仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円税込1,595円、
ペットディフェンスも扱っています。全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!
提携店とのネットワークで、東北から九州まで、
全国にスピーディーに対応します。

兵庫県加西市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。 安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)

網戸は場所柄、一年中紫外線を浴び続け、夏は40度近くなるような場所におかれ、冬は氷点下になり、凍り付く状態になります。そのため、時間経過とともに確実に劣化しており、もろく弱くなっています。そのため、ちょっとした力がかかると、もろく破れてしまうことがあります。似た環境で設置している網戸は、同じような劣化度合いとなり、一つが破れるときには、同じように破れていく可能性があります。そういった時には、一気に網戸の張替えを行っておくこともよいかもしれません。網戸はホームセンターに行けば販売しており、網部分だけの交換もすることができます。網戸の枠にあったサイズの網を購入し、網戸のもうけられている溝部分に、はめ込みゴムとともに押し込んでいくのです。これらの網戸張替えセットがホームセンターで販売されているので、セットごと購入すると便利です。一度張替え手順をマスターすると、次からは作業が早くできるようになり、子どもでも行うことが可能です。そのため、家族全員で網戸張替え作業をすることも可能であり、楽しい時間をすごせる可能性もあります。時分で張替えた網戸であれば、思った以上に子供たちも大事に扱うものなのです。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230






 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230

日本の美と和を感じる畳

日本では昔からの木造建築住宅には畳が敷かれていました。現在でも住居の中に敷いて昔の空間を作っている家もあります。畳には不思議な魅力が存在していて、伝統的な美を感じることが出来ます。これは家などの住まいのみのことではありません。
家の中にある畳だけでなく、これは柔道などの専用施設などにも使われているものもあります。専用の畳には滑り止めなどを取り付けて家にあるものとは違い、その用途に合ったものが敷き詰められています。その畳ですが、なぜ柔道を行うときに当たって使われるのかという疑問があると思います。その理由は実は柔道の始まる時代にはマットというものがなく、畳が使われていたからです。その畳が使われている伝統を今も受け継ぎ、国際試合などの海外との公式試合にも畳が採用されています。このときに、地面をみるとそれぞれ色が付けられたものが敷き詰められています。その色を判別することによって試合会場を把握できるというわけです。これまで使用されてきた畳を使い続けて、改良しつつも伝統の精神は忘れ去られていないわけですね。
畳の良さの理由を追及すると、天然の断熱効果、遮音性、さらには空間が森のように感じられる香りのような効果をも持っていると評価する方もいらっしゃいます。このように伝統のみでなく人に迫った魅力を秘めていると感じられます。

襖の張替え

襖の基礎になる組子に、下張り紙を貼り、その上から襖紙を貼り、取手と枠組みを付けるなどの行程を経て張替えが完了します。
もちろん障子は定期的に張替えるでしょうが、襖紙を変えるだけでお部屋の印象を大きく変えることもできます。
ちなみに、先にあげたように障子と混合している方もいますが、採光できる障子と異なり、光を通さない役割を持つのが襖ですが、依頼する際に別物と捉えずに業者に連絡をしてしまい、現物を確認してから困った話しも耳にします。
張替えたい場合、業者に連絡を入れるでしょうが、施行前に一度訪問してもらい、見積もりをとって、比較・検討することをオススメします。
張替えといっても、古くなってしまった襖であれば、貼り替えるより、新調することも提案されます。
リフォーム業者の中には、張替え作業を担うケースもあり、クローゼットとして使ってきた収納、押し入れとして襖を取り付けることも簡単にできる話しをします。
襖も和風から洋風の襖紙に張替えたりするだけでなく、経年劣化して滑りが悪くなった場合には、滑りをよくする潤滑剤を塗装してくれるケースもあります。
使い続けるうち、襖紙のみならず、ライフスタイルそのものが変化しますから、襖の数が増える、減ることもあるでしょうから、やはりプロに任せましょう。

襖は意外と汚れることがあります。どうしてそんなことになってしまうのか、というと基本的に紙で出来ている襖というのは色々と空気中のものを吸収したりすることになります。それによって汚れなんかもどんどん吸い込んでしまう、ということがあります。そこがなかなか大変なことでもあります。掃除もできることではありますが、結構本格的に汚れてしまったのであれば張り替えることからやってみるとよいでしょう。襖の張替えですが決して極端に難しいことではないですが、それでもしっかりと綺麗に張替えようとするとびっくりするくらい大変です。ですから、襖の張替えはいっそのこと業者にお願いしてしまうようにしましょう。襖の張替えをしてくれる業者というのはどんなところか、といいますと別に専門的にそれだけやっているところはないでしょう。それもやっている、という感じになります。それが内装屋であったり、表具屋であったりします。便利屋的なところが請け負ったりしているところもあります。とにかく綺麗に襖を張替えてくれるのであればそれでよいです。跡はどんな襖紙を選べるのか、料金はどのくらいであるのか、といったことを比較してみてお願いするところを決めるとよいでしよう。

