名古屋市中川区内全域スピード対応!!

熟練の技能士が丁寧に施工しながらも
企業努力で全国でも仰天の激安価格、料金を実現しました。
全国、東海、中部地方が施工エリアです。
国産畳表(たたみおもて)も激安で!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

襖ふすま、障子、網戸アミド、畳たたみの張り替え交換修理修繕と新調。
ペットディフェンスも扱っています。
高い品質と確かな施工を維持しつつ、驚きの張替え価格、料金を実現しました。
業界トップクラスのスピーディーな対応と無料お見積りで、
皆様に喜んで頂ける、安心安全施工をお約束致します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で製造されたものを使用しています。

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称で、国際的な標準を定める機関です
この機関が定めているのが、ISO規格です。
これに沿って会社内にシステムを構築して、ISO審査機関の厳しい審査によって認証されて、ISO取得を謳えます。
●主なものにISO9001があり品質マネジメントシステムとも呼ばれ お客様に品質の良い品物やサービスを提供することつまり『顧客満足』を目的としています。  
●次にISO14001があり、これは環境マネジメントシステムとも呼ばれ、会社が在る地域社会の環境に悪影響を与えないようにすること、つまり『環境保全』を目的としています。

襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます

 (画像はイメージです)

障子は和室に設置する建具ですが、年数が経過すると日焼けや破れ、湿気や引っかき傷等で劣化が進むため、張替えが必要になります。障子張替えは個人でも行えますが、専門業者も存在するため、ライフスタイルに合わせて選ぶ事ができます。個人で行う場合はホームセンターで、張替え用の障子紙を購入します。店頭には多くの障子紙が並んでいますが紙やプラスチック、強化紙等があるため、用途に応じて選べます。障子張替えの専門業者に依頼する場合は、まず見積りを取ると良いです。電話でもメールでも見積り請求は可能なため、業者を選定する意味でも必要な作業です。障子は張替えるだけでなく、年数経過により生じた歪みを直すために、修理が必要になります。障子張替えの業者に依頼した場合は、この作業も込みの価格になるため、お得に利用する事ができます。また道具を一から準備する必要がないため、手間無くできるのも魅力です。障子紙を選ぶ時は、住宅インテリアや雰囲気をもとに決めると良いです。統一感が無かったり、チグハグなデザインを持ってきたりすると、部屋が落ち着かなくなるため、気を付けます。そして障子に求める効果、仕上げたいイメージを明確にする事も大切です。

【サイズについて】

【襖障子網戸】三六尺とは、幅900mm×丈1800mmの大きさです。
【畳】五八間とは、幅880mm×長さ1,760mm
            このサイズまでが基準です。

襖の天袋や障子の欄間については、お問合せ下さい
幅広や丈高については、お問い合わせ下さい。
畳は本間(京間)等については、お問い合わせ下さい。

ご注文は畳は4帖半から襖、障子、網戸は2枚からお願いします。
   住まいのリフォームも承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。 



