全国提携店とのネットワークで全国にお伺い致します

仰天の激安価格で畳たたみ襖ふすま障子網戸アミドの
張り替え交換修理修繕を低料金で致します!!畳たたみ2,200円税込2,420円襖ふすま障子網戸アミド1,450円税込1,595円、全国でもトップクラスの激安価格、料金です!!丁寧な技能士の技術で品質も安心!!提携店とのネットワークで、東北から九州まで、全国の畳屋さん襖屋さんがスピーディーに対応します。

常滑市全域にスピーディーに対応します!!

本年も頑張ります!!限定激安価格!! 高レベルの品質はそのままで 関西圏最安値でご奉仕します。

安物は駄目だ!そんな思い込みを吹き飛ばします              高品質、激安価格!! 国産畳表(肥後表)も大特価中です!!

弊社では、輸入畳表もISO9001、ISO14001取得工場で 製造されたものを使用しています。
襖の張替え只今キャンペーン中!! 障子の張替えご成約のお客様 国産上質紙[厚口]にお値段そのままで 只今グレードアップキャンペーン中!! (網戸の種類)クリックするとウィンドウが開きます(画像はイメージです)



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230




畳の効果、効能

畳は、古くから日本人に愛されてきたものである。畳の香りは人の心を鎮める作用もある。また、畳みは実に合理的な敷物で、湿気が多ければ吸い取って湿度を調節してくれるため、湿気の多い日本での使用に適したものである。
畳にも色々と種類がある。近年流行しているのが、琉球やアジアンといった種類のものである。これらは、洋室の一部に取り入れる事で、部屋の中に程よい和の雰囲気を醸し出し、落ち着きのあるスタイルにすることが可能である。
畳は良い物であることは間違いないが、天然素材であるがゆえ、手入れも必要になってくる。たとえば、乾拭きや、虫干しである。風を通すことで、畳みに湿気が残りっぱなしになるのを防ぎ、より長持ちさせることが可能になるのである。
しかしながら、古い畳になると、手入れをしていてもダニやカビにやられてしまう場合もある。近年の防虫・防カビ技術はとても優れているため、現状がカビなどのひどい状態であるならば、張り替えるというのも一つの手である。
表だけの張替えということもできるのが畳の魅力でもある。縁のない琉球畳にすると、とてもおしゃれな空間を演出することも可能である。また、敷き方も、従来通りではなく、正方形の物を市松に敷くなど、様々な魅せ方があるのが面白い。

襖を使って絵を飾る方法

大きな絵を描いて飾りたいと考えている人は、世の中に少なくありません。しかし、住宅事情から考えてそれは不可能だと諦めている人が多いのが現状です。 しかし、襖を使えばその夢を叶えることが可能になっています。 具体的にはどうすればよいのかと言いますと、白い壁紙を購入して襖に張り付け、その上から黒板塗料を塗ることです。 黒板塗料とは、その名称にあるように、それを塗るとそこが黒板になるものです。 襖にそれを塗りつければ、そこはたちまち大きな黒板となる上、飽きたらすぐにそれを消して書き直すこともできます。 これと似たようなもので、黒板シートというものもあります。こちらの方はシートなので、塗る手間すら必要ありません。 手近な襖にそれを張り付けるだけでおしまいです。 絵の具やペンキを使って、本格的なアートを楽しみたいといのであれば、ベニヤ板を使うようにしましょう。 木材を使用したものとなると、ハードルが高いと感じる人が少なくありませんが、これは両面テープを使うか、間に段ボールを挟んで木工用接着剤でくっつけるようにすれば、すぐに元に戻せるため、身構える必要はありません。 退去時に原状回復が義務づけられている賃貸住宅でもこれは楽しめます。 このように、襖は何かを張り付けることで、キャンパス代わりになるのです。

障子の張替えを依頼してしまう

障子の張替えは手間がかかることになります。障子の張替えは自分でやるという選択肢もありますが、そうしたやり方もよいですが業者にお願いすることにも価値があります。障子には色々な種類がありますのでそれに合わせて自分の求める障子紙に張り替えてもらうようにしましょう。障子の張替えですがやり方としては既に貼られているものを全て剥がして、そして軽く水拭きをします。そして、それが乾くまで待ったりあるいは濡れた部分をしっかりと拭いたりして、次には障子紙を張替えていく、ということになります。これをやっていくことになりますが紙を綺麗にピンと伸ばした状態であることだけでも結構難儀なものではあります。そうしたことを全て回るまで任せてしまうことができるのが障子を張替えてくれる業者に依頼するという利点になります。実際、自分一人であろうということになりますとかなり面倒くさいことになります。一枚二枚の張替えであればよいでしょうが、4枚とか5枚というレベルになってきますと1日がかりというのも当たり前になってきますのでいっそのことを業者にお願いした方が時間的なメリットというのはやはりかなり強く得ることができることでしょう。

網戸の張替えで網の目のメッシュサイズを選ぶ

日本は気候の変動が激しいですが、春や秋はそよ風が気持ちよく、エアコンなどを使わずに部屋を開けて空気の入れ替えをし、外の自然の空気を吸い込みたいものです。その時に必要になるのが網戸であり、網戸がないとハエや蚊が入ってきて窓を開けるのではなかった、そんな気持ちになってしまいます。そうした虫は、いったん室内に入るとなかなか出ていかず、夜の寝室の耳元に飛んでくることがあり、実に悩ましいものです。網戸が必要であり、特に虫を絶対に入れたくない人は、網の目の細かい網戸が欲しいのではないでしょうか。網戸の張替え時に、張替え業者と相談してより網の目の細かいものを提案してもらうことができます。
網戸のメッシュは18から20くらいが多いのですが、そのサイズだと、コバエが入ってくる可能性があります。それでより網の目が細かいもの、30-40メッシュであればまず入ってこないでしょう。それよりも細かい80メッシュというサイズもあります。とはいえあまりに細かい網に張替えすると、風が通り抜けにくくなり、窓を開けても室内があまり気持ち良い空間にならない可能性もありますので、ほどほどのサイズを選べます。また多少網の目が大きくても、虫が嫌がる素材でできた網があるので、そうしたものを張替え時に選択することもできます。特に夏の季節には必要な網戸は、定期的に張替えしていつも良い状態に保ちたいものです。