一般的な襖紙の場合には、高級感はほとんど発生していません。あくまで和の雰囲気を出してくれる襖紙として存在しており、人によってちょっと不満を感じてしまう時があります。そんな時は他の襖紙とは違って、高級な襖紙を選択すれば、一味違った空間を生み出す事ができます。部屋全体を高級感のある落ち着いた和の雰囲気を出す事ができる為、一部の方に高い人気を誇っています。高級な襖紙を使用すれば、誰でも簡単にこのような空間を生み出す事ができます。しかし高級な襖紙は相応のお金を支払わなくてはいけません。高級襖紙を取り扱っている業者によって支払わないといけない金額が違っているので、見積もりを徹底的に実施してもらいたいです。襖紙が違うだけでも部屋の雰囲気が大きく変わるので、部屋の雰囲気を変えたいと思っている方には大変効果的な方法です。自分で実施する事もできますし、面倒だと感じた場合には業者に依頼してしまえば、綺麗に襖張替えを実施してもらえます。高級な襖紙は独特の魅力が発生されている為、昔から需要が高くなっています。種類も少しずつ増え高級感を味わえる襖紙が存在しているので、安易に選択するのではなく、自分好みの高級な襖紙を選ばないといけないです。

網戸の楽しい使い方とは

自然に恵まれた好立地にあるため、快適に過ごすことが可能です。網戸では、個々の問題に真摯な姿勢で向き合い、解決に向けたアドバイスをしてくれます。より良い生活を目指す上でも、将来を見据えたアプローチが求められます。そのための一歩を踏み出せるように工夫してくれます。網戸では、コストパフォーマンスに優れたサービスを提供しています。利用者の一人一人に適した、クオリティーの高いサービスを提案して、顧客満足度を高められるよう工夫しています。特に、網戸については長年のキャリアの中で培ってきたハイレベルなスキルと高度な介護システムを導入して、質の高いサービスが提供できる体制を整えています。機能的な環境が整っています。網戸での進化を目指す姿勢が強く求められています。今までのキャリアの中で磨き上げてきた、高度なノウハウとスキル、そして提案して、顧客満足度を高められるよう工夫しています。特に、網戸については長年のキャリアの中で培ってきたハイレベルな網戸スキルと高い水準の網戸サービスを提供するための、システム・スタッフ教育を強化しています。実際に体験した中での印象を教えてもらうことにより、客観的な網戸に繋げていくことが出来るのです。

毎年、夏場は暑い時期になりますが、以前と比べて、年々、想像を超えるような暑さに遭遇する機会が確実に増えてきています。そういった暑さの中では熱中症になる危険も高いことから、冷房の使用が推進されています。しかしながら、その電気代を支払うのは使用者なわけであり、我慢できる部分で電気代を抑える必要があります。その方法の一つとして、網戸を見直すことが考えられています。網戸は、窓についているものとして、注意を払う機会は少ないものですが、家の通気性を確保するためには、大切な役割を持っています。家に虫を入れないようにするために、網戸は不可欠なものとされていますが、網戸に種類があることは意外と知られていないのが現実です。網戸の網には種類があり、目の大きさが大きいタイプ、小さいタイプがあるのです。より通気性を確保したい場合、網戸の目を大きくするのが手っ取り早い方法なのです。また、網戸は汚れてくると、実質的な目がさらに細かくなってしまいます。これでは本来の網戸の役割を果たせないばかりか、衛生的にもよくありません。そのため、夏前には、一度、網戸をきれいに清掃しておくことで、本来の機能を確保することができます。

花と歴史の都市加西市

兵庫県南部にある加西市は、人口約44000人の歴史と花の都市です。 加西市は兵庫県立フラワーセンターがあることで知られています。 フラワーセンターは広大な敷地に、サクラ、シャクナゲ、ボタン、アジサイの花 などが咲き乱れ観光客の人気を集めています。 また加西市にはゴルフ場やテニスコート、フットサルやサッカーができる多目的グ ラウンドもあります。そして緑に囲まれた研修施設やバーベキューやキャンプを楽 占める古法華自然公園などもあります。 加西市の有名な文化財としては、一体一体の表情が異なる羅漢寺の五百羅漢や 国宝の三重塔がある西国三十三か所第26番札所の法華山一乗寺など歴史ある 施設があります。 さらに近代では戦争中に特攻隊の出撃拠点になった鶉野飛行場跡も有名です。 加西市の食事もおいしく、和食から洋食にラーメンやパンなどのお店も多いです。 そして日本酒の原料として有名な山田錦の産地でもあります。 加西市はお米やぶどうなどの農業生産も盛んですが、産業用機械や精密機械に 食品や家電などの工場もたくさんあります。 加西市の交通網は市内を鉄道が走り、路線バスや神戸や大阪と結ぶ高速バスも あります。それに加西市の高速道路は中国自動車道が通り、インターチェンジもあ ります。