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


 日本の気候風土の特徴は、世界的に見ても類の無いものと言われています。
まず、夏は高温多湿である事。近年よく夏場に集中豪雨が続き、夏場の台風は大雨を連れてきます。日本では、年間を通じても雨は1,800mm程度降りますが、欧米では500mmから800mm程度、世界の平均でも700mm程度に過ぎません。
そして一転して冬場の気候は低温乾燥と成り、季節によって気候条件は大きく変わるのが日本の特徴なのです。先人達は、そんな気候の中で知恵と工夫を重ねて、世界に誇れる畳やふすま、障子などを創り上げてきました。
 また、近年様々なアレルギーが私たちを悩ましていますが、欧米の生活様式や機密性の高い住宅がそのまま、日本の生活様式の中に入って来たことで、気候風土との少しづつのミスマッチが重なったことにも一因が有るのではないでしょうか。
特に畳には、保温断熱効果や調湿効果があります。密閉性の低い日本家屋の中にあって冬場の保温や、夏場の涼しさを助けてくれます。また近年の研究で、畳1帖で約300〜500ccの水分を吸廃出する事や二酸化窒素やシックハウス症候群の原因とされる化学物質を吸着してくれる事が分かっています。
また、畳は適度な弾力性で転んだときの衝撃を和らげたり、騒音や振動の軽減も期待できます。実に畳は、人(特にご高齢の方や小さなお子様)にやさしい内装品なのです。
また、襖や障子にも断熱や湿度の吸収、放出や異物の吸着効果の点で共通の能力がある事も分かっています。
私達はこの優れた畳、ふすま、障子を継承していきたいのです。
その為には、今後ますます進むと思われる、洋式のインテリアとも上手く融合出来るように畳や襖を工夫する必要も有るでしょう。また、重要な問題としてお部屋のバリアフリー化があります。畳や襖、障子をそのまま使いながらのバリアフリー化をもっと工夫する必要もあります。畳の弾力性は、転倒事故の際に人に対する負荷を和らげてくれます。 これは、畳や襖の大きな長所でお年寄りや小さなお子様の居られるご家庭では大変重要な畳やふすまの役割だと思います。
そしてこの優れた畳、襖、障子の新たなる普及の為、コストの圧縮を図り、高品質を保ちながらも出来る限りお求め易いお値段で畳、ふすま、障子作りを追求し続けています。

畳のメンテナンスについて

畳は日本の伝統的な室内の床です。非常に吸湿性にすぐれ、また温度調整能力や保温性にすぐれた、日本の高温多湿の気候に合った床のあり方です。畳はウレタンや藁で出来ている畳の中身を畳表が包む形で出来ていて、畳表を通して室内の湿気を吸い取ったり、逆に畳が持っている湿気を室内に放出したりして湿度を調整しています。畳は呼吸しているのです。だから、畳の上にカーペットなどの塞ぐ物を置かないことが大事です。
畳は畳表と畳の中身をかなり太めの糸で縫って繋いであります。そして、畳の縁にあたる部分でそれを補強しているのです。昔は手縫いが主流でしたが、今は業務用のミシンで縫われることが多いです。手縫いの場合は、かなり体力と根気を要する作業が強いられます。手縫いの際はものすごく大きい針を使います。そうやって糸でしっかりと畳の中身まで貫通させるのです。ミシンが主流になった今でも針は太くて大きいです。
畳は出来れば毎年畳表を替えましょう。古い畳表は破れやすくなったり、湿度を上手く調整できなくなります。そしていろいろ、虫食いや腐敗等の住居によくない状態になります。悪い空気を改める能力があるのですが、それも落ちてきます。そしてマメに虫干しをしましょう。それだけで寿命が長くなります。虫干しは日が当たるところに2、3時間も干して乾燥させましょう。それだけで新品と同様になります。
それから畳に水分は禁物です。水拭きはやめましょう。仮に水をこぼしたり、濡らしたりした場合には乾いた布で拭き、水分を残さないようにしましょう。ほこりなどは、掃除機で吸い取るか、あるいは箒等で掃いて、ちりとりなどで取るのがよいでしょう。常に表面を乾かしておくのも大事です。意外と乾燥には強いので、むしろ湿気の方が大敵です。もし、乾いた布で落ちない汚れがあったら、重曹をしみこませた布を固くしばって拭きましょう。
畳は常に呼吸しています。部屋の換気を忘れないようにしましょう。換気は1日に数回、朝と夕方ともう一回くらい、した方がよいでしょう。換気をまめにすると、畳の湿度を調整する能力が増します。フローリングの床よりも、空気をきれいにする能力があるので、呼吸器等にハンデがある人には良いでしょう。それから直に布団を敷くので、ベッド等のやわらかいマットレスよりも骨格に影響が出ない眠りを保証してくれるというメリットもあります。

