂が創建した八角堂(国宝)も残る。南北朝時代の1348年に南朝の本拠地である吉野が陥落した際に、後村上天皇が賀名生(現在の五條市西吉野町)に入り、一時期南朝が置かれた。時代は下って、1600年に松倉重政が関ヶ原の戦いの論功で領土を与えられ、大和五条藩が成立、江戸時代に入り1616年に重政が島原藩に移封されるまで存続した。重政は五条藩では城下町である新町の振興に努めてその後の繁栄の基礎を作ったが、島原藩移封後は圧政を敷き島原の乱の原因を作った。その後五條市は幕府の天領となり、1795年に五條代官所が設置された。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 五條市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 S自治会様
障子張替え

 T様邸
畳表替え 襖張替え

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳


お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

大阪市淀川区 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え