加西市は兵庫県中南部に位置し、北は八千代町。西は姫路市、東は西脇市に接している。
人口46千人、総面積151km2の市である。緑が豊かな自然環境に恵まれたところである。兵庫県では珍しいが、畳表(たたみおもて)や茣蓙(ござ)の産地でもある。また綿織り物の欧米への輸出もかっては盛んであった。昔は京都と姫路を結ぶ街道の要衝であったが、現在も交通の要衝であることは間違いない。観光資源としては、西国札所26番札所として有名な一乗寺を始め、北條の五百羅漢、火災の玉丘古墳群等がある。
(石造浮彫如来及両脇侍像)
北条鉄道播磨下里駅の南西約3km、古法華と呼ばれる山中の観音堂にある。
つい最近まであおの美術的・歴史的な価値も知れずに埋もれていたが、昭和30年田岡香逸氏らの調査により、始めてその価値が認められ昭和36年に国の重要文化財に指定された。
(一乗寺)
法華山と号するこの地方きっての古刹である。寺報によると法道仙人が大化5年(649)孝徳天皇の病を加持祈祷により治したことから天王の帰依深く、翌白雉元年(650)法道仙人がこの地に一宇を創建、天皇は行幸されて法華山一乗寺の山寺号を賜ったと言う。また、聖武・孝謙・仁明天皇の勅願寺となり永延元年(987)当寺に立ち寄った花山法皇は西国33カ所第26番霊場とした。以来朝野の崇敬を集めるようになったと言う。正中2年(1325)後醍醐天皇の勅により講堂を建立、元弘3年(1333)には荘園が寄せられている。大永3年(1523)山名氏の兵火で焼失したが永禄5年(1562)地蔵院永厳が赤松義祐の帰依を得て再建した。また寛永5年(1628)姫路城主本多忠正が修造し慶安元年(1648)3代将軍家光から朱印112石を寄せられ、寺運も隆盛した。奈良平安時代に最も隆盛した寺であるだけに、数多くの国宝・重要文化財がある。三間三重・本瓦葺の三重塔や聖徳太子と天台宗の傑出した高僧画像9名を描いたもの。県下では最古の絵画で藤原京時代の傑作として非常に貴重な絵画である。
(兵庫県立フラワーセンター)
兵庫県立フラワーセンターは、兵庫県加西市に位置ある植物園。1976年(昭和51年)に開園し、公益財団法人兵庫県園芸・公園協会が運営している。面積は46ヘクタールで、中央部の亀ノ倉池をはさみ、北半分にサクラ園、シャクナゲ園、ボタン園、アジサイ園、つつじの小道などがあり、南半分には中央花壇、風車前花壇、温室群などがある。なお、後述する2012年(平成24年)のリニューアル工事により、かつてあったハナショウブ園は姿を消し、芝生広場へと姿を変えた。
温室は入り口から「四季の花室」「球根ベゴニア室」「熱帯植物室」「ゲスネリア(イワタバコ科)室」「ラン室」「食虫植物室」「フラワーホール」の順に回る。食虫植物室はリニューアル工事により、旧熱帯花木室を大きく改装したものである。逆回りも可能。
ベゴニアとイワタバコ科と食虫植物は日本屈指のコレクションを誇る。なお、食虫植物は、リニューアル工事後は専用温室で見られるようになった。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 兵庫県加西市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
   

 施工・工事の事例です

 T様邸
畳表替え

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え


お茶室の畳表替え工事

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

 N様邸
襖ふすま張替え施工

兵庫県加西市は県内の南部に位置し、約43000人の総人口を持つ市です。加西市で利用可能な公共交通機関は鉄道は北条鉄道、高速バスを含む路線バスですが、市内や近隣自治体へのアクセスの際は、車があると便利な地域です。加西市へのアクセスの際は、大阪府や岡山県方面からは、高速バスが最も便利です。兵庫県の中心都市の神戸市から加西市へアクセスする時は、新開地駅から粟生駅経由で神戸電鉄粟生線と北条鉄道を乗り継ぐ事になります。加西市の中心エリアは、北条鉄道北条町駅の周辺で、この駅を出てすぐの場所に図書館が入る商業施設がある他、徒歩5分圏内にも大型ショッピングモールがあり、買い物の利便性は良好です。加西市の中心エリアは飲食店も多く、仕事帰りの外食や気分転換の食事にも便利です。加西市内に公立と民間運営を含めて20カ所以上の保育施設や幼稚園があり、全ての施設で待機児童数がゼロの為、子育て世代の共働き加齢にとって安心して子供を預けながら仕事に励めます。加西市は北条町駅周辺を含めた中心地となる北条町は、地方都市特有のローカルな雰囲気が漂っているものの、一戸建て民家が中心の住宅街と商業施設が共存する為、全体的に現代的な街並みが広がっています。北条町から離れたエリアは、田園地帯の中に約数十軒から100軒程度の集落が点在しており、長閑さも感じさせます。