洋風化の中で重要な畳

日本式、入母屋の家屋が減ってきて現代は洋式へと移り変わっては来たが、やはりその洋風建築の中にも和室は非常に重要な役割を果たしており、本来日本人は畳の上で生活をしてきた民族なので、ツーバイフォー住宅が圧倒的に多くなった新築の中に於いても忘れてはならない安らぎの空間として無くてはならないものになっています。日本の狭い土地を有効活用でする洋式建築と和風とをうまく利用した建築設計が現代建築物の主流になってきているのです。農民は広大な田畑を耕し稲作を中心として生活を営んできました。コメを作ると必ず大量のワラが発生します。このワラは現代のコンバインでは小さく粉砕されてトラクターによって田畑に混ぜ込まれ翌年以降の土地の肥やしとなります。一昔まえなら足踏みの脱穀機を活用して稲穂だけをちぎりモミだけは焼かれて取り残された大量のワラが発生しました。天日に干されているコメが田舎の風物詩であって、昭和の農村のありきたりの風景だったのです。このワラを有効活用してきたのが日本の畳です。田舎では村々に畳職人がいてワラを買い取っていました。農作に全く無駄か無いのです。生産から加工そして消費、稲作としての流通網が出来上がっていたのが昭和の稲作だったのです。現代は畳自体の需要が減ってしまって村からは畳職人が暮らしていける環境がなくなりつつあります。畳をこよなく愛してきた日本人なのに残念なことです。畳は洋式のフローリングとは違い保温効果に優れています。日本独特の家具として「こたつ」があります。こたつのあたたかみを十分に活かすのは畳なのです。ベッドを活用せずに畳に直接布団を敷いて寝ると保温効果によって暖かく練ることができます。日本人の受け継がれてきた知恵です。フローリングに布団では冬場は寒くて快眠はできないでしょう。正に温かいワラを敷いて寝る。牛や馬の寝床にワラを敷き家畜を労ってきたのもまた知恵なのでしょうか。ワラ、畳と生活を共にしてきた日本人なのです。畳1枚はそのまま面積の単位としても使われてきました「坪」という単位です。広大な土地もメートル法の平方ではなくてこの畳2枚一坪が単位です。現代のサイズはメートル方に準じて2枚一坪よりも狭い畳が使われています。変わりゆく日本の面積単位。洋式に準ずること無く日本住宅はやはり日本式の尺を使って建築されるべきで、こだわりのある入母屋住宅では従来の2枚坪の畳が使われています。日本の良き伝統も畳によって受け継がれていくのです。

襖の張替えの美学

襖の張替えははおしゃれにでき、襖引手の材質ですが、3つの種類あります。木字引手は黒檀などからつくられてるもので、カエデなどの木などからも作られます。襖の張替えはとてもよくて、木本来の良さを生かした生地、木製の引手に塗装した引手があります。職人が手作りで作るものはかなり高価です。そして金物引手は金、銀、銅などで作られており、金物ならではの光沢がります。色仕上げもたくさんの手法があって、最近鉄プラスアルミの引手なども売られています。襖の張替えはとても活用できて、今広く普及してるプラスチック引手もあって、これも大量に生産されていて、手に入れやすくなっています。襖の張替えはお得ですが、江戸時代に作られた繊細できれいな陶磁器の引手もあります。伊万里焼でできたものは美術品みたいにきれいです。そして、引手計上も3種あって、丸形、格だが、楕円型があります。丸形は寸ロクといったシンプルな丸井引手、座ものという飾り付きの引手があり、角形の引手はほこりたまらないようにチリ落としといった形状になっています。引手は既製品だけで千種超えるデザイナがあるとされています。そして、襖の張替えはすばらしく、引手はいろんな色仕上げあって、それにより価格も変わります。木の風合い生かした生地、花塗り、目はじき塗などがあります。襖の張替えは美しいです。

