仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!
畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま、障子、網戸アミド1,450円税込1,595円、
ペットディフェンスも扱っています。全国でもトップクラスの激安価格です!!
親切丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、
東北から九州まで、全国にスピーディーに対応します。

神戸市兵庫区全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!
弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)

破損をさせた覚えも無いのに網戸アミドが急にスライドしにくくなってしまう場合もあります。これは珍しい現象では無く良くある現象になります。どこかが壊れてしまっていると感じて網戸アミドを修理してもらおうと考えてしまう方もいますが、自分で確認をする事によって網戸アミド修理をしてもらわなくても直す事ができる場合もあります。確認をしなくてはならない部分は網戸アミドのレールの部分になります。その部分にごみが溜まっていないかを確認してみると良いでしょう。外のごみが直接網戸アミドに当たってしまうとそのごみは真下に落ちる事になります。この真下に落ちたごみが溜まってしまう事によって網戸アミドがスライドしにくくなっている可能性があります。また雨の日などの場合は水分が影響をしてしまいごみが固まってしまう事もあります。確認をしないで修理を依頼する事によって、自分で行う事ができた作業のはずなのにお金を支払わなくてはならない状態になってしまいます。もしもごみが溜まっている事を確認できて取り除いてもスライドしにくい状況が続く場合は、網戸アミドのどこが破損している可能性もあるので、網戸アミド修理を依頼しなくてはなりません。自分でできる事を行ってみてそれでも解決できない場合は網戸アミド修理を依頼するようにしましょう。





 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230



畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

住宅の中には大半の場合1部屋は和室の部屋があるものです。 中には洋室だけと言う住宅もありますが、建売住宅や分譲住宅、そして新築マンションなどには必ず1部屋は和室の部屋があり、そこには日本の中で古くから使われている畳が敷き詰められています。新築の時の畳というのは、新品で有ることからも、材料でもある井草の香りが部屋中に立ち込め、井草が持つ癒しの効果や防音性、保温性など十分な効果を期待する事が出来るのです。 しかし、使っている事でこれらの効果は薄れてしまうものです。
畳は掃除機を使う時には畳の目に沿い掃除機をかけていくこと、水を含んだ雑巾などでの水拭き掃除は厳禁であり、表面の汚れなどは乾いた雑巾を使って畳の目に沿って拭いて行くことが必要となるわけです。 また、定期的な掃除をしてあげる事や、直射日光などが当たらないように工夫をすることが大切です。
しかし、長い期間使っている事で耐久性は低下しますし、井草の香りも少なくなるものです。 畳は畳床と呼ばれる土台の表面に井草で出来ている畳表が付いていますが、この部分がまだ使える場合は一度剥がしてから裏返して使う事も出来るのです。
また、畳表が劣化してしまい、使い物にならない場合でも土台がしっかりしていれば張り替える事で耐久性を取り戻すことが出来ますし、井草の香りを感じる部屋を作り上げる事も出来るのです。 井草の香りにより安堵感やリラックス効果を得る事が出来るのです。

知られざる襖の歴史

襖は日本伝統の建具ですが、日本人にとってあまりにも身近な存在なために、改めてどういう建具なのかを問われると答えに窮してしまう人が多いのも事実です。襖は主に室内の仕切りに用いられ、装飾の少ない和室においては表の襖紙に描かれた模様や絵が、部屋の印象を決めるアクセントともなります。誕生したのは平安時代の事で、当初は寝所の間仕切りに使われていました。この寝所の事を衾所(ふすまどころ)といい、そこに用いる建具であることから襖という名がつけられたともいいます。また、衾とは布団のような寝具の事であり、その形に似ていることから名づけられたという説もあります。漢字としての襖とは、衣服の袷などを意味しており、初期の襖が絹張りであったことを示唆しています。後に中国から質のいい厚手の紙が輸入されるようになると、絹生地に変わって紙張りの建具が普及します。この建具は唐紙障子と呼ばれましたが、構造が似ていることから襖と混同されて今日に至ります。現在では様々な種類の襖が存在しており、表に用いられる襖紙も豊富にあります。しかし基本的な構造は平安時代の昔から変わっておらず、今なお現役で活躍するまさに我が国の建築文化を代表する建具なのです。

構造が丸見えの障子と違って、襖は表も裏も紙が張られているので、外から見ただけではどのような構造をしているのか分かりにくいので、どうやって張替えるのか想像がつかないという方も多いのではないでしょうか。襖にはいくつか種類があって、それぞれ構造が異なるのですが、伝統的な本襖を例にとって簡単に張替え方を解説します。まず襖は角材を格子状に組んだ組子に下張りや茶チリ紙、そして表となる襖紙を張り重ね、外枠を四方に取り付けて引手の金具を取りつけて作られています。襖を張替える場合にはまず、余分な引手や縁を取り外します。古い紙を剥がしていきます。この際特に破れなどが無ければそのまま新しい紙を上から張り付けて、縁を取り付けて張替えを完成させてしまう事も出来ますが、基本的には古い紙は剥がして張替えます。そうしないと、変に襖に厚みが出てしまって見た目が悪くなることもあるためです。下張りの上に張られた茶チリ紙はべた張りではなく四方のみを糊付けしてあって剥がしやすいので、下張りに大きな傷みが無ければ、通常は茶チリ紙から張替えます。茶チリ紙は表にあくなどが浮き出ないようにしたり、下張りの色が透けたりしないようにする効果があります。全体を張替えたら元のように縁と引手を取り付けます。なお本襖の張替えはかなり手間がかかり、時間も作業スペースも必要なので、専門の業者に依頼して張替えてもらいましょう。