網戸を張替えたい時は実績が多くある専門業者に頼みましょう

網戸は長年使っているとダメージがそれなりに蓄積してくるので、劣化してくる部分や破損しているところが出てきたりするため、頃合いを見て、専門業者とかに張替えの依頼を出すのがおすすめとなっています。
使っている網戸の状態がある程度ですが良い時に依頼を出せば、使用している網戸をそのまま流用して張替えの対応を受けることができるため、新しいものを買わずに済みます。新しい網戸にしなければいけなくなってしまうと、費用も多くかかってきますため、出費も多くなってしまうのが現実となっています。
張替えについては対応してくれる専門業者も多くありますし、店舗とかでも専門スタッフの方が網戸の張替え対応は可能となっているため、張替えの依頼を出せるところは多くあります。一番無難なのは名が知られていて実績が多くある専門業者となっていて、店舗でも良いのですが、対応する専門スタッフによって仕上がりとかも異なってきますし、細かなミスとかもある場合もあるため、張替えの場合は専門業者のほうが良いです。
店舗の場合でも熟練した専門スタッフの方であれば網戸の張替えもきれいにしてくれたりしますが、張替え後の定期点検とかサポートとかについては専門業者とかのほうが安心できます。
新しい網戸に張替えなければいけなくなってしまった時は新しい網戸の枠部分と網を買わなければいけないので、こだわりとかがあれば、打ち合わせの時に話をしておき、事前に細かく伝えておくことが大切です。



 無料お見積りはこちらメールは24時間受付
0120-057-230


常滑焼について

愛知県の知多半島西岸に位置していて、陶業で知られた市である。北に知多市、東には半田市・武豊市、南は美浜町に隣接して、西には伊勢湾を望む。古くから開けたところで『和名抄』では知多郡贇代郷の地と記されており、永正4年(1507年)の『宗長宇津山記』には伊勢国多気より大湊に出で尾張国知多郡常滑と言う津に渡るとある。瀬戸市の磁器に対して陶器で知られており、その歴史は古く聖武天皇の時代僧行基が中国の陶法を伝えたのに始まるとある。その後市域に産出する良質の粘土を原料に真焼が天正年間に、朱泥(茶器)は文久年間に陶管は弘化4年鯉江方聖・方寿親子によって始まったとされる。
常滑焼は日本6大古窯の一つである。2005年に中部国際空港愛称セントレアが開港した。この為、鉄道交通の整備が行われ、交通アクセスの利便性が格段に向上した。
(愛知県陶業窯業技術センター)
前身は昭和16年に設置された県立陶磁器試験場で昭和43年10月に現在地に新築移転して名称も愛知県窯業技術センターと改称した。その後昭和46年2月瀬戸窯業センターが開設されたため、現在の愛知県常滑窯業技術センターとなった。県下の窯業界中小企業の課題を各専門分野で試験研究する機関で業界の技術指導に貢献している。
(常滑市陶磁器会館)
市の窯業界のセンターとして昭和45年10月にオープンした。鉄筋コンクリート3階建、床面積1237m2。
1階では常滑焼の展示紹介と即売が行われ関係者の取引きあっせんの場として、また一般の愛好家や旅行者にも喜ばれる施設に成っている。
(常滑市立陶芸研究所)
昭和36年の開館。敷地内に本館・アトリエ・窯場・個人工房があり、本館には平安~鎌倉期の古常滑約700点が展示されている。常滑焼の製造工程の見学と絵つけも出来る。隣接して、常滑市民俗資料館がある。
(篭池古窯)
平安時代の末期から鎌倉・室町末期にかけて市内の丘陵地一帯には3000基を越える窯が築かれたと推定される。このうち市の北東標高50mの篭池周辺にある14.5の古窯跡が篭池古窯郡と呼ばれている。篭池3号窯は燃焼室・焼成室が残っている。山腹の砂層に造られた穴窯で燃焼室は分焔柱を境に焼成室と分けられている。幅は焚口で80cm、奥は広がって焼成室との境で2.4mある。焼成室は全長8.84m高さ1.9m側壁と天井は粘土が塗られている。この3号窯を中心に約30m2が昭和36m年に県の史跡に指定されている。

施工事例

お問い合わせフォームは24時間受付です。 0120-057-230

お客様の疑問にお答えします

畳Qestion

 常滑市迅速に対応します

施工可能地域

施工可能地域
施工・工事の事例です

 D保育所様
和紙畳の張替え工事例

 N様邸 障子張り替え
障子は、お部屋のフィルター

 I様邸
畳と障子の張替え工事 

 K様邸 縁無し畳施工
お洒落に出来上がり
ました。

 H様邸 半帖縁無し畳

 S自治会様 障子張替え

お茶室の畳表替え工事

 R様邸 和紙カラー畳表替え

 S様邸
和紙カラー畳表 施工事例

 N様邸
襖、和紙畳張り替え

N様邸
襖ふすま張替え施工

T様邸 畳襖ふすま張替え