網戸の張替え

網戸の張替えは大事で、網戸の掃除しようと張り切っても網戸はまらないといったことないでしょうか?外す前にしっかりはまっていても、どうしてはまらないのかとあせったりします。網戸は虫の侵入したりします。張替え、掃除しようとして外してもはまらなくなったことないでしょうか?_網戸ははまらないとき2つの理由があります。マンション、戸建てどちらも引き違い式の網戸なら取り外しできます。ですが、網戸の張替えはやるべきですが、網戸が地震などで突如外れないように外れ止めが付きます。この調整をしなくては網戸外したりできないです。そして、網戸を何年も使ってれば網戸ゆがんだりして傾き、うまくはまらなかったりします。網戸の張替えは大事なことで、網戸ゆがんだり方組む原因としては網戸の下についてる戸車の左右のバランスあってないときや、アルミ枠のねじれが考えられて、この時戸車ごと交換が必要です。そして、網戸はまらない理由がわかって、どこからチェックすればいいかわからなかったりします。網戸外したら網戸のレールも一緒にとれたり、気づかなかったけど実際壊れてたりします。網戸レール取れてるだけなら再度つければいいです。

網戸の張替えはこれから必要で、大掃除にふくだけで掃除できる商品つかうと、予想以上にシートを使い手間かかったといったことがあります。網戸の張替えは大切ですが、説明をよく読みまずメンテナンスとして試しに使いましょう。それでも汚れ落ちなかったり掃除の途中誤ってやぶれれば、思い切って網戸張替えてみてください。そして、網戸の網のたわみを治す方法としてドライヤーを使います。網は温めれば伸びて、冷えれば縮みます。割と小さいたわみを簡単に治せます。そして、網戸の張替えは大事ですが、網戸の網はサッシの溝にゴムビートと呼ぶゴムを押し込み固定されて、ドライヤーで治らないたわみは、たわんだところのゴムビートもちげてたわみ引っ張りなおしてもう一回ゴムビート押し込みます。網戸の張替えは重要で、方法は外した網戸作業台に寝かせマイナスドライバーでたわんだところのゴムビート持ち上げて、網を外にひっぱって、もう一回ゴムビートを溝押し込みましょう。そして、網戸の張替えは重要で、洗濯用柔軟剤ですが、これは静電気抑える成分が入っていて、服にほこりなどつきにくくします。網戸に使えば汚れつきにくくて掃除楽です。網戸の張替えはとても大事なことです。

網戸の張替えをするにあたってかかる費用。

網戸の張替えについては、設置された箇所の状況にもよりますが網自体がそれほど耐久性がないものが多いために比較的短いスパンでしなければならないものです。そのため網戸の張替えを頻繁に行っているところも多く、かかる費用がそれなりにかかってきます。網戸の張替え自体は網が高価でなければ作業費などを合わせてもそれほど高くはなく、数千円程度ですが頻繁に張替えをしていると長い目で見た時にかなり費用がかかってしまっています。一方で近年は窓を開けていざ網戸を使おうと思ったら破れていたことに気づき、慌てて張替えを依頼しなければいけなくなったという人も多いです。初夏など時期によっては業者に依頼しても実際に張替えにかかるまでにかなりの時間を要する可能性もあることから、できる限り耐久性の高い網に張替えする人も増えています。耐久性の高い網戸の網としては、ステンレスなどの特に耐久性の高い金属からグラスファイバーなどの柔軟性があって耐久性が高いものが人気を集めています。これらの網は価格もそれなりに高い傾向にありますが、耐久性が高い故張替えの頻度も少なくなりかえってお得になるケースもあります。そのため張替え時にあえて耐久性の高い網に張替えて長持ちさせようという人は多くなっています。