網戸の張替え

気温が高くなる夏場では窓を開けておく機会も多くなってくると思います。冷房を入れておけばもちろん快適に過ごす事も出来ますが、冷房は体調を崩してしまう事もあるので苦手な人もいると思います。日中はともかく朝や夕方の日が高くない時間帯は窓を開けておいた方が気持ちが良くて涼しい場合もあります。その時にはどの家庭にも備わっている網戸を使用して虫などの侵入を防いでると思いますが、いざ使おうと思って網戸を見た時に破れていたり穴が開いていたりした経験もあると思います。自分の自宅の網戸もそうでとても困った事がありました。以前はステンレス製の網戸を使っていたので、あまり痛むことは無かったのですが、最近は価格の安いポリエステル製の網戸を使っているので耐久性がどうしても落ちてしまいます。そんな劣化した網戸も張替えなければならないのですが、最近では自分で張替える事も出来て手軽には出来るのですが、自分で張替えるとなるとこれが結構、難しいのです。自分も張替えてみたことがあるのですが、色々と専用の工具が必要となったりして結構大変な作業でした。張替えた網戸も弛んでしまったりして見栄えはおろか機能にも影響が出てきそうだったので、思い切って専門業者に張替えを依頼してみました。近くのホームセンターで張替えの受け付けていたのでそちらのサービスを受ける事にしてみました。見積もりを出して貰った所、材質や大きさにもよりますが、割と手頃な価格だったのでそのままお願いをして張替えて貰う事にしました。数日後、張替えを終えた網戸を取り付けて貰った所、撓みのない網戸で見事な仕上がりでした。材料費や工具代の事を考えると業者に依頼した方が綺麗に仕上がるので張替えを検討されている方は業者に依頼した方が良いかもしれません




 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


神戸市兵庫区とは

神戸市兵庫区は市を構成する9区のうちの1つで兵庫県の南東部、神戸市の南端中央部に位置しています。兵庫区の人口は約10万7千人、人口密度は平方キロ当たり7300人の地域です。1933年に神戸市兵庫区が誕生しました。区の南部の地域は有数の規模を誇る港町であり、江戸時代のころから人口は1万人以上であったとされます。明治時代に入り、開港とともに文明開化で外国貿易が盛んになり繁華街やオフィス街として栄えて行きました。1995年1月には阪神淡路大震災が起こり、マグニチュード7.3を記録し神戸市では4500人以上の死者を出しましたがその後復興を遂げて来ています。2006年には神戸空港も開港し、国内外の主要な企業がここへ進出しました。神戸市兵庫区の鉄道路線ではJR西日本の山陽新幹線や山陽本線が通り、他にも阪神電鉄や阪急電鉄、神戸電鉄、神戸市市営地下鉄なども通っています。路線バスでは神戸市営バスや神姫バス、阪急バスや神戸交通振興バスが運行しています。兵庫区の名所・旧跡、観光スポットや施設としてはレガッタの公認コースのある運河が見られます。昭和30年代には賑やかなオフィス街や歓楽街であった新開地もあり、現在でもオフィスや店舗の多い地域となっています。他に神社仏閣、温泉、岬の砲台、アートビレッジセンター、水の科学博物館、公園球戯場なども見ることが出来ます。

現代と昔ながらの神戸の良さが混在する神戸市兵庫区

人口約107,000人の神戸市兵庫区は、神戸市湾岸中央部に位置し、ウォーターフロントの開発が活発に行なわれて来ました。一方で東京の浅草と並び称される、下町風情漂う雰囲気の心落ち着く場所の新開地があります。
また、神戸市兵庫区には、日本最長の運河や庶民の台所である、食堂併設の神戸市中央卸売市場や2002FIFAワールドカップの会場となったノエビアスタジアム神戸等があります。全体として、現代と昔ながらの神戸の良さが混在するエリアと言って、良さそうです。
神戸市兵庫区役所の最寄りの駅は、神戸電鉄・有馬線や神戸高速線の湊川駅と神戸市営地下鉄西神・山手線の湊川公園駅になります。湊川公園駅から三宮駅まで5分なので、交通アクセスも問題ないと言えます。中央市場駅までは、神戸市営地下鉄海岸線の電車に三宮・花時計前駅から乗車して、6分ほどです。
神戸市兵庫区には、ギャラリー・劇場・多目的ホール・スタジオを備えた創造型芸術文化施設の神戸アートビレッジセンターがあります。若手芸術家育成と新開地再生を主たる目的として作られた施設であり、神戸におけるアートの拠点の一つとなっていて、一年を通じていろんなイベントが開催されています。
神戸市兵庫区でおすすめの観光なのが、兵庫七福神めぐりです。弁財天 ・和田神社から大黒天 ・福海寺までの7箇所を巡るコースは、距離が短く気軽に参加出来ます。スタンプラーや可愛いグッズ集めも楽しいので、機会があれば、チャレンジしてみましょう。また、ドイツルネサンス様式の白亜の館・神戸市水の科学博物館は、水の科学や重要性について理解を深めることが出来るスポットです。

