全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

佐波郡玉村町全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




部屋の用途に合わせて変更を行う畳の張替え

畳の張替えを定期的に行えば、いつまでも畳の状態を新しいままにしておく事が出来ます。畳の張替えを行うには、畳表と畳床を交換するのかどうかを決める必要があります。まだ新しい家であれば、畳床まで交換する必要がありません。畳表の張替え、あるいは裏返しにする事で、畳の状態を良くする事が出来ます。
畳表には、いぐさや経糸が使われており、畳床にはワラサンド畳床や建材床といった種類があります。ワラサンド畳床は、藁の間に建材床を挟み込んでいるのが特徴で、軽量で湿気に強いです。建材床は、藁を使わずにポリエステルフォームを使っています。熱や湿気に強いので、ダニが発生しにくい環境を構築する事が出来ます。藁が無い分、歩いた感触が硬い印象があります。
畳の張替えは、畳表と畳床を交換する事であり、これは昔からセットになっています。平安時代から存在していた畳が広く庶民に使われるようになってきたのは、江戸時代や明治時代の頃です。近年では、現代建築の中にある和室でも使えるように、新しい素材が使われるようになってきました。水をこぼしても、直ぐに拭く事で畳に染み込まない撥水性の高い物、カラフルな物、昔ながらのいぐさを使っている物など様々です。畳店に畳の張替えを依頼すれば、用途に合った畳に張替えてもらえます。

修理すれば長く使える襖はエコな生活にぴったりな建具です

近年は安価な工業製品が多く出回る事で古くなった物をすぐに捨てて新しい物を購入するというのが一般的になっていますが、その一方で環境に配慮して使い続けられる物は修理して使い続けようというロハス的な考え方も広がっています。襖はそうした意味でロハスに最適な建具と言えるでしょう。襖は元々木と和紙といった自然素材で作られているので、修理をして使い続けるという事が前提に造られています。表紙部分は水溶性の糊で張ってあり、枠は分解可能なので必要とあれば張替える事が出来ます。取っ手や枠も取り換えが可能ですし、仮に同様の物が無くても専門のお店に修理を頼めば襖に合わせた物を作成してくれます。また本体部分についても例え骨組みが折れてしまっていたとしても、接着剤で固定したり金具で補強するといった修理を行えば使う事が出来ます。もちろんあまりにも劣化が著しい場合は修理するよりも交換した方が早いですし安上がりにもなりますが、そうでなければ断然襖は修理した方が安上がりです。それに大きな襖は廃棄するには費用が掛かりますし、それを焼却するには燃料も必要ですし空気中に二酸化炭素を増やす事にもなります。襖を修理して使えば廃棄する物は最低限に抑えられます。襖は日本が誇る地球に優しい建具なのです。

障子の張替えで成長を感じる

障子の張替えというのは、定期的に行わなくてはならないと聞いたことがあり、4年から五年に一度くらいは張替えた方がいいとは聞いていましたが、小さな子どもが二人いると、障子の張替えに4年も待つことができずに、だいたい二年ほどで張替えをしなくてはなりませんでした。
しかし、子供たちが大きくなると、障子にいたらずをしたりすることをやらなくなり、障子はきれいな状態を保っていたのです。そのため、すでに四年以上経っているのに、障子の張替えをしなくてはならないというような危機感もなく、張替えなくてはなりないということも忘れていました。そのときに、子供から障子の張替えはしなくてもいいのかと聞かれて、そろそろ張替えなくてはと思い、業者の方にお願いをしました。以前はまた張替えなければとうんざり気味でしたが、今回は四年後には障子を張替えることを忘れないようにしないというような考えで、張替えたばかりの障子を見て、もう破ったりするような小さな子どもがいないことにちょっとだけ寂しい気持ちにもなりました。今度は子供たちに子供ができて、早く障子をいたずらして困らせてもらいたいなと思ってしまいました。障子は子供たちの成長の証のような気がします。

スピーディーな対応が特徴の網戸業者

何か網戸の問題が発生してしまった場合でもスピーディーな対応を行ってくれる網戸業者を選択する事ができれば、あっという間に改善してもらう事ができます。以前は対応するのに時間がかかってしまう網戸業者も少なく無かったです。しかし現在はスピーディーな対応を実施していき、少しでも短い期間で網戸の問題を解消する事ができるように対応してくれる業者が増えてきています。状況によっては一時間もかからない内に解消してくれる網戸業者もあるので、忙しい生活をしている方も気軽に依頼する事ができます。スピーディーな対応を実施してくれる網戸業者によって、どのくらいのスピードで対応してくれるのか全然違っています。少しでも短い期間で対応してもらいたいと思っている方は、予めスピーディーな対応を実施してくれる業者を選択すれば、対応スピードを確認できます。注意点はスピーディーな対応を実施してくれる網戸業者でも業者の事情や混雑状況によって、どうしても誤差が発生してしまいます。特に大みそかや元旦などに対応している網戸業者の場合、通常よりも混雑してしまうケースが多いので、素早い対応が特徴の業者でも残念ながら対応するのに時間がかかってしまう時があります。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


「かかあ天下とからっ風」で有名な「佐波郡玉村町」

「佐波郡玉村町」は群馬県の南部に位置している町です。
総人口は、35,875人 (推計人口、2021年9月1日)で総面積は、25.78km2です。
「佐波郡玉村町」に隣接している自治体は群馬県内では、前橋市、高崎市、伊勢崎市、藤岡市で埼玉県の本庄市、児玉郡上里町とも隣接しています。
昔から「かかあ天下とからっ風」と言われているように、「佐波郡玉村町」のあたりは、冬は「からっ風」(空っ風)と呼ばれる強い北風の影響によって寒く、夏には暑いというのが特徴です。
町の中心地はかつて例幣使街道の宿場町として栄えていました。
「佐波郡玉村町」の町名の由来としては、龍の玉のために出来たという「龍の玉伝説」が満福寺に伝わっていますが、語源としては利根川や烏川などの「水が溜まり易い場所」であったことに由来するという説があります。
「佐波郡玉村町」の観光スポットとしては「玉村町歴史資料館」が挙げられます。
「日光例幣使道と玉村町」をテ-マに、江戸時代に宿場として栄えた玉村町の姿や宿場がおかれるまでの歴史が映像によって紹介されています。
「玉村八幡宮」の本殿は三間社流造(さんげんしゃながれづくり)で室町後期の建築様式を残している国指定重要文化財です。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 佐波郡玉村町迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え