愛知県名古屋市中川区の地理、愛知県名古屋市中川区の周辺地域

愛知県名古屋市中川区の名前の由来は中川運河より付けられました。区内には中川運河、庄内川、新川、荒子川、戸田川、福田川、堀川の7河川が流れ、土地は低く平坦なところです。東部の愛知県名古屋市中川区尾頭橋近辺は古くからの商店街を中心に発展をしています。愛知県名古屋市中川区運河通り1丁目から愛知県名古屋市中川区玉川町4の港区区界までの中川運河沿いは鉄工所、木工所、倉庫等が立ち並び工業地帯を形成しています。
愛知県名古屋市中川区高畑近辺は区役所始め官公所が立地し、地下鉄高畑駅周辺は商業地域としても発展成長しています。庄内川以西の愛知県名古屋市中川区大当郎、愛知県名古屋市中川区前田西町、愛知県名古屋市中川区伏屋、愛知県名古屋市中川区長須賀等も土地区画整理事業により宅地化が進み、高層の公営住宅、マンション等が建設されています。史跡では尾張四観音の一つである荒子観音があり、荒子観音寺は市内最古の木造建造物で、国の重要文化財に指定されています。
愛知県名古屋市中川区富田町千音寺から愛知県名古屋市中川区江松5の南北に名古屋環状2号線が通じ、愛知県名古屋市中川区千音寺には東西に走る東名阪自動車道、名古屋高速5号線、愛知県名古屋市中川区十番町から愛知県名古屋市中川区福島2の東西には国道1号線など幹線道路と接続され、流通には最適な地域となっており名古屋の西の玄関口として、さらに発展が期待されています。愛知県名古屋市中川区千音寺近辺は土地整理事業により宅地化が進んでおります。
愛知県名古屋市中川区内には史跡も沢山あります。東側の区界に流れる堀川は名古屋城築城に際し木材、石材の輸送の為開削された川で、愛知県名古屋市中川区日置橋の南北数町の間、両岸には数百株の桜や桃が植えられ、茶屋、料理屋等が軒を並べ、花見の名所となっております。愛知県名古屋市中川区西日置2には中川運河と堀川を結ぶ通船路閘門として、昭和5年に建設されたが、昭和51年から閘門としての役割を終えました。90mを隔てて2其ずつ建つこの塔は、市文化財に指定されております。
愛知県名古屋市中川区八田町の八田公園付近から発して中川区と港区を流れる荒子川はポンプ所によって名古屋港に強制排水されております。八田公園付近ではウグイ等の魚も確認されており、水質も向上しております。近年は外来魚であるナイルティラピアの異常繁殖が問題となっておりますが、工場排水等の水温が高いためであるそうです。愛知県名古屋市中川区の住環境は史跡があり、地下鉄や市バス等の公共交通も整備されており、通勤通学等には至極便利な土地柄であります。

