全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

西八代郡市川三郷町全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳の表替えの意味と効果について

畳表は、畳の表面の箇所を指していますが、室内の空気を清浄する効果や香りでリラクゼーション効果などもあります。さらに、室内の断熱性を保温性、湿度のコントロールなどの効果もあり、畳表はとても重要な役割を果たしています。畳表は、い草の本数が多ければ多いほど、質が高いとされています。良質な畳表は、い草の本数が多く耐久性も非常に高いです。海外製と日本国内のい草がありますが、品質では日本国内生の方が高くなっています。そんな、畳表ですが表張替えいった施工により、張替えを行うことができるのです。畳は使っていくうちにすり減ったり、日光による日焼け等も目立ってきます。畳全体が変色したりすると劣化している証拠です。そのため、定期的に畳表を張り替える必要があります。表張替えを実施する事で、表面のい草を交換するので、い草の良い香りも新築の部屋の時のように戻りリラクゼーション効果も高まります。畳の表張替えですが、一般的には5年以上使用した場合に実施すると良いとされています。しかし、部屋の配置や畳の環境に応じて、畳の状態は異なりますので定期的に目視でチェックすることが大切です。表張替えは、工務店などで施工が可能です。表張替えには、専門技術が必要ですのでプロにお願いするが間違い無いです。

襖の記念日と襖の張替えの時期

メモリアルな記念日は世界中で制定されており、特別な日としていろいろなことを思い起こす機会になりますが、日本の伝統と歴史を受け継ぐ襖にも記念日があります。それを知らない人は多いですが、実は10月10日となっており、正式なものです。なぜその日なのかというと、夏用の葦戸を襖にかえる習慣があり、そのタイミングがだいたいその時期であったことや、格子になっているフレームが「十」に見えること、そして襖の立縁が「1」で丸形の引手がゼロで、10にも見えるということから決まりました。襖にも記念日があったというのは驚くべきことですが、襖の張替えを検討する機会にもなるかもしれません。普段毎日見ていると気がつかない襖は、次第に汚れてきて破れてしまうことさえあるからです。張替えのタイミングをチェックするのも良いことです。

襖の張替えは、自分でやってみようとしてもきれいに張替えができませんので、業者に依頼するのがスピーディかつ美しい仕上がりになります。断熱や調湿といった機能がある襖ですので、それを活かすためにも定期的な襖の張替えは必要になります。5年から10年が張替えの目安となりますが、和室をいつまでも素敵な空間にするために、そうしたメンテナンスに目を向けていきたいものです。

障子紙の種類

障子紙には実に多くの種類が存在しており、好みのものを選ぶことが可能になっています。一般的にホームセンターや量販店などで市販されているメーカー品が手に入れやすいですが、和紙の専門店やネット通販でないと手に入らない高級品の障子紙もあります。機能面のみを重視するのであれば、ホームセンターで市販されている破れにくい障子紙などがおすすめです。これらは従来の障子紙に比べると強度が高いので、破れる心配が少なく、張替えの手間が大幅に減ります。また、明るさをアップしている商品も多いので、室内を明るくするうえでも効果的です。一方で、障子紙その物の質感を重視するというのであれば、和紙専門店などで探すのがおすすめです。最も高級な障子紙としては、手漉きの楮紙の障子紙があります。一般的な障子と比べると格段に高級ですが、その上質な質感と、楮紙特有の丈夫さから、格式の高いお部屋にピッタリの品です。そもそもこの楮紙こそ本来の和紙であり、楮以外の紙はいわば和紙風の紙ということになります。和紙の障子紙と言っても、市販されているものはレーヨンやパルプが一般的なのです。また、同じ楮紙でも機械漉きの場合には比較的安価ですので、手漉きはハードルが高いな、と感じる人におすすめです。

網戸の張替は結構難しい

周囲の扉を見るとその状態が分かります。綺麗な状態の扉は見た目も良いので、その家が手入れされていると感じます。また家を手入れする際は家具の状態も確認すべきです。網戸は破れている可能性があるので見逃さないことが大事です。そして網戸の状態が悪いならメンテナンスを考えることです。基本的に網戸を修理するなら素材を買うことがお勧めです。今は網戸の素材が売っているので直に修理できます。こういった修理は網戸が破れている際に有効です。そして網戸を綺麗に見せるためには、個人の判断で行う定期的なメンテナンスが重要です。今のマーケットの中には様々な種類の扉が売っています。大人たちはその中で高性能な商品を探すことが大事です。網戸は和室の中で高い機能を発揮できるので、最新の商品をチェックすることに意味があります。また最新の網戸は使いやすいのでメリットが多いです。このように商品の現状を知るだけでも優れた道具が購入できます。網戸を見分ける際には他人の意見が重要になります。一般ユーザーは様々な家具に対して評価を書いています。そしてそういった意見を読めば人気の家具が分かります。新しい網戸は需要が高いので、人気の種類も判断しやすくなっています。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


山梨県西八代郡市川三郷町

西八代郡市川三郷町は山梨県の中央部に国中地方にある町です。現在西八代郡を構成する唯一の自治体となっています。西八代郡市川三郷町は西八代郡の市川大門町と三珠町、そして六郷町が合併した事により誕生した町で、その際に市川大門町の市川、三珠町の三、六郷町の郷をそれぞれ合わせたのが町名の由来となっています。西八代郡市川三郷町は甲府盆地の最南端にあり、町域の大部分を山地が占めています。甲府盆地を流れる一級河川笛吹川と釜無川が合流し、富士川となる地点にあり、水の恵み豊かな土地です。そのため古くから水を多く使用する紙漉き技術が発達しており、平安時代の初期には現在の西八代郡市川三郷町旧市川大門町地域で紙漉きが行われていたことが当地にあった寺の記録に残されています。その後紙漉きの技術は受け継がれると共に改良により発達を重ね、武田氏の時代には武田家の御用紙として、そして江戸時代には幕府の御用紙として献上される程になりました。現在も西八代郡市川三郷町は紙漉きの町となっており、いち早く機械漉きの技術を取り入れた事で障子紙や書道用品などの和紙製品を製造しています。特に障子紙の生産量は日本国内のシェア40%であり、堂々の日本一の生産量となっています。また印鑑の生産量も多く、山梨県全体の7割、全国でも5割の生産量とこちらも日本一となっています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 西八代郡市川三郷町迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え