神戸市兵庫区 大輪田泊

神戸市兵庫区には、かって大輪田泊と呼ばれた古くからの港があった。現在の神戸港西側の一部にも相当する。12世紀後半に平清盛により改修工事がなされた。輪田泊ともいい、古くは務古水門とも称した。平安時代末期から鎌倉時代前期にかけて日宋貿易で大いに栄えた。和田岬の東側にあり、天然の良港をなし、奈良時代から瀬戸内海を航行する際の要津であった。平清盛はこの大輪田泊を通じて宋との貿易で、成功し財力を蓄えると同時に政治的影響力も大いにつけ、やがて湊を見下ろす丘陵に福原の都を構えたが、源頼朝・源義仲の挙兵にはじまる内乱とそれにつづく平氏の失権により中絶してしまった。福原京に建てられた建造物群もまた治承・寿永の乱の中で源義仲によって全て焼き払われてしまった。室町時代にはいると、兵庫津は足利義満による日明貿易の拠点となり、遣明船の発着港としてにぎわったほか、朝鮮王国や琉球王国の船も来航して再び国際貿易港としての地位を得た。
(能福寺)
正式には宝積山能福護国密寺と号する天台宗の古刹。延暦24年(805年)唐から帰朝した最澄が一宇を建て、自刻の薬師如来を安置したのが当時の起源である。後に平家一門の帰依を受け平敦盛の子小川忠快法印が中興した。平清盛は当寺で剃髪出家し、またその死後納骨したのも当寺だという言い伝えがあるが事の真偽は定かではない。後に兵火にかかって衰退したが、慶長4年(1599年)長盛宝積が現在地に移して重興した。江戸時代は寺領340石余を有していた。境内には昭和29年京都九条家の月輪影殿を移した本堂の他、観音堂・講堂・書院・鐘楼などがあり寺観も整っている。またもと甲賀郡の善水寺から移したと言う、像高114cm、一刀彫の十一面観音立像は、平安初期の秀作で国の重要文化財に指定されている。また境内墓地に中興開山の忠快法印の十三重石塔がある。
(清盛塚)
兵庫区には平清盛ゆかりの寺や墓も多いが最も有名なのがこの清盛塚であろう。高さ約9.3m、基部は1.6m四方の壮大な石造十三重塔で弘安9年(1286年)2月の記銘がある。鎌倉幕府の執権北条貞時が清盛の霊をとむらうため建立したと言われる。県の文化財に指定されている。近くに柳原義達氏作の清盛像、塔の東側に平経正の琵琶の名器「青山」を埋めたと言う琵琶塚がある。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 神戸市兵庫区迅速に対応します

施工可能地域


   

 施工・工事の事例です

T様邸
畳表替え 襖張り換え

D保育所様
和紙畳の張替え工事例

N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

K様邸 縁無し畳施工

H様邸 半帖縁無し畳

S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

S様邸 和紙カラー畳表

N様邸 襖、和紙畳張り替え

N様邸 襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替えM様邸 網戸アミド張替え

襖は見た目はきれいに見えていても長年使用していると、どうしても汚れや変色で劣化してしまいます。襖は紙でできているというのもあって、他のドアや窓に比べて汚れやすく、こまめなお手入れが必要です。まずは、襖の引手部分についた手垢を消しゴムで軽くこすりましょう。白い柔らかめの消しゴムを使えば、長年の手垢や汚れを落とすことができます。次に、襖紙が変色や破損している場合ですが、張替える必要があります。襖の張替えは、材料もホームセンターで揃うので、経験のある方や器用さに自信のある方は、自力で張替えることができますが、できない時や自信のない方は、ハウスクリーニングや襖専門の業者を利用しましょう。最後に襖の下部分にもゴミがたまっている可能性があります。襖を外して掃除機をかけた後、軽く乾いた布でホコリを拭き取って、襖をはめ直せばお掃除終了です。日頃からきっちりしておくと、ホコリや汚れも取りやすく、あまり放置していれば襖についたホコリが引っ付いて、乾いた布では拭き取りにくくなってホコリが詰まったせいで、立てつけも悪くなってしまいます。そうならないためにも、こまめにチェックをして、常にきれいな状態を保つようにしましょう。