愛知県名古屋市中川区は、名古屋市を構成する16区のうちの一つです。愛知県名古屋市中川区の、中川の名は中川運河からきております。昭和初期から30年代頃まで名古屋地域における中心的な水上輸送路として活用されてきた愛知県名古屋市中川区の中川運河とは、愛知県名古屋市港区の名古屋港から、愛知県名古屋市中川区の旧国鉄笹島駅の間を結ぶために掘られた運がです。愛知県名古屋市中川区にある名古屋城の築城の際には、石垣に使用する石の輸送をそれを使っておこなったようです。
愛知県名古屋市中川区は、大正時代になると名古屋港が国際貿易港となるためには鉄道で運ばれた貨物を港まで運ぶ運河が必要と考えられるようになり、既存の水上輸送路である堀川による輸送にも輸送キャパシティの問題が生じていたことから、名古屋市都市計画事業の一環として愛知県名古屋市中川区に中川運河の建設を決定しました。愛知県名古屋市中川区の中川運河には水源といえるようなものが存在しておらず、1926年にし尿を下水管に流して堀川へ放流してから堀川と接続する中川うんがも水質が悪化しました。
愛知県名古屋市中川区の中川運河の水質改善のために、1937年に名古屋港から取水した海水を松重ポンプ所から導水する浄化実験が行われて急速に水質が改善されたと言われております。愛知県名古屋市中川区でも高度成長に伴う沿線の人口増加によって昭和40年代には再び水質が悪化しヘドロが大量に蓄積しました。愛知県名古屋市中川区では下水道の整備や排水規制・ヘドロの除去をおこなった結果、少しではありますが水死が改善されました。
堀止のある愛知県名古屋市中川区運河町から、河口の名古屋港までの8.4キロメートル間に14本の橋が架かかっております。堀川への運河には3つの橋が架かっており、JR東海の東海新幹線・東海道本線・中央線と名古屋鉄道の名古屋本線の高架橋が架かっております。愛知県名古屋市中川区、名古屋市道愛知名駅南線には運河橋橋が架かっており、愛知県名古屋市中川区の愛知県道115号津島七宝名古屋線には長良橋が架かっております。
愛知県名古屋市中川区の愛知県道29号弥富名古屋線には、篠原橋が架かっております。国道23号には名四国道高架橋が架かっており、名古屋市道近城埠頭線には中川橋がかかっております。長良橋あkらいろは橋間の町名は、一部を除き運河の西側が「〜船町」、東側が「〜川町」に統一されております。また、富船町の対岸が富川町、富船町の南にある清船町の対岸が清川町というように運河を挟んで向かい合う両岸の町同士に共通の字が付いております。

名古屋市中川区の特徴について紹介します

名古屋市中川区は名古屋市を構成する16区の中の一つであり、1937年10月1日に誕生しました。 名古屋市の最西部にある名古屋市中川区は面積32平方キロメートル、人口はおよそ22万人、95,880世帯が生活しています。 中川区と隣接する自治体には、名古屋市熱田区、中区、中村区、港区、あま市、海部郡大治町、蟹江町があります。 名古屋市中川区の名前の由来は、区内を流れている中川運河に由来していて、その他、庄内川、新川など7つの河川が流れています。 そのため、区内では水を売りにしたイベントやお祭りもしばしば開催されています。 中川区は東海新幹線・JR東海道本線・名鉄・近鉄名古屋駅の南西部に位置しており、中川区内南部は国道1号線が横断しています。 名古屋市中川区には愛知陸運局や愛知労働局などの国の機関の地方局が複数ある他、JRの名古屋工場、リンナイ、日清製粉などの大企業の工場が林立する東海地方を代表する製造業の中心地でもあります。 名古屋市中川区で生まれた歴史上の人物として、かってNHK大河ドラマ「利家とまつ」の主人公でもあった加賀藩初代藩主・前田利家が有名です。 また芸能人では、森本レオやいとうまいこさんが活躍しています。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

「何故そんなに安いの?」
 良く聞かれます。
「安物の畳表(たたみおもて)や
襖(ふすま)紙じゃないの?」
いいえ、材料の問題では有りません。
 職人さんの手間賃と配送工事費用を
ギリギリまで圧縮する事で、値段は
下がるのです。
 もちろん大量仕入れにより材料費の大幅な圧縮もしています。
しかし決して手抜きは致しません。
 質の良いものを安くして、初めて激安の意味があります。
 とにかく、現物見本を見て下さい。
 お電話1本で、駆けつけます。

アフターケアもご安心下さい
【年中無休・受付時間】
    8時〜19時まで        

施工可能地域

施工可能地域
   

クリックしてください
施工・工事の事例の
一部が御覧頂けます。↓

 施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 W保育園様
和紙畳表の張替え工事例

 N様邸
障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸
縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸
半帖縁無し畳

 S自治会様
障子張替え

 Y様邸
障子張りえ

お茶室の畳表替え工事

 O様邸
畳襖の張替え

 R様邸
和紙カラー畳表替え

 H様邸
畳表替工事

 K様邸  
畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 S様邸
畳表替え施工事例